あしかがフラワーパーク

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

あしかがフラワーパーク混雑してた大藤まつり2018に行った

あしかがフラワーパーク混雑してた大藤まつり「ふじのはな物語」に2018年4月18日の昼の部とライトアップされた夜の部に行ってきました。ここではその日の様子や感想と口コミ他、行く前に知っておくと便利な事や割引などについて書いてます。


平成30年度大藤まつり2018ふじのはな物語は2018年4月18日(水)~5月20日(日)の昼の部7時~17時30分または18時(大人900円~1,800円
/ 子供500円~900円)開催中です。

ライトアップがある夜の部は4月21日(土)~5月13日(日)17時30分または18時~21時まで大人大人600円~1,500円 子供300円~800円です。花の咲き具合で入園料金が変わるそうです。また開園時間、閉園時間も日によって若干変わる日も変わらない日もあるようです。

昼の部と夜の部の入れ替えはないから、昼の部の入園料金を支払いライトアップされる夜の部もそのままいる事はできます。私は毎年そうしてます。

再入園お断りのお知らせ

しかし、あしかがフラワーパークは基本的に途中退場、再入園ができないんです。ただ、やむを得ずの場合のみ入園券に時刻を印字されて30分だけ途中退園が認められてるだけだから、昼の部から夜の部へほぼ園内にいて過ごすしかないんです。

さて、今年は、綾瀬はるかさんが大藤の下で踊ったシーンがある「今夜、ロマンス劇場で」の映画のロケ地になった事から行楽日和の土日祝日とゴールデンウィークは去年と比べられないほどの人出と混雑を予想してます。しかも、今年からJR両毛線の新駅「あしかがフラワーパーク駅」が新設されたので電車でも楽々行けるようになったから・・・今年の混雑は凄い!と予感します。

でも映画や電車の新駅なくても、あしかがフラワパークで年間を通しておそらく最大のイベント?というか花の季節というか?一番混雑するのが大藤まつりですね~イルミネーションも有名で混雑はしますが、大藤まつりの混雑に比べたら実はあの混雑はカワイイもんでした。どう考えても2018年のGWは映画と新駅の影響でとんでもない混雑で賑やかになりそう~

ふじのはな物語大藤まつり2018年開催お知らせ

さて今年は春が暖かったので大藤まつり2018も18日からだったんですけど前倒しで14日(土)から始まってたんです!!例年はGW頃が見頃でしたが今年は早めに行った方がいいかも?

さて、私は2018年4月18日水曜日に行ってきました。園内の様子は下覧を見てください。なお2018年からあしかがフラワーパークは園内禁煙になってました。




このページは大藤まつりに行った時の混雑、昼の部、夜の部ライトアップの様子を書いてます。

冬開催>混雑するあしかがフラワーパークイルミネーションに行った。のページで詳しく書いてます。




17時35分の西ゲート入場の行列

この写真は2017年大藤まつりの17時35分の西ゲートの入場に並ぶ観光客です。コレ平日の写真ですからね。

過去ゴールデンウィークに行った時は大渋滞の大混雑だったから平日に行くようにしましたが・・・平日も混雑、渋滞有の日も・・・・

大藤まつり2017昼の部の様子

昼間は昼間で藤の色がハッキリわかり綺麗でした。

大藤まつり2017夜の部の様子

夜は夜でライトアップされてて幻想的でした。

昼から夜までずっといられないよ~という人は、昼の部と夜の部、どっちが渋滞しなくていいか悩むかと思います。

答えは下に写真掲載してますが、4月下旬で暖かい日は昼の部も駐車待ちの渋滞、夜の部も駐車待ちの渋滞してました~平日にですよ。

さすがに20時以降は園内観光客も少なくなってきたので20時以降なら駐車待ちはないかと思いますが、閉園21時。広大な園内の散策は所要時間1時間では足りないです。最低でも2時間は欲しいところです。






