赤城クローネンベルク

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

赤城クローネンベルクに行ったよ

赤城クローネンベルクに行ってきました。

以前は赤城高原牧場クローネンベルク、または赤城高原牧場クローネンベルク・ドイツ村とか言ってたとこですが、最近は赤城クローネンベルクという名称になったみたいです。

残念な事に「個人消費の低迷などを背景に入園者数の減少が続き、運営継続は困難と判断した。」したそうで2017年11月30日(木)を持って閉鎖、閉園と決定!子供と沢山遊びに行った場所の一つだから寂しい限りです。

羊や山羊やポニーなどの動物とも触れ合う事もできるし、ゴーカートやスワンボートや芝そりなど遊べるゾーンの規模は小さいですがいくつかの遊べるアトラクションはあるし、広大な敷地に花などの自然も沢山あって散策には心地よい場所で小さな子供がいる家族には環境もいいし楽しめる場所かと。

自分の子供が幼児の時はちょくちょく来ました。

ゴールデンウィークや夏休み中のお盆時期などはキャラクターショーなどのイベントもしてたし、遊具はあるし、羊や山羊、牛、ポニーなどにエサをあげる事もできたし、夏は花火大会などもあったし、群馬県民の日は入場無料とか、広々してて近場の子供の遊び場としてピッタリな場所なんです。






目次

アクセス・駐車場

入園料、営業時間、、乗り物料金、園内マップ

園内の様子、イベントなど

レストラン、食事、グルメ

お土産

行って遊んだ感想と私の口コミ

パンフレット

住所・電話番号

赤城クローネンベルク周辺も行ったよ




アクセス・駐車場

桐生から赤城クローネンベルクまでのアクセスマップ

アクセスは桐生駅から車で約16キロ、約30分の道のりでした。

赤城クローネンベルクの住所は前橋市ですが、JR前橋駅からは車で約20キロの道なりなので、桐生からのほうが近いんですよね。

だから、子供が小さい頃は、しょっちゅう行って遊ばせててた場所でもあります。普段は入場料必要ですが、たまに入場無料という時もあるから子供を自由に遊ばせるには最適な場所なんです。

そして必ずといってもいいほど、幼稚園や小学校のママ友とその子供たちがいて、友達どおしでワイワイと公園みたいな感覚の場所でした。桐生人の憩いの場?

ゴールデンウィークあたりからアンパンマンや仮面ライダーなんかのキャラクターショー夏花火大会などもありよく遊びに行きました。

ちなみに

関越道前橋インターからは約23キロ、車で約45分ぐらい。

関越道赤城インターからは約20キロ、信号少ないから車で約30分ぐらい。

泊りで赤城クローネンベルクに行くなら、赤城温泉がお勧め~!ここから約9キロ、山道を車で約20分の場所です。

ぐんまフラワーパークと赤城クローネンベルクは近く約3キロの位置だからセットで観光してる人もいるようですね。

朝でも満車状態の駐車場の様子

さて、子供も大きくなった行かなくなってから超久々に行ってきました。

この日は赤城南面千本桜まつりの日曜日という事もあり、朝9時45分の段階でほぼ満車状態でした

駐車場代金を支払うところ

普段は赤城クローネンベルク駐車場は無料ですが、千本桜まつりの時は駐車代金500円を徴収されました。

実は赤城クローネンベルクは赤城南面千本桜の敷地と隣どおしで普段は行き来できるゲートは閉まってますが、さくら祭りの時は行き来できるようにゲートが開いてるんです。

また祭り開催中の土日はクローネンベルクの入場料が無料だったので、国道353号線の千本桜の駐車場待ちをするより、桐生から手前のクローネンベルクの駐車場のほうが停めやすいと思いこちらに駐車する事に。

駐車待ちをしてる車の列

この写真は午後3時頃ですが、この日はこんな時間でも駐車待ちの車が列をなしてました。

満車状態の駐車場の様子

普段の土日は朝9時45分でここまで満車状態なのは過去見た事がないですが、赤城南面千本桜まつり開催中は早く来ないと駐車待ちになってしまいます。

ゴールデンウィークや、花火大会の時も超混んでたの行った時わかってましたが、それ以上に桜の季節の日曜日は凄まじかったです。

チケット売り場と正面ゲート

よかった早く行って。



入園料、、営業時間、乗り物料金、園内マップ

チケット売り場

私が行った日は入園無料の日でした~。たまにみかけます。

毎年10月28日の群馬県民の日も無料だったから子供連れて行った事もあります。

入園料金表

3月~11月は大人1,200円、子供(小学生まで)600円、犬のペットも入場できますが、ワンちゃん300円の入場料が必要です。

12月~2月は大人600円、子供300円です。

3才以下はいつも無料です。

営業時間も季節変動があり、この日は9時30分~17時30分でしたが、普段は大体朝10時から終了が16時30分(1,2月)それ以外は基本17時で3月~9月の土日祝日やGWやお盆時期などは18時までのようです。

