田代ロープウェー

おでかけポコ

各地の温泉(ホテル/旅館/日帰り温泉)・観光地・寺社仏閣・グルメなど【旅とお出かけスポット情報】旧桐生人ポコ

混雑の紅葉の田代ロープウェーに乗った


大混雑だった紅葉の田代ロープウェーに乗った


地上高230mという日本一高い地点を通るのが田代ロープウェー、紅葉の秋はドラゴンドラとセットで乗る人が多く平日でも乗るまでに大行列ができるほど激混みのロープウェイ

山麓駅舎からはみ出すほどの大行列山麓駅舎からはみ出すほどの大行列にはビックリ!

田代ロープウェー

住所: 新潟県南魚沼郡湯沢町大字三国1066 電話:025-789-3111
営業期間:秋(2020年10月上旬~11月上旬)
営業時間:9時~15時(下り最終16時)
定休日:期間営業中無休
料金:(紅葉見頃で料金変化)往復大人2700円~3000円小学生1400円~1500円
備考:料金はドラゴンドラ/田代ロープウェイ共通で田代ロープウェーで上り下り往復、上り田代ロープウェー下りドラゴンドラでもOK
ペット:大型犬を除いてゲージ使用で乗車可1匹往復600円(レンタルゲージあり)
駐車場:無料
DATA:ゴンドラ数2台、乗車定員91名、全長2175m、支柱数2本、瞬間最高地上高230m、山麓駅標高806m、山頂駅標高1413m、高低差607m、乗車時間約7~10分

時刻表混雑時は随時運行に変更


ここが凄い!
瞬間最低地上高230mの日本一高さを通るロープウェイ、230mの高さは東京タワー上の特別展望台やサンシャイン60のビルの高さとほぼ同等。
ゴンドラの内部がシースルーで約230mの高さを覗き込む事ができる



目次
苗場/田代高原マップ
チケットを買う前に確認/割引
ゴンドラからの景色と混雑の様子
ドラゴンドラ乗り場へ移動
ランチ/グルメ
田代ロープウェーの口コミ
アクセスと駐車場


越後湯沢温泉人気宿

越後湯沢温泉日帰り温泉一覧




苗場/田代高原観光マップ

苗場/田代高原観光マップ

苗場田代高原観光マップ

田代高原お散歩コースの地図

田代高原お散歩コースの地図



チケットを買う前に確認/割引

上の苗場/田代高原観光マップを先に見てから、次は時間的余裕を考えてみよう

田代ロープウェイだけを楽しむのか?ドラゴンドラ+田代ロープウェイで楽しむのか?パノラマリフトなどに乗るか?トレッキングするか?楽しめる時間的余裕によって乗車チケットが2種類ある。

1.田代ロープウェイ往復乗車するコース、上りは田代ロープウェイ山頂駅⇒田代高原⇒下りはドラゴンドラ山麓駅のコース(600円の連絡バスにて田代ロープウェー山麓駅へ戻れる)この2つのコースはどちらが上下でも同じ上下でも往復チケットでOK!

2.山頂にあるパノラマリフト、らくらくリフト、ドラゴンドラ、田代ロープウェイが乗り放題の1DAYパス

ドラゴンドラや田代ロープウェイの下り最終は16時だから午前中から行けばパノラマリフトや散策、ランチなど色々楽しめるから1DAYパスが得な場合も。午後から乗る場合は下りの混雑の行列時間を考えれば、往復チケットでを購入した方がいい場合も。

紅葉の田代ロープウェーについての割引ですが、団体割引の他に周辺観光スポットのパンフレット置き場や観光案内所、道の駅などでパンフレットをもらうと中に割引券(200円~300円割引)が入ってました。

この割引券とJAF会員証の割引額は同じですが、往復乗車だけに適用される なお、公式サイト割引ページにて同額の割引がすぐ手に入れる事も可能。

一番割引額が大きいのは当日でも入会可能即割引となるSEIBU PRINCE CLUBに入会した場合、または既に会員の場合。

ドラゴンドラ乗り放題1DAYパス

「ドラゴンドラ+田代ロープウェイ」「ドラゴンドラ+田代ロープウェイ+パノラマリフト+らくらくリフト乗り放題1DAYパス」などのチケットには割引券などが使えませんでした。



ゴンドラからの景色と混雑の様子

田代ロープウェーのゴンドラ

田代ロープウェーのゴンドラ

真下が見られるシースルーエリア

この部分が真下が見られるシースルーエリア

山麓駅舎からはみ出すほどの大行列

山麓駅前は大行列・・・・・

満員に近いゴンドラの中の様子

混雑してたから随時運行、並んでから次の便に乗車はできたけど満員電車並の混雑で身動きほぼとれず。

二股ダムと二股湖

ガイドさん乗車で回りの景色の説明してたがゴンドラの真ん中辺りだからほぼ見えず、友達とわざと離れて写真を見せてもらったり、自分もカメラを上に向けて窓側撮影したりと・・・・大変

