苗場ドラゴンドラ

おでかけポコ

各地の温泉(ホテル/旅館/日帰り温泉)・観光地・寺社仏閣・グルメなど【旅とお出かけスポット情報】旧桐生人ポコ

【紅葉オススメ2020】秋の大混雑苗場ドラゴンドラに乗った(チケットを買う前の参考に)


大混雑だった紅葉の苗場ドラゴンドラに乗った


日本一の長い距離を動くロープウェイでゴンドラから絶景が見られる苗場にあるドラゴンドラ(名前をつけたのは松任谷由美さん)、緩やかに上ったと思うと山頂一気に谷底へ急下り、川沿いから山頂へと急上りなど起伏が激しい区間もあってちょっとした絶叫マシンのようなスリル感も味わえる。マツコの知らない世界というTV番組でもドラゴンドラから見える紅葉の映像を見てマツコさんは「すっごい」「これはキレイだわ!」「壮大」と大絶賛してたほど。

ドラゴンドラに乗る行列

誰が乗っても感動レベルの絶景が見られるから平日でも長蛇の列・・・下りのゴンドラ山頂駅で400人ぐらい並んだみたい。

でも!大混雑、行列に並んでも乗る価値があるのが紅葉のドラゴンドラ



秋の苗場ドラゴンドラ2020運行決定!(2020年10月10日(土)~11月3日(祝)の約1か月間運行)

1.新型コロナ対策によりゴンドラ1台、通常8名乗車が4名まで(グループの場合は8名まで)と減らして運行される
2.ドライブスルーチケッティング(受付時間:8:15~14:30)でチケット購入した場合、山麓駅までマイカー乗り入れ可能(従来は管内チケット売り場から無料シャトルバスか徒歩で山麓駅に向かった)*電車やバスで行った場合は従来のまま
3.隣接する田代ロープウェイの営業は休止(新型コロナ対策)
4.電話で確認したら山頂にある「パノラマリフト」「らくらくリフト」は運行休止、山頂駅のお店は開くとの事、よって今年はリフトや田代ロープウェイとセットになった11dayパスや割引チケットはない



苗場ドラゴンドラ

住所: 新潟県南魚沼郡湯沢町大字三国202 電話:025-789-2211(苗場プリンスホテル)
営業期間:春(4月下旬~5月末)と秋(2020年10月上旬~11月上旬)
営業時間:8時30分~14時30分受付終了(下り最終16時)
定休日:期間営業中は無休
料金:(春)往復大人2200円小学生1100円、往復大人3000円小学生1500円
備考:料金はドラゴンドラ/田代ロープウェー共通でドラゴンドラで上り下り往復、上りドラゴンドラ下り田代ロープウェーでもOK
ペット:大型犬を除いてゲージ使用で乗車可1匹往復600円(レンタルゲージあり)
駐車場:無料
DATA:ゴンドラ数108台、乗車定員8名、全長5481m、運転速度毎秒6m、乗車時間約25分、毎時輸送量1600人、山麓駅標高921m、山頂駅標高1346m、高低差425.67m


ここが凄い!
全長5481m(日本一)乗車時間約25分(片道)の「8人乗りゴンドラ」
どんなに混雑していても大型ロープウェイのゴンドラと違い必ず座れる必ず窓際の席になる必ず景色が見られる



目次
苗場/田代高原マップ
チケットを買う前に確認/割引
シャトルバスか徒歩
ゴンドラからの景色と混雑の様子
山頂駅周辺
ランチ/グルメ
ドラゴンドラに乗った感想(口コミ)
泊まりでドラゴンドラ
アクセスと駐車場




県外から【ここへ】へ行く場合、Gotoトラベルのツアー旅行(日帰りバスツアーや宿泊を伴うツアー)があるかもしれません
マイカーで行くと交通費用はGotoトラベルの割引になりませんが「日帰りバスツアーや交通+宿泊のセットツアー」だとGotoトラベルの割引対象となるし地域共通クーポンも発行されて最大50%引き(ツアー35%引き地域共通クーポン15%分発行)の恩恵を受けられるかも
出発地と到着地で検索すると簡単に捜せます⇒≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!



越後湯沢温泉人気宿越後湯沢温泉日帰り温泉一覧


苗場/田代高原観光マップ

苗場/田代高原観光マップ

苗場田代高原観光マップ

田代高原お散歩コースの地図

田代高原お散歩コースの地図



チケットを買う前に確認/割引

上の苗場/田代高原観光マップを先に見てから、次は時間的余裕を考えてみよう

ドラゴンドラだけを楽しむのか?ドラゴンドラ+田代ロープウェイで楽しむのか?パノラマリフトなどに乗るか?トレッキングするか?楽しめる時間的余裕によって乗車チケットが2種類ある。

1.ドラゴンドラ往復乗車するコース、上りはドラゴンドラ山頂駅⇒田代高原⇒下りは田代ロープウェイ山麓駅のコース(600円の連絡バスにて苗場プリンスホテルへ戻れる)この2つのコースはどちらが上下でも同じ上下でも往復チケットでOK!

