志賀草津高原ルート

桐生人ポコの行った遊んだ泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った行楽地、温泉、宿、レストランなどの食べログと旅ログです

ポコ注目!

choose

志賀草津高原ルートに走ったよ

志賀草津高原ルートを開通日走ったよ~


日本の国道の最高地点を走るから景色も美しく素晴らしいですが、群馬県と長野県の県境を跨いで高所を走る為に2017年11月15日PM1時~2018年4月20日まで冬季閉鎖通行止めです。

平成30年度2018年の志賀草津道路開通日は2018年4月20日10時の予定だそうです。

2016年の開通日は雪の少なかった回廊、2017年の開通日は雪が高く積もってた回廊をドライブしましたが、2018年度の開通日はどんな雪の中のドライブが待ってるのか?楽しみです。




以下は開通日と火山規制緩和後に走行した時の模様になります。

2017年4月21日金曜日開通日の朝10時に草津側のゲートの並んで志賀草津高原ルート(志賀草津道路)を走った時は、草津白根山火山規制がレベル2の状態でしたが、2017年6月13日火山規制がレベル1に緩和された後の6月志賀草津高原ルートをバイクで走ってきました。

6月に走った時の雪の回廊の場所

志賀草津道路開通日は道の両脇は雪の回廊でしたが、6月17日に走った時もまだ、残雪がありました。

白根レストハウス駐車場の様子

規制が緩和された事で一番大きいのは草津白根山の湯釜も見に行ける事。

そして白根レストハウスに立ち寄る事もできるので、トイレ休憩やランチやお茶も可能になってました。

白根レストハウス駐車場料金表

白根レストハウス前の第一駐車場、第二駐車場は有料で二輪車200円、普通車500円、マイクロバス1,000円、大型2,000円でしたが、私が行った時は無料でしたが7月に走った時は完全に有料駐車場となってました。

2014年に規制されてから3年間立ち入り禁止区域だったから、私が行った時は再開準備期間で無料だったんでしょう。

草津白根山規制緩和のお知らせ

また湯釜西側登山道は15分前後歩くと、今まで規制で見られなかったエメラルドグリーンの湯釜も見られるようになってました。

湯釜の様子

久しぶり、もう何度も見に行ってますが、綺麗な色の湖でした。

草津白根登山道を上って湯釜を見に行った。のページで詳しく。

道に雪がかなり残っていたのでおそらく5月中旬ぐらいでしょうか?「出川哲郎の充電させてもらえませんか」という番組で彼は50ccの原付で見事草津温泉から渋温泉まで志賀草津高原ルートを走破してましたね。




下記は開通日の様子と火山規制緩和後の風景写真の移り変わりを少し掲載しています。

文章に関しては、規制中の文章になってるかもです。




2017年4月21日金曜日開通日の朝10時に草津側のゲートの並んで志賀草津高原ルート(志賀草津道路)を草津白根レストハウス通過~日本国道最高地点標高2172m~渋峠(峠のホテル)~横手山ドライブイン、陽坂ゲートのある志賀高原まで雪の回廊や雪景色の山々の景色を楽しみながらドライブしてきました。

今年は寒波が多く大雪の日が多かったのでノーマルタイヤだけで走れるか心配でしたが、2016年の時と同様に全く心配なしでノンターボの軽自動車で楽々走る事ができました。

ただ、去年は開通日晴れでしたが、2017年開通日の天気予報では雨になりそうな雰囲気で行ったら夕方まで曇り、降らなかっただけよかったという日でした。その予報のせいか、オートバイやツーリングの単車は少なかったですが、逆に去年は1台しか見かけなかった自転車で開通日に走る人が今年は多かったのにはビックリしました。翌日は晴れだったのでツーリングのバイクも自転車も車も沢山走ってましたよ。

さて、去年の開通日は草津ゲートから長野県側陽坂ゲートを通り過ぎて有名な猿の地獄谷温泉渋温泉と行ってきましたが、2017年度の開通日のドライブコースは陽坂ゲートをくぐり志賀高原にある熊の湯で日帰り温泉をしてUターンして万座温泉に行くルートで国道292号線、志賀草津高原ルートを楽しみました。

