櫻軒

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

櫻軒で高山ラーメン食べてきた

櫻軒で高山ラーメン食べてきた


先日PM2時すぎに高山市に到着し、現地の人にお勧めの高山ラーメンのお店を聞きましたが「今からだと・・・麺がなくなったら閉まっちゃうから」と散策したものどこも閉まっていたので本日はAM11時という事でどこか開いてるだろうと、再び高山ラーメンのお店をめぐりました。

私は高山ラーメンは過去一度、どこかのイトーヨーカドーのテナントに入っていた高山ラーメン店のチェーンで食べた事があります。20年前の事ですがハッキリ覚えてます。

何故なら、正直そこで食べた高山ラーメンのスープが私の好みでなかったからです。

だから、現地ならきっと美味しいと思い、高山観光行ったら絶対に食べてやる~と思ってました。



さてAM11時過ぎ高山ラーメン店巡りで歩きました。「しらかわ」定休日

高山らーめん 鼓

「つづみ」定休日

甚五郎らーめん

甚五郎らーめん定休日。が~~~ん。この辺は火曜日定休らしい・・・・もうどこ行っても閉まってるんじゃないかと思ってそのほぼお隣さんを見ると

櫻軒

桜軒というお店が営業してました。宮川朝市高山祭屋台会館櫻山八幡宮→高山ラーメン店巡りをしてきた私のお腹は空腹MAX。

ラーメンを食べるには最高のコンディションでした。

店内

お昼時前という事で店内は空いてました。

メニュー

頭の中は高山らーめんしかありませんでしたが、メニューに目を通します。

ラーメン専門店らしく味は高山らーめん(しょうゆ)しかないようです。期待値が上がりました。

サイドメニュー

サイドメニューもありました。これはお店の店頭で食べ歩きができるように売ってました。中でも注文可能でした。

高山らーめん

注文してしばし待ちました。スタッフのおばちゃんが私の席に持ってくる時から、高山ラーメンのスープ独特の魚介ダシの匂いが漂ってきました。

らーめん好きなので高山らーめんを少し事前勉強しましたが、普通は丼の中にしょうゆ他調味料などを入れてスープを足して溶いてから麺を入れて完成ですよね。

高山らーめんの基本は、スープとたれを一緒に混ぜて、寸胴で煮込むそうです。

桜軒さんはカウンター席がなかったので、その独特な製法は確認できませんでしたが、独特な魚介ダシの濃厚な香りが漂ってました。

そして、この細いちぢれ麺。これも高山ラーメンの特徴ですよね。

しょうゆベースで色が黒いので味が濃そうで一見こってりしてそうに見えますが、脂分が少なく以外とサッパリとして食べられました。

このしょうゆの色が濃そうに見えてアッサリしてるのも高山らーめんの特徴ですよね。

チャーシューも柔らかく美味しかったです。

が、

やっぱり私には過去食べた高山らーめん同様にこの独特な味、魚介アシが強く味覚的に合わないようです。

基本的に鳥ガラの味が強いほうが好みなので、魚介ダシの味が濃いラーメンは私にはどこも合わないんです。

これは私がどこの高山らーめんのお店に行っても同じかも知れませんね。

高山らーめん自体は全国に名をとどろかせてるご当地らーめんなので、味覚が合う人は癖になる味なんだと思います。

しょうゆ系は個人的には佐野らーめんのほうが好みでした。

でも現地で一度本場の高山らーめんを食べてみたかったので、桜軒さん営業してて助かりました。

飛騨高山 中華そば 櫻軒
 DATA

住所:岐阜県高山市上二之町46

電話番号:0577-32-8270

営業時間:[月~金] 11:00~14:00 [土・日] 11:00~15:00(スープが無くなり次第終了)

定休日:なし年中無休

桜軒の近隣スポットにも行ったよ

 

タグ :

岐阜県   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

CAPTCHA


TOPへ戻る
アクセスランキング