2.山頂にあるパノラマリフト、らくらくリフト、ドラゴンドラ、田代ロープウェイが乗り放題の1DAYパス

ドラゴンドラや田代ロープウェイの下り最終は16時だから午前中から行けばパノラマリフトや散策、ランチなど色々楽しめるから1DAYパスが得な場合も。午後から乗る場合は下りの混雑の行列時間を考えれば、往復チケットでを購入した方がいい場合も。

紅葉のドラゴンドラについての割引ですが、団体割引の他に周辺観光スポットのパンフレット置き場や観光案内所、道の駅などでパンフレットをもらうと中に割引券(200円~300円割引)が入ってました。

この割引券とJAF会員証の割引額は同じですが、往復乗車だけに適用される

一番割引額が大きいのは当日でも入会可能即割引となるSEIBU PRINCE CLUBに入会した場合、または既に会員の場合。

ドラゴンドラ乗り放題1DAYパス

「ドラゴンドラ+田代ロープウェイ」「ドラゴンドラ+田代ロープウェイ+パノラマリフト+らくらくリフト乗り放題1DAYパス」などのチケットには割引券などが使えませんでした。



シャトルバスか徒歩

シュネーの外観

駐車場側にある「シュネー」という建物から連絡通路にて奥の建物ドルフがチケット売り場

風の散歩道遊歩道マップ

ドルフから屋外に出ても山麓駅はかなり離れた場所、ここまで無料シャトルバスに乗って行くか、風の散歩道を歩いて行くか各自選択

無料シャトルバスを待つ行列

無料シャトルバス乗り場は長蛇の列でした。この乗り場から山麓駅まで2台のバスが出てますが、道中1車線しかないから交互通行だから待ち時間が長い

徒歩で山麓駅を目指す人たち

並ぶのやめたり、最初から徒歩と決めてた人など多くの人が風の散歩道を歩いて山麓駅へ

ここから山麓駅までは約850m、緩やかな上り坂で歩いて約15分との事。

この日私がバスに乗って山麓駅に着いたのは行列に並んで30分後でした。歩いた方が早かったけど体力は温存できた。



ゴンドラからの景色と混雑の様子

山麓駅の行列の様子

東京朝の通勤ラッシュのみギューギューの車内だった無料シャトルバスから一斉に人が出て+徒歩組で山麓駅に大行列(平日)

ただこのロープウェイは8人乗りが次から次へと来て乗れるから少しずつ列は前に進み、立ちっぱなしで待つという事はなく列が短くなってきてるのもわかるから良い

山麓駅を出発したドラゴンドラ15分くらい待って乗車、後ろ側の席でした

山麓駅周辺ドラゴンドラから見た景色山麓駅を出てすぐはまだ紅葉に早いのかな?というような景色

谷底へ向かうドラゴンドラ

突然前側に座ってたおばちゃんの悲鳴!「キャー」「こわ~い」14号支柱を過ぎると山の上から一気に谷底へ。そんなジェットコースター並みの崖に近い勾配におばちゃん怖かったようでこの間はずっと後ろ向いてました・・・