その熊の湯で毎年開通日に走る千葉県から来た人と話したのですが、こんなに雪が多く雪の回廊が続いてる道路は初めて見たと言ってました。ホント去年はまったく雪がなかった景色から今年は雪だらけの景色でした。

だから開通日からしばらくの間は雪が残り雪の回廊のドライブは楽しめるかもです。多分2017年度は開通日から1週間程度は下にあるように雪の回廊が続くドライブが楽しんるのではないかと。2016年度の開通日の写真も載せてますがGWぐらいには段々と雪が解けてそういう風景になって行くと思います。

また私の場合、万座温泉で一泊したので開通日である21日と翌日22日も走りましたが、やはり曇りの日より晴れの翌日ほうが景色が綺麗でした。雪が日光に当たって眩しからよかった~。

という事でこれから走る人へアドバイス!GWを過ぎて雪の回廊はなくなったとしても山々の景色は素晴らしいので、晴れの日のほうがドライブが楽しいですよ。

2017年朝10時の開通を待つ車の列

4月21日9時45分頃、草津ゲートから約1キロ並んでました。係の人がよって来てゲートオープンは10時を少し回りそうとの事話してくれました。

2017年開通日志賀草津高原ルートの雪の回廊を走る車

雪の回廊ドライブは最高!!

2017年開通日志賀草津高原ルートの雪の回廊の前で記念撮影

途中車を停められるスペースがあるので雪の回廊前で記念撮影。2017年の開通日は写真のように雪回廊の高さが最大5m以上はあるのではないかと。

下記でドライブルートを詳しく書いてます。




志賀草津高原ルートを走る前に知っておきたい事。

1.2014年以降草津白根山の噴火警戒レベルが「2」のままでしたが、2017年6月7日にレベル1に変更されました。

今までは頂火口から1kmの範囲に影響を及ぼす噴火の可能性があるという事で湯釜、白根レストハウス周辺は立ち入り禁止になってましたが、レベル1「湯釜火口から概ね500mの範囲では引き続きごく小規模な火山灰等の噴出に注意してください。」になった事で下記の書いたレベル2の時と若干違う箇所があります。

白根レストハウスの様子

(レベル2の時の様子)トイレ休憩も草津白根山湯釜近辺ではできません。駐停車禁止で警備員が見張っていますし、駐車場回りはロープで入れないようになってました。

しかしレベル1になって白根レウトハウスは営業再開して途中立ち寄って湯釜を見に行ったり、本白根山でコマクサを見にいったり、ランチしたりトイレ休憩もできるようになりました。ただし駐車場は有料です。

草津白根山ライブカメラ草津白根山ライブカメラ映像




2.志賀草津道路はレベル2の時は24時間いつでも走れるワケではなかったですが、レベル1となり24時間いつでもOKになりました。だから星空ドライブも可能になりました。

道路規制の看板

国道292号志賀草津高原ルートは交通規制があり陽坂ゲート~草津間は通り抜け可能時間帯:午前8時~午後5時までになってましたが、火山レベルが下がった事で2016年6月15日8時に規制解除となりこの看板も撤去されてました。




3.草津町の当日、翌日、週間天気予報をチェック!!



GWでも雪がチラツク場合がある高山ですし、しかも山だから天気の変わりやすい。開通日からしばらくの間はオートバイやサマータイヤ車は凍結など週間天気予報などで天候の流れを読んだようがいいかも。

次に私が当日気になったのは草津温泉側の道路(私の場合夏タイヤだったから)

冬の草津温泉に行った時の道路の様子でも書いてるように難はなかったです。

でも当日はわかりません。

しかし便利な今、今日の国道292号線草津前口の様子がわかるライブ映像や殺生ヶ原や渋峠の道路様子がわかるライブカメラ映像があるので確認できます。

渋峠ライブカメラ出かける前にチェック




4.走る前にトイレに寄っておいたほうがいいかと。

今までは一番トイレ休憩がしたい草津白根レストハウスへの立ち入りができかったですが、レベル1変更になり今は白根レストハウスでトイレ休憩も可能となってました。

しか~し!駐車場が有料なんです。トイレ以外に白根レストハウスでランチやお茶、湯釜などの観光をするならいいですが、トイレだけを借りに行くのに有料駐車場・・・・

トイレに行きたい場合は次にあるのが渋峠ホテル。ノンストップで走り続ければ約10分程度の道のりなんですが~おそらく走ってる途中景色を見る為に車から降りたり、雪の回廊を歩いたりするかと。、

