草津白根レストハウス

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

草津白根レストハウスでランチを食べたよ

草津白根レストハウスでランチを食べたよ。

草津白根レストハウスは草津白根山山頂付近にあるドライブインのような感じの施設で、そこには展望レストランの他に美味しい焼きたてパンがあるカフェやうどん蕎麦屋、お土産屋コーナーなどの売店や、隣の建物には「草津白根パークサービスデンター」があり、白根山の噴火口の場所や高山植物や山の動物、白根山登山情報などがわかる「白根山の高山植物と歴史館」と湯釜ソフトや甘酒、五平餅などが食べられる売店「こまくさ」、そして綺麗なトイレもあります。

草津白根レストハウスの様子

国道292号線、通称志賀草津高原ルートが閉鎖されてる冬季期間(11月下旬から4月下旬)は草津白根レストハウスも閉鎖されてますが、道路が通行できる時期はドライブ途中の休憩所でもあり、ランチなどの食事もできるし、有名な観光スポット「湯釜」を見に行ける登山道の起点としても、「弓池」の散策の起点としても、寒い日はストーブで暖もとれる有難い存在の施設です。

しかし、春から夏、秋の間でも草津白根ハウスは活火山である湯釜のある白根山と2018年1月23日に噴火した本白根山のほぼ中間に位置してる為に、気象庁発表の噴火警戒レベルの数値によっては営業できないというより、この山頂周辺が規制により立ち入り禁止となったりします。

例えば2018年4月20日に志賀草津高原ルート開通し同時に営業も行われて私はランチを食べました。ところが2日後の22日に噴火警戒レベルが引き上げられた事で、麓の殺生ヶ原ゲートから道路が封鎖されて山頂付近が立ち入り禁止となるので行く事もできなくなるし、草津白根レストハウスも営業できないという事になります。このように草津白根山が活火山である事から、営業してるか?というより行けるかどうかは日々の気象庁発表によるところが大きいんです。




2018年4月22日午前7時より白根山の噴火警戒レベルが1→2に引き上がられた為に山頂付近は立ち入り禁止です。

■このブログは気象庁発表の今の情報と内容が違う場合も考えられるのでご自分で行く前にチェックすれば今の規制レベルがわかります→気象庁草津白根山噴火警報(概ね白根山レベル1以下本白根レベル2以下でないと白根レストハウスのある場所へは行けないかも)

また、白根レストハウスに行く為の国道292号線(志賀草津高原ルート)の殺生ヶ原ゲートが朝7時以降から夕方までの間閉鎖されてると行く事ができません。

殺生ヶ原周辺(国道292号線)ライブカメラ映像(春~秋の昼間、このカメラの映像を見ると通行禁止か通行できてるかわかります。)

白根レストハウス周辺(国道292号線)(規制レベルが下がって立ち入りができた場合は、白根レストハウスカメラ映像を見ると山頂の天候の参考になります。)






目次

アクセス、駐車場料金、営業時間、休日

草津白根レストハウスでランチを食べた感想や口コミ(白根カフェ白根そば処展望レストラン)

草津白根パークサービスセンター(白根山の高山植物と歴史館)

草津白根レストハウス周辺スポット




アクセス、駐車場料金、営業時間、休日



草津白根レストハウス:群馬県吾妻郡草津町草津 白根国有林156林班 電話:0279-88-7373

アクセス志賀草津高原ルート開通してる時のみになります。

草津温泉から国道292号線(志賀草津高原ルート)経由で約14.2キロ、車で約15分の道のり。

万座温泉から県道466号線経由、万座三差路から国道292号線にて約4.8キロ、車で約7分の道のり。

志賀高原から国道292号線を走り約19.9キロ、車で約22分の道のり。

私の地元桐生からは約108キロ、車でノンストップなら約150分でした。

バスで行く場合は草津温泉バスターミナルから大体1時間に1本、乗車時間は約30分で運賃は片道1,130円(バス時刻表)

長野県側湯田中温泉→地獄谷猿のスノーミンキパーク→熊の湯→横手山→渋峠→白根火山で湯田中温泉からの乗車時間は約70分、乗車賃は1,650円(バス時刻表)

営業時間のお知らせ

営業時間:8時30分~16時10分(食事は10時30分~15時30分)

定休日:期間営業(11月下旬から翌年4月下旬まで冬季休業)

駐車場利用料金表

駐車代金:二輪車200円、普通車500円、マイクロバス1,000円、大型バス2,000円、

駐車場利用時間のお知らせ

駐車場の利用時間も噴火警戒レベルに左右されます。この看板は夜間18時から殺生ヶ原~万座三差路間が通行止めになる事から17時30分で駐車場も閉鎖でした。夜間通行止めじゃなくなればもっと利用できる時間も拡大すると思われます。

公衆トイレ

草津白根レストハウスの中にも外にも綺麗な公衆トイレがあるんですが・・・・駐車場は有料なんです。

白根レストハウス周辺映像(国道292号線)(現在の天候などがわかります)



草津白根レストハウスでランチを食べた感想や口コミ

白根レストハウス外観

山頂にはいくつかの建物がありますが、写真の建物が草津白根レストハウスになります。軽食を含めてランチが食べられる場所は3ヶ所(白根カフェ白根そば処展望レストラン)がありました。



