ぐんまフラワーパーク

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

ぐんまフラワーパークイルミネーション2018は去年より綺麗だった

2018年ぐんまフラワーパークで綺麗なイルミネーションを見に行ってきたよ


赤城山の裾野に位置するぐんまフラワーパークは色とりどりの花のテーマパークですが、毎年晩秋からお正月にかけて夜は色とりどりのイルミネーションが煌くテーマパークへと変貌します。

このぐんまフラワパークイルミネーションの特徴は音に合わせてプロジェクションマッピングも見られる事。おそらく群馬県で一番のイルミネーションの名所でないかと思われます。

私自身は家族で行った事も、友達と行った事も、また写真を撮りに一人イルミネーションに行った事も。園内は小さな子供でも楽しめる可愛いイルミネーションからカップルが楽しめるハート型のイルミネーションまで。まさに魔法のファンタジア~妖精たちの楽園そのものでした。

さて2018年~2019年のカネコ種苗ぐんまフラワーパークイルミネーション妖精たちの楽園は2018年11月3日(土)から2019年1月14日(祝)まで

私は2018年11月3日(土曜日)のイルミネーション点灯式のある初日に行ってきましたが、100万球のイルミネーションの飾りつけが去年より綺麗でした。

なお、2018年11月24日(土)妖精の大魔法花火が19時30分から約20分打ち上げ予定なので、大渋滞、大混雑が予想されます。






このページは夜の部(イルミネーション)の事だけを書いてます。

目次

2018年の様子

2017年の様子

2016年の様子

2015年の様子

入場料、割引、クーポン、ペットの入園、再入園について

ホテル、周辺観光地、日帰り入浴

アクセス、駐車場、住所、電話番号




2018年の様子

2018年~2019年のイルミネーションは2018年11月3日(土)から2019年1月14日(祝)。

点灯時間は日没後~21時まで(入園は20時30分まで)、昼夜の入れ替えは行わないそうで昼は花を見て夜はイルミネーションを見るのも可能でした。

駐車場の様子入園料の案内

2018年11月3日(土)に行ってきましたが、予想してた渋滞もなくスムーズに到着(先週行った足利フラワーパークが渋滞してたから早く家を出た)。

クルスマスシーズンが近づくに連れ、また年末年始などは大渋滞、激コミが予想されますけどね。

入場料金は大人600円と去年と同じ入園料でした。中学生以下は無料、高校生以上600円との事。駐車代金は無料。ペットも入園可能ですが200円の入園料が必要でした。また食事とセット入園プランもありました。

中に入ると毎年恒例のスタンプラリーも開催してました。

イルミネーション点灯前の群馬フラワパークの様子美しい花に飾られた園内の様子

明るい内にはあまり来た事がなかったので園内散策。やっぱりフラワーパークですから夕焼けに映えた花が綺麗でした。群馬フラワパークは昼と夜の入れ替えとかないので、明るい時は花を楽しむ。夜になったらイルミネーションを楽しむ事もできますね。

点灯式の司会とギターを弾くスタッフ点灯式でカウントダウンする大勢の客

17時近くになると点灯式が始まりました。ギターを抱えた人は即興で歌を歌ったり、面白い話をしたりしてなかなか楽しめました。

「よそは点灯式は外部の人を呼ぶけど~群馬フラワパークは職員が点灯式、100万球の飾り付けも職員が一生懸命したよ~」とギターを弾きながらリズムよく歌ってました。

そして17時10秒前に全員でカウントダウン、10,9,8,7,6,5,4,3,2,点灯!

ぐんまフラワパークイルミネーション2018の様子ぐんまフラワパークイルミネーション2018の様子

この日17時はまだ少し明るかったですが、イルミネーションが点灯した途端チビッコたちの大きな歓声が湧きあがりました。

ぐんまフラワパークイルミネーション2018の様子ぐんまフラワパークイルミネーション2018の様子

暗くなってくると一段とイスミネーションが綺麗に浮かびあがってきました。

夜景とぐんまフラワパークイルミネーション2018の様子夜景とぐんまフラワパークイルミネーション2018の様子

カネコ種苗ぐんまフラワーパークイルミネーション2018は明らかに去年より綺麗でした。去年パークタワーから見ると中央の黄色い所と端のイルミネーションの間が真っ暗な闇でしたが、今年は闇部分が去年より少なかったです。

