スパリゾートハワイアンズ

桐生人ポコの行った遊んだ泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った行楽地、温泉、宿、レストランなどの食べログと旅ログです

ポコ注目!

choose

スパリゾートハワイアンズに行ったよ

冬場は安かったので1泊2日でスパリゾートハワイアンズに行って来ました。
スパリゾートハワイアンズまでの道のり
桐生駅から北関東道、常磐道を走って約243キロ、ノンストップで約2時間半ぐらいの道のりでした。
ただ、宿泊者は東京日本橋口、新宿西口、横浜駅西口、さいたま新都心、大宮駅、千葉駅、新宿西口、渋谷駅、立川駅、池袋西口、新宿西口、松戸西口、西船橋、北千住駅西口、から無料送迎バスが毎日出ています。
時間はかかってしまいますが、桐生駅から大宮駅まで行って無料送迎バスに乗ったほうが、直接行く高速代金+ガソリン代より安く行く事は可能です。
東京近郊の方は交通費なしで行けますからお得な場所ですね。
ひたすら高速道路を走って、いわき湯本インターで降ります。
大きな看板があるのでその通り走るとすぐスパリゾートハワイアンズの入口になります。
スパリゾートハワイアンズ入口
道なりにまっすぐ走ってると、日帰り専用駐車場が右手にあります。
宿泊者は道なりに奥に進むと駐車場がありした。
ホテルの紹介はこちらのページハワイアンズホテルに泊まったよでしてます。
ハワイアンズは温泉テーマパークというところで、施設は、ウォーターパークという流れるプールやウォータースライダーなどのここでは温泉水を利用してるようですがいわゆる温水プールと言われるところと、スプリングパークという水着や裸で入れる温泉施設、スパガーデンパレオという屋外プール施設(夏季)とウィルポートというアクアエクササイズ、エステティックサロン、スタジオエクササイズができるところと、江戸情話与一という江戸情緒を感じる作りの裸で入る大露天風呂で構成されてます。
スパリゾートハワイアンズの入場料金だけで以上の5施設入場できるわけですが、ウィルポートはアクアエクササイズなどのプログラム料は別料金、スパガーデンパレオという屋外プール施設(夏季)になるのでポコが行った冬の時期は実質3施設を利用するという形でした。
では、スパリゾートハワイアンズのメイン会場?屋内プール施設の紹介に移ります。

スパリゾートハワアンズはお得?

スパリゾートハワイアンズでは入場料金を支払えば5つの施設が楽しめます。
ウィルポートは有料プログラムだから入場できても楽しむ料金は別だから実質4つですね。
冬場は屋外プール施設が使えないから実質3つになります。
スパリゾートハワイアンズ入場料金表
料金はもしかしたら季節によって違うかもですので、公式サイトで確認してくださいね。
プールで泳いで遊んで温泉入ってゆったりして1日中いられてこの価格なら妥当ではないでしょうか。
特にメディアでもしょっちゅう出てくるフラダンスショーは見ごたえありますので、ショーも見られてプールも温泉もとなるとかなりお得です。
温泉は源泉かけ流しで、よくある塩素入れる循環湯の偽温泉施設とはまったく違うし、はんと心行くまでくつろげますしね。
スパリゾートハワイアンズパンフレット
クリックすると拡大画像出ます。テーマパークのパンフレット

