スカイ喫茶のぞき

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

スカイ喫茶のぞきで名物タケノコ汁を食べたよ

スカイ喫茶のぞきで名物タケノコ汁を食べた。

群馬方面から国道292号線を走って渋峠ホテルを過ぎて横手山ドライブインの大きな駐車場の脇に小屋のような建物がありますが、そこが「おやき・お餅お休み処のぞき」または「スカイ喫茶のぞき」と呼ばれてるお店で、横手山リフト直営店となっていて、横手山の情報発信などもしてるお店となってました。

冬季閉鎖中のぞきの店舗

冬季は閉鎖中のお店で志賀草津高原ルートが開通したとしても、どうやら横手山スカイレーターなどのリフトの営業開始とともにお店が開き、晩秋リフトの営業終了とともにお店も閉まる感じでした。

のぞきの由来

最初お店の名前を「のぞき小屋」と聞いたのでドキドキっとした事もありましたが、この一帯が「のぞき」という地名なんだそうです。『この地区は「のぞき」と云い、昔より、前橋草津街道として重要な役割を果たしてきた山路(裏街道)で、険しい山路を登りつめて、この地で上州(群馬県)の山々を始めて覗くことが出来、また風が非常に強い所(太平洋の気流と日本海の気流の衝突する所)で、下方の「硫黄鉱山」を見るときは、地面を這うようにして覗きこむので「のぞき」という地名になったのです。』(掲示先横手山ドライブイン)

おやき、お餅の店のぞき

夏はお店が開いていて、名物竹の子汁や手作りおやき、つきたてのお餅、高原のソフトクリームなどを販売してるお店という事がわかりました。

「おやき・お餅お休み処のぞき」では、店名のあるように、おやきやお餅などの軽食のカフェ的なお店で、お腹いっぱいになりそうな食事メニューはなかったです。この店名は横手山リフトの公式サイトでは「スカイ喫茶のぞき」となってます。志賀高原のパンフレットなどは「おやき・お餅お休み処のぞき」となってます。また、営業可能季節の営業時間は8時45分から16時までなんだそうです。

横手山登頂証明書

軽食やドリンクが飲める以外に実は「横手山登頂証明書」という記念になるものが100円で販売してましたので、目の前の横手山スカイレーターに乗ったり、歩いて登山として横手山山頂に行った帰りに立ち寄って買っておきたいですね。






目次

店内の様子とグルメメニュー

タケノコ汁を食べた感想と口コミ

アクセスや駐車場など




店内の様子とグルメメニュー

スカイ喫茶のぞきの外観

スカイ喫茶のぞきは写真のように小屋風の建物です。

店の入口の様子

おやき・お餅がメインですが、志賀高原名物のタケノコ汁もありました。

天空の花だよりという写真入りのカタログや横手山登頂記念カード

店内に入るとすぐ左手にカウンターがあってそこで天空の花だよりという写真入りのカタログや横手山登頂記念カードを100円で売ってました。

ソフトクリームメニュー

信州限定巨峰、果肉入り白桃や抹茶、バニラなどの高原のソフトクリームも食べられます。

小物のお土産

可愛い小物のお土産も置いてあり、その奥にテーブル席がありました。

窓から景色が見える席

この日は曇ってたので景色は今イチでしたが、窓際の席からなら外で見たのと同じ雄大ね景色が見られるようになってました。

店内のテーブル席の様子

大人数でも腰かけられるテーブル席もありました。

店内に掲示されれたグルメメニュー

テーブル席の目の前に調理場がありそこにメニューが掲示されてました。食券などはなく食べたいものを注文して代金を支払う方法でした。

横手餅、のぞき餅、渋峠餅、おしるこメニュー

横手餅、のぞき餅、渋峠餅などしょうゆ、きなこ、あずきをまぶしたお餅と、おしるこ

コーヒー、おやきメニュー

コーヒーやソフトクリーム、そして看板メニューとなっていたおやきもありました。おやきはこの時は、野沢菜、ふきみそ、わらび、山菜ミックスがあり1個200円でした。

たけのこ汁メニュー

そして名物のタケノコ汁は400円でした。このようにお腹が膨れる食事メニューはなく、軽食の単品系グルメメニューとなってました。お腹いっぱいに食べたい人は隣の横手山ドライブインでランチ食べられます。

階下はトイレ

トイレは階段を降りたところにありました。

のぞきの建物横にいた犬

何度かのぞきのお店前に行った時がりありましたが、今回初めて可愛いワンちゃんがいました。

のぞきの横にいた犬をなでなでしてる様子

大人しくて良い子だったので食後はずっとなでなでしてました。名前はご主人が教えてくれましたが・・ジェット?違うなぁ~そんな感じのカタカナの名前でした。


タケノコ汁を食べた感想と口コミ

タケノコ汁

色々食べたかったのですが、ちょっと前に横手山頂ヒュッテでランチを食べたばかりだっらから、前から気になってたタケノコ汁を注文しました。

タケノコ汁に入っていた根曲がり竹(ネマガリタケ)

細かく刻まれたタケノコが底に、そして長い細いタケノコが一本入ってる写真を見てわかる通りミソ汁でした。一般的に太いタケノコと違い、根曲がり竹(ネマガリタケ)と呼ばれる笹の若竹みたいです。

実はこの根曲がり竹(ネマガリタケ)は、志賀草津高原ルート開通日などは路肩に車を停めて残雪の中から獲ってる人たちを見かける事が多く、どんな味なんだろう?と以前より興味もあったし、これこそ地元の味と思い食べる事にしたんです。歯ごたえは竹の竹のこと同じような感じでしたが、タカノコだぁ~というあの濃厚な味ではなく、さわやかで上品な味でした。だからミソ汁もちょっと辛子を入れて超うまかったですよ。風が強い日だったら一杯飲むと体が温まると思います。


アクセスや駐車場など



スカイ喫茶のぞき:長野県下高井郡山ノ内町 志賀高原のぞき 横手山スカイレーター 麓の喫茶店 電話:0269-34-2600
公式ページ(http://yokoteyama2307.com/cafe.html)
アクセス:上信越自動車道須坂長野東から国道292号線を走り草津温泉方面を目指して約44.5キロ、車で約48分の道のり。

万座温泉からなら志賀草津高原ルートを走り約13.2キロ、車で約15分の道のり。

草津温泉からなら万座ハイウェー(普通車通行料金1,050円)を走り、約50キロ、車で約60分の道のり。

私の地元桐生市街地からは下道と万座ハイウェー(通行料金未収区間)を走り約113キロ、車でノンストップなら約150分。

スカイ喫茶のぞき駐車場

横手山ドライブインとつなっがてる広大な無料駐車場がありました。

のぞきバス停

湯田中駅からの路線バス停も目の前にありましたが、1日5本のようです。


 

タグ :

長野県 志賀高原   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

CAPTCHA


TOPへ戻る
アクセスランキング