この日は空気が澄んでたので、イルミネーションと遠くに見える市街地の夜景のコラボが綺麗でした。夜景とイルミネーション同時に見られるのも群馬フラワパークならではの見どころですね。

ぐんまフラワパークイルミネーション2018の様子ぐんまフラワパークイルミネーション2018の様子

ここは毎年あまり変わってませんが、毎年黄色い光に包まれて個人的には好きな場所です。

木の電動カーに乗ってる家族連れイルミネーションで飾られたバッテリーカー

明るい時に撮りましたが、黄色いイルミネーションの広場は夜でも電動カーを走らせる事ができるようで家族連れがイルミネーションの中を笑顔で走ってました。またバッテリーカーもイルミネーションがついててこれもチビッコたちに人気でした。

光と魔法の絨毯で飛び跳ねてるチビッコたちイルミネーションで飾られたチューチュートレイン

チビッコたちに毎年大人気のとんがりテント内にある光と魔法のじゅうたん、踏むと模様が変わってキャーキャー騒ぎながら走り回ってました。また園内を20分かけて周遊するチューチュートレインフラワー号も人気で乗車賃300円、3才まで無料でした。

パークタワーのプロジクションマッピング2018沢山のシャボン玉が飛び出してる様子

パークタワーでは時間になると目玉のプロジェクションマッピングもされてしゃぼん玉も多く飛び出してました。

ライブの様子大道芸の様子

お土産などが買えるショッピングプラザとレストラン花みずきではライブとクリスマスジャンドル体験、噴水前では大道芸と初日らしいイベントが行われました。

レストラン花みずきメニュー2018ファストフードメニュー2018

今年はイルミネーションを見るだけでしたが、レストランやファストフードで食事を楽しんでる人たちも見かけました。バラソフト食べたかったなぁ~。

農産物直売所のファストフードコーナーピザメニュー

去年はなかった?農産物直売所という建物ではピザなども置いてました。

ぐんまフラワパークイルミネーション2018の様子ぐんまフラワパークイルミネーション2018の様子

基本的なイルミネーションの飾りつけ部分は過去とあまり変わってませんでしたが、2018年は100万球とパワーアップしてたので、過去より綺麗なイルミネーションが見られた群馬フラワーパークに大満足でした。



2017年の時の様子や感想、見所、グルメ

2017年~2018年ぐんまフラワーパークイルミネーション「妖精たちの楽園」の開催期間は2017年11月1日~2018年1月8日で点灯時間は日没後~21時まで(入園は20時30分まで)、料金は中学生以下無料、高校生以上600円でした

夕方の駐車場の様子1夕方の駐車場の様子2

2017年11月11日(土)16時30分に現地到着。すでにイルミネーション点灯が待ちきれない人の車が駐車場に停まってました。

チケット売り場の建物イルミネーション点灯式の準備の様子

早速入園チケットを購入して園内へ。この日はイルミネーション点灯は17時30分からというので中で約1時間待つ事に。

とんがりテントでは点灯式のリハーサルは行われていました。風がめちゃくちゃ強い日でめちゃくちゃ寒い日でしたが、17時30分になるとトンガリデントの前は人だかりとなりぐんまフラワーパーク代表取締役社長の挨拶の後5,4,3,2,1と全員のかけ声とクラッカーの音でぐんまフラワーパークイルミネーション2017妖精たちの楽園、花の妖精たちが贈るライティングショーが始まりました。

パークタワーの前点灯前パークタワーの前イルミネーヨン点灯後

正面の撮影スポットのイルミ点灯前と点灯後。

パークタワーから見た景色パークタワーから見た夜景とイルミネーションのコラボ

パークタワーから見た夕方のパノラマの景色も素晴らしかったですが、イルミネーションが点灯すると奥の前橋市街地の夜景とともに綺麗でした。

しかし、タワーの上はホント強風で吹き飛ばされるんじゃないかというぐらいで超寒かったです。小さな子供は寒いよ~と泣き出してしまうほど・・・タワーの上は遮るものがないから下に比べて風が凄かったです。

