藪塚温泉日帰り入浴

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

藪塚温泉ホテルふせじまの温泉に入った(日帰り入浴可)

日帰り入浴もできる藪塚温泉ホテルふせじまの温泉に入ったよ


ホテルふせじまの温泉はこの辺りではお勧め!気持ちいいから何度も日帰り入浴してます。特に露天風呂は最上階にあって屋根もないから空への開放感は抜群。また浴槽の周りの目隠しの柵から景色を見れば関東平野も一望できる絶景も味わえます。またサウナや休憩室もあるし、ランチの食事処もあるからホテルだけど日帰り入浴施設みたいな感覚で利用できるところもいい所。

正直、桐生市、太田市、みどり市などの市街地で日帰り温泉を探してるなら、シュワシュワとした泉質と眺望の良さは最高かと。

ホテルふせじま正面




薮塚温泉ホテルふせじま日帰り入浴DATA
ホテルふせじま 住所:群馬県太田市藪塚町162  電話:0277-78-2321
日帰り入浴時間:10時から16時

日帰り入浴料金:1,200円(フェイスタオル付き) 駐車料金:無料 大広間休憩室有り



目次

受付とロッカー

泉質と大浴場の様子

休憩所の様子

ランチを食べた食事処の様子

温泉に入った感想と口コミ

食事付き日帰り入浴プラン

アクセスや駐車場




ホテルふせじまに泊まった(客室や館内の様子)

ホテルふせじまの夕食や朝食(料理メニューなど)




受付とロッカー

1階ロビー

正面玄関を入って奥にあるフロントで日帰り入浴代金を払います。子供でも大人でも1名1,200円なので他の日帰り温泉と比べるとちょっと高めで~す。

日帰り入浴割引券

ただ次回利用時に(現在は750円)になる割引券をもらえます。近い人は次に割引券を利用すれば他の日帰り温泉施設並の料金で利用できます。スネークセンターや三日月村などの周辺観光の帰りに日帰り入浴してみるのもいいかと。ちなみに三日月村の入口で日帰り入浴2割引券が置いてあるのを見かけました。フロントでお金を払った後は入浴券と次回割引券をもらってすぐ側のエレベーターに乗って6階へ。

6階

6階に着くと目の前に番台があるので係員へフロントでもらった入浴券を渡します。

貸しフェイスタオル

入浴券と引き換えにフェイスタオルを無料で貸してもらえます。バスタオルは有料レンタルで100円だそうです。また髭剃りも100円だそうです。

貴重品入れロッカー

大浴場の脱衣所はカゴしかないから、先に貴重品は休憩室の奥にあるロッカーに入れます。ロッカー使用料は無料でした。


泉質と大浴場の様子

ホテルふせじまには、男女別に2カ所の大浴場があります。どちらも6階にあり日帰り入浴可能になってました。

男女別大浴場

【展望風呂】は6階の日帰り入浴受付所から階段上がってすぐの場所。

脱衣所

カゴ式の脱衣所。脱衣のロッカーはないですが、貴重品入れロッカーは日帰り休憩所の奥、マッサージ機の前。

洗面所

育毛剤やドライヤーもありました。

整髪剤

整髪剤もあります。

ブラシなど

風呂上りの冷水ありました。ブラシも使用前、使用後でちゃんと区分されてました。あと耳かきもありました。トイレも脱衣所内にありました

タオルレンタル

日帰り入浴の時にレンタルされた使用済みタオル入れもあります。

温泉分析表

温泉分析表です。長者の湯という源泉で温度は16,5度だから沸かしての塩素入り循環湯で源泉かけ流しではありません。

温泉分析表

一応効能は・・どこの温泉、湯でも書いてある美肌、神経痛、リュウマチなど・・・特徴は疲労や美貌とかに効くかもと云われてるメタケイ酸が多く泉質に含まれてるところ。

展望風呂内湯

浴場入口のドアを開けると感動。写真はチト暗くなってしまいましたが、内湯からも展望がよく開放感ある大浴場でした。

展望風呂内湯からの展望

内湯からもロケーション最高!