高山だから冷える~トイレに行きたくなるかも。なので、草津白根レストハウスの前段階で立ち寄っておきましょう。

道の駅草津

道の駅草津運動茶屋公園にてトイレ休憩すると、最近の火山情報も入手できる~解除か?立ち入り規制継続中か。

ここを過ぎるとホテル櫻井周辺のコンビニ、次は天狗山スキー場の駐車場トイレ、次は白根火山ロープウェイ乗り場のトイレです。

ここを過ぎると殺生ヶ原を通りいよいよ志賀草津高原ルートドライブの始まりになります。

この周辺から渋峠ホテルまで約13キロトイレのない山道(白根レストハウスに寄らない場合)が続きます

2017年志賀草津高原ルート開通日の様子

開通日の除雪車とすれ違うところ

2017年4月21日10時から志賀草津高原ルートが開通という事朝9時45分頃にゲートから約1キロ先まですでに車が並んで、開通を待ってました。

朝1番の人は何時からゲート前にいるんでしょうね?

ちなみに長野県側の陽坂ゲートは10時開通先着10台にはミス山ノ内町から記念品プレゼントがあったそうです。

そして10時10分頃に車が動き出しましたが、止まったり、動いたりのノロノロ。並んでる時に係の人が1台1台の車に寄ってきて、「開通は10時を少し回りそうです」と伝えてきましたのが、動き出したら大型の除雪車が反対方向から通り過ぎたので開通ギリギリまで道路の雪カキをしてたんですね~。だから10時は少し回りそう~と係の人が連絡してきたのがわかりました。

開通日10時15分頃の草津ゲートの様子

10時15分頃に草津白根ロープウェイ乗り場付近の草津ゲートを通過しました。

横にあった小さな立て看板に「祝志賀草津高原ルート開通」とあっただけで思ってたより地味な開通でした。

それとも先頭車のほうは何かあったのかな?

