金龍園

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

老神温泉金龍園の貸し切り風呂と混浴風呂(日帰り入浴可)に入ったよ

源泉かけ流しの宿金龍園の貸し切り風呂と混浴風呂(日帰り入浴可)に入ったよ


老神温泉にある源泉かけ流しの宿金龍園には4カ所の温泉風呂があります。私は宿泊ですが1,050円(平日は500円)
営業時間: 12:00~20:00 (休前日は~14:00)で日帰り温泉としての利用もできるようです。老神温泉の源泉は数多くあり、代表的な泉質は単純温泉と単純硫黄温泉とアルカリ性単純温泉です。宿によって源泉が違うのですが、金龍園は3つの源泉(老神7号線、8号線、10号線)を使用していて、単純硫黄温泉(アルカリ性単純硫黄温泉)単純硫黄温泉(中性低張性高温泉)単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)と1つの宿で硫黄とアルカリの湯が楽しめるます。数多い老神温泉の宿に中で両方が楽しめる宿は少ないんです。日帰り入浴できる宿も老神温泉は多いですが、金龍園なら、ほのかに硫黄臭のする温泉とアルカリ性の湯と混浴の3つが楽しめるんですよ。

大浴場の見取り図

大浴場は2階でこんな位置関係になってます。男性用脱衣所はあるけど、男性専用の大浴場はない珍しい宿なんです。




目次

泉質や適応症など

貸切風呂「もみじの湯」の様子

混浴内風呂「皇海の湯」の様子

女性専用内風呂「吹割りの湯」の様子

混浴露天風呂「白根の湯」の様子

温泉に入った感想や口コミ

アクセス、駐車場




当ブログでは金龍園さんを3ページにて紹介しいます

金龍園に泊まったよ

金龍園の料理を食べたよ




泉質や適応症など

泉質:アルカリ性単純硫黄温泉(貸し切り風呂、混浴大浴場、女性専用浴場)と単純温泉(混浴露店風呂)

適応症(効能):慢性皮膚病、婦人病、冷え性、美肌効果、消化器病、五十肩、疲労回復、健康増進、切り傷



貸切「風呂もみじの湯」

3階の奥にある貸し切り風呂。貸し切り料金は別途1,050円かかります。料金はそここですが、問題は時間、基本入浴時間30分なんです。30分って結構キツイですよ~。脱衣、着衣、洗体、入浴、休憩、次の人がいると思うと25分で出ていこうと予定をくむと・・・かなりつらい短時間です。ゆっくりくつろいで入るというにはいかないかも?ここはせめて45分ほしいところですね。

私が宿泊した日は、貸し切り風呂が予約で一杯ではなかった為に45分ほど楽しめましたけど~人がいない時はこういうサービスしてくれるかも?です。

貸し切り風呂の脱衣所

扉を開けると~

貸し切り風呂の脱衣所の様子

ドライヤーやブラシあります。

貸し切り風呂の様子

外の扉を開けると~

貸し切り風呂の洗い場

シャワーはひとつ、ボディーソープやシャンプーやリンスありました。

貸し切り風呂からの眺め

休憩用のイスもあります。

貸し切り風呂の様子

こじんまりとしてますが、開放的です。紅葉の時期なら景色もいいですよ。

貸し切り風呂の湯船

ヒノキの湯船です。お湯は無色透明ですが、硫黄の香りがほんのりとしてます。泉質はアルカリ性単純硫黄温泉です。無色の硫黄泉である草津の湯の酸性とは違うから、肌に優しいヤンワリ柔らかいお湯でした。大きさは4人ぐらいの広さです。源泉のお湯がじゃんじゃん出てて気持ちいいです。

貸し切り風呂からの眺め

湯船に浸かりながら景色を楽しむ~極楽です。30分という入浴時間ですが、入る価値はあると思います。また夜より明るいうちのほうが景色も楽しめるかと。私の場合、チェックイン時に「何時にしますか?」「景色いいですか?」「明るいうちのほうが景色楽しめますよ」とホテルスタッフの方も言うのでチェックインしてすぐ入りました。

暗くなった時の貸し切り風呂の様子

入ってるうちに夕方になったのですが、夜は幻想的になるかもです?


混浴内風呂「皇海の湯」の様子

大浴場の脱衣所の様子

脱衣所はこんな感じです。混浴なので湯浴みがあります。使用するしないは個人の選択です。

男性用の湯浴み

男性用はマジックテープになってて腰に巻くタイプです。ここは混浴大浴場だから女性も湯浴みを着て入浴できます。女性の場合は女性専用大浴場内湯で湯浴みに着替えて混浴風呂入口から混浴に行きそことこの混浴大浴場が扉で繋がってます。

大浴場脱衣所の洗面台

ブラシやドライヤーもありますが、ヒゲソリは100円の自動販売機があります。

大浴場洗い場の様子

洗い場です

大浴場の湯船

湯船は二つ、熱いのとぬるいのがありました。

大浴場の源泉の注ぎ口

源泉の注ぎ口にコーヒーカップがあったので飲めるのかな?飲みませんでしたが・・・アルカリ性単純硫黄温泉ですよね。硫黄?宿の人に聞けばよかった・・・

夜の大浴場

夜はこんな感じです。外は混浴露店風呂です。ドアひとつですぐ外に出られます。外より温泉温度は高かったので・・すぐ温まって長湯はできませんでしたが、湯船が広々としててくつろげましたよ。それぞれ5~6人と3~4人ぐらいの広さです

