らーめん芝浜

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

らーめん芝浜で食べたよ

らーめん芝浜で食べたよ

ラーメン好きの友達に誘われてヤオコーそばにあるラーメン芝浜に行ってきました~「朝ラー」で友達の24時間職場では有名らしいです。朝7時からやってるので夜勤明けに食べにいく人も多いようです。朝からしてますが、昼14時半には閉まってしまいますから、通常昼間勤務の人はなかなか食べにいけないお店でもあります。
ラーメン芝浜ロードサイン
ヤオコーの道を挟んでガソリンスタンドの隣のビルのテナントになります。斜め前は靴屋のシュープラザさんがあります。
ラーメン芝浜の店
テナントビルの一番左側にあります。今はソフトバンクショップが左隣にあります。

大行列の様子

土曜日のランチ時間に行きましたが、げ!!並んでる~しかも結構な人の数。これだけの人が並んでるラーメン屋さんは桐生市内、近郊では見た事がありません。

でもね。ランチ時だけ並んでるワケではないんです。土日祝日は特に朝の7時30分には凄く長い行列ができてて目の前走ってるだけでビックリしてしまいました。最近は平日のランチ時でも大行列を見かけているので、これかららーめん芝浜に行く人は、混んでて並んでると思ってた方がいいでしょうね。

朝7時から営業の看板
いいですね~朝ラーのできる店。夜遅くまでしてるラーメン屋は多々ありますが、朝7時から開店するラーメン屋は珍しいですね~

朝らー定食のメニューが書いてある黒板

何度も言いますが、土日祝日の朝ラー食べるなら早く行くべきですよ~。この朝らー定食求めて凄い数のお客さんが!!

行列の時の看板

人気メニューである小麦三昧やチャーハンは朝10時開始メニューなので、朝ラー時間帯は食べられないようなので小麦三昧目当ての人は注意しましょう。

並び方のお知らせ
外で並んでると暇なのでキョロキョロ、並び方ルールまで掲示されてるので、常に行列ができる店なのかも知れませんね。
この日は30分近く並んでようやっと店内へ




目次

店内の様子、メニュー

ラーメンを食べた感想と口コミ

アクセス、駐車場、住所、電話番号、営業時間、定休日

店内の様子、メニュー

店内の様子
店内はカウンター席と若干数のテーブルがあり全体的にこじんまりとした雰囲気ですが、お店の人たちはかなり忙しそうで熱気を感じました。



店内の様子はこのTV画面がよくわかるかも~。

ラーメン芝浜は何と!ラーメン食べまくり旅という全国区のテレビ番組でも紹介された名店なんです。

訪れた芸能人はパンチ佐藤さんと、内藤大助さん、筧美和子さんでした。



ラーメン芝浜メニュー
昼に食べに行った時のラーメン芝浜のメニューです。

醤油や塩ラーメンが650円ですから、普通の価格帯のお店のようです。朝らー定食でしたか朝しかないメニューは限定食のようで昼行っても完売のようです。
小麦三昧の詳細

小麦三昧が看板メニューのようで入ってくる人は次から次へと注文してましたよ。

私も「小麦三昧1,200円」というメニューが気になり検討~まぜそばとつけめんとラーメンのセット。

まさか~1玉ずつだと3玉を食べなくてはならないのは無理なので店主さんに量を聞いてみる事に。半玉ずつですよ~。という事は1.5玉。これなら大丈夫と思い注文しました。連れは塩ラーメンを注文しました。

この小麦三昧というメニューが芝浜ラーメンのイチ押しメニューのようで私が食べた後に見たTVでもそのメニューでした。

製麺の様子

待ってる間店内を見渡すと製麺処もあるようで、麺は自前で作ってるようでしたが、その通りでした。

御主人は小麦マニアで全国から美味しい小麦を取り寄せて麺の製作にかなりこだわってるとの事でした。

一品目のまぜそば

しばらくすると小麦三昧の一品目の「まぜそば」が来ました~
まぜそばの詳細
粉のメーカーまで書いてあるラーメン屋もなかなかお目にかからないですね~。さすが小麦マニアの御主人・・・・

具は刻みチャーシューとネギだけのシンプルラーメン。

まぜそばの様子

底に醤油と鴨肉の油のタレがあるのでよ~くかき混ぜて~ワクワクしながら一口。麺はザクザクと書いてある通り歯ごたえがよかったです。

この麺は元々とんこつラーメンのような歯ごたえのあるラーメンを作りたくてこの麺を作ったそうですが、スープのあるラーメンだと相性が悪かったけど、麺の味は美味しいハズだから汁なしラーメンにしたそうです。

ただ・・個人的にジャージャー麺は食べられるんですが、油そば系は苦手な私・・・あまりタレに絡めなかった部分は歯ごたえある初めて食べる麺を美味しく頂けたのですが、油と絡めすぎちゃった部分は麺の味より苦手な油に気をとられ・・・・
塩ラーメン
連れが頼んだ塩ラーメンが来ました。ドンブリは白基調で高級感あります。他のラーメン屋のどんぶりサイズではなく若干小さい尖がった感じです。

