白根火山ロープウェイ

桐生人ポコの行った遊んだ泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った行楽地、温泉、宿、レストランなどの食べログと旅ログです

ポコ注目!

choose

白根火山ロープウェイに乗ったよ

白根火山ロープウェイに乗ったよ。


草津温泉に来たら、是非行って欲しい絶景観光スポットは草津白根山の湯釜です。

でも・・2014年から草津白根山に火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)を発表 噴火の可能性。山頂火口から1kmの範囲では警戒が必要という事で山頂は規制で見る事ができなくなってました。

しかし、2017年6月7日気象庁発表にてレベル1に変更され「湯釜火口から概ね500mの範囲では引き続きごく小規模な火山灰等の噴出に注意してください。」という形変更され山頂近くまで行く事ができまるようになりました。

ところが、2018年1月23日午前中に噴火し、火山規制レベル3に引き上げられ本白根山弓池近くの火口から2キロメートル以内は噴石もある立ち入り規制が敷かれ、再度山頂へ行く事が困難となりました。

まずは、この噴火にて亡くなられた方へご冥福をお祈りしたいと思います、また怪我をされて方へもお見舞い申し上げます。



さて、下のほうで掲載されてる白根火山ロープウェイのパンフレットを見てもらうとわかるように本白根山情報もあるように、ロープウェイに乗って本白根山への登山や高山植物などの散策が定番でした。

ニュースでご存知の通り、湯釜のあるほうは火口で、本白根山は3000年振りの噴火で、予測できなかった山となります。

今回の噴火にて、本白根山火口から2キロという規制だと、白根火山ロープウェイの山頂駅は500mしか離れていたのから行けない事に。また噴火当日は噴石がゴンドラに当たって火山灰とともに黒ずんでましたよね。ズバリ2キロという範囲だと山麓駅からちょっと先から規制範囲だから、ロープウェイ再開は困難だろうな~と私は思ってましたが・・・・・



草津町黒岩信忠町長は1月30日、地元上毛新聞社の取材に対し、本白根ゲレンデとロープウェイについて「安全を約束できず、廃止の可能性が極めて高い」と1月31日のニュースになってました。

個人的には、落ち着いたら白根火山ロープウェイを是非再開して素晴らしい景色をまた見たいですが、3000年以上沈黙してた山が突然噴火・・・安全の線引きは湯釜の火口より難しくなるのでしょうね。




噴火に伴い白根火山ロープウェイは営業してませんので、下記は営業してた時の様子となります。山頂でバス動かしてた山田さん・・心配っす。

湯釜

神秘的なエメラルドグリーンの火口湖が見られるんです。子供の頃初めて見た時はあまりの美しさに感動したもんです。

レベル1に変更されたので2017年6月18日に行ってきたら、湯釜見に行く事も可能になりました。白根レストハウスもオープンしたのでトイレやランチ、お茶もOKでした。

しかし、2018年1月23日草津白根山噴火によりレベル3になった為鎮静化するまでお預けとなりました。

高山植物

草津白根山は標高2,171mで高山植物の宝庫でもあります。

イタドリ

下界では見られない色々な種類の植物も楽しめるんです。

いつか?山が鎮まって見られる日が来ると思います。

草津白根山へは車で行く事もロープウェイで行く事は可能です。

車で行く場合は、レベル2の時は山頂付近はそのまま通過でした。警備員が駐停車しないように見張ってますから、そのまま長野方面へ行くだけ、そして山頂の風景だけを見るだけになってました。

今は問題なし~白根レストハウスから湯釜まで周辺まで歩いて行けます。

草津白根山規制緩和のお知らせ

白根火山ロープウェイで行く場合、通常は山頂駅から歩いて高山植物や池などを見ながら湯釜まで行くのですが、レベル2の時は規制されてたので山頂駅から下界の絶景を楽しむだけとなってましたが、

2017年6月7日の規制緩和の気象庁の発表により、平成29年6月15日より、湯釜西口の登山道より湯釜の見学が可能になっただけでなく弓池周辺、芳ヶ平方面の散策、ハイキングも可能になりました。

本白根夏山観光

2017年6月17日からロープウェイとリフトでの本白根山夏山観光も開始されました。

草津白根登山道を上って湯釜を見に行った。のページで詳しく。




以下はレベル2の時の様子です。湯釜周辺だけは今は状況が違います。

最下部に2017年度版の草津白根ロープウェイ資料もあります。

山頂駅でバスに乗ると、テレビでも紹介されて有名になったプチ観光バスの運転手「やまだ」さんに会えるんです。

その時は車で山頂行って通過だけより、ロープウェイで山頂駅の降りて景色や空気を楽しんだほうがいいです。

と、いう事でいつも車で山頂に行ってた私は、初めてロープウェイに乗りました。



白根火山ロープウェイ 山麓駅

山麓駅は駐車代金無料です。広大な駐車スペースがあります。

ちなみに、この写真は初夏ですが、曇ってます。この辺りでTシャツ1枚かシャツ姿で大丈夫でも山頂は気温が低いです。厚着しておいたほうがいいです。

私は・・シャツのまま行って、とても寒かったです。

白根火山ロープウェイ 切符売場

切符売場で乗車賃を払います。大人片道900円、往復1,500円です。割引情報としてJAFの会員証提示で10%割引になります。また障がい者手帳を見せると本人と付き添い者は5割引になるようです。

割引クーポン

割引クーポンは旅館やホテルなどに置いてあります。私はコンビニに置いてあったのでもらってきました。

白根火山ロープウェイ 乗車風景

早速乗車しました。

白根火山ロープウェイ

思ったより勢い付けて駅を飛び出すのでビックリ!!