洗い場

洗い場は13人分ぐらい。

内湯

内湯はかなりデカイんですよ~。またこの湯船素晴らしいのは淵が腰掛けられるように段差が全部にできてるんです。湯に浸かって腰掛け半身浴の状態になれるんです。湯船の奥のほう、写真では手すりが見えるところは寝湯です。寝ながら湯に浸かれます。塩素混入してる循環湯ですが、塩素臭も臭くないレベルだから浴室全体が臭いという事もなかったです。お湯ぎりぎりに鼻を近づければ少し塩素臭しますが、そうしない限りは天然温泉って感じがしてなかなか良い感じ。個人的には、温泉=源泉かけ流し派ですが、お湯に入る時の体にまとわりつくシュワシュワ感がこれまた気持ちいいんです。普通のお湯ではない感じは誰でも味わえるかと。

洗い場

洗い場のシャワーは蛇口式なので自動で勝手に止まる事もないし、馬湯シャンプー、リンス、ボディーソープと別のメーカーのも交互に置いてました。

サウナ

少し狭いですがサウナもありました。

展望風呂露天

一番凄いのは展望風呂の露天。あ、また写真暗くなっちゃいましたが、結構広い浴槽です。

露天風呂からの眺め

湯船に浸かってる分は景色は見えずらいのですが。それでも抜群の開放感なんです。

露天風呂からの眺め

この開放感はなんだろうと上を見たら屋根が視界に入らないんです。湯船から3mほど上のところに少し張り出してるだけなんです。雨の日は雨粒がかかるかと思いますが、晴れの日は青い空に包み込まれてるような感じでは入れて気分爽快でした。

露天風呂からの眺め

湯船も回りにたって見ると景色最高。絶景でした。

浅間山も見られる

遠くに浅間山まで見えてました。

露天風呂からの夕焼け

綺麗に撮れませんでしたが宿泊した時は夕焼けもバッチリ見られました。

露天風呂からの夜景

夜は夜景。ホテルふせじまの周辺には展望を遮る建造物等は一切ないので約180度広大なパノラマが楽しめます。ただ夜景は普通の1,200円の日帰り入浴では10時~16時までだから日帰り入浴夜パックか宿泊しないと見られなくなってます。

基本日帰り入浴は10時~16時までなので、朝、昼、晩とこの浴槽に浸かる事はできませんが、宿泊者なら雨さえ降っていなければいつ入っても最高の居心地です。この展望風呂は宿泊なら一晩中利用できるというのも魅力です。朝8時までと朝だけは早めに終わってしまうので朝食時間7時~9時の朝食前に入るしかありませんが、近くにこんな素晴らしいとこあったんだ~と今まで利用してなかったのを後悔。

展望風呂からの空の眺め

一度入浴したら気に入ってしまい私は日帰り温泉としても利用してるんです。天気のいい日はお湯に浸かると青い空が広がってて凄く気持ちいいんです。だから私はこの展望風呂にしか入らないです。
景色的には雨の露天風呂より晴れた露天風呂の方がいいですが、天候悪いと人が少ないから気兼ねなくゆったりくつろげるという利点もありました。

お風呂に来たハクセキレイ

露天風呂はたまに野鳥(ハクセキレイ)が鳴きながら周りにいた事もありました。

あさひの湯案内

【あさひの湯】という大浴場は、展望風呂入口を過ぎてもっと奥に行きます。男湯は亭主関白の湯、女湯はかかあ天下の湯になってるみたい。

男女別大浴場

こちらも男女別大浴場です。

洗面所

展望風呂同様にカゴ式脱衣所とドライヤーなどありました。

内湯

内湯のみの大浴場で湯船の大きさは展望風呂の内湯の3分の1ぐらいの大きさ。

洗い場

洗い場からは裏山の景色が見られました。展望風呂と違って開放的な全面窓ではないので、暗い感じというか狭い感じがします。結局私はどうせ入るなら展望風呂のほうが気持ちいいと思ったので撮影だけしてすぐ浸からずに展望風呂に浸かりました。親父は夜来た時に貸し切りだった~と言ってましたが朝撮影した時も誰もいませんでした。展望風呂はやはりいつ行っても誰かいるという事が殆どでしたので、恥ずかしがり屋さんにはこのあさひの湯のほうが人が他に来るという事がないかも知れません。ただこのお風呂は夜は21時には閉まってしまいます。ただし有料ですがあさひの湯は貸し切り風呂という事もできます。今は知りませんが以前はピンクコンパニオンの派遣もあったらしい。

露天風呂からの眺め

お湯の成分はどこの湯船でも同じだからどうせ入るならこっちのほうがやっぱり気持ちいいです。


休憩所の様子

エレベーターからの景色

温泉大浴場は6階です。展望エレベーターに乗っていざ6階へ。景色も見られてワクワクするのですが、何回も乗ると、スピードが遅い事がわかりました。お客さんのほとんどはこのエレベーターを利用するので、ボタン押しても乗り降り+低速度で来るのも行くのも遅い。このエレベーターの横10mぐらい奥に2台の普通のエレベーターがありあまり客は利用されてないようでスムーズに上がったり下がったりできますよ。

