あしかがフラワーパークイルミネーション

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

混雑するあしかがフラワーパークイルミネーションに行った

あしかがフラワーパークイルミネーションに行ってきた


今年もお待ちかねイルミネーションの季節がやってきました。

2017年10月21日~2018年2月4日まで。16時30分から21時まで(土日祝日は21時30分まで)料金は大人900円子供500円。




季節違いでこのページを開いた方はもしかして?

春の昼の部、夜の部ライトアップで混雑してた大藤まつりに行った。のページでそちらは詳しく。




が~ん!!今年も去年より値上げしてますね~あしかがフラワパーク夜の部、毎年値上げしてるなぁ・・・・でもこの辺じゃ一番綺麗だから仕方ないっすね。

2017年度(平成29年度)は光と花の彩られたフラワーキャッスルが初登場だから去年よりもパワーアップされてるんです。


さて、第五回イルミネーションアワードの授賞式が2017年11月9日に都内で行われ、何と!去年と同様、あしかがフラワーパークがイルミネーション部門で2年連続の全国第1位を獲得しました。また、イルミネーション演出という事に順位化したプロフェッショナルパフォーマンス部門でも全国第2位になりました。

このように、日本一のイルミネーションが見られる足利フラワパークだから混まないワケがないんです。大型観光バス、日帰りツアーバスもじゃんじゃんきます。土日祝日、クリスマスに近づけば近づくほど混雑が激しくなってくるかと。

毎年期待を裏切らない足利フラワーパークイルミネーション光の花の庭フラワーファンタジーを見に行ってきました。

毎年家族か友達と行ってましたが、1人イルミネーションに挑戦した年もあります(笑)。独りイルミネーションの方が自分の好きなとこに行って写真撮れるからそれはそれで楽しいんですが・・園内で1人食事をする時だけ周りを見るとちょっと寂しい感じになる時も・・・

足利フラワーパークのイルミネーションで混んでるのは勿論クリスマス時期です。車、車で駐車場に向かう道路は大渋滞。

帰りは帰りで駐車場を出る車で大渋滞という事を経験した事もあるので、それからはイルミネーションを見に行く時は出来る限り早目に見に行ってますが、以前より道路が整備されたから少しマシになったかと。

車が渋滞するぐらいですから、勿論園内は人、人、人だらけの大混雑です。特に土曜日は。

でもね、あしかがフラワーパークはイルミネーションが1年で一番混雑いてるんじゃなく、昼間の大藤まつりに比べたら、この人出でもちょっとマシなんですよ~。

あしかがフラワーパークイルミネーション

日本一のイルミネーションを見に近隣からも遠方からも大型バスツアーでも行く観光名所になってますから、週末やクリスマス近くになる皆が行きたいと思った日はめちゃくちゃ混んでます

足利フラワーパーク駐車場

2014年は早目の土曜日に行っても大渋滞の大混雑だったし、2015年は11月16日(月)も今回の2016年11月18日(金)も足利フラワパークの外周にある舗装されてない臨時駐車場まで車がぎっしり・・イルミネーションで有名な観光地化してるから、もう2017年だって混んで、2018年だろうが2019年でも年末に近くなれば平日でもいつ行っても混んでるでしょう。

でも、イルミネーションが始まった10月下旬~11月中旬の普段の平日なら道路の渋滞は今までの経験上ないからマシではないかと。

友達が行ったある年は北関東自動車道足利インターから大渋滞だったとか言ってた事もあったそうで・・・クリスマスシーズンに行くなら気合入れて行かないと

ちなみに、舗装されてない臨時駐車場に停める事となった場合は西ゲートから園内に入るほうが近くなります。

中央ゲート付近

渋滞に嵌って車がなかなか進まない場合は警備員の誘導で臨時駐車場に停めたほうが園内に行ける時間は早くなりますが、そこそこ動いてる渋滞の場合は臨時駐車場の誘惑に負けず直進すると運が良ければ正面ゲート近くに駐車できる場合があります。

西ゲートにもお土産コーナーありますが、正面ゲートのお土産コーナーは大きく、グルメが楽しめる飲食店や露店は中央ゲート付近に集まってるから、何かと中央ゲート付近のほうが西ゲートより便利な気がするから、私は渋滞でも車の進み方と閉園時間までの時間を測って臨時駐車場か直進して中央ゲート付近かを選んでます。勿論。西ゲートから園内に入って、中央ゲートのお土産コーナーやグルメ店に行く事もできるんですけどね。