日本一の地上高の真下の景色

友達の1人は真下が見えるシースルー前で底を見ながら撮影。ここが日本一の高さ部分。

田代ロープウェーの中から見た紅葉の景色

友達の1人は窓際だったから紅葉の景色が楽しめたみたい

田代ロープウェーゴンドラからの景色

私は人に埋もれて肉眼では景色が見えなかったけど、写真もらってみると結構いい景色が広がっていた

満員に近い田代ロープウェーのゴンドラ

そしてこんなほぼ満員状態で山頂駅に到着

田代ロープウェーのゴンドラ

山頂駅は一画が展望台になっていてゴンドラで見えなかった景色をここで堪能

田代ロープウェー山頂駅の休憩所

山頂駅には食事処などはなかったですが、休憩所はありました

下りの田代ロープウェーに乗る行列

山頂駅⇔山麓駅に向かう下りにも乗りましたが、行列があっても来たゴンドラに全員乗れるぐらいの人の量。下りの行列はこの何十倍もドラゴンドラの方が凄かった
⇒詳しくは別ページ⇒ドラゴンドラに乗った


ドラゴンドラ乗り場へ移動

勾配のある坂道

ドラゴンドラ乗り場は田代ロープウェーより低い位置にあって距離は約1キロあります。

下り遊歩道の様子

最初の内は下り坂、次は平坦な道だから15分ぐらいで行けます。逆のドラゴンドラ⇒田代ロープェーの移動は上り坂だから大変・・・・

移動途中の景色

途中絶景が見られる撮影スポットもあります。

らくらくリフトからの絶景

田代ロープウェー山頂駅前にあるらくらくリフトに乗れば下り坂は歩く事なくほぼ平坦な遊歩道まで行く事もできます。

⇒詳しくは別ページ⇒パノラマリフト/らくらくリフトに乗った

⇒詳しくは別ページ⇒ドラゴンドラに乗った


ランチ/グルメ

Herb Juta

山麓駅内に「Herb Juta」というカフェがあって、ドリンクの他にきのこ汁定食やきのこそば、きのこ汁、おにぎりなどがあった。

露店

田代ロープウェー山頂駅周辺にはレストランやカフェなどはなく、ドラゴンドラの山頂駅周辺まで行かないとお店はありませんでした。

ここには露店もいくつかあって、クレープやドリンク類、ケーキやドラゴンドラモナカ、牛串、ダンゴなどなどのグルメ、テーブルも用意されてた

ベーコン串とダンゴにコーヒー

ベーコン串とダンゴにコーヒー

レストランアルム外観

ドラゴンドラ山頂駅の目の前に「レストランアルム」大行列は下りのドラゴンドラに乗る人の列

レストランアルムの店内の様子

広々とした店内でペット同伴できるテラス席もあった

カレーうどんとなめこうどん

ハイジカレー、舞茸天丼、天ぷらうどんそば、カレーうどんそば、なめこうどんそば、肉うどんそば、おしるこ、甘酒、きのこ汁の他にコーヒー、ココアなどのドリンク類などがあった

ハイジのカレーパンとスープ

この日はテラス席で焼き鳥屋、レストラン内でハイジのカレーパン屋もあってコーンスープやミネストローネなどもあった


田代ロープウェーの口コミ

私の場合1DAYパスを買って田代ロープウェー往復、ドラゴンドラ往復乗りましたが、田代ロープウェーのゴンドラ内は上りも下りもほぼ定員いっぱいの状態だったから、同乗したガイドさんが二股ダムの説明や今最高地点ですよ~の声がかかってもよく見えず、結果ゴンドラ内からは紅葉の景色も満足に見えなっかった。

行ってわかった事だが、観光バスで来る団体客は田代ロープウェーで上り、下りはドラゴンドラを利用してるようだった。だから田代ロープウェーは上りの方が下りより混んでて、山麓駅の方が長蛇の列ができていた。

ただ、ゴンドラの定員は91名で混雑時は随時運行という事で、待ち時間は15分から20分ぐらいだったと思う。行列の人91人が乗り込むからゴンドラ内は自由に動けず景色がぁぁぁ~という事に。

個人的には次回行くとしたら必ず窓際に座れて景色が180度見られるドラゴンドラだけでいいかなというのが正直なところ。空いてたら田代ロープウェーからも景色見たいけど・・・紅葉シーズンは無理っぽい。


アクセスと駐車場



田代ロープウェー:新潟県南魚沼郡湯沢町大字三国1066(かぐらスキー場田代ステーション)

アクセスは関越自動車道湯沢インターから約15.6キロ車で約17分
越後湯沢駅東口より路線バス「苗場プリンスホテル線」で約30分「二居田代スキー場前」下車


田代ロープウェイ山麓駅前駐車場の様子

山麓駅前に広大な無料駐車場がありました。

 

タグ : 

新潟県 越後湯沢温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ投稿覧

TOPへ戻る
 プライバシーポリシー お問い合わせ