ホテル浦島

桐生人ポコの行った遊んだ泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った行楽地、温泉、宿、レストランなどの食べログと旅ログです

ポコ注目!

choose

ホテル浦島の貸し切り風呂に入ったよ

ホテル浦島の貸し切り風呂に入ったよ。

 

チェックインしてすぐに温泉へと。

まずは、宿泊予約時に予約しておいた貸し切り風呂へ。

貸し切り風呂

貸し切り風呂は2タイプあります。値段が違います。貸し切り時間は1時間。

海がよく見えそうな高い方を予約しましたが、安いほうも隣どおしなので同じように見えると思います。

高いほう、安いほうは浴槽のタイプが違うだけのような・・・片方入ってないから詳細は不明ですけどね。

岩風呂のタイプ(高い)

樽風呂のタイプ(安い)

貸し切り風呂は海が目の前に見えるが特徴だから、外が明るい時間帯に入浴できるように予約しておいたほうがいいですよ。

夕方か、翌日朝とか。

部屋を出てフロントに向かいます。

予約時間ちょっと前にフロント集合です。

他の貸し切り風呂予約のお客様と一緒に皆で向かいますから、遅刻は厳禁のようです。

*ホテル浦島は巨大すぎる為に館内・部屋貸し切り風呂洞窟風呂バイキング料理と記事を分けています。

ホテル浦島の貸し切り風呂の詳細と感想など

フロントから、とにかく歩く。

どこまで歩くの~~~

すごく歩く。歩いて歩いて歩きます。

めちゃくちゃ歩きます・・・・

まだまだ歩きます。写真を見てもらうとわかるかと思いますが先は遠そうです。

少し前に熊野古道を歩いてきた私はこの辺でくたくたに・・・・なってきました。

案内図では近そうに見えますけど・・フロント(船着き場)から反対側の海辺まで行くんです。山だから多分トンネルをひたすら歩いて反対側まで行ってるのでしょうね。

凄く歩いて・・・外に出ます。那智大社の熊野古道を歩いた私は・・ここでこんなに歩くとは・・・早く風呂に入りたい~~と思うほど疲れました・・・

お!もしかしてこれが狙いでは?????

お!やったぁ~ゴールが見えてきた。

やっとこさ着いた~~~~

こんな感じ、湯船は4~5人入れそうな大きさです。

お湯は少し硫黄成分で白濁です。源泉かけ流しで、硫黄の匂いのする温泉。いや~最高です。

曇ってて残念でしたが、柵の向こうは海です。波が岩に当たる音が響いて情緒あります。

風呂に入りながら海が見られる~しかも硫黄臭。極楽です。

源泉かけ流しのお湯が注がれ続けます。

1人分の洗い場もあります。

眺めもいいので気分がほんといいです。借りてよかった~と思う温泉でした。

う~ん。極楽極楽!

外が明るいうちなら、1時間の入浴はかなりのんびりできます。

お湯もこれこそ!正真正銘の天然温泉と気分もいいし、波の音、海風ととても心地よいです。

このスペースを独占できるのですから、旅のいい思い出にもなります。

個人的には、最高!という感想評価です。

ただ・・・・・・問題は!また凄く歩いて、部屋まで帰らなければならないという事です。

ホテル浦島DATA

場所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦1165-2

電話番号 0735-52-1011

プランと料金はこちら勝浦温泉 ホテル浦島

勝浦温泉 ホテル浦島


大きな地図で見る
ホテル浦島公式サイト

 

タグ :    

和歌山県   コメント:0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る
アクセスランキング