目次

大藤まつりの割引

アクセス、駐車場、足利フラワパーク駅時刻表

行く前に知っておくとちょっと便利な事

2018年大藤まつりの様子

2017年大藤まつりの様子

大藤まつりのお土産

大藤まつりパンフレット

近隣の温泉地、温泉宿




大藤まつりの割引

割引券

バラマキ型の入場割引券もどこかの観光案内所や駅やホテルなどに置いてある場合があります。写真の「大藤まつり2018割引券」は薮塚温泉ホテルふせじまで日帰り入浴した時あったのを持ってきました。ちなみに去年は草津か万座でGETしたから広範囲にこの割引券あるハズ。

入園券

あしかがフラワパークに知り合いが行ったら入場券の半券には割引券がついてるのでそれをもらえればラッキーです。半券割引券が一番割引額がデカイみたい。

JAFカード

あと、JAF会員証を見せて100円引きです。

公式ホームページから無料のメール会員登録をするとすぐに使える入園料の100円割引クーポンがゲットできます。これはふじのはな物語または藤まんじゅう 10%引き
花売場でのお買い物 10%引き ソフトクリーム割引などの割引クーポンもあるらしいです。

コンビニで前売り券を買うというのもいくらか割引価格かも。過去は50円引きと割引額は一番小さかったですが、チケット売り場に並ばなくて良いというメリットもあります。







アクセス・駐車場、足利フラワパーク駅時刻表

駐車場の空きを待ってる渋滞

2017年のGW前平日の14時44分頃の写真です。平日なのにまじか~と駐車待ちに並びました・・・

駐車待ち渋滞の時にこの辺りを歩いてる人も多かったです。あしかがフラワパークの駐車代金は無料ですが、あしかがフラワパークの駐車場一歩手前には有料500円の私設駐車場も何か所か見かけました。そういう駐車場も結構車が停まってたので、お昼前はもっと混んでたのかも知れないです。

平日なのに満車の駐車場の様子

ガードマンに西ゲート前の駐車場に誘導されやっと停められました。平日だから正面ゲート付近に停められるのではないかと思って家を出ましたが・・予想と違い混んでました・・

フラワーパークのそうじのおばちゃんと話した時に「平日は正面ゲートに停まられるかと思ったんだけど・・・」「今の時期は正面ゲートは観光バスの駐車場に「なってるんですよ」との事。

そういえば、観光バスもかなり走っていて園内は団体客多数でした。園内にいる観光客の三分の一以上は外人さん。特に中国語を話してる人が沢山いました。

15時の西ゲートの様子

写真は15時の時の様子です。駐車できた場所がラッキーな事に西ゲート真ん前だったのはラッキーでした。

夜の部の駐車待ちの渋滞

17時35分西ゲート付近の道路を撮影した写真。夜の部目当ての車が夕方17時35分頃から駐車待ちの車で渋滞中・・・夜の部に彼らはいつ入場できるのでしょうか?

17時35分の西ゲート入場の行列

そしてこの写真がこの時の大藤まつりの17時35分の西ゲートの入場に並ぶ観光客です。上の15時頃と比べてもらうと増えてますよね~コレ平日です。土日ゴールデンウィークは超早めに現地到着する位の余裕が欲しい所です。



住所:栃木県足利市迫間町607 電話:0284-91-4939

足利フラワーパークアクセスマップ

あしかがフラワーパークへのアウセスは北関東道足利インターから約9キロ約16分の道のりですが、太田桐生インター、佐野田沼インター、東北自動車道佐野藤岡インターを降りてもそんなに時間的には変わらないかもです。

あしかがフラワパーク駅

東武足利市駅、JR足利駅からもシャトルバスあります。JR両毛線使えばあしかがフラワーパーク駅は目の前で降りてすぐ。沿線の人なら土日祝日に車で行くなら電車の方が渋滞に巻き込まれなくていいも。

足利フラパーク駅時刻表

2018年足利フラパーク駅に掲示されてた両毛線時刻表です。なお、正面ゲートと西ゲートにはコインロッカーがあったから荷物多くても大丈夫です。

あしかがフラワーパークアクセスマップ

あしかがフラワーパークアクセスマップ(拡大)