ちなみに、どこに停めても駐車場代は無料なのが嬉しいっすね。

2016年までは一度入園してしまうと途中退場できなかったので車の中にスマホOK、サイフOK、上着OK、カメラOKと確認!忘れモノがないか、防寒は大丈夫かチェックしてから園内に向かってましたが、2017年イスミネーションに行ったら途中退出できるようになってました。

再入園許可証

途中退園、再入園は印字されてる時間から30分以内でした。





このページはイルミネーションのみ。昼の部→あしかがフラワーパーク大藤まつりに行ったのページで。

目次

アクセス・駐車場、バス

夜の部入園料、割引券、割引クーポン、ペットの入園

所要時間

お土産

グルメな夕食!食事もできる

2017イルミネーションの様子や感想、口コミ

2016イルミネーションの様子や感想、口コミ

2015イルミネーションの様子や感想、口コミ

飾り付けの様子など

ホテルで泊まり

住所・電話番号・営業時間・休園日




アクセス・駐車場、バス


あしかがフラワーパークは足利市の中でも佐野市寄りにあります。

東北自動車道佐野藤岡インターから国道50号線を走り途中右折などして約12キロ、渋滞がなければ約18分の道のりです。

北関東自動車道足利インターからは約9キロ、渋滞なければ約17分の道のりです。

北関東自動車道佐野田沼インターからは約11キロ、渋滞なければ約17分の道のりです。

北関東自動車道太田桐生インターから国道50号線を走り途中左折などして約16キロ、渋滞がなければ約24分の道のりです。

足利フラワーパークって周辺4つのインターから向かっても大体走行時間は似たようなものなんですよね。

私の地元桐生市街地からは国道50号線途中左折などして約26キロ、渋滞がなければ約40分で着きます。

駐車場代金は無料でイルイネーション時期は係員の指示に従えば空いてる駐車場に誘導してくれます

電車で行く場合あしかがフワワーパークの最寄り駅はJR両毛線富田駅です。距離的には2キロ弱だから歩いて大体13分ぐらい。

2017年無料シャトルバス時刻表

または東武足利市駅からフラワーパークまで1時間に1本無料シャトルバスが運行されます。



夜の部入園料、割引券、割引クーポン、ペットの入園

2017年度の入園料は100円値上げし、大人900円、子供500円だそうです。

料金表

15時前の昼の部からいても昼夜総入れ替え制の為に夜の部の料金も別途かかります。

入園券2017年あしかがフラワーパークチケット

ぎゃ~2015年は大人600円だったのが、何と2016年は200円も値上げして800円になってました~~~!2017年はさらに100円値上げで900円に・・・家族連れとかには痛い値上げ出費じゃないでしょうか?

さて、犬などのペットは館内およびパーク園内へ入ることはできませんのでご注意を。

さて足利フラワーパーク割引券は、

1.桐生、足利、太田の周辺観光施設や観光案内所や旅館、ホテル、またはコンビニに置いてる場合があります。

入園料100円割引券

2015、2016私は藪塚温泉のホテルふせじまのロビーに束となって置いてあったのでもらってきて3名まで100円引きでした。

100円入場割引券付足利イルミネーション2017チラシ1

100円入場割引クーポン券付足利イルミネーション2017チラシ1
(拡大)今年はふせじまにあったのは新聞折込チラシにも使われるチラシ。これがなくなったら割引券になるんかな?このチラシは周辺の駅に置かれてる時もあるようです。

2.JAFの会員証を見せると3名まで100円引きです

3.今できる一番簡単な割引方法は、こちらの→足利フラワーパークの無料メール会員になると3名まで100円引きです。スマホの画面をチケット販売所で見せるだけです。

4.入場券の半券を行った人にもらう。後日再入場の場合200円割引(3名まで)。上の写真のように一度入園すると割引クーポンがついてます。

チケット売り場

チケット売り場に並んで買います。並んでなかったらラッキーですね。大体毎年長蛇の列です。並びたくない人はコンビニで前売り券が売ってますよ~。

イルミネーション園内マップ

園内マップ(拡大)
チケットを購入すると園内情報が掲載されてるパンフレットをもらえました。



所要時間

たった1時間でもイルミネーションはパッと見できますが、園内のエリア別に色々な飾りつけがされてて、広い敷地内を歩きながら見ながら、写真撮ったり、グルメやお土産店に顔を出すとすると毎年行ってる私の経験では最低でも所要時間は2~3時間をみておいたほうがいいかと。


