草津ナウリゾートホテルバイキング

おでかけポコ

各地の温泉(ホテル/旅館/日帰り温泉)・観光地・寺社仏閣・グルメなど【旅とお出かけスポット情報】旧桐生人ポコ

草津ナウリゾートホテルでバイキング料理を食べた


草津ナウリゾートホテルでバイキング料理を食べた


このホテルには和食やフレンチ、中華などのレストランもありますが、期間限定でカニ食べ放題などの時もあるブッフェバイキングできるレストランもあり、宿泊者は元より、他宿宿泊者や日帰りでも普通のレストランのように料金を払えば利用する事もできるようになってます。

このページでは宿泊した時に食べた夕食バイキングや朝食バイキングなどの会場の様子やメニュー、アルコールドリンクなどの料金や食べた感想や口コミなどを中心に書いてます。




目次

バイキング会場の様子と食事開始時刻

夕食バイキングのメニュー

朝食バイキングのメニュー

食べた感想や口コミ




草津ナウリゾートホテルに泊まった(客室や施設、貸切風呂などの様子)

草津ビッグバスの温泉に入った(大浴場の名称、泉質や効能やお風呂の様子)

バイキング会場の様子と食事開始時刻



ブッフェバイキング会場であるレストランは草津ナウリゾートホテル内1階の「樹林ガーデン」、ちなみにエントランスやフロントは2階。

客数の多い日少ない日や季節により食事開始時刻は変動する場合があるかもですが、私が食べた時は夕食は「17時30分開始or19時開始」の選択。朝食は「7時開始or8時開始」で朝食は7時開始の方が混雑してるとの事。

夕食、朝食ともに食事時間は決められておらず、ゆっくりと食事を楽しむ事ができました。



夕食、朝食ともに食券を入口の係員に見せて入場、上のチケットの印字は「17時30分~18時」の入場時間であって食事時間ではありません。最初パっと見た時30分だけの食事時間かとビックリしましたが・・・・



天井も高く、テーブルとテーブル間も余裕あってしかも綺麗で清潔な感じの素晴らしいレストラン会場でした。

料理の置かれてたテーブルの様子

和洋中ビュッフェバイキング、料理の置かれてるテーブル間のスペースも十分な広さもあって他客とぶつかる可能性も低く、またテーブル上にトレイを置いて料理がとれる造りとなっていて、楽に食べたいものがお皿に盛れた。またそのテーブル下には空の食器置き場もあり、お皿も取りやすかった。

レストランのテーブル席の様子

大きなレストランで窓際は景色を楽しみながら食事できました。

ピアノの生演奏の様子

普通のテーブルの他に円卓のテーブルもあったり、そしてディナータイムはピアノ生演奏と歌がBGMとなっていて、素晴らしい雰囲気のレストラン。人がいない空いてる感じの写真が続いてますが、開始直後に撮影した写真だから人が少ないだけで、この日は、夕食朝食ともにほぼ満席状態でした。

ライブキッチン

夕食、朝食ともにライブキッチンで出来立てを頂けたし、お寿司は何と!注文してその場で握ってくれるスタイル。バイキングの宿は数多く利用してますが、その場で寿司を握るライブキッチンは初めて見た。

ソフトドリンクの機械

夕朝食ともに、コーヒーやお茶、コーラやジュースなどのソフトドリンク類はドリンクバー仕様で飲み放題となってました。


夕食バイキングのメニュー

バーカウンター

ソフトドリンク類は夕朝食時ともにバイキングメニューの1つとなってましたが、夕食時はバーカウンターにてビールやワイン、酒などのアルコールが別注文として販売されてました。

飲み放題メニュー

トマトサワーやジントニックなどこのアルコールメニューの中で選ぶと80分飲み放題で1,800円。このメニューに生ビール飲み放題を追加すれば80分2,300円でした。

