老神温泉観山荘

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

観山荘の温泉に入った(日帰り入浴可)

老神温泉郷にある宿の中で唯一日帰り入浴でも朝早くから入れる観山荘の温泉風呂に入ってきました。

観山荘入口と外観

観山荘は朝市会場のある老神温泉郷の中心部に位置してるので場所的にはわかりやすいところにありました。

観山荘玄関入口

車を停めて早速中へ。

観山荘日帰り入浴の看板

入口脇には日帰り入浴可の案内も出てました。






目次

日帰り入浴代金、営業時間

泉質、効能

大展望風呂と脱衣所の様子

観山荘の印象、感想、口コミ

アクセスと駐車場

住所、電話番号、パンフレット




日帰り入浴代金、営業時間

フロント、ロビーの様子

建物の外見はあまり良い印象ではなかったのですが、中に入ると広々としてるロビーがあり、アレ?結構綺麗じゃん。と外見と中を見たギャップが激しかったです。

ちなみに靴は脱がずにそのまま中を歩くホテルでした。

ラウンジの様子

奥のほうにお土産コーナーもあってロビーは広さだけでなく雰囲気もなかなかよかったです。

フロントロビー

早速フロントで日帰り入浴の受付をしました。

日帰り入浴代金は1人1,000円でした。また日帰り入浴可能時間帯は朝7時~9時と14時~22時でした。

また脱衣所にはロッカーがないとの事でフロントで一時預かり致しますとの事でした。

老神温泉湯めぐり手形

観山荘日帰り入浴を安く割引価格で入りたいなら、老神温泉組合に加盟してる15の宿、施設のお風呂に入れる湯めぐり手形というのがあって、3回分で1,500円なんです。買った日から1年間だから使い切れるならこれはが割引になって得なんです。

老神温泉日帰り入浴はどこがいいのか?

利根町観光協会

温泉手形が売ってる所は宿泊した場合はその宿、そして観山荘の目の前にある利根町観光協会で販売してます。



泉質、効能

温泉成分分析表

大浴場に掲示されてた温泉成分分析表です。

温泉成分分析表拡大

源泉名は老神温泉7号泉、8号泉、10号泉の混合泉のようです。

泉質は、単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)、泉温は46,3℃

温泉利用状況表には加水あり、加温あり、循環あり、塩素混入あり源泉かけ流しではなかったです。

効能表

効能は、この温泉固有の適応症が「神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病」であとどの温泉でも共通の一般的症があり「関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期、
運動麻痺における筋肉のこわばり、 冷え性、末梢循環障害、 胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、
軽症高血圧、 耐糖能異常(糖尿病)、 軽い高コレステロール血症、 軽い喘息又は肺気腫、
痔の痛み、 自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、
病後回復期、 疲労回復、健康増進」



大展望風呂と脱衣所の様子

大浴場入口の様子

大展望風呂という名の男女別大浴場はロビーを通り過ぎた一番奥にあって、フロアは土足でしたがここからは畳敷きとなるので靴を脱いで上がりました。

休憩所の様子

左側には休憩処がありました。

休憩処にあった自販機

休憩処には牛乳やジュースの自販機やマッサージ機もありました。




【男湯】




男湯入口

男湯は畳敷きに上がり込んで目の前にありました。

脱衣所の様子

写真で見える扉は露天風呂への扉。脱衣所からは内湯と露天風呂への扉がそれぞれあって、内湯と露天風呂へも扉で繋がってました。

カゴ棚式脱衣所の様子
脱衣所はわりと広く、フロントで言われた通りにロッカーはなくカゴ棚式で壁面にずら~と並んでました。

洗面台の様子

洗面台にはドライヤーもありました。

育毛剤やコラーゲンジェル

育毛剤やコラーゲンジェルもありました。

美白潤

美白潤もあったりして・・男湯とは思えないアメニティでしたが最近男性も美容に気を使う人がいるからかな?