毎年渋滞緩和させる為に交通規制がされるから、今年も多分。2017年の交通規制の時は、県道67号線からあしかがフラワパークへ行く道は右折、左折禁止で足利駅方面からまっすぐ県道を通っていく時は手前で曲がらないと。桐生の人は国道50号線を走って行ったほうがいいかも。

17時35分の西ゲート入場の行列

この写真は17時35分の西ゲートの入場に並ぶ観光客です。何度も言いますがコレ何回も書いてますが平日です。







行く前に知っておくとちょっと便利な事

入場チケットの裏面

入場チケットの半券の裏です。基本的にはあしかがフラワパークは再入園できないんです。一度入って出るとまたチケットを買って入るのが通常です。

この日は昼間は暑かったですが、17時30分になると急に冷え込み・・退場口にいるスタッフに「すいません。車に戻って上着を取りに戻りたいのですがダメでしょうか?」と尋ねた所、30分だけ有効ですと半券の裏に時刻を刻印されて、一旦退園、そしてこの時刻を見せて再入園する事ができました。

なお2018年から園内禁煙になってました。喫煙場所は園外の正面ゲート横か西ゲート横に一か所づつだから一旦退出しないと吸えないんですが、印字される為、1回しか外に出られないです。

ペット連れ入園お断りの看板

また犬などを連れての入園はできないのでペット連れの人は注意しましょうね。フラワパークではペットを預かるサービスもないです。

さて、トイレについてですが~正面ゲートにある女性トイレはトイレ渋滞をして並んでました。

西ゲート付近の簡易トイレ

アチコチにトイレはありますが、人が少なかったのは西ゲート付近にある写真のような臨時トイレでした。簡易トイレだから引き返して別のトイレに行く人も見かけました。もう~ダメという時はここが空いてるかと。臨時だから毎年同じ場所とは限りませんが2017年2018年とココにありました。

レンタル傘

私が行った日は夕方少し雨が降ったのですが、正面ゲートと西ゲートでは傘の貸し出しもありましたが、あの混雑してる人数分には足りない・・でも屋根のあるお店や施設は多いから雨避難できますけどね。

大藤まつり園内マップ

大藤まつり園内マップです。ただ園内を立ち止まらず1周するだけなら所要時間は20分前後、立ち止まって花見たり、写真撮ったり、グルメ食べたり、お土産見たりすると所要時間最低2時間は見ておきたいところです。






2018年大藤まつりの様子

2018年西ゲート前駐車場混雑の様子

2018年4月18日(水曜日)に行ってきました。現地到着約15時の西ゲート前の駐車場の様子です。この日は前日より当日昼まで大雨で朝は肌寒い日でした。しかし昼から急に晴れて暖かくなり、昼前まで天気が酷かったから今日は混んでない大チャンスと思われる日ではないか?と急遽行ってきましたが、西ゲート前駐車場はすでに満車に近い状態でした。でも渋滞がなかったからマシ。

2018年あしかがフラワパークバスツアー客の様子

正面ゲート駐車場はバスツアー客がぞくぞくとバスから降りてきてました。最近は足利フラワパーク日帰りツアーなどで他県からも多く来てるんですよね。バスツアーは天候関係ないからなぁ~じゃんじゃん来る・・・

園内の様子

去年のようなチケット行列がなかったから今日は予想通り、園内は微々たる混雑のラッキー日でした。西ゲートから園内に入ると、花の香が強烈!花が咲き乱れて素晴らしい景色となってました。2018年の大藤まつりは私が行ったこの18日が祭り初日のハズでしたが、今年は4月前半が暖かすぎた為に14日(土曜日)から前倒しに祭りスタートとなってました。

藤と躑躅

去年は28日頃満開だったいくつもの藤の木が18日の段階ですでに満開でした。

大藤棚の様子

ただ複数ある大藤棚はどこもまだ3分咲きから5分咲きまでいってない感じでこれから見頃って感じでした。

西ゲートの様子

入っていきなりでしたが、この季節しか食べられない藤ソフトを買いに。藤ソフトは正面ゲートでも西ゲートでも途中のお店でも販売してました。

藤ソフト

藤ソフト400円、去年より色が濃くなった感じがして味も濃厚になった感じもしました。やはり去年食べた写真と見比べたら、色が濃くなってました。

桜の木と藤の木

桜もまだ咲いてて風が少し吹くと桜が散って綺麗でしたよ。

躑躅が咲き乱れてる様子

藤もアチコチ咲き乱れ素晴らしかったのですが、今年はツツジの数が去年より多くなった?気もしました。赤、ピンク、白の花が咲き乱れる躑躅の海という場所は誰もが美しさに圧倒されると思います。