今はいわき市にふるさと納税をするとスパリゾートハワイアンズの入場券やホテルなどの宿泊券が返礼として送られてくるのでこれを利用するのもアリでしょうね。

ウォーターパーク

ウォーターパーク入口(ホテルサイド)
足を踏み入れるとそこは南国ハワイ?施設内は28度あるようで冬でも暖かかったです。
写真コーナーもあって、有料ですがフラダンスのお姉さんとかと写真も撮れるようです。
ウォーターパークオブジェ
南国を感じる飾りもあります。
カメハメハ大王
カメハメハ大王の像もありました。
ウォーターパーク
冬の平日でしたが結構な数の利用客がいました。
ロッカー室も勿論ありますが、300円で一度入れたら飲み込むタイプです。ようは鍵をかけるごとに300円かかりますので注意しましょう。
浮き輪などは有料レンタルもありました。
プールは、普通の50mぐらいのプール、ここでビーチボールとかで遊べます。あと流れるプールと子供用のプールです。
波の出るプールとかもないし、流れるプールは円周小さく、また浅いところは大人男性の股下ぐらいしかなく・・浮き輪にぶら下がると足は底につく感じで大人のポコは物足りなさを感じました。
桐生には大きな屋内プール施設カリビンビーチがあるので・・そんな感想です。小学生高学年ぐらいキッズにはどのプールも水深浅めなのでいいかもです。
ワンダーブラック
絶叫スライダーもありました。入場料と別に料金が必要です。
ワンダーブラックといい浮き輪の上に座るタイプで1人乗りと2人乗りがありました。
ポコはスライダー料金所横の体重計に乗ったら・・体重制限がありまして・・80キロ以上の人は2人乗りはできませんと・・悲しい結果に。勿論身長制限もあります。
ワンダーブラック写真
絶叫スライダーは途中にカメラが仕掛けてあって、ディズニーランドでいうスプラッシュマウンテンのように自分の絶叫してる表情が写真に自動的に撮られます。
ワンダーリバー
絶叫スライダーの階下は同じく浮き輪に腰掛けてのんびりと楽しめるスライダー、ワンダーリバーもあります。
あと、もうひとつ何も使わないで自分だけが滑り落ちるスライダー、ワンダーホルンもありました。
これは滑る時に水が顔に跳ねて前が見えず・・水のももれて落ちていったという感想でした。
ポコ・・80キロ超えてるからブレーキ効かず・・凄いスピードで怖かった~~。眼も開けられないし・・
浮き輪に腰掛ける絶叫スライダーのほうが楽しかったです。ちなみに暗いトンネル内~トンネルなし(写真撮られる)~暗いトンネル内でザブンとプールに着地します。
ファーストフード店
フードショップはかなり充実しています。
レストラン
気軽に食べられるファーストフードのお店からレストランまでありました。
ショップ
水着や小物などを売ってるお店もありました。
ゲームコーナー
ゲームセンターもあります。
ショー観覧席
スパリゾートハワイアンズといえばやっぱり有名なショーですよね。
ショー観覧席
席は結構ありますが、ショーが始まる頃になるとプールにいない、他施設で温泉とかを楽しんでる年配者がどっと押し寄せますので自由席はあっという間に埋まりそうです。
有料の予約席がありますので、キープしておくのもいいかもです。
ポリネシアングランドステージ
ポコは夜の部のポリネシアン・グランドステージを見ました。座った席は上の上の写真の左上の3階自由席からです。
スマホで撮った写真ですけど、肉眼でも3階自由席からはこんな感じで見る事ができます。
ファイヤーショー
3階自由席からだとファイヤーショーはちょっと迫力不足。もっと近くで見たいショーです。
お勧めはステージ正面の有料SS席です。途中フラダンスのお姉さんと一緒に踊ったり、一緒の記念撮影もあります。
実はこのSS席を予約しようと思ったら昼過ぎには埋まっていてとれなかったんです。
昼のショーと夜のショーで有料の席料も違いますが、夜2階B席(有料席では一番ランク低い)が800円でSS席は1200円。そんなに変わらないんです。
だからSS席は早く予約しないとなくなるかと。
フラ・ミュージアム
フラダンスショーが気に入ったらフラミュージアムも同じ建物内にあるので寄ってみましょう。
フラ・ミュージアム内部
フラダンスのあれこれや、スパリゾートハワイアンズの生い立ちもわかります。
金の浴槽
金の浴槽もありました~。
ウォーターパーク救護室
ウォーターパーク内は万が一の救護室もあるので安心して利用できるかと思います。
またプールで冷えても、その脇にいわき湯本温泉の水着で入る浴槽があるのですぐ温まります。
ウォーターパークは簡単ですが、こんな感じでした。