お土産

正面ゲートを入ると大きなお土産屋さんゾーンになります。西ゲートは規模が小さくなりますがお土産コーナーがありました。

お土産の花

フラワーパークですから勿論お花の鉢植えも沢山売ってます

お土産のサボテン

可愛い~サボテンも売ってました。

藤まんんじゅう

お土産ランキング1位の藤まんじゅう

光と花の庭

イルミネーション期間中でないと買えないお土産~光と花の庭

栃乙女のお土産

栃木ですから栃乙女系のお菓子

レモン牛乳のお土産

栃木ですからレモン牛乳系のお菓子も

漬物のお土産

漬物も~

クリスマスのお土産

クリスマス系のお土産も。とにかく正面ゲートのお土産屋さんは広いので沢山の種類があります。西ゲートもお土産コーナーありますが規模が恐らく10分1以下となるのでお土産買うなら正面ゲートのお土産屋さんがベストです。

お土産屋

イルミネーション会場内にもお土産ショップあります。

光る飴~ファンタジーキャンディ

毎年、よく見かけたのが光る飴~ファンタジーキャンディを舐めながら歩いてる子供や女性、カップルたち。

舐めながら歩くはあしかがフラワーパークの風物詩になっていくかも。もしかしたらお店で一番売れてるお土産が光るキャンディーかも?

お土産一覧



グルメな夕食!食事もできる

正面ゲートの所に常設のフードコート、レストランの他に屋台、露店も出てて色々な食べ物、グルメが揃ってますので自分好みをチョイスして食べる事ができます。

行列ができてるグルメ店の様子

寒いですからスープメニューも揃ってます。このお店以外にも側にビーフシチュー屋台もあります。

ここはずら~っとテイクアウトの店が出てます。セルフの食堂街って感じです。混雑してる日は食べ物屋さんの前にも行列ができます。

中央ゲート付近にあるお店の麺類メニュー

中央ゲート付近にあるお店のメニューは佐野ラーメン、担々麺、鶏白湯ラーメン、ひもかわうどん、耳うどん、肉汁うどん、そばなどご当地名物ラーメンやうどん+桐生のひもかわまでありました。イルミネーションを見て体が冷えたら温かいものが食べられますね。ちなみに佐野ラーメンはここ以外でも食べられます。

中央ゲート付近にあるお店のファストフードメニュー

ご当地B級グルメのポテト焼きそば、タコ焼き、フライドポテト、から揚げ、スモークターキーレッグ、骨付きリブフランク、ジャケットポテトもありました。



クロワッサンたい焼きはあんこ味とアップル味がありました。



たい焼きと売ってるお店は足利フラワーパーク名物の藤ソフトもあるんですが・・・・超美味しいんですが夜だと冷えるかな?



中央ゲート付近はトラック屋台も出ててクレープとシュラスコサンドの店



毎年お馴染みの行列ができるビーフシチューのお店もありました。

ご当地グルメの店

群馬の焼きまんじゅうもあるし、牛串もあります。

イルミネーション回りのテーブルとイス

飲食ゾーンの側にはこんな感じのテーブルとイスが多数あるので、食べながらイルミネーションが見られます。

閉館間際の写真なので人がいないですが沢山の人が食べながらイルミネーションを楽しんでました。

屋内テーブルとイス

風の強い日に有り難い屋根ありのガラス張りの建物もありますので中で食べられます。

大体いつも満席で空くのを待つという感じです。

レストラン

これまた立派なレストランもあります。毎年行っても混んでます。

食事メニュー

足利フラワーパークの代表的な食事メニューとドリンクメニューです。(2016版)

2017年11月までの特別メニュー

2017年11月までの特別メニュー

露店のメニュー1

宇都宮餃子やイモフライのお店もありました。

露店のメニュー2

カレーうどんやおでんを食べられるお店もありました。

ホワイトキャッスル近くのお店

フラワーキャッスル近くのスノーハウスでもビーフシチューや佐野ラーメンがありました。


2017年イルミネーションの様子や感想、口コミ

今年のイルミネーションは2017年10月21日~2018年2月4日まで。16時30分から21時まで(土日祝日は21時30分まで)です。

100円入場割引券付足利イルミネーション2017チラシ1

100円入場割引券付足利イルミネーション2017チラシ1
(拡大)*実物を手に入れないと割引効きません。

100円入場割引券付足利イルミネーション2017チラシ2

100円入場割引券付足利イルミネーション2017チラシ2
(拡大)

