太陽館,日帰り入浴

おでかけポコ

各地の温泉(ホテル/旅館/日帰り温泉)・観光地・寺社仏閣・グルメなど【旅とお出かけスポット情報】旧桐生人ポコ

湯宿温泉太陽館の温泉に入った(日帰り入浴可)


湯宿温泉太陽館の温泉に入った(日帰り入浴可)

太陽館日帰り温泉

住所:群馬県利根郡みなかみ町湯宿温泉2384 電話:0278-64-0211
日帰り入浴料金:中学生以上700円4才以上小学生500円
営業時間:11時~20時
定休日:不定

日帰り入浴料金表

男女別大浴場(内風呂)/露天風呂への日帰り入浴は貸切料金1回50分2000円別途必要(宿泊者は貸切1回無料)

太陽館温泉成分分析書

平成5年8月6日付温泉成分分析書(撮影日令和2年)

源泉名:窪湯(湯宿温泉)

泉温:59.1℃、pH8.0、成分総計1.31g/kg

泉質:ナトリウム・カルシウムー硫酸塩温泉

泉質別適応症(効能):動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病、他に一般的適応症あり

一般的敵総称

内風呂:加水あり、加温なし、循環ろ過使用なし、塩素剤混入なし

露天風呂:加水あり、加温あり、循環ろ過使用、塩素剤混入なし




【確認】新型コロナ感染予防の為、日帰り入浴の営業時間短縮、または一時休止してる場合があります




目次

大浴場(内風呂)

貸切風呂(露天風呂)

温泉に入った感想や口コミ

アクセスと駐車場




太陽館の温泉の口コミ口コミ口コミ口コミ




太陽館に泊まった((口コミ/部屋/食事)

大浴場(内風呂)

大浴場入口

男女別大浴場は2階で待ち合わせできるテーブルやマッサージ機もあった

長寿の水という地下水

入口には冷水機もあったが、長寿の水という地下水も飲めるようになっていた

入浴時間のお知らせ

男女別大浴場は大と小がそれぞれ男湯と女湯となっていて宿泊の場合は時間で入れ替えとなって二つの大浴場に入れるが、日帰り入浴の場合は時間的に男湯=大、女湯=小となる

脱衣所の洗面台

男湯女湯の大浴場の脱衣所はよく掃除されていて清潔感があった。洗面所にはドライヤー、使い捨てカミソリ、ヘアトニック、ヘアリキッド、アフターシェーブローションなどの男性用整髪剤などや化粧水、乳液、メーク落とし、綿棒などなどのアメニティも用意されていた。

脱衣所の棚

脱衣は棚式でコインロッカーや貴重品入れロッカーはなかった

小さい方の湯舟の大浴場

小さい方の大浴場、足を伸ばして横一列4人ぐらいまでならリラックスできるぐらいのサイズかな。両側の壁面に洗い場がある。

大きい方の湯舟の大浴場

大きい方の大浴場、両壁面に洗い場で構造上は大も小も同じで、広いか狭いかの違い。こちらは10人入っても余裕って感じの広さ。

昼間の大浴場の様子

ただ大きい方の大浴場は窓も大型だから朝や昼間は明るく居心地は良い

大浴場の窓からの景色

窓からは小さい滝のようなものも見えた

無色透明なお湯

お湯は無色透明

源泉湯口

湯口からは源泉がじゃばじゃばと源泉がかけ流しされている(温泉利用表=加水あり、加温なし、循環ろ過使用なし、塩素剤混入なし)大きい方と小さい方の湯舟は小さい方が冷めにくいようで、この日は水を入れないと入れないほど熱かった。大きい方も熱かったのですが、気合を入れてわずかな時間なら頑張れた・・・仲居さんに聞くとこれでも加水してるから入れる方だというが、正直私には大も小もシャワーで加水しなければ入れないほど熱かった。


貸切風呂(露天風呂)

貸切風呂(露天風呂)入口

貸切風呂(露天風呂)は3階、太陽館はエレベーターがないから階段を利用、入口前には冷水機も用意されてた。

貸切風呂(露天風呂)の利用時間

露天風呂(貸切風呂)は「布袋の湯」と「観音の湯」と二つあって、宿泊者は1回無料、日帰り入浴は貸切料金1回50分2000円必要、利用時間は15時~23時までだが、宿泊者は翌朝二つの露天風呂が男女別tなって利用できる