女性専用内風呂「吹割りの湯」の様子

女性専用大浴場の脱衣所

脱衣所はカゴ式なので貴重品は持ってこないほうがいいです。

女性専用大浴場の洗面台

ブラシやドライヤーもあります

女性の湯浴み

湯浴みもあります。ここは女性専用風呂だから使う必要ありませんが、ココで脱衣して混浴露店風呂に行けるのでその為にあります。

女性の湯浴み

湯浴みはボタン式とマジックテープ式の二種類がありました。

女性の湯浴み姿

こんな感じになります。

混浴露天風呂入口

露天風呂に行くのは女性はちょっとだけ難ありなんです。この吹割りの湯の脱衣所で脱いで湯浴みをまとい、一度入口から出て、混浴風呂入口に行きます。一瞬通路を横切ります。上の写真で言うと花柄ののれんから出て、左の扉を開けて露天風呂に行きます。

女性専用大浴場の洗い場

女性専用内湯の吹割りの湯にはボディソープからシャンプー、リンス揃ってます。

女性専用大浴場の様子

熱めの湯船とぬる湯の2カ所ありました。

女性専用内湯の様子

吹割りの滝が見られます・・・・ここなら湯浴みも必要ありませんからのんびりできます。お湯もアルカリ性単純硫黄温泉で気持ちよかったです。でもここまで来たなら露天風呂も満喫しましょう。混浴露天風呂なら単純温泉とこことは違う源泉の湯が楽しめます。


混浴露天風呂「白根の湯」の様子

貸し切り風呂と混浴大浴場と女性専用内湯はアルカリ性単純硫黄温泉ですが、この混浴露天風呂は源泉が変わって単純温泉になります。金龍園は違う源泉を引いてるから一カ所にいながら2つのお湯に浸かれる事ができるんです。

混浴露天風呂の様子

熱いのとぬるい2つの湯船があります。

混浴露天風呂の様子

真ん中の仕切り岩が高いので隣に気兼ねしないで入浴できます。ただし湯船の広さは2~4人+2人ぐらいって感じです。

混浴露天風呂の様子

くつろぐ事もできます。

夜の混浴露天風呂の様子

夜はこんな感じです

屋根がある混浴露天風呂

屋根もあるから雨が降っていても大丈夫です

夜の混浴露天風呂の様子

夜はライトと湯けむりで少し幻想的でした

混浴露天風呂のベンチは喫煙可能

露天風呂横のベンチでは灰皿もあるから喫煙もできるようです。麦わら帽子は夏用かな?

混浴露天風呂からの眺め

外で立つと柵の上から景色が見えます。昼間なら山々が楽しめました。湯船に浸かってる状態では柵の隙間から外を覗くという感じで見られます。

湯浴みを着て混浴風呂に入る女性

女性でも湯浴みのまま入れますので、恥ずかしくないです。

結局、2人で夕方1回、夜2回、朝1回の計4回混浴風呂に入りましたが、他の方と一緒は一回だけでした。その時は混浴風呂は私も含めて男女全員湯浴みで入ってましたが、誰もいない時は裸のまま入浴してました。突然他のお客さんが入浴してくる場合はありましたので湯浴みは湯船のふちに置いてましたけどね。

宿泊者は24時間利用可能だから好きな時間に行ってお湯を楽しむ事ができます。


温泉に入った感想や口コミ

老神温泉には16宿ありますが、1ヶ所で違う泉質の温泉に入れる所はほんの一握りの宿になります。(参照:老神温泉全16宿!宿泊ならどこが良い?安く泊まれる方法)、だから温泉好きの私は凄く得した気分になりました。

ただ、男湯専門がないのが残念なところ。一応エチケットとして湯浴みは持ってていざという時にすぐ着れるようにしてましたが・・・一応気を遣う事にはなりますよね。

でも平日だったから殆ど大浴場も貸し切り状態で過ごせたのでユッタリする事ができました。また、個人的には先月行った四万温泉よりお風呂出てからもポカポカしてて汗が出るくらいくよく温まる温泉でした。寒くなったら老神温泉はいいかも!と。


源泉かけ流しの宿金龍園の口コミを確認確認


アクセス、駐車場



金龍園、住所:群馬県沼田市利根町老神592 電話番号:0278-56-3021

関越自動車道沼田インターから約14キロ車で約25分

吹割れの滝から約3.7キロ車で約10分、迦葉山弥勒寺から約25キロ車で約50分。


金龍園前の道路は道幅が狭く車はスレ違えません。玄関前に駐車スペースがありました。ここに車を停めて荷物を降ろしました。

この駐車場は荷物積み下ろしだけで専用駐車場に車は移動する事になりましたが、ホテルスタッフの方が移動してくれます。専用駐車場は徒歩1~2分のところなのでそこに最初から停めても苦になりません。赤城神社の前あたりにありますよ

 

タグ :    

群馬県 老神温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

CAPTCHA


TOPへ戻る
アクセスランキング