花が咲き乱れる園内の様子

入園する前は、正直料金が高いなぁ~と思う事もありましたが、園内に入るとこれだけ花が咲き乱れるように管理してて、しかもスッタフが至る所で手入れして見かけると、そんな気もなくなりました。

大藤棚下の観光客の様子

18日は混雑してる所はプチ混雑してましたが、去年の28日と比べたらかなりマシ。毎年行ってますが大混雑はGWがピーク、暖かくなったGWに近い四月下旬から混雑で、四月中旬はかなりマシですね。例年なら見頃が始まるのが四月下旬だっからから比較的混雑が少な目の今日は花も見頃だったしラッキーな日でした。ちなみに私はGWの激混みは経験した事があるからそれ以来毎年ずらして行くようにしてます。

昼間のうす紅橋の様子

人気のうす紅橋は八分咲きぐらいだったかな?結構咲いてて綺麗でしたが、きばな藤のトンネルは1分咲きまでもなかった殆ど咲いてない状態だったからこっちは見頃がGWぐらいかも。

「ふじのそば物語」という四色蕎麦

今日は昼の部を15時から楽しみ夜の部ライトアップが始まり20時ぐらいまで園内にいるつもりだったから、腹ごしらえ。和食処あじさいで「ふじのそば物語」という四色蕎麦食べました。見た目は涼しそうで美味しそうだったけど、味のコメントはやめておこう。

夕焼け時の藤の木

15時から17時くらいまで園内を二周くらい歩いて色々写真撮ったり花見ながら過ごしました。あとは夜のライトアップ、暗くなるのを待つのですが、もうこの時期って日が沈むのが19時くらいなんですよね~だから17時くらいから・・・暗くなるのひたすら待つ・・・・・長かった~!!

景色を撮影しようと集まったカメラマンたち

日が涼む頃になるとうす紅橋が見える一画にカメラマンが続々集結してきました。私も早めに向かってたのですが、すでにベストポジションは埋まってました。

ライトアップされたうす紅橋

私を含めて皆さん、うす紅橋と水面に映り込むうす紅橋のコラボを撮影にしに来たんです。ここは混むからベストボジションゲットは明るい内から行って三脚立てないと。



ロマンス劇場での映画でこのうす紅橋の下で綾瀬はるかさんが踊りましたよね~

うす紅橋の下の混雑

うす紅橋の藤は見頃で綺麗だったから、夜は昼より混んでたかも。人がいない橋を誰もが撮影したいと思いますが、朝イチや夜閉園間際じゃないと難しいかな?チャンスを待ってましたがいつも誰かいましたよ。

大藤の下の人だかりの様子

大藤棚の下に今日最大級の人混み発見!

お笑い芸人カミナリが大藤の下でロケしてた様子

お笑い芸人カミナリがロケしてました。大藤まつりも始まった事だし、平日の夜はロケこれからも多そうな予感。

大藤と水面の大藤の様子

大藤まつりは昼の部も綺麗だし、夜の部もどちらも違う景観となり綺麗でした。また夜のライトアップは冬のイルミネーションに匹敵するほど綺麗で美しかったです。ただこの季節は昼はシャツ1枚で十分な陽気でも、太陽が沈むと冷え込む場合も多いから、昼夜掛け持ちで園内にいる場合は上着は持っていた方がいいかと思います。

私の場合15時~20時と所要時間5時間、日が暮れるのをひたすら待つ試練の時もありましたが、食事処はあるし、トイレは綺麗だし、ベンチやテーブルも至る所にあったから不自由はなかったです。