貸切風呂(露天風呂)の入浴札

貸切の場合はフロントにて時間予約後にその時間に行って入口の札をひっくり返して内鍵をかける

貸切風呂(露天風呂)の脱衣所

脱衣はカゴ棚式でコインロッカーや貴重品入れロッカーはない

露天風呂の洗面台

洗面所もありドライヤーはある

布袋の湯

布袋の湯と観音の湯、二つの露天風呂は構造はほぼ同じで、奥の像が布袋様か観音様の違い、写真は布袋像だから布袋の湯

観音の湯

観音の湯

露天風呂の洗い場

洗い場も2人分あった

露天風呂からの景観

湯宿温泉のお湯は熱いから露天風呂に入りながらの顔は外気に触れてるが気持ちよかった。真冬で雪見風呂を期待したがこの年は超暖冬で残念ながら雪はなく・・・・紅葉や新緑の季節でも気持ちよく入れる露天風呂だと思う。

月見風呂

でも月見風呂は楽しめた

露天風呂の湯口

ここも超熱く最初はシャワー加水なしでは入る事ができなかった。また太陽館の内風呂大浴場は源泉かけ流しだが、露天風呂は(温泉利用表=加水あり、加温あり、循環ろ過使用、塩素剤混入なし)循環ろ過使用だから源泉かけ流しではなかった。循環ならもう少し温度下げてもいいような気も!!

源泉かけ流しでなくても木の温もりと爽やかな風と開放感ある造りで気持ちよい露天風呂だった


温泉に入った感想や口コミ

男女別の内風呂は片方は10人ぐらいが足を伸ばして入れるくらいの大きさ、もう片方は6人ぐらいが足を伸ばして入れる大きさでした

私自身は宿泊して両方のお風呂に入りましたが、どちらも熱い・・・大きい方の湯舟は表面積が大きいから浴槽にあるお湯が冷めるせいか体感温度44℃くらい、小さい浴槽の方は46℃ぐらいありそうな感じで自らシャワーの水で加水しないと入れない・・・・・加水しても熱いけど体が慣れてきて「いい湯だな~」、熱いけど気持ちいいお風呂でした

湯口

どこの温泉地に行ってもお風呂に入ったら湯口からのお湯を触りますが、太陽館の源泉口は超熱く、熱湯に近い感じで火傷したかと思うほどの高温で触らない方がいい。

仲居さんに聞くとこれでも加水されてるというからビックリ!窪湯源泉の湧出温度は59.1℃で触った時に熱湯と感じたほど熱かったのでこの湯口は殆ど加水されてない源泉に近いお湯の感じがした。まぁ自ら加水して入浴しても、この熱い源泉がじゃばじじゃばと注がれてるので浴槽の中はすぐに元の熱いお湯へ・・・・体は慣れますが、やはり熱かった~でもいい湯でした。

露天風呂は宿泊者は無料貸切だったから入浴しましたが、ここも熱い・・・内風呂は源泉かけ流し露天風呂は循環ろ過使用してるので源泉かけ流しではありませんが・・ここもシャワー水で自ら加水しないと入れないほど暑かったです。1月の真冬に行ったのに・・・これだけ熱いお湯だと、顔の当たる外の空気がひんやり冷たくて心地よかったです。私自身は源泉かけ流し派ですが、寒い季節の太陽館の露天風呂はオススメです。

有名人のサイン色紙

余談ですが、レーサー片山右京さんも以前太陽館に日帰り温泉をしに来たそうでサインも飾られてました。


太陽館の温泉の口コミ口コミ口コミ口コミ


アクセスと駐車場



湯本館:群馬県利根郡みなかみ町湯宿温泉2384

太陽館へのアクセスは関越自動車道月夜野インターから約11.1キロ車で約15分

太陽館外観

宿玄関前と宿横に無料駐車場あり

 

タグ : 

群馬県 みなかみ町 湯宿温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ投稿覧

TOPへ戻る
 プライバシーポリシー お問い合わせ