フラワーホール点灯前フラワーホールイルミネーション点灯後

フラワーホールの後ろにそびえる夕日に染まる赤城山も綺麗でしたが、夜は山の姿が消え鮮やかなイルミネーションの世界へ

ぐんまの池周辺点灯前ぐんまの池周辺イルミネーション点灯

ぐんまの池、レストラン方向もイルミネーションが点灯すると幻想的な世界へ変貌。

チュウチュウトレイン点灯前チュウチュウトレインイルミネーション点灯

チュウチュウトレインも夜になるとイルミネーションが点灯!1周10分ガイト付きで1人300円で、3歳まで無料で乗る事ができました。

カリヨンの花時計点灯前カリヨンの花時計イルミネーション点灯

花時計も夜になると幻想的な灯りがついてカップルの聖地へと変貌。

フラワーホールイルミネションのハートマーク動物のイルミネーション

所々光に包まれる綺麗なイルミネーションがあるのですが、毎年行ってるからわかるのですが、2017年イルミネーションは2016、2015年よりスケールダウンした気がします。

最初のうちはあしかがフラワーパークイルミネーションをすでに見ちゃってから来たので頭が勝手に比べちゃってるのかな?とも思いましたが、色々な所を歩いてると去年より闇が増えてて飾りが少なくなってる部分がわかりました。

例えば、このページには過去写真も掲載してるので見比べてもらうといいのですが、フラワーホールも黄色のイルミネーションの他には真ん中にハートのイルミネーションが一つだけ。以前は音符やカップルが喜びそうな撮影スポットがあったりしたのですが、今年はなし。

群馬の池も去年までのほうが今年より電飾が多く、レーザー光線が飛び交ってたり、これまた恋人が喜びそうな演出のイルミネーションがあったりしたのですが、今年はなかったです。

イルミネーションのトンネルイルミネーション2017の様子

綺麗な所もあるのは確かですが、明らかに今年は外は至る所で電飾数が減った気がしました。

温室の建物温室内のイルミネーションツリー

去年まではなかったのが温室内のイルミネーション。外の電飾が減ったのはこっちに少し移動したのかも?と。

温室内のイルミネーション1温室内のイルミネーション2

5つの温室にもイルミメーションが所々飾られてましたが、規模が少な目だったから「わ~」と圧倒されるイルミネーションはなかったです。しかし、外は寒いけど温室の中は暖かくて居心地最高!外見て体が冷えたら温室に行くといいかも~。

プロジェクションマッピングの様子

今年もメインのプロジェクションマッピングをパークタワーでしてました。

プロジェクションマッピングタイムスケジュール

プロジェクションマッピングは10分間隔で3種類のプラグマムが順番でされてました。

光と魔法のじゅうたんの様子

また、とんがりテントではキッズに大人気の光と魔法のじゅうたんが今年もありました。

スタンプラリー用紙

イルミネーション2017開催中は7つのスタンプラリーというイベントもありました。

スタンプラリーのスタンプ場所の一つ

スタンプラリーをすると園内を一周できる形でイルミネーションを楽しむ事もできました。

スタンプラリープレゼントドリンクメニュー

スタンプ7つ集めるとショッピングプラザアトリウムの中にあるお土産コーナーの奥にあるカフェクローバーで「特選ココア」「あまおうイチゴオレ」「クリーミーコーン」のドリンクやスープが貰えました。

スタンプラリー景品のドリンクを飲むところ

寒かったから体が温まりました。という事でぐんまフラワパークイルミネーション2017も楽しませて頂きました。ありがとうございました。

レストラン花みずきグルメメニュー

お腹がすいたらレストラン花みずきでグルメ食べられます。

ぐんまフラワーパークイルミネーション2017園内マップ入りチラシ

ぐんまフラワーパークイルミネーション2017園内マップ入りチラシ
(拡大)


2016年の時の様子や感想、見所、グルメ

たまたま夜が風もなく温かい日だったので赤城山の裾野に位置する群馬フラワーパークに行くチャンスと思い魔法のファンタジア~妖精たちの楽園というテーマのイルミネーションの撮影をかねて行ってきました。

今回は家族も友達も都合悪く何と!初めての1人イルミネーション。

園内を1周するように歩きましたが私以外は家族連れや友達グループ、カップルしかいなかった。

でも一人で行くイルミネーションって周りから寂しそうと見えたとしても、自分の好きなとこに自由に自分都合で見て回れるというのは周りに気を使わなくていいし楽チン~帰りたい時に帰れるし~癖になりそう(笑)