殺生が原の様子

すぐ殺生が原を通過~相変わらず硫化水素の匂いが臭かったです。

雪の回廊をドライブする車と自転車

殺生が原を過ぎてすぐ雪の回廊でした。今年は雪が多かったから期待してた通りのドライブでした。自転車で走ってる人も発見。

自転車で志賀草津高原ルートを走る人たち

お!また自転車で走ってる人発見!今年はバイクツーリングの人は少なく、自転車で走ってる人がめちゃくちゃ多かったです。

雪が多く残る国道292号線

まだ右手はロープウェイが走ってる横の道路でこの雪景色。

草津白根ロープウェイのゴンドラと交差する

国道292号線とロープウェイが交差する地点の写真です。

最初の駐車スペース

草津ゲートより約3,6キロ、約7分で景色を楽しむ為の一番最初にある駐車スペースです。

最初の駐車スペースからの景色

残念ながら曇りの為景色はイマイチでした。

二番目の駐車スペース

次に景色を楽しむ駐車スペースは草津ゲートより約5キロ地点、ゲートから約10分で到着しました。

二番目の駐車スペースから見た景色~曇りの開通日

晴れてればパネルにあるように富士山まで見える絶景ポイントなのですが、開通日はあいにくの天気でした。

二番目の駐車スペースから見た景色~晴れの日

開通日翌日も帰りに通り、景色を見ましたが、上の写真とまったく違うかと。

二番目の駐車スペースから見た景色~6月17日

この時期になるとここからは雪景色はなかったです。

二番目の駐車スペースから見た景色~晴れの日

志賀草津高原ルートは晴れてる曇ってるかで景色の感動が違うんです。

草津白根山頂付近の雪の回廊

草津白根山頂近くになってくると雪の回廊がずっと続いてました。

草津白根レストハウス前道路

草津白根レストハウス前を通過です。ここは火山規制の為駐停車禁止でロープが張られてるし、監視員が見張ってました。

この地点は草津ゲートから約7,2キロ、約15分の道のりでした。

草津白根山レストハウス前駐車場の様子

火山規制が緩和されたので駐車できました。

白根レストハウス

白根レストハウスで食事、お茶などのトイレ休憩もできました。

湯釜西側登山道の様子

湯釜西側登山道は15分前後歩いて登る事もできるようになりました。

湯釜の様子

火山規制で見られなかった湯釜も見られるようになってました。

国道466号線との交差点付近

万座温泉へ向かう国道466号線との分岐交差点付近です。万座温泉へのルートも開通日が4月21日でした。
もうこの辺りで雪の高さが高いのがわかると思います。しばらくの間この辺りでも雪の回廊の中のドライブが楽しめました。

草津白根山裏の駐車スペース

草津白根山を裏?から見る駐車スペース。草津ゲートから約10,2キロ地点、約20分ぐらいの道のりです。

新雪の上でスキーやスノボをする目的で開通日に来てる人も多いのがわかりました。

草津白根山にスキーをしにいく人

草津白根山側は硫化水素の為立ち入り禁止の看板があるのですがスキーに行く人が・・・危ないよ~。

草津白根山

翌日の写真。昨日より少し解けてる感じが・・・

草津白根山近くの雪山で大勢の人がいる様子

ここは白根山の反対側の景色が素晴らしかった~。開通日当日は曇りでその前を通っても感じませんでしたが、翌日の晴れの日は絶景。

車を降りて皆この白銀の世界に行って写真撮ってました。

草津白根近くの雪山での撮影

私も自分なりに素晴らしい風景写真が撮れました。

やっぱり志賀草津道路の景色を見るなら晴れの日のドライブですね~。

6月の残雪の様子

季節が変わり同じ場所の撮影です。残雪がまだありました。

駐車スペース

次の駐車ポイントは先ほどの地点から約700m先です。

左の土手を上がると絶景が見られますし、ここに停めてこの先の雪の回廊まで歩いて行く人もいました。

雪の回廊を走る自転車

きた~~~!!志賀草津高原ルートで一番雪の回廊を感じる所です。

雪の回廊近くの駐車スペース

雪の回廊を通りすぎてすぐ、先ほどの駐車スペースから約800m先にも駐車スペースがあります。ここに停めて雪の回廊の中を歩く事ができます。

ここは草津ゲートから約11,7キロ地点、峠のホテルからは約1,3キロ地点です。

開通日に雪の回廊で取材してたTVスタッフ

ここで記念撮影~。開通日はTVの取材らしき人たちもいました。

去年はニュースのインタビューで捕まっちゃったんです・・・今年はセーフ。

2017年開通日に雪の回廊で記念撮影

2017年志賀草津道路開通日に雪の回廊で記念撮影しました。



2017年雪の回廊で記念撮影する人とドライブしてる車

今年は雪の回廊の高さが5~6mはあるみたいで大迫力。

開通日は車の排気ガスで汚れていないから白く綺麗でした。

2017年開通日の雪の回廊

上から見ても雪の回廊の凄さがわかるでしょう~。

6月に撮影した時の回廊のあった道路

雪の回廊のあった場所を撮影しました。この季節でも残雪があったのがビックリ!!

国道最高地点のある碑の前で記念撮影

雪の回廊の撮影スポットから車を進める事約700m。渋峠のホテルからなら約500m地点。草津ゲートからなら約12,5キロ走ると、日本国道最高地点標高2,172m地点があります。

志賀草津道路、国道292号線は国道で一番標高の高いドライブコースなんです~。

この最高地点と書かれてる碑の前は撮影スポットで車を停めるスペースもあり記念撮影できます。駐車スペースは少ないので順番待ちの時もあります。

ここでは自分の愛車である自転車やバイクとかを立てて、碑と記念撮影する人も多いんです。

草津ゲートからここまで自転車で上ってくるなんて、凄いですね~。

私の場合、ここまでしょっちゅう車を停めて撮影して移動してたから、自転車の人たちを抜かしては抜かされ、結局下の方で見かけた自転車の人たちがココに・・・自転車の人結構早い・・凄い!