2017年イルミネーションイベントスケジュール

10月21日(土)16時から掘優衣さんミニライブ17時20分より「ゆるキャラたかうじ君」とカウントダウン点灯式

10月22日(日)16時からミスユニバースジャパン栃木大会ファイナリスト来園

10月21日(土)~11月5日(日)スタンプラリー

11月6日(月)~11月17(金)の平日のみショッピングセンターで1,000円買う事に1回抽選~1等オリジナル特大藤ベア

11月23日(木)25日(土)26日(日)は9時30分~15時、24日(金)は9時30分~16時は第8回足利グルメグランプリ開催~そのまま夜の部・・激コミでしょうね。

2017年イルミネーション期間中に入園の子供さんに光るペンダントプレゼント

大好評光るわたあめは、土日のみ販売、光るキャンディーは毎日販売。

2017年イルミネーション園内マップ

2017年イルミネーション園内マップ
(拡大)*チケット売り場でもらえるパンフレットに載ってます。

2017年イルミネーションパンフレット

2017年イルミネーションパンフレット

あしかがフラワパークイルミネーション2017の様子1

2017年10月21日~2018年2月4日まで開催されたあしかがフラワパークイルミネーションに10月24日(火曜日)行ってきました。

本当は10月21日(土曜日)のイルミネーション点灯式に行きたかったのですが台風21号の接近で朝から小雨が降り続いていたのでパスしました。

2017年度から足利フラワパークもイルミネーション開催が10月に前倒しに早く開催され楽しみにしてたのですが、雨では・・・・・・

傘の貸し出し

一応急に雨が降っても数に限りはあるでしょうが、西ゲートと中央ゲートに貸し出し用の傘は置かれてるんです。

中央ゲート付近の駐車場の様子

やっぱり10月の平日って誰もイルミネーション気分じゃないのか?毎年何度か通ってますが、臨時駐車場は閉鎖されてて中央ゲート付近には車や観光バスは停まっていたものの、園内ガラガラ。初めて見た光景でした。これから年末に向かって右肩上がりで入園者が増えて大混雑の大渋滞してくるんでしょうけど・・・・

入園券を持って中央ゲートへ

2017年もまずは1人イルミネーションで好きな場所で好きな時間だけ写真を撮りに行きました。

2017年イルミネーションから大きく変更になった点は、今まで途中退園はできなかったのですが、今年から途中退園できるようになってました。というのも以前は園内に喫煙所があったのが園内禁煙となり、例えば中央ゲート入口付近の喫煙所になったから、一旦出ないと喫煙もできなくなってました。

スタンプラリー開催中

11月5日までは園内スタンプラリーが開催されて4つのスタンプ+1000円以上のお土産を買うとイルミネーションクリアファイルがもらえるようになってました。

あしかがフラワパークイルミネーション2017の藤棚の様子

あそかがイルミネーションは今年も綺麗でしたよ。基本的に去年とほぼ同じ飾りが同じ場所にあるというスタンスでした。ただ若干変わっていてこの藤棚のイルミネーションは今までは下部分は土のままでしたが今年は土部分にもイルミネーションが点灯し上から下まで音楽に合わせて明るさが変わり幻想的でした。

あしかがフラワパークイルミネーション2017の雪だるまの小道の様子

去年はなかった雪だるまイルミネーションの道。この奥がスノーハウスという食事ができるお店になります。

スノーハウスと着ぐるみの様子

2017年イルミネーション期間中は入園した子供に光るペンダントプレゼントがありスノーハウス前にいた着ぐるみさんがプレゼントしてました。

フラワーキャッスルのイルミネーション

2017年からお披露目されたフラワーキャッスルは多くの人がお城の階段を上がってました。花火もイルミネーションとして打ちあがるようになってました。

あしかがフラワパークイルミネーション2017の四季エリアの様子

一番私が好きな四季のエリアのイルミネーションは質が落ちて暗闇が多く、四季らしさの表現が後退してました。下の2016年度の様子にありますがブルーライトの色が好きだったんですが・・・・そこだけではなく四季エリアは昔から比べたら残念な事に・・・