ぐんまフラワーパークイルミネーションの様子

ビックリするほど去年とほぼ同じ飾りつけでした・・・・

ぐんまフラワーパークイルミネーション園内マップ

ぐんまフラワーパークイルミネーション園内マップです。

パークタワーのプロジェクションマッピング

ぐんまフラワーパークイルミネーションの見所はパークタワーに投影されるプロジェクションマッピング(妖精の魔法)です。17時から20分おきに「ピアちゃんの大冒険」「フェアリー」「花のワルツ」「ザキッズペインティング」というプラグラムがあり、時間によってその一つのプログラムの音楽と映像が始まりました。

パークタワー周辺のイルミネーション

プロジェクションマッピングの特等席は近場です。こんな遠くから見ても写真のように映像の色ありが薄い為によくわかりません。パークタワーを見上げるような近場はしゃぼん玉も放出され幻想的な感じになってました。このしゃぼん玉は割れると白い煙を出すものもあり、子供は大はしゃぎでしゃぼん玉を追いかけていました。

とんがりテントでの新アトラクション

去年見かけなかったとんがりテントでは花の魔法のじゅうたんというアトラクションをしていました。

光の魔法じゅうたん

天井から鮮やかな花や魚などが泳いでる映像と思わず踊りたくなるような音楽がかかり、子供たちがこの中で楽しそうに踊りながら遊んでる様子を見ました。この音楽結構耳に残り私は退場後もリズムを口ずさんでました(笑)

ぐんまフラワーパークイルミネーション、ぐんまの池の様子

ぐんまの池は去年より少しパワーアップしてました。今年はフェアリーファンタジアタイムというのがあって17時10分から20分単位で妖精のおしゃべりと噴水の色が四季の色に変わったりレーザー光線が出てたりしました。

ぐんまフラワーパークイルミネーション、ぐんまの池

ただ・・・ちょっと地味でした。池の周りにはベンチもあるので座りながら見られます。

ぐんまフラワーパークイルミネーション、花時計の様子

カリヨンの花時計も電飾で飾られ綺麗になってました。ここは去年同様ベルが吊るされていてカップルにはもってこいの撮影場所でした。

ぐんまフラワーパークイルミネーション、アラベスクの魔法エリアの様子

今年も綺麗なのはぐんまフラワーパークの一番奧のほうにあるアラベスクの魔法というエリア。

ぐんまフラワーパークイルミネーション、アラベスクエリアの様子

ぐんまフラワパークはイルミネーションは綺麗なんですが、遠目から見ると闇も目立つんです。アラベスクの魔法のエリアもちょっと離れるとこんな感じです。

ぐんまフラワーパークイルミネーション、アラベスクエリアの様子

近づくと光に包まれて綺麗なんです。

きまぐれカフェ辻堂の移動販売車

去年はこの奧にラーメン屋さんがあったのですが今年は気まぐれカフェ辻堂というお店がありました。

気まぐれカフェ辻堂メニュー

注文してからコーヒー豆を挽いてくれるし、水も伊香保の湧き水というこだわってる移動販売車とは思えない上質で美味しいコーヒーが飲めました。

コーヒーとドーナッツ

周りにベンチもあるので寒空での温かいブラックコーヒーと美味しいドーナッツを食べて一休みしました。

ぐんまフラワーパークイルミネーションの様子

パークタワーの横を通って正面へ。

ぐんまフラワーパークイルミネーションの様子

園内一周してお1人様イルミネーション鑑賞終了しました。写真見てもらうと人が殆ど映ってないかと。花金なのに園内はガラガラでした。クリスマス時期なら大混雑になるのかな?

農産物直売所

去年は見かけなかった農産物直売所。「そば」と書いてあったので中で温かいそばが食べれれるのかな?