日本国道最高地点到達証明書

日本国道最高地点到達証明書というのが渋峠ホテルで100円で発行されます。

図柄は5種類あり、行った日と時間とシリアルNOを打ってくれます。

これも志賀草津道路を走ったよ~日本国道最高地点に来たよ~という自分のいいお土産になるかと。

他の図柄は渋峠ホテルでランチを食べたよ。のページにあります。

日本国道最高地点とバイク

スクーターバイクでも来ました。車よりやっぱり爽快でした。

国道最高地点からの絶景

国道最高地点からの景色は絶景です。晴れてれば~。開通日の写真はコレ。

国道最高地点からの絶景

翌日の天気が良かった日の写真はコレ。広大な絶景パノラマが楽しめました。

国道最高地点の雪山斜面を滑ってるスキーヤー

開通日もスキーヤーがいたのですが、翌日もこの大絶景の雪斜面を下るスキーヤーの姿を見かけました。

スキーヤーは滑ったらこの斜面また上ってくるのかな?



雪のなかった時期に撮影した風景です。この時期でも絶景でした。

横手山渋峠スキー場の広大な駐車場

国道最高地点から約500m先に渋峠の峠のホテルと横手山渋峠スキー場の広大な駐車場に到着。

草津ゲートから約13キロ。私の場合はちょくちょく車を停めてここまで来たので約1時間で到着。ゲートから停車しないで直で行くなら30分ぐらいのドライブ時間ではないでしょうかね。

渋峠ホテルの外観

建物の中に県境が走ってる渋峠ホテルに到着~!トイレがありますよ。

渋峠ホテルにあるガソリンスタンド

渋峠ホテルにはEssoのガソリンスタンドもありました。

渋峠にある電光掲示板での気温表示

ここまでずっと寒かったのですが、電光掲示板では気温2度の表示でした。

開通日の志賀草津高原ルートは下は春でも上は真冬だから厚着しないとダメっすね。

ここから長野県側にあるスノーシェッド内は路面凍結徐行要すとの表示も。

この時点ではスノーシェッドって何?