お得な乗り物券料金表

お得な乗り物券も窓口で売ってました。

昔はもう少し遊べるモノがあったのですが・・有料アトラクションは伊香保温泉のグリーン牧場や那須高原のりんどう湖ロイヤル牧場より地味なんです。

赤城クローネンベルク場内案内図

どちらかと言うと昔から赤城高原牧場クローネンベルク・ドイツ村は小動物と触れ合える広い公園に近いという感じでしたね。



園内の様子、イベントなど

正面ゲート

ゲートをくぐり場内へ。

赤城クローネンベルクの建物

目の前に大きな建物が!この中をくぐります。くぐると、お土産コーナーになってます。

手作り体験教室のある建物

くぐって外に出ると広い広場があります。昔はこの広場でミニコンサートや大道芸や何かの色々イベントしてるの見かけましたが今日は何もやってなかったです。

写真の建物の中では色々な体験ができます。

手作り体験教室の案内

体験できるメニューや時間はその日で違うと思いますが、この日はソーセージ作り、アイスクーム作り、バター作り、キャンドル作りやオカリナの絵付け体験教室が開催されてました。

お土産屋とソーセージ工場の建物

広場右側の建物はお土産屋さんとソーセージなどの工場があります。

ソーセージ工場の様子

ソーセージの作り方の説明書きがあり、ガラス越しですが、中を見学する事もできます。

広場にある売店

広場にあるお店で手作りソーセージやアイスなどを買う事ができます。

ソーセージなどのメニュー料金表

手作りだから美味しいのですが、結構いい値段します。

ソフトクリームと桜餅風アイス

ソーセージはレストランで食べたので、ココではソフトクリームと期間限定の桜餅風アイスを買って食べました。

普通牧場に行くと牧場のミルクで作った特製ソフトクリームとかあるんですが、メニューにはソフトクリーム350円バニラ、チョコ、ミックスだったから特製ではないみたいです。

クローネンベルクの広場の様子

朝10時前だというのに今日はとにかく人が多かったです。

レストラン

広場から奥に向かいました。階段の上にあるのはメインのレストランでソーセージがメインメニューです。レストラン右手はピザ屋さん。レストランの奥にはバーベキューが食べられるお店があります。

広い赤城クローネンベルクの様子

レストランの前は柵で囲まれて中には羊がいる牧場になってます。

羊とエサの自動販売機

エサが200円で売ってる自販機があり、もう羊さんは、エサ待ち状態・・・

羊のエサやりをする様子

エサが200円と他牧場のエサとかより少々お高い感じはしますが、羊さんにエサをあげるのは子供に大人気です。

ここでは羊の追い込みショーがあります。

どうぶつイベントのスケジュール表

これが行った日の動物系イベントの時間表でした。

広いクローネンベルクの場内の様子

羊さんのエサやりも堪能したので、奥に進みます。

写真のようにクローネンベルクは広大な公園って感じなんです。

桜が咲く場内の様子

場内の桜も綺麗に咲いてました。緑の部分は芝そり場です。

芝そりゾーン

20分400円で子供に大人気です。高校生になった娘は「昔ココで遊んだよね~」と。さすがに今の歳になって遊ぼうとは言わなかった・・・

道先案内看板

場内は広いですが案内標識もあるので目的地まで迷わずに行く事はできます。

チューチュートレインの様子

広いから歩くのがイヤな人はチューチュートレインもあります。1回300円、乗り放題500円です。

広いクローネンベルクの風景

この辺りは昔短いジップラインや子供の遊ぶ遊具があったのでよく子供遊ばせていましたが、今は何もない、ただ広いだけって場所になってました。

菜の花と桜

上のほうは菜の花畑になってましたが、昔は大きな透明な玉の中に人が入って転がるアトラクションがあったのですが・・・

菜の花と桜の風景

昔はこの辺も遊べる場所だったのですが、自然観察する公園という感じに変わってました。

この近くに池もあって前は有料の釣りが楽しめたと覚えがあるのですが・・今は池があるだけでした。

恋人の聖地?