宿泊者の場合は、有料浮き輪レンタル、スライダー利用やお店を利用する時は部屋ツケができます。
部屋番号を言えば、スタッフが宿泊名簿を調べて部屋ツケでチェックアウト時に清算とする事ができますから、プールサイドでは小銭や紙幣等必要ありません。

スパガーデンパレオ

ポコが行ったのは冬だから屋内プールしかやってませんでしたが、夏なら屋外のスパガーデンパレオというとこも楽しそうです。

江戸情話与一

ウォーターパークを出て、江戸情話与一という露天風呂施設に行く道すがら大きなお土産屋さんがあります。
マカデミアナッツ
マカデミアナッツも種類豊富に沢山ありました。ここだけ見てるとグアムやハワイに来た感じです。
福島の漬物
ちょっと歩くと漬物があるところが、ハワイでなくてハワアンズ~福島県だぁ~って感じです。
江戸情話与一
江戸情話与一お土産コーナー
あ、写真ちょっとボケちゃいましたが雰囲気は江戸~って感じがしました。こちらは両側にお土産屋が並んでます。
江戸情話与一お土産
先ほどのお土産屋さんとはまったく売るものが違い、江戸を感じさせてくれる商品なかりでした。
江戸情話与一入口
ここが江戸情話与一の正面です。入って目の前が食事処でお蕎麦とか食べられます。左に行くと男湯、右は女湯になります。
江戸情話与一内部
これから先館内は撮影禁止だったので写真は撮れませんでした。

暗い時間のほうが趣がありますよ。
浴槽面積男女合わせて1000m2、世界最大の露天風呂だそうです。
洗い場はなかったと思います。かけ湯をして入りましょう~。
また、湯に浸かってると・・別の建物が目の前にあるかと。
そこは、サウナ、蒸し風呂になってました。
雨が降ってても屋根のある部分もあるので、雰囲気もいいし、いわき湯本温泉を心いくまで満喫できるかと思います。
いや~ホント気持ちいい湯でしたよ。
時間的に合わずポコは見られませんでしたが、女湯21:50~、男湯22:00~(各10分間)は影芝居のショーもあるようです。
江戸時代の浴槽模型
江戸情話与一を出て、スプリングパークに向かう途中江戸時代の庶民の風呂模様がわかる浴槽などの展示物がありました。

スプリングパーク

スプリングパーク
入口側には大きなレストランがありました。
スプリングパークは時間の都合上と江戸情話与一の温泉で十分満喫してしまったのでこちらは寄りませんでした。

中はこんな感じのようです。水着と裸で入れるお風呂がそれぞれあるようです。

ウィルポート

ウィルポート
スプリングパークの横には、アクアエクササイズなど健康と美容にいいプログラム(講習?)があるウィルポートがありました。
中に入ったらこれこそリゾートホテルという感じの白い壁の通路やロビーとかで綺麗でしたよ。ちなみにホテルでもあります。
結局ちょっと足を踏み入れただけ・・・・

何故?ポコはスパリゾートハワアンズに行ったか?

ポコは何故ハワイアンズに行ったか?
それは入場料2日分がついて1泊2日朝、夕食つきの超激安宿泊プランがあったからです。
入場料2日分で大人なら6,500円ですよ。これが含まれての宿泊料金が楽天トラベル見たらビックリ価格があったのです。
今はあるかわかりませんが、チエックしてみてくださいね。

スパリゾートハワアンズDATA

住所:福島県いわき市常磐藤原町蕨平50
電話番号:0246-43-3191(代表)

公式サイト

こっちにも行ったよ

 

タグ :         

福島県   コメント:0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る
アクセスランキング