白根レストハウス入口

夏に行った時は1階にある白根CAFEでランチをする事にしました。

白根カフェメニュー

白根カフェのメニューです。このお店は自家製パンを中心としたランチが食べられます。

パンコーナー

美味しいって口コミもある人気のパンなんです。

ベイクドカレーチーズパンとあんこクロワッサン

アンコがど~んと入ってるから重たくサクサクのあんこクロワッサンは250円。隣はカレーパン。

Bakedチーズカレーパン

Bakedチーズカレーパン350円はレストハウスオリジナルで油で揚げてないのが特徴なんです。

ベイクドカレーチーズパン

チーズがとり~りとして濃厚な味のカレーパンでした。

湯釜ソフト

草津白根レストハウスの名物は湯がまソフトというソフトクリームで370円でした。緑色のソフトの秘密は熊笹パウダーが配合されてるからだそうです。湯釜を見に行った時の登山道に熊笹らしきもの生えてましたからね~。湯釜の色に似てるという事で湯釜ソフトクリームなんだと思いますが、熊笹ソフト自体は草津温泉湯畑でも横手山ドライブインでも食べる事ができます。笹の香りがほのかにして甘く美味しかったです。

コーヒーを飲みながらの外の景色

一人バイクツーリングで行った時はコーヒーを飲みながらパンを食べソフトも食べのんびりと軽食ランチを味わいました。

白根そば処の店内の様子

白根そば処は白根カフェの裏側にありました。

白根そば処のメニュー

白根そば処のメニューです。何故か?桐生名物のひもかわうどんもありますが、草津ならではの名物はくま笹ざるうどんとくま笹きのこうどん。ここではまだランチした事がないのですが、くま笹うどんは大滝の湯の食堂で何度か食べた事があるのですが、うす緑色でかすかに笹の香りもして、コシはあるんですが切れやすくもある普通に美味しいうどんでしたよ。

白根そば処の食券販売機

白根そば処は食券を買って注文するセルフの食堂で、うどんもそばも同じ釜で調理してるとの事でアレルギーにある方は注意が必要です。

白根展望レストランの様子

草津白根レストハウスの2階は展望レストランとなっていてテーブル席やテラス席なども多数あり団体客でも対応できる広い食堂となってました。

白根展望レストランメニュー

1階の白根そば処と悩みましたが、カレーとカツとラーメンを中心とした美味しそうな気分にあったメニューがあったのでこちらで今回はランチする事に決めました。

食券の自動販売機

展望レストランも食券を買って食べるセルフ方式でした。

草津白根山の湧き水

水もセルフでしたが、草津白根山の湧き水だったから、やっぱり山の水は美味しかった~

ドリンク類

草津温泉物語という地ビールも置いてありました。

白根湯釜カレー

私は湯釜をイメージした看板メニューである白根湯釜カレーを注文しました~見た目からして美味しそうでした。

白根湯釜カレーの具

緑色のカレーはホウレンソウのグリーンカレーで、辛いしコクもあって超うまかったです。食べてすぐは辛さを感じなかったのですが、しばらくするとピリ辛を通り越した「辛い~~~」という感じになり、草津白根山の湧き水がまた美味しくも感じて、水もカレーの味も私好みでした。野菜もシャキシャキしてて山頂、観光地という場所だと味にこだわらない食堂も多い中、味にこだわったカレーでした。セルフだから取りに行った時にお店のスタッフが「辛くて美味しいですよ~」と言ってましたがその通りでした。

焦がしネギラーメン

連れは焦がしネギラーメンを注文、展望レストランでランチした日は志賀草津高原ルート開通日で山頂は気温5℃、時折立っていられないほどの強風も吹いてて超寒かった日だったからレストランのストーブで暖をとりつつ熱いラーメンは連れは旨そうに食べてました。一口もらいましたが、スープもコクがありラーメン専門店に劣らないほどの味でした。

展望レストランからの景色

テーブル横のガラスからは湯釜のある白根山の景色を見ながら美味しく食べられました。国道292号線志賀草津高原ルート上に渋峠ホテル横手山ドライブインでもランチを食べた事がありますが、味的には草津白根レストハウスの展望レストランで食べたこのランチが個人的には一番おいしかったです。



ランチを食べた後は1階お土産コーナーをブラブラ、場所柄登山用のジャケットなどもありました。


草津白根パークサービスセンター(白根山の高山植物と歴史館)

草津白根パークサービスセンター外観

草津白根レストハウスの隣にある建物が草津白根パークサービスセンターで「こまくさ」という売店と「白根山の高山植物と歴史館」がありました。こまくさの看板メニューは五平餅、湯釜ソフトや甘酒などもあります。かなり昔に立ち寄った時は小腹が空いてたから五平餅を食べましたが、こういう時に気軽に食べられる売店があってよかったです。

草津白根レストハウス前の広場の様子

そして目の前の広場にあるベンチで食べる事ができます。

白根山の高山植物と歴史館の様子

こまくさの隣が白根山の高山植物と歴史館という資料館で入場無料です。草津白根山の花や動物、噴火口の場所、噴火の歴史、山岳信仰などなど壁にあるパネルを読んで学べる場所です。寒い日はストーブもあるから暖もとれます。楽しい場所じゃなかったけどランチのついでに寄って噴火口の場所を知るのはいいかもです。


草津白根レストハウス周辺スポット

白根山の看板

草津白根レストハウス前の広場では草津白根山をバックに記念撮影もできます。

草津白根山弓池園地

レストハウス前の国道を渡り反対側には草津白根山弓池園地があります。この日は池が凍ってましたが・・・

弓池の様子

池の周りには遊歩道もあってランチ食べた後に自然の景色を見ながらゆっくりできますよ。

湯釜

草津白根レストハウスに行ったなら絶対に行きたい所は湯釜ですよね~。レストハウスから往復40分ぐらいの所要時間です。

草津白根山登山道を歩いて湯釜を見に行った


 

タグ :

群馬県 草津温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

CAPTCHA


TOPへ戻る
アクセスランキング