西ゲート付近の藤イルミネーションの様子

西ゲート付近のイルミネーションは鳥が飛んでるような形で羽が動くイルミネーションもありました。動く機械音がしますが・・・・

記念撮影できるベンチ

去年よりも今年のほうが記念撮影スポットとなるベンチの量が増えた感じがしました。

あしかがフラワパークイルミネーション2017ピラミッドエリアの様子

水辺にあるピラミッドは毎年ほぼ同じですが、何度見ても綺麗でしたね。

あしかがフラワパークイルミネーション2017のバラ園の様子

バラ園のイルミネーションも毎年綺麗で好きなんですが、今年も美しかったです。

あしかがフラワパークイルミネーション2017で本物のバラが咲いてる様子

明るく撮影してみました。バラ園のイルミネーションは本物のバラも実は咲いていてバラのいい匂いが漂ってる素敵な場所なんですよね。

光のトンネルの様子

バラ園には光のトンネルも・・・・

あしかがフラワパークイルミネーション2017の様子2

この光のトンネルは一歩通行でボタンでバラの色が変わる撮影スポットにもなってるんです。

噴水とイルミネーション

バラ園の端っこは小さい噴水がありました。あれ?今年からかな?

あしかがフラワパークイルミネーション2017の様子3

あしかがフラワーパークは広い園内に沢山のイルミネーションがあるから見応えあります。

あしかがフラワパークイルミネーション2017の様子4

人が入り込まないイルミネーション撮影がかなりできたの初めてかも!それだけガラガラの10月でした。11月や12月は混雑しててこうはいかないでしょうね。

こだわりビーフシチュー

体が冷えたので中央ゲート横にある露店でこだわりビーフシチュー550円を食べました。肉が柔らかくて美味しかったです。

スモークターキーレッグとホットコーヒー

まだ小腹が減ってたので中央ゲートの常設店でホットコーヒーとスモークターキーレッグ600円を食べました。

この肉の大きさ、原始人が食べるような大きさ、デカイ!スタッフの人が席に持ってきてくれたんですが、こんなにデカいとは思わなかった。これ食べたらお腹いっぱいになりました。

クロワッサンタイ焼き

お腹いっぱいになったのですが、クロワッサンたい焼きのアップル味も買ってみました。サクサクでアップルパイ食感のたい焼きで旨かったです。

あしかがフラワパークイルミネーション2017の様子5

やっぱりこの辺りではあしかがフラワーパークイルミネーションが綺麗さNO,1ですね。今年も楽しめましたよ。

2016年イルミネーションの様子や感想、口コミ

2016年~2017年のイルミネーションの様子です。

イルミネーションの様子

今年は去年より200円入園料が高くなってますが、50万球イルミネーションは増えてるそうです。

毎年イルミネーションの配置や見せ方は同じなんですが、今年はこの花の形をしたイルミネーションが多くなってた気がします。

イルミネーションの様子

お花畑もライトアップされていてイルミネーションのコラボが綺麗に演出されてました。

イルミネーションの様子

誰もが美しさで目を丸くする藤棚のイルミネーション。ここはず~と点灯してるワケでなく消えたり、点いたり、消えてる時に中に入った人が、突然一度に点灯する時は歓声が上がるほどです。

イルミネーションの様子

池に浮かぶピラミッドにしてもずっと同じ色が点いてるワケではないから、見てて美しさに惚れてしまいます。

イルミネーションの様子

ブルーライトの美しい世界だってあります。

イルミネーションの様子

去年と殆ど同じ演出なのですが、何度見ても飽きないほど光の美しい世界が広がりました。

ぐんまフラワーパーク太田イルミネーションも見てきましたが、あしかがフラワーパークは敷地が広大なのに闇の部分が殆どないんです。

見ながらちょっと歩くと次のイルミネーションの世界。そしてまた少し歩くと次の違うイルミネーションの世界と、まったく別の演出の光の世界が目の前に広がるんです。

こんな感じで誰もがあしかがフラワパークのイルミネーションは綺麗、美しい、素晴らしい~という口コミになって平日でもこんなに混むようになってしまったんですよね。

10年前ぐらいは平日は結構空いていた時もあったんですが・・・評判の良い口コミや私のように毎年見ないと年が越せないよ~と思うファンがリピーターとなって押し寄せてくるんでしょうね。