今年も園内の様子としては自撮り棒を持ってる人がめちゃくちゃ多かった事とアジアの外国人の人が去年以上に沢山いた事です。園内歩いていて日本語より中国語の会話の方を多く耳にしました。シャッター押して~と頼まれたのも全部外人さんでした~。

フォトカードサービス

毎年恒例の無料でシャッターを切ってフォトカードでプレゼントしてくれるサービスも二か所でやってました。

スタンプラリー

園内のスタンプラリーでなく栃木渡良瀬フルーツ街道を巡るスタンプラリーもやってました(正面ゲート)






2017年大藤まつりの様子


大藤まつりはゴールデンウィークが始まる前の4月28日の金曜日、平日に行ってきました。

しか~し!さすがあしかがフラワパーク、平日だから混んでないだろうと思って行ったら・・・駐車場への空き待ちの渋滞に少し並ぶ始末・・・まさか平日でも駐車場が満車になるとは恐るべし大藤まつり

園内でそうじのおばちゃんに「平日なのに凄い人出ですね~」と話しかけたら「明日からGWだからもっと凄いよ~、去年は2時間3時間駐車場が空くの畑のほうから待ってたんだから~、待ちすぎてガードマンと喧嘩にもなったぐらいなんだから」と。

あしかがフラワパークの公式サイトでは以前より道はよくなったので渋滞が少なくなったような書き方でしたが、実際行ってみると結局駐車台数以上に車が集まるから結局駐車場待ちになる事が平日でもわかりました。

まさか!!平日で駐車待ちをするとは思わなかったので、あしかがフラワパークの集客力マジ恐るべし。

さて、大藤まつり2017は昼の部(7時~17時30分)と夜の部(17時30分~21時)があり、それぞれ入場料金が違います。

入場料金、すし屋でいう時価で当日朝決まります。4月27日の木曜日は昼の部1,400円でしたが金曜日は1,600円になってました。上限は1,700円なのでGWは多分この料金ではないかと。

イルミネーションの時期は昼の部で一旦閉園して夜の部で再オープンでしたが、大藤まつりの場合は昼の部から夜の部がそのまま続きますので、昼の部の料金のままずっと園内にいれば夜のライトアップされた藤も見る事ができます。