高台には鐘もあるからカップルのデートスポット?恋人の聖地的な場所みたい。

ステージのある建物

近くにはステージがあり、ここで昔キャラクターショーを子供と見た思い出が。

うさぎと触れ合う子供たち

この時はうさぎとのふれあい広場になってました。

ヤギを柵の中に入れるスタッフ

隣はヤギとの触れ合い広場になってました。

子ヤギ

スタッフの人が柵の中に入れても子ヤギはジャンプして脱走~。好き勝手にアチコチ行ってました。

熱気球体験広場

今日は大人1,500円で熱気球に乗って空から千本桜を見ようというイベントがあったのですが、体ではわずかな風を感じてましたが、その風の為飛行は中止でした。

上下に行くだけで最高25m地点まで飛ぶ予定でしたが・・・残念。

賑わう牛舎付近

隣の牛舎のほうの動物との触れ合い広場へ。

ここではポニーや馬の乗車もできます。

鴨、アヒルのエサやり

娘がアヒルや鴨にエサがあげたいという事で。エサ代は100円でした。

牛へのエサやり風景

牛にもエサをあげたいという事でほし草バケツ一杯500円でした。

可愛い牛

この牛は大きいですが愛嬌あってカワイイんです。

牛舎とヤギ

ヤギのエサやりも。自販機で200円でした。

馬

まったく動かない馬やラマやエミュー?もいました。

ポニー

ポニーも超可愛くて回りに生えてた草をあげると喜んで食べてました。なくなると催促してくるからむしるのも大変でいたが人間に慣れてて小さいし超カワイイかったです。

プレイゾーンへの階段

この牛舎の横は長い下り坂がありその先はクローネベルクのゴーカートなどのプレイゾーンです。

おもしろ自転車

おもしろ自転車

スワンボート

スワンボート、他にアーチェリー、パターゴルフなどがあります。

赤城クローネンベルクは有料アトラクションは数が少なく内容は地味なんです・・・

コスコン参加のコスプレーヤーたち

この日はコスコンを開催してたのでコスプレーヤーがアチコチで撮影を楽しんでる姿を見かけました。

桜ゲート付近の様子

気球に乗れなかったので、桜ゲートから千本桜まつりの会場に行きました。

赤城南面千本桜まつりの様子は別ページで。

羊の大行進

牛舎から桜ゲートに向かう最中に羊の大行進を目撃。羊が全力疾走で道の真ん中にいる私のほうに向かってくる・・・

犬に追い込まれてる羊たち

犬が追い込んでるんですね~。マジかで大迫力!!これは凄かった!これは目の前で見る価値あります。

写真では歩いてる感じかもですが、全力疾走で走り抜けて行ったから迫力満点でしたよ。

道路にあった羊の糞

羊が過ぎ去った後の道には糞が・・・羊って走りながらでも用を足す事ができるんですね。びっくり!!


レストラン、食事、グルメ

ドイツレストラン「クローネ」入口

お昼はドイツレストラン「クローネ」で食べる事にしました。3度目くらいですけど・・・

赤城クローネンベルクでは他にもバーベキューを食べれるお店やピザを食べてるお店もありますが、妻の一言!クローネンベルクに来たんだからソーセージ食べないとダメでしょうって。千本桜で食べないの?娘が露店でしょう~と2人の意見でこのお店に。

ドイツレストラン「クローネ」のオープンテラス

この日はオープンテラスもやっていて外で焼き立てのソーセージやビールが売ってて繁盛してる様子でした。

ドイツレストラン「クローネ」のメニュー

ご飯やパンとスープがついてて1,500円か1,600円でした。

ドイツレストラン「クローネ」の店内の様子

先にレジで注文してお金を払い、食券を持って自分で運ぶフードコートのようなセルフ式のレストランでした。

テーブル席の様子

娘はノンアルコールワイン370円も注文してました。親がジュースなのに背伸びしたい年ごろです。

コルドンブルー

私が注文したコルドンブルー1,600円。仔牛のもも肉の薄切りに生ハム、チーズをはさんで揚げたものだそうでカツ風で美味しかったですが、元がハムだから肉ゾーンが薄くトンカツのような厚さを期待してたけどやっぱり違った・・・でもいい味で娘がこれ旨そうだから頂戴って半分持っていきました。