イルミネーションの様子

イルミネーションを綺麗に撮影するのって難しいですよね~。

今回1人で来たのはじっくり撮りたかったからなんですが、私のように三脚持って写真目当てのオジサンもいましたが、女性の1人イルミネーションもいました。

一番多いのはデートに来てるカップル。そして家族連れ、男女のグループから女の子同士、そして男性同士もチラホヤ。

去年まで家族や友達とかで来てましたが、一人イルミネーションは自分の好きな場所にじっくりいられて、結構楽しいというのがわかりました。

一人イルミ嵌りそうだ。

中央ゲート19時半から1人で楽しんで園内1周してきたら閉園時間の21時でしたから。もっと早く行かないとダメだ~

あしかがフラワーパークはカップル向きの撮影場所もあるし、小さい子供が喜ぶ撮影場所も多いから、どんな世代の人でも楽しめるように演出してるデザイナーの実力は凄いなぁ~と他のイルミネーションと比較するとよくわかりました。

写真はごくごく一部しか掲載してませんが、凄く綺麗なイルミネーションを満喫できる、やはり日本一でした。

(下記に過去画がありますが、今年の内容とほぼ同じでした)


2015年イルミネーションの様子や感想、口コミ

2015年~2016年のイルミネーションの模様です。

ここのイルミネーションは毎年進化してますね。今年のイルミネーションは東京ディズニーランドのエレクトリカルパレードがイルミネーションになった感じという表現がいいかも知れません。とにかく豪勢でゴージャスでした。さすが日本夜景遺産に認定されるほど光が綺麗です。また関東三大イルミネーション(千葉県の東京ドイツ村・神奈川県の湘南の宝石)の中に入ってるし、なんとCNNが選ぶ世界の夢の旅行先10カ所でこの足利フラワーパークが日本で唯一ランクインしてるスポットなんです。だから外国人観光客らしき人が沢山いました。

イルミネーション日本の四季「こころの故郷」スクリーン

日本の四季「こころの故郷」というスポットでイルミネーションの大スクリーンがあって日本の春夏秋冬が映ってました。スクリーンの前にイスが並んでました。

イルミネーション日本の四季「こころの故郷」スクリーン

プロジェクションマッピングが投影されてるのでなくイルミネーションが大スクリーンなんです。さすが足利フラワーパーク。季節ごとの音楽や花火の音で心地よい気分にさせてくれます。

イルミネーション日本の四季「こころの故郷」秋

スクリーンの回りは春化秋冬をイルミネーションで表現してるゾーンでした。

イルミネーション日本の四季「こころの故郷」春

花やトンボやホテル、雪などイルミで表現してる素晴らしいゾーンでした。

子供向けイルミネーション

小さな子供が喜びそうなイルミネーションも沢山ありました。

イルミネーションみんなの地球

「みんなの地球」というイルミネーションスポットです。わかりづらいですが池に船がありそこに乗れます。点灯したり消えたりと楽しませてくれます

イルミネーション「スターライトマジック」

あのカップルシートに座って正面から撮ると後ろに☆かハートマークが出るようになってます。

イルミネーション「レインボーマジック」

山の方向は虹が出たり消えたり、イルミネーション「レインボーマジック」という場所です。

イルミネーションタワー

高さ23mのイルミネーションタワーです。足利フラワパークが凄いのは綺麗な花もライトアップしてイルミネーションとコラボさせてるとこなんです。

イルミネーション「奇蹟の大藤」

圧巻なのは毎年してる藤に似せたイルミネーション「奇蹟の大藤」でしょう。写真じゃわかりにくいですがとにかく綺麗な光に包まれます。規模が凄すぎなんです。

イルミネーション「奇蹟の大藤」

池にあるイルミや花とのコラボも見ごたえあります。

イルミネーション

至る所に記念撮影が撮れるスポットがありました。

イルミネーション「光のピラミッド」

ここは池を上手に利用しています~「光のピラミッド」は色が変化します。

綺麗なイルミネーション

緑の藤に似せたイルミは長いトンネルになってます。「きばな藤のトンネル」というスポットです。美しい光に包まれながら中を歩けます

イルミネーション「光のバラ園」

真ん中のバラも赤や黄色や紫色に変わります。ここはカップルのたまり場でした(笑)