谷底から山へ向かうドラゴンドラそして谷の川沿いをゴンドラは走ります

川沿いを走るドラゴンドラ川沿いを走るロープウェイは日本でドラゴンドラだけ

ドラゴンドラから見えた二股湖谷底から今度は急に山に上がると二股湖の景色が広がりました

谷底から上がるドラゴンドラ

山を下ったり上ったりとアップダウンの激しいゴンドラで乗ってて楽しい!前のおばちゃんは急下りに入ると「こわ~い」が声に出ますが・・・

山頂駅近くから見た景色山頂駅に近くなるとより一層紅葉の色がよくなって。

山頂駅とドラゴンドラ山頂駅到着。

ドラゴンドラの距離と見どころ

乗車時間25分があっという間に過ぎるほど遊園地のアトラクションに近い乗り物でした。来年は1DAYパスで往復3回ぐらい乗ろうかな。

ドラゴンドラに乗る行列

下りの行列は凄かった!平日なのに大混雑。行ってみてわかった事は観光バスでの団体客が物凄く多い。

その団体客は上りは田代ロープウェイ、下りでドラゴンドラに乗車する。だからドラゴンドラは上りより下りの方が行列が長い。

15時近くになると山頂駅は冷え込んできたけど・・・・・・40分ぐらい並んで乗れてやっと帰れました。

山頂駅周辺

パノラマリフトパノラマリフト

パノラマリフト山頂駅からの絶景パノラマリフト山頂駅前絶景スポット⇒詳しくは別ページ⇒パノラマリフトに乗った

田代湖の景色田代湖(散策可能)、写真はパノラマリフトに乗って山頂駅周辺から見た景色

展望台と田代ロープウェイ山頂駅ドラゴンドラ山頂駅周辺展望台から田代湖景色が見られる

お散歩カート乗り場歩くのが苦手な方には「お散歩カート」20分1800円、らくらくリフト乗り場までのカート乗車500円もあった

かも池周辺の紅葉かも池周辺の紅葉

勾配のある坂道田代ロープェイ山頂駅までは勾配のある上り坂、ドラゴンドラ山頂駅と田代ロープウェイ山頂駅の距離は約1キロ、上り坂を含めると全て歩くと約25分かかる。

らくらくリフトに乗ってる様子らくらくリフトに乗れば上り坂を歩かずに田代ロープウェイ山頂駅へ

らくらくリフトからの絶景このリフトは下りに乗った方が絶景⇒詳しくは別ページ⇒らくらくリフトに乗った


ランチ/グルメ

丹波屋

山麓駅チケット売り場のあった「ドルフ」に「丹波屋」うどん、カレー、たこ焼き、ポテトフライ、豚まんなどなどテイクアウトも可能、また苗場プリンスホテル側に行けば本格的なランチメニューもあった

露店

山頂駅周辺には露店もいくつかあって、クレープやドリンク類、ケーキやドラゴンドラモナカ、牛串、ダンゴなどなどのグルメ、テーブルも用意されてた

レストランアルム外観

山頂駅の目の前に「レストランアルム」大行列は下りのドラゴンドラに乗る人の列

レストランアルムの店内の様子広々とした店内でペット同伴できるテラス席もある

カレーうどんとなめこうどん

ハイジカレー、舞茸天丼、天ぷらうどんそば、カレーうどんそば、なめこうどんそば、肉うどんそば、おしるこ、甘酒、きのこ汁の他にコーヒー、ココアなどのドリンク類

ハイジのカレーパンとスープ

この日はテラス席で焼き鳥屋、レストラン内でハイジのカレーパン屋もあってコーンスープやミネストローネなども売ってた。

山頂駅周辺は大混雑してましたが、ファストフードを扱う露店なども多く色々お店があって食べたいものが選べてよかった


ドラゴンドラに乗った感想(口コミ)

今まで乗ったロープウェイの中で1番景色が凄かった!涙出して感動するほどの絶景レベルでした。

左右に広がる森の上から鮮やかな紅葉の景色が広がり、崖の上に向かって急上昇、谷に向かって急降下など、登山では見られない(登山は木々の下を歩くから)空中からのダイナミックな景色とアップダウンのスリルに大興奮。いや~凄かった。

紅葉シーズンのロープウェイは色々乗りましたが、殆ど満員でゴンドラ内は身動きとれず一定方向の景色または人だらけで外が見えなかったりしますが、ドラゴンドラは必ず窓際しかも必ず座れる。ただ席は前方側の方がアップダウンのスリルが味わえる。後方側は半減した(上りは後ろ下りは前だった)、ただ行列状態では前か後ろは選べないから運次第。

この日は1DAYパスを買ったので田代ロープウェイも乗りましたが、満員で殆ど外の景色は見えず超つまらなかった。次回はドラゴンドラだけ乗ればいいかな。

山頂駅に着いたら、ランチやグルメが食べられるお店なども多いしトイレも完備されてるから、山頂周辺も過ごしやすかった。パノラマリフトでさらに上に行きましたがコッチの景色も最高。

マツコさんがTVで映像だけ見て「すっごい」「壮大」と大絶賛してましたが、実際乗るとそれ以上に衝撃が走るぐらいの驚嘆の感動が待ってました。

さて、私は1DAYパスを購入、ドラゴンドラ上り⇒パノラマリフト往復⇒らくらくリフト上り⇒田代ロープウェイ下り⇒田代ロープウェイ上り⇒らくらくリフト下り⇒ドラゴンドラ下り。全ての乗り物を往復乗車したので全部別で払うより安かった~!


泊まりでドラゴンドラ

苗場プリンスホテル

苗場ドラゴンドラのメイン施設は苗場プリンスホテルと直結、宿泊で苗場ドラゴンドラを楽しみたい場合は断然苗場プリンスホテルが便利

苗場プリンスホテル(空きカレンダー/宿泊料金/口コミ)→楽天トラベル/じゃらん/Yahooトラベル


アクセスと駐車場



ドラゴンドラ:新潟県南魚沼郡湯沢町大字三国202(苗場プリンスホテル)

アクセスは関越自動車道湯沢インターから約22.3キロ車で約26分、群馬県側月夜野インターから約32.7キロ車で約39分

苗場プリンスホテル前に広大な駐車場がありました

 

タグ : 

新潟県 越後湯沢温泉   コメント:2

コメントは2件です

  1. mixer_taka より:

    ありがとうございます
    ほんとうの情報がよくわかりました。
    田代ロープウェイの実際の情報が無くこちらにたどり着きました、
    歳なのでどうかなと思っていました。
    周遊コースはやめにして、ドラゴンドラ往復にしたいと思います。
    重ねて、とても参考になりました。

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ投稿覧

TOPへ戻る
 プライバシーポリシー お問い合わせ