昼の部の様子夜の部の様子

入園券とパンフレット

入園料を払うと次回使える割引券の半券と園内マップやグルメが載ってるパンフレットがもらえます。

いざ!中へ。

藤棚の様子

お~藤が綺麗~と感動とともに人がめっちゃおる~と藤棚の下は人だらけでした。

ほぼ満開の藤

藤の前はどこもかしこも記念撮影してる人だらけ・・・いない時があればシャッターチャンスでした。

藤棚も橋

一番人工密度が高かったのは藤棚の橋。橋の上は人だらけでした。

咲き乱れてるツツジの様子

藤がメインですがつつじも綺麗に咲いてました。

大藤の風景

紫色の花の大藤は見頃はまだ先、満開はゴールデンウィーク後半ぐらいかな?という感じでした。

まったく咲いてないと行っても過言ではない藤のトンネルもあったから~全体的に見頃はもう少し先って感じでした。

藤棚の下のイスと混雑ぶり

でも満開になってる藤棚もあるんです。

一部藤棚の下ハ「イスが置かれて花見がしやすいようになってましたが人だらけ・・

池の風景

この池は昼間はこうなってたのか~と昼間のフラワーパークは何年かぶりの久しぶりだったんです。

イルミネーションの様子

冬のイルミネーションの時は毎年行っててこんな感じにこの場所がなるんです。

藤棚の下の混雑の様子

平日なのに~人、人、人で大混雑でした。

テレビ東京の中継の様子

テレビ東京などの生中継もしてました~。

嫁にすぐ録画の連絡したら・・・私少し映ってました・・・

この番組ではゴールデンウィークに行きたい所という感じで紹介してたから、超混みそう~。

人混みの園内の様子

大藤まつりってやっぱ人気あるわぁ~。

グルメのお店

何かを食べられるお店もアチコチありますが、どこも大盛況の様子でした。

写真撮影無料

正面ゲートには2人以上なら写真撮影無料というtこもありました。

フォトカード無料のイベント

撮影した写真はフォトカードとしてもらえます。大きいサイズの写真は有料だけど~というサービスです。

藤ソフト売り場

藤ソフトというのがあしかがフラワーパークのオリジナルソフト。写真撮った時は並んでませんでしたが西ゲートで売ってるお店は行列ができてました。

藤ソフト

400円の藤ソフト。藤の花の匂いというかそれがバニラ味にプラスされてて、違和感なしに美味しい味でした。

夕方の藤棚

夜の部17時30分のちょっと前にライトが点灯しましたがまだ明るい・・

昼間は晴れて暑かったのですが、夕方は曇ってたまに雨が降ってきました~。

それでもカメラマンの人たちは夕焼けと藤棚のコラボを撮る為に三脚を立てて待ってる人が多かったです。

桜の木

風も吹いてきて種類はわかりませんが、桜のような木は桜吹雪で木の下には大勢の人がいました。

メニュー

風も吹いて寒くなってきたので先に腹ごしらえ~。

佐野ラーメン

700円佐野ラーメン。

佐野ラーメン

透明のしょうゆスープ!う~ん、佐野ラーメンはやっぱり美味しい~

ライトアップされた藤棚

辺りも暗くなり、ライトアップされた藤棚は昼見た時の感動と違い、また綺麗でした。

混んでる藤棚の橋

藤棚の橋も人が多かったですが、どの大藤の下も人だらけでした。

大勢の人で混雑してる藤棚の下の様子

人だらけっす。

池に映る藤壁

池に反射する藤も綺麗でした。

ライトアップされた藤棚の橋

昼の部の景色も綺麗で素晴らしいですが、夜の部の景色も綺麗で美しかったです。



結局15時くらいから20時くらいまでいました。。。が、20時くらいになると写真のように人はかなり少なくなってました。

パンフレットにある夜の藤棚の景色

あしかがフラワパークは日本夜景遺産認定の場所でもあります。だから夜も綺麗なんです。


冬のイルミネーションのページはこちら






大藤まつりのお土産

大藤まつりはイルミネーションの時と違うお土産が多数ありました。

藤色タルトケーキ

藤色タルトケーキ

藤のはちみつバウムクーヘン

藤のはちみつバウムクーヘン

ふじのはな物語

ふじのはな物語

藤くず餅

藤くず餅

藤色味おこし

藤色味おこし

藤そうめん

藤そうめん

ほんの少しだけ写真撮りましたが、藤にまつわるお菓子のお土産は沢山色々ありましたよ。

お土産コーナーは正面ゲートと西ゲート両方にありますが、種類が多いのは正面ゲートでした。






大藤まつりパンフレット

大藤まつりパンフレット

CNNが選ぶ「世界の夢の旅行先十か所」にあしかがフラワーパークが入ってます。だから外人観光客がやたらと多かったのかな?

ふじのはな物語と藤まんじゅうは足利フラワパークが作ってるお菓子みたいです。正面ゲートお土産コーナーに製造部みたいのがあった気が。

ライトアップされた藤

ライトアップされた藤は綺麗でしたよ~

グルメとお土産パンフレット

レストランやファーストフード的なお店はアチコチにあるので食べるのには困らないかと。

グルメパンフレット

美味しいグルメがいっぱいです。








近隣の温泉地、温泉宿

足利フラワパークの近くの温泉は?足利にも温泉はありますが、一軒宿です。国道50号線を走り車で40分程度の隣の太田市と桐生市の境辺りに薮塚温泉郷があります→薮塚温泉宿一覧のページ

その中でも展望露天風呂と内湯大浴場が2か所ある人気no,1ホテルが→ホテルふせじまに泊まったよ。ココに泊まってあしかがフラワーパークに行く人は多いようでこのホテルにはパークの割引券も置いてありました。

また車で15分程度の所に足利健康ランドもあり、ここは簡易宿泊も可能です。






 

タグ : 

栃木県 足利市   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

CAPTCHA


TOPへ戻る
アクセスランキング