ぎょうざの満州

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

ぎょうざの満州東明館で食事した

全国展開してる餃子の満州は老神温泉郷の中にもありますが、他と違うのは「お店」ではなく「温泉宿」になっていて、泊まる事もできるし、立ち寄り湯もできるし、食事だけでも利用できる一風変った営業スタイルなんです。

渓谷沿いにある餃子の満州東明館の外観

片品渓谷沿いという事もあってロケーションも最高なんです。

餃子の満州東明館入口

入口の自動ドアから餃子の満州東明館の中へ。

靴箱ロッカー

靴を脱いで靴はロッカーへ。このロッカーは100円玉は必要なし。食事するだけで立ち寄ってもここは温泉宿の中だから靴を脱いで館内に入って鍵は自分管理でした。

ロビーと食堂の様子

館内に入るとすぐフロントがあって、ロビーも目の前ですが、食事する場合は手続きや受付なしでそのまま食堂に行けばスタッフが席を案内してくれます。

餃子の満州東明館の看板

食事の営業時間は、11時30分~21時まででオーダーストップは20時30分でした。

食堂の様子

食堂の中に入ると席を案内されました。

メニュー

早速メニューを開きました。

単品、うどんメニュー

中華料理の他にうどんもありました。

ドリンクメニュー

飲み物メニュー

コースメニュー

コース料理もありました。東明館は温泉宿だからカラオケができるパーティルームもあってそこで宴会も可能になってました。

季節メニュー

季節料理メニュー

一品料理のお持ち帰りメニュー

お持ち帰りメニューもありました。

ご飯ものお持ち帰りメニュー

電話一本で作っておいてくれるのは近隣観光地で食べる時便利かも。

水餃子

水餃子を注文しました。

水餃子の中身

具だくさんでやっぱり餃子の満州は美味しいなぁ。

1個が大きい焼き餃子

きました~大好きな焼き餃子6個220円。タバコの箱と比べてもらうと大きいのがわかると思います。

具のつまった焼き餃子の中身

餃子の満州の焼き餃子は小籠包のようにスープが出てくるから好きなんです。熱々だとそのスープでちょっと火傷しそうな感じですが、熱々のままが美味しいです。

餃子のタレの作り方

お勧めの餃子のタレは酢6に対して醤油3、ラー油が1の割合だそうです。これだと餃子がサッパリ食べれました。

タンメン

タンメンも到着!餃子の満州は麺が半分、普通、1,5麺と量が選べるから良いですね~。

タンメンの麺

私はこの時半麺タイプを注文しましたが、見かけ上は普通と変わりありませんでした。野菜のシャキシャキしてて美味しかったです。

もやしラーメン

友達が頼んだのはあんかけのもやしラーメンのこれも半玉。

注文した中華料理全て

これだけ食べても安いというが魅力的だし、しかも美味しかったです。

餃子の満州東明館は朝食付き素泊まりで格安、夜は自分の好きなのを注文して食べるというのも安くて魅力的。他宿素泊まりでここに食べにくるのもありだし、日帰りの立ち寄り湯としてランチを食べるのもアリだし、かなり気に入ったお店というか宿でした。

フロントの様子

食事代金の支払いはフロント脇のレジでした。

餃子のお土産

レジ前にお土産コーナーがあり、老神温泉のお土産品というより、餃子の満州のお土産でした。冷凍餃子60個入りが約1,200円だったので購入~自宅に帰ってすぐ食べてしまいました・・・

冷凍餃子

最初に買った餃子が自宅で焼いても美味しかったので、次に老神温泉に行った時はクーラーボックス持参で餃子60ケ入りX2買ってきました。この時はコレを買っただけ。

要するに餃子の満州東明館は、立ち寄り湯だけ、食事するだけ、お土産買うだけでもいいんですね。

老神温泉餃子の満州東明館のお風呂に入った。のページで大浴場や脱衣所の様子を詳しく。

アクセスと駐車場




餃子の満州東明館へのアクセスは関越自動車道沼田インターチェンジから国道120号線を日光方面に走り約14,2キロ、車で約20分の道のり。

観光名所である吹割の滝からのアクセスは約4キロ、車で約5分も道のり。

私の地元桐生市からは下道である大間々沼田線を走って約51,3キロ、約73分の道のりでした。

内楽橋

餃子の満州東明館は片品川沿いにあり、老神温泉街にある車がようやっと1台走れる幅の内楽橋という赤い吊橋を渡ってすぐ左手になります。

餃子の満州東明館と駐車場の様子

駐車場は建物の横にありました。

住所、電話番号、パンフレット

餃子の満州東明館

住所:群馬県沼田市利根町大場1519-2

電話番号: 0120-56-2641

餃子の満州東明館パンフレット1

パンフレット1
(拡大)

餃子の満州東明館パンフレット2

パンフレット2
(拡大)

 

タグ : 

群馬県 老神温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

TOPへ戻る
アクセスランキング