宿温泉湯本館

おでかけポコ

各地の温泉(ホテル/旅館/日帰り温泉)・観光地・寺社仏閣・グルメなど【旅とお出かけスポット情報】旧桐生人ポコ

湯宿温泉湯本館の温泉に入った(日帰り入浴可)


湯宿温泉湯本館の温泉に入った(日帰り入浴可)

湯本館日帰り温泉

住所:群馬県利根郡みなかみ町湯宿温泉2381 電話:0278-64-0011
日帰り入浴料金:大人600円小中学生300円幼児無料
営業時間:不定
定休日:不定
大浴場(内風呂混浴)/女性専用湯(内風呂)/貸切風呂1時間1500円(1人)3000円(2名以上)

湯本館温泉成分分析書
平成5年8月6日付温泉成分分析書(撮影日令和2年)
源泉名:洗湯(自然湧出)
泉温:62.7℃
泉質:ナトリウム・カルシウムー硫酸塩温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)(芒硝性苦味泉)
分析書が古い為に抵抗症覧には一般的適応症が記載されている
一般的敵総称
新しくなればおそらく泉質別適応症は「動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病」だと思われる
湯本館源泉地
宿のご主人の話によると大浴場横にある自然湧出してる源泉地から電動ポンプにて浴槽に入れてるとの事、加水/加温なし/循環ろ過使用無/塩素剤混入無/源泉かけ流しで湧出⇒風呂という新鮮な温泉が楽しめる



目次

大浴場(混浴)

女性専用湯

貸切風呂

真田家ゆかりの湯本の湯

感想や口コミ

アクセスと駐車場




湯宿温泉湯本館の口コミ掲載なし口コミ口コミ



大浴場(混浴)

大浴場の脱衣所

広々としてた脱衣所も男女兼用、男性がいた場合は女性はちょっと恥ずかしいかも。脱衣はカゴ棚式でコインロッカーや貴重品ロッカーはありませんでした。

大浴場女性専用時間のお知らせ

宿泊の場合は混浴の大浴場が朝は女湯となるみたい

混浴大浴場の様子

大浴場は天井も高く、大人10人が足を伸ばして入っても余裕という感じの大型の円形風呂で窓も大型で明るかった

洗い場

壁面に洗い場

温泉成分がこびりついてた湯口

源泉の湯口には温泉成分が沢山こびりついてた

温泉を飲んでみる

コーヒーカップが用意されてたので少し飲飲んみた。まろやかな感じの味がして、水のお湯の味ではない事は確か。これだけ温泉成分がこびりついてるから効能ありそう。

ホースで加水

シャワーで洗って足の指入れたら、めちゃくちゃ熱かった。大浴場隣の源泉地では約62.7℃の温泉が湧いててこれが湯舟に入ってるんだからめちゃくちゃ熱かった。ホースの水は流しっぱなしにしないでね~のお知らせがあったから、水を入れないと誰も入れないんじゃないか~?というほどの激熱。湯宿温泉は共同浴場や太陽館の温泉も入ったが、湯本館が一番熱かった。多分沸いてすぐのお湯だから新鮮なんだろうけど、薄めないと入れないレベル。

温泉ぬ入ってる様子

水を入れた回りだけ気合を入れれば入れる位になったので湯に浸かってみたが、豊富に湯口から源泉がかけ流しされてる為、1分ぐらいしたら熱い・・・・と出た。ここ熱いわ~。


女性専用湯

女性専用湯

一緒に行った女友達はまず女湯へ。混浴の大浴場が女湯となってる時間帯はこの女性専用湯が男湯となる

女性専用湯


貸切風呂

貸切風呂(家族風呂)

貸切風呂(家族風呂)の利用は宿泊者は無料、日帰り入浴の場合は1時間1人で入る場合は1500円、2名以上で利用する場合は3000円


真田家ゆかりの湯本の湯

真田家ゆかりの湯本の湯

真田家湯本館の繋がりがロビーに掲示されてました。

「初代沼田城主信之が関ヶ原の合戦後瀬川の湯(現在の湯宿温泉湯本館)で戦陣の疲れを癒されたと歴史に残されて居り、二代三代四代の城主は下屋敷(今日の別荘)を湯宿に造り時折入湯して居り特に五代伊賀守信直が痔の持病があり入湯により根治した為当館の裏山に薬師如来堂を建立し祭ったという由緒ある温泉であります」この温泉は真田家ゆかりの地の一つでもあるんですね。

湯本館源泉地

湯本館の源泉は戦国ロマンと江戸時代を感じる温泉ですね。


感想や口コミ

今回は夫婦で行き、私個人は混浴の大浴場だけ利用し、妻は女性専用湯と私が出た後に大浴場も入りました。

混浴である大浴場の脱衣所は男女兼用であり、行った時は誰もいなかったから堂々と妻も脱衣してましたが、他に人がいたらためらったかも知れません。

さて、湯本館の公式サイトによると大浴場隣の源泉地から湧き出た源泉を冷まして湯舟に入れてかけ流してるとの事でしたが・・・・熱い・・・もの凄く熱かった・・・体感温度は46℃前後の感じ、ちょっと入って腰まで浸かって熱く熱くてもう無理~と・・・・出てしまった・・・

シャワーなどのお知らせ

壁や扉にはお知らせが掲示されてて水入れもOKのようだったので自ら加水してやっとノンビリ入浴できました。お湯は最高、ほのかなタマゴ臭もして広々とした円形風呂と円形浴場を楽しむ事ができました。

源泉湯口付近にコップもあったので少しすくって飲んでみましたが、まろやかなお湯という感じで苦味は感じませんでした。

他の湯宿温泉はタンクからの配湯ですが、湯本館はすぐ横で自然湧出した源泉の温泉で新鮮だし、こういう秘湯気分味わえる温泉宿は貴重だと思う。

湯本館の内部

また宿内は昭和を感じる湯治場雰囲気のある造りでしたが、Wifiはあった


湯宿温泉湯本館の口コミ掲載なし口コミ口コミ

アクセスと駐車場



湯本館:群馬県利根郡みなかみ町湯宿温泉2381

湯本館へのアクセスは関越自動車道月夜野インターから約11キロ車で約15分

湯宿温泉街マップ

上の湯宿温泉街マップは道路標示が広いが「窪湯」前は車両が通行できるほど道幅がないから「ゆじゅく金田屋」前の通りか「ゆけむりの塔」から進入したほうが良い

湯本館外観

湯本館敷地内に無料駐車場あり

 

タグ : 

群馬県 みなかみ町 湯宿温泉 真田街道観光スポット   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ投稿覧

TOPへ戻る
 プライバシーポリシー お問い合わせ