白根火山ロープウェイ

大きな窓なので景色を存分に楽しめます。

風景

普段車を運転して山へ行てったので景色をずっと眺めてました。

殺生ヶ原

この景色になると、殺生ヶ原です。ほぼ密閉されてるロープウェイ内でもほんの少し硫化水素の匂いが漂ってきました。車の場合はこの辺は「駐停車禁止」「命の危険あり」の看板が所々に立ってる場所です。草津白根山は活火山ですから当然ながら有毒ガスも噴出してます。この場所が集中的に噴出していて植物も動物も生きる事ができないから殺生ヶ原という名前のようです。

白根火山ロープウェイ

殺生ヶ原を抜けると木々が見えてきます。

白根火山ロープウェイ

山頂駅が遠くに見えてきた時、初夏だというのに雪がありました。山頂は夏でも冷えてるという事で寒い証です。厚着お勧め。

景色

反対側の景色では草津の街が見えたりします。

紅葉の中を上るロープウェイ

秋は紅葉の中をゴンドラが進みこれまた絶景なんです。

紅葉とゴンドラ

色とりどりの葉っぱの上を走る紅葉のロープウェイも乗る価値あります。

雪の上を走るゴンドラ

冬~春の雪の上を走るロープウェイも素晴らしいんです。

白根火山ロープウェイは白銀の世界、新緑、グリーンの世界、そして秋のカラフルな世界の中を通るのでいつ行っても楽しむことができるかと。

白根火山ロープウェイ 山頂駅

山頂駅到着です。降ります・・・薄着だった私は、ゲ・・・さぶ・・・・

レストラン

山頂駅はレストランや自販機があります。温かい飲み物もありました。

ガイドマップ

降りると、ガイドマップがあります。火口湖の湯釜のほうは立ち入り禁止ですが、それ以外は遊歩道でハイキング可能です。そういうカッコの人たちがとても多かったです。ロープウェイなら山頂で降りて高山植物や景色などを歩いて楽しめるんです。車だと山頂の駐車場が立ち入り禁止地域だからハイキングは行けないじゃないかと?思います。

白根火山ロープウェイ 山頂駅

山頂駅の駅舎です。

無料シャトルバス乗り場

山頂駅前で無料シャトルバスを待ちました。

シャトルバス

バス到着です。バスで湯釜のほうまで行けるんです。

運転手山田さん

この印が出てたら超ラッキーです。

バスからの風景

バスの運転手山田さんが、草津温泉アレコレや草津白根山アレコレを休む間もなく、面白おかしく説明してくれます。バス中のお客さんで大爆笑です。

ヤンキーおじさんですが、話がめちゃくちゃ面白いし、草津ウンチクで為に成る事を話してくれるので勉強になります。

ちなみにバスのスピードは超スローリー、距離も片道1キロも走りません。バスに弱い人でもまず酔う事はないかと。

車内

終点は、立ち入り禁止手前まで。山田さんはアソコに湯釜があるんです。

車内

こんなに綺麗な湖があるのに残念ですね~と。写真で説明してくれました(笑)←レベル2の時。

新聞

山田さん、テレビにも出ますが新聞にも出てるんです。超笑える話をしてくれるバスガイド兼運転手さんです。

山田さんと記念撮影

山頂駅に戻って山田さんと記念撮影しました。

山田さんステッカー

そしたら特別にステッカーもらいました。さすが有名人。ステッカーまであるんですね(笑)

思ってもみない嬉しい記念に残るお土産をいただきました。ありがとうございました。

ちなみにステッカーは内緒でもらいました。他のお客さんはもらってなかったです。

あ、内緒の約束でブログに書いちゃった。ごめんなさい。山田さん。

寒いのですぐ帰りましたが、この山頂駅から歩いて2分の所に本白根コマクサリフトがあります。

本白根コマクサリフト

それに乗ってさらに景色を楽しんでみるのもいいでしょうね。

草津白根山火口

写真はぐんま一番というTV番組のキャプチャですが、湯釜は見えませんが火口湖の淵は見えるようです。

白根火山ロープウェイパンフレット(2017年度版)

白根火山ロープウェイパンフレット(2017年度版)

無料シャトルバスなどの詳細

天狗山第四駐車場から白根火山ロープウェイの山麓駅まで無料シャトルバスも出てます。(2017年度版)

登山マップ

ロープウェイに乗って本白根コースや富貴原池コースのハイキングや登山マップです。(2017年度版)

ハイキングマップと高山植物の花暦

ハイキングマップと高山植物の花暦です。このマップはどこに高山植物が群生してるか記されてます。(2017年度版)

ナイトロープウェイのパンフレット

↑2016年度版ポスター、最近流行りの星空と夜景を見るナイトロープウェイも始めたようですが、今年はいつか?

初夏は残雪が残る白根山の景色、夏はコマクサなどの高山植物とハイキング、秋は紅葉と菱空。いつ乗ってもそれなりの楽しみができるロープウェイですね。

白根火山ロープウェイ DATA

白根火山ロープウェイ

営業時間:9時~16時20分

期間:毎日運行

乗車料金;往復料金で大人1,500円、子供750円、ペット300円

問い合わせ:山麓駅0279-88-3439

イベントもあります。下記は2015年度のものです。年度が違う場合問い合わせをしてみてください。

 

タグ :     

群馬県 草津温泉   コメント:0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る
アクセスランキング