ピアちゃんおすすめ観光案内所

ピアちゃんおすすめ観光案内所というのもあって、観光地のパンフレットや割引券などが置いてありました。

レストランとお土産ショップ

ぐんまフラワーパークの食事できるレストランぐんまの池の周りにあります。

。お土産人気NO,1のフラワーパークゴーフレット

お土産コーナーであるショッピングプラザもあります。お土産人気NO,1はフラワーパークゴーフレットのようです。

レストラン花みずきのメニュー

レストランでは鍋焼きうどんやお切込みうどんなどイルミネーションを見て寒くなった体を温めてくれるものもありました。

レストラン花みずきのメニュー

他にも豚汁定食やパスタ、ハンバーグ、カレーなど一般的な食堂にあるメニューはレストラン花みずきには揃ってました。

レストラン花みずきの店内の様子

レストランで食事しました。

レストランの窓際席ならイルミネーションも見える

窓際ならイルミネーションも見えた特等席でした。1人でしたけど(笑)

焼きカレーセット

注文したのは焼きカレーセット。味は普通~あまり焼いてない感じでしたね。

レストラン花みずきの焼きカレーと入園料セットなど

焼きカレーは夜の部の入園料料とセットで1,100円というプランもあったのです・・・

ぐんまフラワーパークイルミネーションの様子

ご飯を食べてぐんまフラワーパークを出ました。敷地は広いのですが、見るスポットがそんなに多くないのでご飯なしで所要時間は1時間ぐらいじゃないでしょうか。

日本夜景遺産認定されてるのでイルミネーション自体は綺麗なんですがほぼ同じ入園料の足利フラワーパークと比べてしまうと闇の部分も多くこれでもイルミネーションの規模、エリアは小さく見えてしまいます。

アッチは超混みですが、ぐんまフラワパークは人が少ないというのが利点で、イルミネーションだけの写真は撮りやすかったです。

去年も思ったんですが家族向けよりカップル向けのハートやベルや妖精などの飾りつけが多かったです。

TVに出たイルミネーション

中居の窓という番組で渋谷3人組が行く群馬ツアーの中でぐんまフラワパークが紹介されてました。

関東平野の夜景+100万球の光のイルミネーション

関東平野の夜景+100万球の光

パークタワー前のイルミネーション

プロジェクションマッピングを見たら・・・・

イルミネーションに感動してる顔

みちょぱが感動してました。

パークタワーからのイルミネーション

これを見て・・アレ?パークタワーに上れたの???

パークタワーから見れるのならココが一番イルミネーションが綺麗な場所ですよね。

知らなかったなぁ~。来年見てみよう。

ぐんまフラワーパークイルミネーションチラシ

(拡大)ぐんまフラワパークイルミネーションチラシ
です。このチラシをぐんまフラワパーク以外のどこかで手に入れるとラッキー、このチラシに入園料100円引きがついてました。私は園内で手に入れたので関係なかったです・・(涙)

ぐんまフラワパークイルミネーショントラシ裏面

(拡大)ぐんまフラワパークイルミネーションチラシ裏面


2015の時の様子や感想、見所、グルメ

下記は群馬フラワーパークにイルミネーション2015~2016年の様子です。

群馬県内でも多分一番早い2015年10月31日からイルミネーションを点灯させてる群馬フラワーパークに夜行ってきました。今年初めてだし、やっぱりイルミネーションは幻想的で綺麗ですからクリスマス時期まで待てな~いという事で桐生を夕方5時に出発。赤城の南面道路を通り5時35分くらいに到着しました。

駐車場

駐車代金は無料でした。この時11月3日なんですが・・・すでに駐車場に車が停まってました。これはクリスマス時期なら大渋滞で駐車できないんじゃないかと・・・・・

エントランス

エントランスも綺麗に輝いてました~ワクワクです。

花飾り

撮影スポット発見。お花でカニの絵ができてました。(2016年は何もなくなってました。)