内湯の様子

かなりデカイ浴槽と広い浴場でした。写真で全部撮りきれないほどの広さで20人ぐらいが足を伸ばしてもリラックスできるほどのサイズではないでしょうか?観山荘以外にも数か所湯めぐりしましたが内湯の大きさは今まで入った中で一番大きかったです。

温泉成分分析表を見ると塩素混入の循環湯という事だったので街のよくある日帰り入浴施設のようにキツイ塩素臭を覚悟してましたが、殆どというか塩素入ってるの?というレベルで匂わなかったです。

洗い場の様子

壁面には洗い場もずらり~と並んでました。

シャンプーなどのアメニティ

シャンプーやボディソープもありました。

二つの湯船のある内湯の様子

湯舟は二つに分かれていてヌル湯と熱湯に分かれてるのかな?と思ったんですが、同じ温度でした。

内湯の浴場の様子

広々としてるこの大浴場が貸し切り状態だったので気分よくリラックスして入浴できましたが、熱い。おそらく湯温度は42度ぐらいあったと思います。

楽天トラベルの口コミを書いてた人も内湯が熱いとあり、傍らにホースがあって客が温度調整をする感じでした。

露天風呂がヌルイとの掲示

内湯が熱いので露天風呂へ行く事に。アレ?露天風呂はぬるいとのお知らせが貼ってありました。

露天風呂の様子

内湯はガラス窓が曇ってて景色は見えなかったですが、露天風呂はまさに展望風呂と言ってもおかしくないほど開放感はありました。

露天風呂の大きさ

湯舟の大きさは大人5~6人が足を伸ばして入れるサイズくらいかな?足を伸ばさなければ10人ぐらいいけるのかな?

露天風呂からの景色

お湯に浸かると目隠しがあるので展望はこんな感じですが、屋根があるから雨でも安心して入れるようになってました。

露天風呂に入浴しながらの景色

張り紙に書いてあるとはいえ、ヌルかったです。38度なかったんじゃないかな?

あの張り紙見た時におかしいと私は思ったんです。だって温泉分析表には加水あり、加温あり、循環ありだから外気温が低くてもお湯を沸かしてるんだから適温になるんじゃないの?源泉かけ流しなら外気温に左右されるのはわかるんですが、加温ありの沸かし湯でぬるすぎって・・・・・・内湯は熱すぎだし・・・・私は給湯設備に問題あるんじゃないかと思ってしまいます?というか、もしかして露天はかけ流しにしてるのかな?無色透明だし、塩素の匂いもしないけど、お湯触ったぐらいじゃわからないし・・・

ぬるくなかったら景色も良いしゆったり浸かれる露天風呂でした。夏ならいいのかな?




【女湯】




女湯への案内

女湯は男湯の隣なのですが入口が見えにく所にあるのでこのように案内が書かれてました。

女湯入口

女湯入口

女湯の脱衣所の様子

女友達が入った時に撮ってきてくれました。私が男湯独り占めだったのと同様に彼女も女湯貸し切りだったそうです。写真を見ると明らかに男湯より開放感もあり床も壁もオシャレなんですけど~。

脱衣所からの景色

脱衣所の大型ガラスからは中庭?が見えるんでしょうか?男湯の脱衣所とは全然違いますね。

女性脱衣所の様子

女湯の脱衣所もロッカーはなくカゴ棚式だったそうです。う~む。洗面台周りも綺麗でオシャレだ~。

洗面台にあったドライヤー

ドライヤーもあって、男湯にもあった育毛剤やコラーゲンジェルや美白潤の他に関節用塗るグルコサミンもあったようです。

かかとクリームやヘアートリートメント

男湯にはなかった、かかとクリームやヘアートリートメントもありました。

カミソリ、綿棒などのお知らせ

あれ?男湯に貼ってなかったような???