バイクと渋峠ホテル

110ccのスクーターバイクでもソロツーリングして来ました。

渋峠の温度計

6月17日のほぼ正午の渋峠の気温13℃でした。ちなみに下界は真夏日でした。

だから夏でも冬のカッコが必要です。

7月2日下界は猛暑日の約35℃だった日もこの電動掲示板は16℃表示でした。涼しい~というよりちょっと肌寒いんです。

看板犬インディーとマーカスにパンをあげてるところ

今年もいました~ワンちゃん親子。凄く人間に慣れてて可愛いんです。ホテルでパンを売ってるのであげました。

お座りというとチャント座りました。

看板犬インディーとマーカスの注意書き

渋峠ホテルの看板犬インディーとマーカスです。とります!はねます!じゃれます!と人間大好き犬で特に小さい子が好きだと書いてありました。

とります!とはパン袋奪います、帽子や手袋、帽子などなどと書かれてます。遊びたいんですね。

確かに買ったばかりのパン袋を持って近くまで行ったら奪われました・・・取り戻して自分が半分たべて残り半分あげました。

可愛いワンちゃんです。

渋峠ホテル内の様子

渋峠ホテルの中は群馬県側に喫茶店、長野県側に食堂がありラーメンやうどん、カレーなども食べられるのでランチを食べました。

渋峠で湯もみちゃんと記念撮影

渋峠ホテルで思いがけない集団が帰ろうとしていた中に湯もみちゃんがいたので記念撮影しました。

草津温泉女神~ミズ草津温泉的存在の美人などもいたので多分、12時くらいまでこの渋峠ホテルで開通記念のイベントをやってたんだと思います。

まさか渋峠で湯もみちゃんに会えるとは・・・・

中の様子は渋峠ホテルでランチを食べたよ。のページで。

渋峠スキー場の様子

渋峠のスキー場は雪がテンコ盛りでやってなかったと思います。

芳ヶ原湿地群の説明パネル

草津白根山周辺から渋峠あたりまで芳ヶ原湿地群だから夏前後は雪の回廊じゃなくても素晴らしい景色や散策、ハイキングが楽しめますね。

スノーシェッド付近の駐車スペース

渋峠ホテルから長野県側に車を進めました。スノーシェッドという所がどこかわかりました。

雪をよける為のトンネルですね。確かに数か所凍結してました。

長野県側の絶景

スノーシェッドは数か所ありましたが駐車スペースも2か所ほどあり絶景が楽しめました。

雪景色

別の日はこういう素晴らしい景色を見ながら走った事もあります。

雲海の中の道路

でも出川哲郎さんは強運も持ち主。渋峠ホテルから横手山ドライブインまでの間で雲海を見ながら走ってました。

雪の残ってる道、山もいいけど、雲海はいつ出るかわからない分、見てて羨ましかったです。

雨上がりの時だったんですよね~雲海が出てたのは。

横手山ドライブイン

次に停車できる所は横手山ドライブインです。

ここは草津ゲートから約14,9キロ、陽坂ゲートから約3,3キロの地点にあります。渋峠ホテルからは約1,9キロの場所です。

中はお土産屋さんやトイレがあります。

中の様子は>横手山ドライブインでランチを食べたよ。のページで詳しく。

横手山ドライブインからの絶景

ここも志賀草津道路の絶景ポイントのひとつでドライブインの中にあるレストランから展望を見ながらランチやお茶できます。

晴れてればアルプス山脈のほうまで見えるんですが。。今日は残念。

長野県側の雪の回廊

ドライブインから陽坂ゲートに向かう途中の道路も雪の回廊が続いてました。

今年は雪が多いから雪の回廊だらけでした。

開通日の陽坂ゲート

長野県山ノ内町にある陽坂ゲートを通過しました。草津ゲートから約20,4キロでした。

渋峠ホテルで1時間弱ランチ食べたり犬と遊んだりしたり、所々車を停めて写真を撮ったのでドライブ時間は2時間弱でしたが、ランチとか食べないのなら1時間もあれば草津ゲート~陽坂ゲートはドライブできます。

熊の湯ホテル

そして志賀高原に行き、熊の湯ホテルで日帰り温泉をしてきました。

去年は陽坂ゲートをくぐり、猿の地獄谷温泉や渋温泉まで行きましたが、志賀高原からなら湯田中温泉も近いです。

陽坂ゲート付近の雪の回廊

日帰り温泉した後にまた陽坂ゲートをくぐり今年は万座温泉を目指しました。

陽坂ゲートから雪の回廊が続くから今年は草津温泉側も志賀高原側も雪が多かったですね~。

冒頭に書いてますが、日帰り入浴中に千葉から毎年開通日に走る方と色々話しましたが、ふきのとうを獲りにも来てたそうです。

でも今年は雪が多すぎて・・開通日ではふきのとう採取が早く、去年は雪がなさすぎて採取には遅くと・・・

確かに、今日走ってる時に、路肩でビニール袋を持ってふきのとうを獲ってるのではないかという人も見かけました。

志賀草津高原ルート開通日は、私のように雪の回廊を目当ての人もいれば、ふきのとうをついでに獲りにきた人、スキーやスノボで新雪の上を滑りに来た人など様々な目的で来てる人がいるんですね~。

2018年の開通日も行くと思いますが、どんな景色が待ってるのでしょうか?

万座温泉へ向かう道中の雪の回廊

国道292号線から国道466号線で万座温泉に向かう道路も雪、雪で雪の回廊が楽しめましたよ。

志賀草津道路の万座温泉入口のゲートから万座温泉まで3,3キロでした。

私の場合万座温泉ホテル聚楽で一泊したので、開通日当日と晴れた翌日の2回雪の回廊とパノラマ絶景を楽しむ事ができました。

志賀草津道路を走ってついでに立ち寄れる場所

志賀高原日帰り入浴一覧

熊の湯ホテルで熊の湯温泉に入ったよ

万座温泉宿ランキング(宿泊・日帰り入浴)