エントランス

エントランスで入園料500円(2016年は600円)を払います。

群馬フラワーパーク入園券

入園料は中学生まで無料、大人500円(11/1~12/31まで)でした。

行く前に群馬フラワーパークの公式サイトを見たんですが、イルミネーションの写真凄い綺麗ですよね。

イルミネーションフェスタ2015というようで、~プロジェクションマッピング~という技法で演出してくれるそうで私は初めて見るので超楽しみにしてました。

入口でもう少ししたらショーが始まりますからと言われ、ワクワクしながら早速中へ

群馬フラワーパークイルミネーション1

お~夜空に輝くイルミネーション。やっぱ綺麗です。ここではシャボン玉も出る演出で子供たちも歓声を上げてました。写真では暗闇に映ってる白い点がシャボン玉です。

群馬フラワーパークイルミネーション2

噴水から水も出たりして、ここ暗くてわからないかもですが、記念撮影のスポットです。

群馬フラワーパークイルミネーション3

噴水にもなってるので水が出ると幻想的。シャボン玉とコラボでなかなかいい演出。

群馬フラワーパーク プロジェクションマッピング1

階段を上がってメイン会場へ。多くの人がプロジェクションマッピングによるショーを待ってました。

私もこの幻想的な雰囲気の中ワクワク~。

群馬フラワーパーク プロジェクションマッピング2

音楽が流れて始まりました・・・音楽に合わせてイルミネーションがついたり消えたりしてました。

ところが・・・むむむ。クラシックの音楽がこの時流れていたのですが、音が非常に悪い・・クラシック音楽の壮大さがAMラジオの音で聞いてるような籠った音。

最初のうちは点灯も楽しかったのですが、少し消えて暗くなったのと全部ついて明るくなった差が小さすぎる・・・・↑の上の上の写真と上の写真の差しかないから明るく全部点灯すた時にお~こりゃ綺麗~って感動がなかったんです。プロジェクションマッピングを映し出す画面も小さいので迫力不足。凄く公式サイト見て期待して行ったけど残念な結果に。

回りの人も途中で歩きだす人も多かったので期待を裏切られた人は私以外にもいたようです。この位置は一番下です。ここはお勧めできないポジションです。

群馬フラワーパーク プロジェクションマッピング3

2回目のプロジェクションマッピングショーは近くで見ました。今度はポップスの曲が流れてましたが低音も高音も綺麗な音が出てました。どうやら1回目のクラシックの音が悪いと思ったのはスピーカーが悪いのでなくスピーカーの数が足りない為に遠くだと音がよく聞こえないみたいです。ただ近くでこのショーを見ると映し出されるプロジェクションマッピングは大きく見えるし、シャボン玉も幻想的に見えるのですが、今度はイルミネーションが見えない・・・見る位置はもう少し下で両目にイルミネーションが見えてこちらの棟も両目に入る位置がベストポジションかも。

群馬フラワーパーク 噴水回りのイルミネーション

噴水回りは私が一番気に入った場所。派手さはありませんでしたが水しぶきに光が差し綺麗でした。

群馬フラワーパーク 噴水回りのイルミネーション

噴水にレーザーの光が当たる時もありました。

カップルシート

水回りにはカップルシートがありました。ラブラブなお二人にはいいデートスポットかと。

群馬フラワーパーク イルミネーション

二本の木が電飾と青白いスポットライトでここも幻想的でした。

群馬フラワーパーク 花時計のイルミネーション

花時計は遠くから見てたほうが綺麗でした。

群馬フラワーパーク 花時計のイルミネーション

とりあえず近くに行き撮影。

群馬フラワーパーク イルミネーション

カップルを意識したイルミネーションが多かったです。

イルミネーション

とぼとぼ歩いて~

露店

お!温かいラーメン売ってる店発見。

メニュー

焼きそばやから揚げなど色々売ってました。

ラーメン

連れは塩ラーメン、私は醤油ラーメン。寒かったし夕飯食べないで来たので温まり生き返った感じがしました。

モツ煮

さらにモツ煮を追加。これは店頭で鍋にかけてるので熱々でした。

コーンスープ

コーンスープはポット入れ?でしたかね。これは外れ、ぬるくて温まりませんでした。このお店の回りにイスやテーブルが少々あったので座りながらくつろげました。また野菜スープも売ってました。

花とイルミネーション

帰り道もとぼとぼ歩きながら撮影。フラワーパークですかたお花は主役。暗闇をよ~く見ると綺麗な花が咲いてました。

イルミネーション

イルミネーションも堪能したしと。

カップル

抱き合ってるカップル発見!いい写真撮れました。ありがとう。

イルミネーション

帰り際にまたここで撮ってと。

群馬フラワーパーク レストラン

ちなみにレストランやお土産屋さんも開いてました。

群馬フラワーパーク レストラン内

風のある日はこの中で食べたほうが暖かいかもですね。

群馬フラワーパーク お土産屋

お土産屋さんも夜遅くまで開いてるというのはいいですね。来た記念におみやげ買えます。

夜景

エントランス側や駐車場から見える夜景も綺麗なんですよ。

入場料、割引、クーポン、ペットの入園、再入園について

お花など植物を楽しむ昼の部600円とイルミネーションが見られる夜の部(入園は20時30分まで21時閉園)がありますが、昼夜の入れ替えはないから入場料は1日600円だけど途中退場はできないそうです。