スープを飲ませてもらいましたが、旨い~。これはお勧め、サッパリするしコクもあります。麺は縮れていないストレートの細麺です。一口レンゲでもらいましたが、喉越しもよく凄く美味しかったです。
二品目のつけめん
小麦三昧二品目のつけ麺が来ました。
上州辛味大根つけめんの様子
出された時にこれは、ちょこっとつゆをつけて食べてくださ~いと言われた。

輝いてる麺の様子

ツヤツヤしていてとても綺麗な色の麺でした。

つけダレと麺

つけ汁は辛味大根入り醤油ダレ。ちょこっとつけて食べてみました。

超サッパリして旨い~~~。タレをつけすぎると辛い~~

醤油もいい醤油というのが誰でも判るほどコクがあります。個人的によくある魚介ダシ魚粉と油まみれのつけ麺は苦手なのですが、コレは旨い。夏ならさらに最高。

実はこのつけ麺がくるまで苦手タイプのつけ麺だったらどうしよう?と心配してましたが、油なんてなくてサッパリ~。やっぱりつけ麺はサッパリ系でしょう。これもお勧め~

ツルツルしてて、かつ、噛むとモチモチしててさっき食べたザクザクした麺とは全く違ってまじ旨かったです。

ごちゃごちゃしてない味つけだから、麺の味を味わう為の一品ですね~まさに小麦三昧。

しょうゆラーメン
1品目、2品目食べ終わるといいタイミングで次のが来ます。3品目は醤油ラーメンでした。

ちなみに3品目は塩・味噌。醤油と味が選べました。

本当は塩味にしたかったのですが連れが塩味を頼んだので、違う味のしょうゆ味にしてみました。
小麦三昧三品目の詳細
まずはスープを一口。いい醤油を使ってるなぁ~と誰でもわかるような醤油のコクが強いスープでした。

スープ自体は地鶏と魚介のWスープを使用してるそうですが、しょっぱいワケではないのですが醤油のコク、俺はいい醤油だぁ~と主張してる感じでした。

スープの旨みより醤油のコクのほうが勝ってる感じで、個人的には連れに一口もらった塩味のほうが美味しかったなぁ~という感じでした。

しょうゆラーメンの麺とスープ

麺は細麺なのにコシが強く、麺は超美味しかったです。さすが小麦マニアの御主人の作る麺。

チャーシューは自分好みで柔らかくぱさついていなくこれまたいい豚肉を使ってるなぁ~という感じでした。

TVではこの麺作りの時水分を少なくしてスープが染み込みやすい麺としてるそうです。

塩ラーメン

小麦三昧三品目の塩ラーメン。

鍋焼き味噌ラーメン

三品目は鍋焼き味噌ラーメンというのも選べるようでした。

鍋焼き味噌ラーメンの麺

醤油や塩味と違う専用でしょうか?太麺でした。これ食べてないからまた行ってみないと~。

この時ご主人が言ってましたが、小麦三昧とは一品目のまぜそばで、インパクトを出すザクザク食感を味わってもらって~二品目のつけ麺でモチモチ食感でさきほどの油っぽさを消す。そして三品目のラーメンでスープとの一体感を堪能してもらうコースなんだそうです。

なるほど!

今回初めてラーメン芝浜さんに行ってみて感じたのは手書きメニューにいい素材元や無添加製法などの自然派ラーメン店でした。自然派趣向の人にはいいかもです。

個人的にはいい粉使ってる麺だなぁ~いい醤油だなぁ~など個々はわかるんですが、醤油ラーメンは私には合わなかったようです。塩ラーメンのほうがが私向きでした。

ただ残念だったのはここまでいい素材を使って出してたのに割りばしがどこにでもあるスカスカの安っぽいタイプでした。

私が取った割りばしは真ん中割れしなかった・・・・・こういう割りばしに出会ってのも久しぶり・・

いい素材の割り箸のほうがお店のコンセプトに合う気が個人的にはしてしまいました。またレジではアルバイト?の女の子が札の向きを合わせてお釣りをくれたので、店員さんのお客様に対する姿勢はいいお店だと思います。行列はしょっちゅう見かけるので世間的には味の虜になってるお客様の多いお店かと。

テイクアウトメニュー

最近行ったらテイクアウトもできるようになっててビックリ!