日進館の温泉に入ったよ

万座プリンスホテルの温泉に入ったよ

万座高原ホテルの温泉に入ったよ

豊国館の温泉に入ったよ

万座ホテル聚楽の温泉に入ったよ

湯の花旅館の温泉に入ったよ

万座亭の温泉に入ったよ

以上↑2017年志賀草津道路を走った時についでに立ち寄った温泉などです。

地獄谷温泉の風呂に入る猿を見に行ったら予想と違ってた

地獄谷温泉後楽園で日帰り入浴したよ

渋温泉観光そぞろ歩きをしたよ

1日で九湯ある渋温泉外湯めぐりをしたよ

真田家旧本陣つばたや旅館に泊まったよ

以上↑2016年志賀草津道路を走った時についでに立ち寄った温泉などです。

草津温泉はありすぎなので一覧こちら

2016年志賀草津高原ルート開通日の様子

以前から雪の回廊が楽しめる志賀草津高原ルートを走ってみたい~という夢が2016年4月22日の開通日に実現しました。

走る前は夏タイヤで走れ るのチェーンはいるの?スタッドレスタイヤのほうがいいのだろうか?など散々悩みましたが、ノンターボ軽自動車の夏タイヤ仕様で草津温泉~志賀高原まで難なく走破できました。

開通日当日長野県のTV放送スタッフがいて、今年は雪が少ないと言ってました。初めて走った私も「えっ・・想像してたのと違う」というくらい雪の回廊なかったです。

開通日当日は道にまったく雪もなく、夏タイヤだけで走れました。

バイク、オートバイなどの二輪車のツーリングを楽しんでる人も多かったです。

中には何と!自転車で走ってる人も見かけました。ただ渋峠ホテル前の気温は私が行った時は4度でした。

目の前のスキー場は真っ白の白銀の世界状態でスキーを楽しんでる状態でした。

山に天気は変わりやすくゴールデンウィーク中でも雪が降る年があったと聞いてるので、日によっては要注意があるかも?です。

また日によっては標高が高いので雪解け水が凍結する事もあるかも知れませんので、注意しながら運転したほうがいいかもです。 志賀草津高原ルートの道路の状態

草津温泉→湯釜近くの白根レストハウス手前です。快晴で景色よかったです。

志賀草津高原ルートの道路の状態

白根レストハウス手前から雲に包まれ、渋峠まで時々こういう状態になりました。

以下の写真は、2016年4月22日(金)のam11時~pm13時ぐらいのものです。

草津白根ロープウェイ山麓駅

おそらく白根火山ロープウェイ山麓駅が渋峠ホテルまで行く最後のトイレ休憩の場所になるかと思います。

殺生が原

殺生が原付近、駐停車禁止です。硫化水素の匂いが漂ってます。

ロープウェイと交差する地点

ロープウェイと交差します。

ドライブしながらの景色

天気がよくドライブ最高でした。

草津側の景色

眺めも最高でした。

草津白根山山頂付近の道路規制の様子

草津白根山山頂湯釜周辺はこのように係員が立って監視していました。ここから白根レストハウスも駐停車禁止なので通過するしかありませんでした。

草津白根山の裏側

通過後しばらく走ると火口裏側に来ます。そこは駐車できるようになっていて降りて写真も撮れました。目の前のそこから立ち入り禁止です。

志賀草津高原ルートドライブの景色

ちょっと雲が多くなったりするときもありました。

志賀草津高原ルート上の駐車スペース

しばらく走ると左側に駐車スペースがありました。ここで殆ど人は車を降りて景色を見てました。

景色

ガードレール側の景色です。

山肌に湯気が出てる様子

遠くのほうに煙が見えたのでズームで撮ってみました。

長野県側の山々の景色

車を停めた側に小高い土盛りを上がるとこんな景色でした。雪がほとんどなかったです。

雪の回廊始まり

しばらく走ると「お!!!雪の壁発見!!」車がノロノロ速度になってきました。

雪の回廊地点

この辺はバイクが道路に駐車してたり、人が歩いていたり、雪の壁で記念撮影してるので運転注意ゾーンです。このカーブをすぎると次のカーブの所に駐車場があります。

雪の回廊地点の駐車スペースから撮影

開通日に草津温泉側から志賀高原まで走って、今年の志賀草津高原ルートで道路上に雪の壁が人間の背丈以上にあって近くに駐車場があるポイントはこの一カ所ありませんでした。