ぐんまフラワパークの入園チケット

入園料は中学生以下無料、高校生以上が一人600円。子供が沢山いる家族には嬉しい料金プラン。

JAFの会員割引はありませんが、群馬フラワーパーク公式サイト入園割引クーポン券を使えば、さらに1人100円割引

2017年イルミネーションチラシ

上は2017年イルミネーションチラシに100円割引のクーポン券がついてましたが、2018年も配布してるそうです。

バラマキ型のチラシだから道の駅や観光案内所に置いてあるかも知れません?

入園券とグルメセット

2017年イルミネーションチラシに載ってましたが、1日30セット限定で入園券とトントン汁と炊き込みご飯とのグルメセットなら1,000円。これ安くないですか~。このチラシ入園時にくれるのですが・・・前もって知っていれば・・・・・寒い日にはこの入園券グルメセットはいいですよね。2018年も食事セットありました。

ぐんまフラワーパークのお知らせ

身体障害者手帳の交付を受けてる方や療育手帳の交付を受けてる方とその介護者1名までは入園料免除となってました。

また車イスや手押し車、ベビーカーの用意があるようです。

ぐんまフラワーパークからのお願い

ペットも犬に限り連れて入園可能(建物内はNG)でした。但し犬の入園関してはエチケットセット200円の別途購入が必要のようです。


ホテル、周辺観光地、日帰り入浴

ぐんまフラワーパーク内にはホテルはありませんが近隣に温泉地があります。



群馬を代表する伊香保温泉はぐんまフラワパークから約30キロ、車で約45分の道のり。>
失敗しない伊香保温泉旅館やホテル選びの肝は黄金の湯の量



赤城温泉はぐんまフラワパークから約8キロ、車で約20分の道のりだから閉園21時までいてもすぐ行ける。>赤城山にある温泉



ぐんまフラワーパーク近辺には日帰り入浴施設もあるのですが、営業時間が遅いところでも21時で終了だからイルミネーションを見た後にゆっくり遅くまで入れるところは残念ながらないみたい・・・>赤城山にある温泉



ぐんまフラワーパーク周辺には赤城南面千本桜三夜沢赤城神社大崎つりぼりなどもあるので昼は別の所で遊んで夜のイルミネーションを見にぐんまフラワパークという事もできますね。>赤城山観光


アクセス、駐車場



ぐんまフラワーパーク住所:群馬県前橋市柏倉町2471-7 電話番号:027-283-8189

ぐんまフラワーパークは赤城山南面の裾野に位置します。近くには赤城クローネンベルク赤城南面千本桜三夜沢赤城神社赤城温泉ホテルなどがある温泉地もあります。

アクセスは関越自動車道前橋インターチェンジから約19キロ、車で約40分の道のり。

関越自動車道赤城インターチェンジから約20キロ、車で約30分の道のり。

北関東自動車道伊勢崎インターチェンジから約20キロ、車で約30分の道のり。

桐生市街地(桐生駅)から約17キロ、車で約30分の道のり。

伊香保温泉石段からは約30キロ、車で約45分の道のり。

ぐんまフラワーパーク最寄り駅は上毛電鉄「大胡駅」。駅から緩やかな上り坂を約6,1キロ・・・歩くには辛い・・昼間ならオンデマンドバスが運行してるようですがイルミネーション時期はどうなのか?(前橋市役所オンデマンドバスについて)

赤城山の裾野にある道路を走ってるとアチコチにぐんまフラワパークの案内標識があります。

ぐんまフラワパークエントランスにあるイルミネーション

駐車場に車を入れる手前からイルミネーションが輝いてました。

夕方の駐車場の様子

大型バス35台、普通車500台以上停められる無料駐車場があります。

イルミネーションは日没から点灯ですが、土日は日没前の夕方から駐車場は車が集まってきました。

イルミは気分的に寒くなる冬がどんどん近づくにつれ土日祝日、クリスマスシーズン、冬休みは大混雑していくから、平日以外は駐車場待ちの渋滞があるかも?と早めに行ったほうが無難かも?


 

タグ :  

群馬県 前橋市   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

CAPTCHA


TOPへ戻る
アクセスランキング