イルミネーション「光のバラ園」

ここも圧巻。「光のバラ園」です。勿論色が変化して楽しませてくれます。

イルミネーション「光のバラ園」の様子

ここは本物のバラもあるんです。上の写真でどこにあるかわかりますか?ハッキリ言って紹介しきれないし、この写真より何倍も実際見ると素晴らしい綺麗なイルミネーションを見る事ができます。

いや~足利フラワーパークのイルミネーションを演出してるスタッフはかなりセンスがありますね。

ちなみに19時に行って何も食べずにパーク内色々見ながら一周して21時の閉館音楽が鳴りました。

だから足利フラワパークで食事してパーク1周するとなると最低でも所要時間は3時間あったほうがいいかと思います。


飾り付けの様子など

沸騰アワードという番組で足利フラワーパークのイルミネーションを取り上げていました。

あしかがフラワーパークは東京ドーム2個分の広さ

足利フラワーパークの広さは東京ドーム2個分だそうです。その中にイルミネーションがギッシリ飾り付けられててこの広さを歩くワケですから所要時間最低2時間近くは必要ですね。

2001年当時のイルミネーションの様子

元々は冬の花のない時期この寂しい園内をどうしたらお客さんを楽しませる事ができるか?と2001年からイルミネーションが始まったそうです。

最初はたったの6万球だったそうです。

電球数を増やしたイルミネーション

2016~2017年の段階でおそらく350万球以上、開始から約60倍近く電球数が増えたんですね。

きばな藤のトンネル

でも電球数をただ単に増やしただけではないそうです。

きばな藤

春に見頃となるきばな藤のトンネルをイルミネーションで演出するには・・・

電球に色を塗る従業員

1球1球塗ってるそうです・・

きばな藤イルミネーションのトンネル

きばな藤のトンネルは約10万球使ってるから1人あたり約1万球手作業で塗ってたんですね。

藤棚のイルミネーション

今までは市販されてる電飾を飾ってただけと思ってましたが、色を自ら塗って調整してたなんて・・・

光のバラ園

あしかがフラワーパークのスタッフの努力の結晶がプラスされてこんな綺麗な光の演出ができてたのを知りました。


ホテルで泊まり

足利フラワーパーク内にはホテルはないので周辺ホテルに泊まる事になります。

足利だとフワワーパーク周辺観光は「鑁阿寺」「足利学校」「織姫神社」などがあります。

佐野だと「佐野厄除け大師」「アウトレット」「出流原弁天池」などがあります。

太田だと「三日月村」「群馬こどもの国」「世良田東照宮」「金山城跡」があります。



足利フラワーパークから約8キロ、車で15分くらいにある足利健康ランドは24時間営業で日帰り入浴も予約不要で泊まる事もできます。フラワーパークで歩き疲れても沢山の種類のお風呂やマッサージで癒す事も。寝る時は男女別雑魚寝になります。>足利健康ランドに行ったのページで詳しく。



足利フラワーパークから約15キロ、車で約30分の所に足利市内で明治創業の淡黄色の温泉一軒宿の地蔵の湯東葉館があります。今はトラベルサイト非掲載のようですが過去のじゃらん口コミを発見しました。

足利のホテルは大半がビジネスホテルになります>足利市内ホテル一覧



温泉ではありませんが、佐野市が一望できるホテルが佐野藤岡インターすぐそばにあります。足利フラワーパークから約12キロ、約18分の道のりで展望風呂の他、シモンズベット、60種ビュッフェ朝食があるCANDEO
HOTELS (カンデオホテルズ)佐野です。>じゃらんで口コミ・料金

佐野のホテルは大半がビジネスホテルになります>足利市内ホテル一覧



一番近い温泉地は群馬県太田市にある薮塚温泉郷になります。温泉宿の中でも広い内湯2ヵ所と展望露天風呂がある大型ホテルならホテルふせじま。足利フラワーパークから約25キロ、車で40分くらいです。

ホテルふせじまに泊まったのページで詳しく。>薮塚温泉宿一覧

太田、桐生のホテルは大半がビジネスホテルになります>太田・桐生のホテル一覧


住所・電話番号・営業時間・休園日

足利フラワーパーク

住所:栃木県足利市迫間町607

電話:0284-91-4939

イルミネーション(夜の部)営業時間:16時30分~21時まで(土日祝日は21時30分まで)

休園日:12月31日


 

タグ :    

栃木県 足利市   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

CAPTCHA


TOPへ戻る
アクセスランキング