ツイッターと夜営業のお知らせ

月に一度夜営業でその日は「饅頭こわい」という店となり白湯専門店にもなるって気になる~。

本日の小麦三昧の中身のお品書き

妻と一緒に昼ごはんに行った時、妻は小麦三昧を注文しました。

こういうお品書きがあるのもいいですよね。

低加麺のまぜそば

一品目の低加麺のまぜそば。

上州辛味大根のダイヤモンドつけ麺

二品目の上州辛味大根のダイヤモンドつけ麺。芝浜の麺は本当艶々してて綺麗。一口ちょっとつゆつけて食べましたが、絶品ですね。

小麦三昧のしょうゆラーメン

三品目はしょうゆラーメン。妻は小食で最初は全部食べられるかなぁ?と悩んでましたが3品とも見事完食でした。

ちなみに、最初行った時はスカスカの安っぽい割り箸でしたが、今はしっかりした箸になってましたよ。

また前行った時に私が食べたしょうゆラーメンと具も変わってるというか多くなってる気が。

塩ラーメン

私は前回連れが頼んでて旨そうだった塩ラーメン。具のササミとチャーシューも柔らかくて美味しいかったです。

店主がチャーヘンを炒めてるところ

実はもう一品頼みました。

チャーハン

セットチャーハン280円。280円だから半チャーハンかな?と思ったらしっかりほぼ1人前ありました。

このチャーハンは私の好きな関西系に似てる味で、私はラーメンよりこのチャーハンに嵌りそうっす。

ラーメン芝浜のLeeデニムエプロン

食べ終わった後ラーメン以外にLeeデニムエプロンも売ってたのもビックリ!!

ラーメンを食べた感想と口コミ

食べてきました。話題のらーめん芝浜。

人気店でよく店の外に行列ができているので、並ぶかなー?と思いながら行ってみたら、お昼少し前でたまたまタイミングが良かったのかほとんど待たずに店に入ることができました。

店内は、カウンターとテーブル席が数席で小じんまりとしています。カウンターに案内されて、そして。私が頼んだのは「本日の小麦三昧」。まぜそばとつけめんとらーめんのセットです。

一品につき麺が0.5玉分ということなので、女性でもいけると思います。本日の、と付いているから内容は定期的に変わるんでしょうね~。とりあえず本日の小麦三昧の一品目は「生揚げ醤油の低加麺まぜそば」。よく混ぜてから召しあがってください、とお店の方に言われるままに、しっかりまぜまぜ。そうすると、噛み応えがありながらもざくっとした麺に濃い目のタレがよく絡み、魚介の味がガツンときて食べ応えは満点!私は普段あまりまぜそばを食べる方ではないのですが、初っ端からインパクト大!でした。

ちなみに、麺は星野物産「黄金鶴」使用でザクザク食感が特徴、タレは岡直三郎の生揚げ使用、混ぜると鰹など魚介の香りが上がる、とのこと。

二品目は「上州辛味大根のダイヤモンドつけめん」。これは?とにかく美味しかった。つやつやつるんっとした弾力のある麺が最高、ほんのり辛い大根おろしが入ったつけダレがまた最高で、さっぱりさわやかなのに深みがあって、文句のつけどころがないです。0.5玉じゃ足りない、もっと食べた~い!と思ってしまいました。

麺は北海道産「きたほなみ」でもちもちつるつる透き通っているのが特徴、タレは自家製でたまり醤油を使用、大根は群馬県産の辛味大根を使用、だそうです。

三品目は「らーめん」。今回はしょうゆらーめんでした。麺には独特のコシがあり、具はとろとろで溶けてしまいそうなほどやわらかいチャーシュー・複雑にいろいろな味わいのする鶏ささみ・筍の風味がスゴいメンマなどが入って、特にスープは様々な旨味を持つ各々の材料から出たダシがオリジナルなクセになりそうな味を作り出しています。今まで食べてきた醤油ラーメンとはあきらかに一線を画する、唯一無二のしょうゆらーめんという感じです。

麺は北海道産の「春よ恋」使用でぱっつんと歯切れの良いコシが特徴、スープは北海道産真昆布と名古屋コーチンをメインに節や煮干しを加えた旨味の強い無化調スープ、とのことです。

三品全部に通して言えるのは、とにかく食材へのこだわりが半端じゃないな、ということ。あまりにフツーと違っていてとまどいすら覚えるほど?です。"ラーメンは、10人いれば10人共おすすめのラーメン店が違う"と言われるくらい好みが分かれる食べ物らしいですが、このこだわりのらーめん、一度は食べてみるといいかも、です。


アクセス、駐車場、住所、電話番号、営業時間、定休日



らーめん芝浜:住所:群馬県桐生市相生町1-303-1電話番号:0277-46-6901
麺切れの看板

定休日:水曜日、第4火曜日・木曜日
営業時間:7:00~(麺がなくなり次第終了)13:00頃

駐車場は店舗前に数台・・・・ですが、近くの○○○○に停めて歩いてくる人もいたりしますね~。

らーめん芝浜へのアクセスは北関東自動車道太田薮塚インターから約7.7キロ、車で約16分、太田桐生インターから約11キロ、車で約19分

JR桐生駅から約1.9キロ、車で約5分、相老駅から約1.8キロ、車で約4分

国道50号線からラーメン芝浜を目指す場合は東邦病院の分岐を桐生市街地方面に向かい、桐生ボートレース場を過ぎて約1.6キロの左側にソフトバンクショップの見えてその隣のです。スーパーヤオコーまで行ってしまうと行き過ぎになります。

 

タグ :

群馬県 桐生市   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

TOPへ戻る
アクセスランキング