ワインメニュー

ワインメニュー

カクテルなどのアルコールメニュー

カクテルなどのアルコールメニュー

ハイボールなどのアルコールメニュー

ハイボールなどのアルコールメニュー

サラダバー

食事の方のメニューはどんなものがあったかというと、まずサラダバー

油淋鶏、麻婆豆腐、牛肉と茸の煮込み

油淋鶏、麻婆豆腐、牛肉と茸の煮込み

上州もち豚豆乳鍋と上州おっきりこみ鍋

上州もち豚豆乳鍋と上州おっきりこみ鍋

とんかつ

とんかつは榛名高原豚というブランド豚の肉

ステーキ

ステーキは目の前で焼いて切ってくれる形。安い成形肉でなく普通の赤肉ステーキでした。

天ぷら

天ぷらも揚げたてを提供してくれるライブキッチンで「舞茸」「イカ」「こごみ」「穴子」天つゆ、大根おろし、リアルソルト、与那国の塩、ゲラントの塩も用意されました。

海老しゅうまいや茶わん蒸し

海老しゅうまいや茶わん蒸し

味噌こんにゃく、ふきの田舎煮

味噌こんにゃく、ふきの田舎煮、草津ナウリソートホテル一押しの売店でも販売してる「まるごとキャベツ」という漬物

下仁田ふきみそ焼き

下仁田ふきみそ焼き

焼きまんじゅう

焼きまんじゅうは横のコンロを使って自分で味噌をつけて焼いて形

ポモドーロ

ポモドーロ

寿司バイキング

チラシ寿司は自分でとる形でしたが、まぐろ、たい、えび、えんがわ、たまごの中で食べたい握り寿司があれば、板前さんに注文すると目の前で握ってくれました。

パン

夕食にパン(フォカッチャ、全粒ソフトパン、パーティラウゲイン)も並んでました。あまり見かけないバイキングスタル。あとミックスピザやお好み焼きもありました。

じゃがいもスープと玉ねぎスープ

じゃがいもスープと玉ねぎスープ

蟹菊花もずく、枝豆、柴漬け

蟹菊花もずく、枝豆、柴漬け

担々麺と具、あさりの味噌汁、白米、キーマカレー

担々麺と具、あさりの味噌汁、白米、十穀米、キーマカレーなど

デザートフルーツ

デザートフルーツは、苺、オレンジ、パイナップル、ぶどう

デザートバイキング

デザートバイキングは、モンブランタルト、タルトアマンド、ポムドゥーブル、ティラミス、プリン、レアチーズプリン

デザート蒟蒻、そら豆羊羹、柏餅

デザート蒟蒻、そら豆羊羹、柏餅

チョコフォンドュ

チョコフォンドュと具(マシュマロ、プチシュー、バナナ、ドラゴンフルーツ)

ソフトクリームの機械

自分で作るチョコレートソフトとバニラソフト

コーヒーなどのサーバー

紅茶の他にホットコーヒー、抹茶ラテ、カフェラテ、アイスカフェラテ、カフェモカ、アメリカンコーヒー、ココアのサーバー

上記が全ての夕食バイキングメニューではありませんが、ほぼ全てに近いメニューになります。また、この日はカニ食べ放題(冬季限定)のバイキングではなかったですが、「群馬県産の食材を中心に和洋中約50種のメニュー」となってました。

食べた夕食

第一弾実食。



担々麺、具や辛さなどは自分で調節できて旨かった。



玉子以外を注文して握ってもらった寿司。お隣の席の方は連泊で前日は「たい」が「のどぐろ」だったそうです。



最後はコーヒーとデザートバイキングの大盛り。お腹いっぱいになりました。

夕食バイキング料金

私の場合宿泊料金に夕食バイキングが含まれてるプランでしたが、素泊まりまたは他宿に泊まる人や日帰りなど夕食バイキングを普通のレストランと同じように中学生以上大人4,200円、小学生2,100円、3才以上の幼児1,100円を支払えば利用できるようになってました。上記のチラシ持参で割引。

別の日の和洋中バイキングディナーや冬季限定で本ズワイガニも食べ放題メニューなど


朝食バイキングのメニュー

アップルジュースなど

夕食時同様、コーラやジュースなどのソフトドリンクバーや紅茶の他にホットコーヒー、抹茶ラテ、カフェラテ、アイスカフェラテ、カフェモカ、アメリカンコーヒー、ココアの他に朝は「アップルジュース」「グレープフルーツジュース」「オレンジジュース」

牛乳とシリアルとヨーグルト

牛乳とシリアルとヨーグルト

スムージー

イエロースムージー(パブリカ、マンゴー、バナナ、レモン、パイナップル)パブリカスムージー(赤パブリカ、ミニトマト、セロリ、りんご)ポパイエッグスムージー(ホウレンソウ、かぶ、キウイフルーツ、卵黄)