ウインナーと生ハム

替わりにソーセージもらいました。

クローネンベルクセット

ママはクローネンベルクセット1,500円。3種類のソーセージ(オリジナルソーセージ、粗挽きウインナー、チョリソー)の盛り合わせに自家製ハムの黒ビールソース掛け。ママは言うにはソースの味もよく勿論ウインナー、ソーセージは超美味しかったと。

ジャーマンスペシャル

娘はジャーマンスペシャル1,600円。本場ドイツのソーセージとハムのセット。シンプルな感じです。

ドイツレストラン「クローネ」の店内の様子

11時半ぐらいでしたが、段々と混んできました。

バーベキューハウス「テラー」

バーベキューハウス「テラー」はこの日何度か前を通りなしたが空いてました。

混んでる時も過去見かけた事もあるし、混んでる時に入って食べた事もあります。

BBQ食べ放題の看板

自分に好きな肉や野菜などを持ってきて焼くスタイルの60分食べ放題で、大人2,500円、子供1,500円。

私が過去行った時の話ですが、頑張っても元は取れないかと。肉のメニューが今イチだった覚えが。ソーセージかウインナーはおいしかったけど。

妻も娘も食べた事があるので、久しぶりにバーベキュー食べる?アッチのレストランでソーセージ食べようと即返答でした。

ちなみに、バーベキューハウスの営業は土日祝日のみだそうです。

石窯ピザ・パン工房「ホルツ」の様子

石窯ピザ・パン工房「ホルツ」

石窯ピザ・パン工房「ホルツ」メニュー

ここで食べた事はまだないんですよね~。パスタもありますね。

ベーカリーカフェ&地ビール工房「ブルーメン」

あとベーカリーカフェ&地ビール工房「ブルーメン」があります。

ただベーカリーカフェの営業は土日祝日のみのようです。


お土産

お土産コーナー

お土産コーナーはクローネンベルク内に数か所ありました。その中でも一番種類豊富で大きかったのは塔のような建物の中でした。

ソーセージやビールは¥のお土産屋は広場にあるソーセージ工場隣にありました。

ちなみにチケット売り場近くにもお土産コーナーがあって入場しなくても買えるとこがあります。

おそらくウインナーやビールなどのリピーターが入場しなくても買えるようにかと?

ぐんまちゃんお土産

ぐんまちゃんなどの群馬のお土産や何故かトトロのぬいぐるみも売ってました。

ソーセージ

クローネンベルクの代表的なお土産はやはりソーセージでしょう。食べ方のレシピも

赤城山麓ビール

赤城山麓ビール。さくら祭りの花見で買ってたのでしょうか?かなり売れてる様子でしたよ。

オリジナルとってもチーズ

オリジナルとってもチーズというクッキー

オリジナルショコラタイム

オリジナルショコラタイム

赤城クローネンベルクのオリジナルのお土産


行って遊んだ感想と私の口コミ

子供が小さい頃1年に2~3回の頻度で行ってて久しぶりに行きました。昔もだだっ広い場所だなぁ~と思ってましたが、前より広く感じました。もしかしたらまだ木々が茂ってないから視界が良かったのかも知れません。

広いクローネンベルクの風景

昔はここに子供が遊べる無料の遊具(ジップラインや鉄棒など)鉄棒は残ってたかもですが、ココがチビっ子たちの楽園だったのが寂しくなってるのがビックリ!夏になれば水を張って水遊びができるようになるかもですが、前より遊べるとこが少なくなった感じはしました。

昔は高く感じなかったから値上げしたのかな?園内の楽しみ=1,200円は微妙ですね~。もう少し気のきいた乗り物やアクティビティがあれば大人でも楽しめるのですが・・・広い公園にて散歩や散策という感じが。

ただ、小動物との触れ合いや芝そりなどチビッコたちには楽しい場所かと。私自身も動物と触れ合うのは好きだからその部分は楽しめました。


パンフレット

赤城クローネンベルクパンフレットA面

パンフレットです。

赤城クローネンベルクパンフレットB面


住所・電話番号

赤城クローネンベルク

住所:群馬県前橋市苗ヶ島町2331

電話番号:027-283-8451



赤城クローネンベルク周辺も行ったよ



大崎つりぼりに行ってきた

ぐんまフラワーパークのイルミネーションを見に行ったよ


 

タグ :

群馬県 赤城温泉/赤城山   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

TOPへ戻る
アクセスランキング