女湯の内湯の様子

内湯は湯船が一つだったそうですが、写真見ても大きそうですね。

シャンプーやトリートメント、ボディソープは馬油

あ、女湯はシャンプーやトリートメント、ボディソープは馬油。

女湯内湯から見えた景色

内湯からの景色も良かったと言ってましたが、男湯の内湯からは景色が望めない状態でしたが、女湯は良さそうですね。

女湯の露天風呂の様子

露天風呂は男湯の露天風呂と同じような感じですね。

女湯から見えた露天風呂の景色

女湯だから目隠しされてるのでお風呂に浸かった景色はこんな感じだそうです。

温度が熱い場合は水入れての張り紙

女湯も男湯同様に内湯は熱く、露天風呂はヌルすぎて寒かったと言ってました。また脱衣所にあるトイレに入ったら和式だった~今時珍しいよね。とも言ってました。




【貸し切り風呂】




日帰り入浴受付時に案内されなかったのでおそらく宿泊者だけの貸し切り風呂があります。

貸し切り露天風呂「月待ちの湯」と「山なみの湯」利用可能時間は15時~23時まで/翌朝6時から9時までで貸し切り料金は50分3,000円(税別)だそうです。

貸し切り風呂写真ギャラリー


観山荘の印象、感想、口コミ

外観だけを見て正直最初はここ大丈夫かな?という印象を受けてしまいました。

観山荘でなく老神観光ホテルと書かれてる屋上観山荘でなく老神観光ホテルと書かれてる外観

建物上部の部分も道路に面してる部分も「老神観光ホテル」と・・しかも一部朽ちてる・・・

旧ホテル名?が掲げられたまま別名で営業してたホテルというのは初めて見たから・・・ビックリ!看板の他に外壁のコンクリも崩れてる所が見えたから・・・道路からは「え?観山荘ってどこ?まさか?ここ?」って思うほど迷いそして驚きました。

綺麗なロビーロビーの様子

中に入るとロビーは広く外見からは想像できないほど綺麗にされたから、外と中のギャップが凄すぎで館内に足を踏み入れたら、またビックリ。

フロントスタッフもお出迎えスタッフも挨拶してくれて受付時、退館時の印象は悪くなかったです。

観山荘の外観ドアノブ

ただやっぱり外壁のコンクリが崩れたままだったり・・・女友達は内湯と露天風呂への扉のハンドルが木がむき出しで知らずに触って痛かった~とか・・・・・ロビー、ラウンジのようにこれから少しづつ直して綺麗にしていく最中だったのかな?それでもお風呂掃除してる人が開ける時に気が付くと思うんだけど・・・・

紅葉の露天風呂内湯の様子

また、写真のように大浴場は広々としてたり景色も良かったりといいお風呂だったのですが、内湯は熱すぎ、露天風呂はぬるすぎと温度管理が加温あり循環湯なのに・・日帰り入浴だけしか利用してませんが、良い点と悪かった点のギャップが凄すぎ~というのが私の感想と口コミになります。

*私が撮影した時点での良い点と悪い点ですので今現在は改善されてる事も考えられます。改善されたら朝市会場目の前だし良い立地だから人気ホテルになるかもね?

観山荘の口コミを楽天トラベルで確認/じゃらんで確認/Yahooトラベルで確認


アクセスと駐車場




観山荘へのアクセスは関越自動車道沼田インターチェンジから国道120号線を日光方面に走り約13,2キロ、車で約18分の道のり。

観光名所である吹割の滝からのアクセスは約3,5キロ、車で約5分も道のり。

私の地元桐生市からは下道である大間々沼田線を走って約50,3キロ、約70分の道のりでした。

朝市会場利根町観光協会

朝市会場や利根町観光協会の目の前にありました。

観山荘駐車場の様子

駐車場は観山荘の建物前にありました。


住所、電話番号、パンフレット

老神温泉観山荘

住所:群馬県沼田市利根町老神612

電話番号: 0278-56-2323

観山荘パンフレット

観山荘:客室写真ギャラリー・料理写真ギャラリー

観山荘パンフレット表紙


 

タグ : 

群馬県 老神温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

TOPへ戻る
アクセスランキング