大浴場案内看板

6階についてエレベーターを降りれば前方向に大浴場があります。二ヶ所あり展望を楽しめる内湯と露天風呂がある展望風呂と、若干小さい内湯だけのあさひの湯がありました。

自販機

大浴場に向かう途中にアイス、牛乳、ジュースの自販機コーナーがありました。

マッサージ機

コイン式マッサージもあるから湯上りにいいですね。

湯けむり亭

日帰り入浴の際に利用できる湯けむり亭という休憩室があります。

休憩室

かなりの大広間でした。

無料のお茶

ポットもあるのでお茶も無料で飲めます。自販機コーナーで牛乳買ってくつろぎながら飲むのもいいですね。ただしこの休憩室はお酒の持ち込みは禁止です。また館内は禁煙なので煙草は吸えません。

休憩室のテレビ

大型テレビもあってくつろげます。風呂上りに座布団引いて寝てる人何人も見かけました。

イス

大広間以外にもこの階はイスも多かったので男女で日帰りの際の待ち合わせも楽そうでした。

ランチを食べた食事処の様子

ちょうどお昼時が日帰り入浴できる時間なので小腹が減る場合があります。その場合は1階フロント横の上州路というコーナーで昼食を食べながら休憩できます。またコーヒーやカキ氷などのデザートはフロント前のロビーがカフェになってますのでそちらで注文できます。

日帰り温泉で利用できる食堂

夜は居酒屋になってますが、昼間はランチ食堂になってます。

店内

中は座敷です。食券等はないので席についてスタッフに注文します。

昼食メニュー

お昼のメニューです。

ざるうどん

お風呂に入って汗が吹き出しちゃったのでざるうどん760円を注文して食べました。会計は帰り際このスタッフに払います。ちなみにこの上州路の食事処は灰皿があるのでタバコ吸えます。


温泉に入った感想と口コミ

ここの展望風呂は凄く気持ちいいから何度も通ってます。屋根が殆どないから開放的で青い空の中で入浴してるような心地よさが気に入ってます。

塩素も入ってますが鼻につくほど塩素臭もしないのでのんびりとお湯に浸かれます。また加水あり循環湯、色も無色透明だから温泉に入ってる感はゼロなのですが、お湯そのものはトロっと滑らか。入る時はシュワシュワと体にまとわりつく感覚があり、長湯すると体全体にアブクがついてきます。このシュワ感もあるトロっとした触り心地のお湯は好きで寒い日でも露天風呂に入ってから駐車場に行って車に乗ると結構温まって出ると汗ビッショリ。個人的に源泉かけ流し以外の温泉を好きにならない私ですが、ホテルふせじまのシュワ感あるお湯と開放感は大好き。

やぶ塚温泉ホテルふせじまの温泉の口コミを確認確認確認


食事付き日帰り入浴プラン

ホテルふせじまは日帰り入浴プランも充実しています。温泉風呂だけ入るプランもあれば、温泉+食事のプランもあります。

日帰り入浴だけ(予約必要なし10時~16時まで):1人1,200円、貸しフェイスタオル、広間休憩室利用可能(下記浴場紹介で写真あり)。昼食場あり1階フロント横。

日帰り入浴+昼食+個室利用(予約必要10時~16時半まで):2~3名1部屋5,500円、4~5名1部屋4,500円、個室利用、タオル、バスタオル、
お酒又はジュース1本付き

日帰り入浴+夕食+個室利用(予約必要17時~21時半まで):2~3名1部屋5,500円、4~5名1部屋4,500円、個室利用、タオル、バスタオル、
お酒又はジュース1本付き

会社の宴会でもこの夕食付き日帰り入浴パックを利用されてるの見かけます。

日帰り温泉でも館内施設(ゲームコーナー、土産コーナー、喫茶、カラオケスナック、居酒屋兼食堂)も利用できるとこもある→館内の紹介はホテルふせじまに泊まったよ。のページで。


アクセスや駐車場


ホテルふせじまへのアクセスは北関東自動車道太田薮塚インターからのアクセスは約5キロ、車で約12分、JR桐生駅からは約9キロ、タクシーで約20分、東武鉄道桐生線薮塚駅からは約1キロ、歩いて約10分~15分

中央駐車場

駐車場は迷う事はないと思いますが、ホテルの敷地内に広大な駐車場あります


 

タグ : 

群馬県 藪塚温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ投稿覧

CAPTCHA


TOPへ戻る
アクセスランキング  プライバシーポリシー お問い合わせ