雪の回廊、雪の壁の高さ

駐車場から歩いて100mぐらいでこの辺りに来ました。ハッキリ言って道の両側に雪の壁がある、雪の回廊はこの一カ所でした。

記念撮影

連れを写真に撮ってと。雪の壁で記念撮影できたのもこの一カ所です。ここが唯一の撮影スポットでした。思っていたより雪景色が少なくゴールデンウィークまで果たして雪が残ってるか微妙なところかと。

志賀草津高原ルートの道路の雪の状態

走り去るまた雪の壁が現れますが、近くに車が停められる場所はありませんでした。ここはバイクも止まってませんでした。片側に雪もないかですから回廊になってませんから皆通りすぎてるようです。

日本国道最高地点石碑

日本国道最高地点の石碑に到着しました。ここは駐車スペースがあります。雪の回廊を見に来た人、写真撮りたかった人、この先はもうありませんのでここでUターンして先ほどの雪の壁近くにあった駐車場に戻ったほうがいいです。

日本国道最高地点からの眺め

雲が出たりでなかったりでしたが、この標高2172m地点からの眺めが一番よかったです。

渋峠ホテル手前の道路

渋峠ホテルの100mぐらい手前ですが、雪の壁が人の背丈より低い感じで迫力ありません。今年は雪が少ないようです。

スキー場

渋峠ホテル前の横手山渋峠スキー場です。まだこんなに雪があって滑れる状態でした。ちなみに当日下界はTシャツ一枚でも大丈夫な暖かい日でしたが、この辺りは防寒着がないと寒くて外に出られないほど気温が低かったです。

渋峠ホテル全景

話題の渋峠ホテル。建物が県境をまたいでます。左半分は群馬県、右は長野県です。右端に自転車の人写ってますけど、この人ずっと走ってるみたいで、さっき国道最高地点でもお会いしました。

渋峠ホテル内部

ナニコレ珍百景というTV番組でも紹介されたホテルです。内部も群馬県側は喫茶店、長野県側は食堂と別れています。ここで草津側から来た場合、トイレ休憩ができます。

渋峠ホテル前の犬

ホテル目の前にいるワンチャンは近寄ってきて撫でて~ポーズをする大人しい犬です。大型ですが人に慣れてて可愛いかったです。

志賀高原横手山ドライブイン

渋峠ホテルから先に走ると横手山ドライブインがあります。

志賀高原側の雪の様子

私は渋温泉に行く為に志賀草津高原ルートを走ってますが、雪の回廊や道路の雪景色目当ての人はここから先はもう道路脇に雪は殆どありませんでした。唯一ここだけでした。長野県側のほうが雪景色が少なかったというより殆どなかったです。

ドライブしながらの景色

ここから先は天気は良ければ北アルプスまで見える山々の絶景かと思います。あいにく雲に包まれて私は無理でしたけど・・・

長野県陽坂山之内町の開通祝ゲート

長野県側の陽坂の開通祝ゲートをくぐって草津側からここまで走ってきました。

志賀草津高原ルート地図

志賀草津高原ルートで楽しめる草津温泉

 

タグ : 

群馬県 草津温泉   コメント:2

コメントは2件です

  1. 98 より:

    自分も今日、長野県側から走って来ました(^_^)
    とても綺麗で大満足でした。
    タイヤは、開通前に並んでいた車を見たのですが、自分の車も含めて殆どの車が夏タイヤでしたよ。後輪駆動車の車で来られた方もいました。

    • poco より:

      98さんへ
      コメントありがとうございます。
      私は草津ゲートに10時前から並んで陽坂ゲートを超え熊の湯で日帰り入浴し万座に一泊、今帰ってきました・・
      開通日雨降らなくてよかったです。今年は雪が多いかったから草津白根ロープウェイの少し上から横手山ドライブンのほうまで雪の回廊が続いてましたね。
      去年はまったく雪がない状態でしたが、今年は物凄く多くて楽しめましたね~。
      今年は自転車の人が多くてビックリ!!みんな凄いっすね。しかも結構早い。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る
アクセスランキング