奥飛騨クマ牧場

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

奥飛騨クマ牧場に行ってきた

奥飛騨クマ牧場に行ってきた


松本市方面から新穂高ロープウェイに向かってる最中前を通った時から気になったのが、奥飛騨クマ牧場の看板です。

動物大好きな私にとって、「子グマと記念撮影」は心動かされました。

だって普段お目にかかれないですからね。子グマさん。

という事でロープウェイの帰りに急遽寄りました。

奥飛騨クマ牧場 駐車場

平日昼11時半頃でしたが結構ガラガラでした。

子グマと写真が撮れるというフレーズで道行く人を誘ってますから土日あたりは混雑してるのかもですね。

奥飛騨クマ牧場入口

入場券を買いました。子グマと写真とかは撮影時間が決まってました。またクマさんのショーもあるようでした。

奥飛騨クマ牧場券売所

またクマさんにエサもあがられるようで、エサを200円で売ってましたので購入しました。

入場券

入場料は大人1,100円でした。

くまのぬいぐみ

建物の中はこんな大きなクマさんのぬいぐるみもありました。

子供さんが喜びそうな撮影スポットです。

シロクマのはく製

白クマのはく製ゾーンもありました。

スロープ

子グマさんの撮影時間終了が迫っていたため小走りで会場に向かいました。

奥飛騨クマ牧場全景

入口の建物から見えるこ高い所にあったのでゆるやかな坂のスロープでしたが歩く距離はありました。

小熊の小梅ちゃん

子グマさんと撮影できる建物に入り、撮影をお願いしました。

子グマさんは、かじられないように口が大きく開かないようにされてました。

エサのリンゴを食べてたので少しだけ口が開くという感じなのでかじられる事もなさそうです。

もも少し小さいのを想像してましたが、思ってたのより少し大きかったです。

見た目は子グマで可愛いんですが、鳴く声が獣という感じで可愛い声ではありませんでした。

ちなみに1ショット1000円です。手持ちのカメラでは2ショット撮影はできないようでした。

小熊と記念撮影

念願の写真。

その場でくれました。

が、抱っこして撮影じゃなく置かれて撮影したって感じで残念な結果に。

犬を撫でるように毛を触りましたが、熊は剛毛でした。

芸能人も小熊と記念撮影

有名人も結構撮ってるようでその写真や色紙も飾ってありました。

あれ?みんな抱っこしてる・・・・・

はりせんぼんの近藤春菜と箕輪はるかの写真もありました。

「おや?クマ2匹と箕輪はるか」「くまじゃね~よ」

小熊を抱っこしての撮影時間は4月末から10月末までで午前/11:00~11:45 午後/13:00~14:30です。

奥飛騨クマ牧場中

遠目にクマさんらしき姿が見えました。

くま

近づくと沢山のツキノワグマがいました。

くまにエサあげ

エサをあげようとすると立って、俺んとこ投げてくれよ~とアピールする熊もいれば、座ったまま口に手を入れたりしてアピールする熊なんかいて楽しいし超かわいいんです。

立つ熊

ここだよ、ここ。と熊さんが言ってるようでした。

小熊ゾーン

色々なゾーンがあって、こぐまでも少し大きい、親子ぐま、などどこでもエサがあげられました。

小熊ゾーン

去年撮影で活躍したクマさんは大きくなったので

小熊オリ

こちらの檻でエサくれ~と手でアピールしてましたのでエサを沢山投げてあげました。

ヒグマ

北海道のヒグマもいました。

ヒグマ

ツキノワグマの3倍くらいある巨体で大迫力でした。ちとでかすぎて怖いかな。

熊のエサ自販機

どこのゾーンにいる熊でもエサがあげられるので入口で買ったエサがすぐになくなってしまいました。

でも、エサあげの場所では自動販売機でエサ売ってました。100円・・・

入り口とかは200円・・ドライフルーツでした。

しまった。100円のあるじゃん。ビスケットですけど。

入口で焦って買わなくても、100円でエサの自販機ありますからね~~~~。

寝てる熊

こんな可愛い寝姿のクマもいました。

立ち上がる熊

エサを持って近づくと、立ちだして「こっちに投げてくれる~」とアピール。拍手しながらこっちに寄こせとアピールなど超楽しいです。

エサを買ってはあげて、買ってはあげまくってました。

熊のショー

また森のクマジアムでは熊のショーが見られます。

くまのショー舞台

くまさんの学習発表会は10:30と15:00の1日2回してます。

くまの三輪車乗り

三輪車乗りや輪投げなど色々な芸が約15分見られるようです。ちなみにこのショーは無料です。くまさん牧場の入場券だけで見る事ができるそうです。


最初、連れへクマさん牧場に行こうよ。との私のお誘いにしょうがないなぁ~とイヤイヤながらついてきましたが、エサあげは私以上に「超カワイイんだけど」と楽しそうにあげまくってました。

私たち以外にも小さな子供さん連れの家族、デート中と思われるカップルさんが何組か、あと、女性の1人旅らしい人も楽しそうにエサあげてました。

このエサあげは誰でも楽しくなっちゃうから子供連れの家族ならチビっこ大喜び、またデートスポットにも最適でしょうね。

ただエサを飛ばしてあげるしかないので小さなお子さん自体は投げるの大変かも?

散々エサをあげて遊びまくった後は、来た時に通ったスロープを下り最初の建物へ移動しました。

お土産屋
出口付近はお土産屋さんでした。

さるぼぼ

さるぼぼもカッコをしたクマボボ。

熊の油

熊の油というのがココの特産品らしくそこらじゅうで観光客アピールしてる陳列をしてました。

アトピーや乾燥肌に効くらしいです。

ちなみに牧場内は自販機でジュースを売ってる程度で食事処はありません。

だからショーの時間や小熊の撮影会の時間を調べてからその時間に合わせてきたほうがいいです。

牧場内もさほど広くなくエサやりぐらいしかやる事はないので、楽しくても30分前後で全部のゾーンにエサやりできてしまいます。

奥飛騨クマ牧場 DATA

住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根(安房トンネル入口)

電話番号: 0578-89-2761

営業時間:AM8:00開園~17:00閉園 8月は18:00閉園、冬季は16:30閉園です。熊のショーは冬でも開催

定休日:年中無休

入場料:大人1,100円、小人600円

奥飛騨クマ牧場の近隣スポットにも行ったよ

 

タグ : 

岐阜県   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

TOPへ戻る
アクセスランキング