かぼちゃスープとコーンスープ

かぼちゃスープとコーンスープ

食パン、クロワッサン、アップルデニッシュ、デニッシュレーズン

食パン、クロワッサン、アップルデニッシュ、デニッシュレーズン

海苔の佃煮、刻み漬け、きんぴら蒟蒻、たらこ、畑のお肉、花豆の蜜煮

海苔の佃煮、刻み漬け、きんぴら蒟蒻、たらこ、畑のお肉、花豆の蜜煮

蒸し野菜

蒸し野菜

寄せ鍋や湯豆腐

寄せ鍋や湯豆腐

しゅうまい

しゅうまい

かぼちゃの煮つけ、茄子と鶏団子の生姜餡かけ、筑前煮

かぼちゃの煮つけ、茄子と鶏団子の生姜餡かけ、筑前煮、里芋の煮っころがし

温泉たまご、納豆、味付け海苔

温泉たまご、納豆、味付け海苔

ベーコン、ソーセージ

スクランブルエッグ、ハッシュドポテト、ベーコン、ソーセージ

魚の切り身

魚の切り身は横のコンロで自分で焼いて再度温められるようになってました。

マカロニサラダとポテトサラダ

マカロニサラダとポテトサラダとまるごとキャベツ

刺身こんにゃく

刺身こんにゃく

サラダバー

サラダバー

目玉焼きとフレンチトースト

焼きたての目玉焼きとフレンチトーストのライブキッチン

オムレツを焼いてるところ

オムレツはチーズ、オニオン、しらす、ベーコンの中から選んで注文してから1つ1つ焼いてくれたライブキッチン

作りたてフワフワなオムレツ

作りたてフワフワなオムレツ~旨かった

おかゆとトッピング

おかゆとトッピング、白米、味噌汁

グレープフルーツ、バナナ、キウイ

朝デザートはグレープフルーツ、バナナ、キウイ

以上が全ての朝食バイキングではないですが、ほぼ全てに近いメニューです。この日は「和洋約40種のビュッフェ」でした。

食べた朝食

朝食の実食。

実食デザート

最後にコーヒーとヨーグルトをデザートに。スムージーは結構おいしくて何杯もお替りしました。コーヒーはテイクアウト用の器も用意されていて部屋に戻ってからまた飲めて良かったです。

朝食バイキングチラシ

夕食時同様朝食バイキングも素泊まりした場合、または他宿で泊まった人、日帰りでも普通のレストランと同じように中学生以上1,600円、小学生1,000円、3才以上幼児350円で食べられるようになってました。チラシ持参なら割引。

別の日のブレックファストバイキングメニューなど


食べた感想と口コミ

私の場合、2人で一泊二食付きで税込み19,760円。税抜きで1人あたま約9,148円の宿泊費で、この内容のバイキングなら、元以上に得をしたという感じ。普通にレストランとしてお金を払えば、大人料金は夕食4,200円+朝食1,600円で計5,800円ですからね。色々な宿でバイキング料理は食べてるのでわかるのですが、草津ナウリゾートホテルはメニューの品数自体は、刺身もなく全体的に少ない気もしましたが、食材はいいのを使ってる感じ。ブロッコリー一つとっても大体は冷凍の安いのを使ってるからか?歯ごたえがないですが、このホテルのブロッコリーはシャキシャキでとても美味しかった。苺にしても小粒を並べてるバイキング宿もありますが、ここは普通サイズで甘かったし、トンカツにしてもブランド豚使ってたりと、メニュー数は少なめでしたが、1つ1つのメニューの味は美味しい方ではないかと。この感想は1人あたま約9,148円の宿泊費だったからで、仮に2万超えたりしてら、メニューの数が少なすぎるという感想だったかも知れません。

レストランの雰囲気自体は、天井も高く、明るく、綺麗で清潔感もあり、テーブル間の間隔も広かったし、夜はピアノの生演奏などもあって、素晴らしい会場で気に入りました。

草津ナウリゾートホテルの口コミを確認確認確認





草津ナウリゾートホテルに泊まった(客室や施設、貸切風呂などの様子)

草津ビッグバスの温泉に入った(大浴場の名称、泉質や効能やお風呂の様子)



 

タグ :

群馬県 草津温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ投稿覧

TOPへ戻る
 プライバシーポリシー お問い合わせ