草津ビックバス

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

草津ビックバスの温泉に入った(日帰り入浴可)

日帰り入浴できる草津ビッグバスの温泉に入った


草津ビッグバスとは、草津ナウリゾートホテル内にある宿泊客も日帰り入浴客も利用可能な大浴場。サウナ、ジャグジー、内風呂と露天風呂は2つずつある湯舟、そして大浴場の隣には室内プール(大人用と子供用)もあるまさにビッグな大浴場となっていて、草津温泉観光スポットの一つにもなってます。




改修工事に伴い2019年6月22日~7月5日14:00まで日帰り営業休止


草津ビッグバス(草津ナウリゾートホテル):住所:群馬県吾妻郡草津町草津750 電話番号:0279-88-5111
大浴場営業時間:0時~11時と14時~0時の21時間、大浴場定休日:年中無休
温泉日帰り入浴料金(貸タオル付):平日~大人1,000円、3才~小学生500円、土曜・日曜・祝日・特定日(GW・夏季・年末年始)~大人1,200円、3才~小学生600円
プール営業日:春休み、GW、夏休み、年末年始のみ、プール営業時間:9時~22時
プール利用料金:大人2,000円 子供1,000円(宿泊者は半額)



目次

割引券

泉質と適応症(効能)

大浴場の様子

プールの様子

温泉に入った感想と口コミ

アクセスと駐車場




草津ナウリゾートホテルに泊まった(客室や施設、貸切風呂などの様子)

草津ナウリゾートホテルでバイキング料理を食べた(夕食や朝食メニューなど)



割引券

草津温泉観光施設共通割引券

草津温泉が発行してる「草津温泉観光施設共通割引券」を使えば、温泉大浴場の日帰り入浴料金が10%引き。この割引券はバラマキ型で草津温泉の旅館やホテル、飲食店やお土産屋さんなど幅広く置かれてる。どうしても見つからない場合は、バスターミナル内の観光案内所に立ち寄って「草津温泉観光施設共通割引券ありますか?」と言えばもらえるかと。


泉質と適応症

温泉成分分析書

大浴場にあった平成25年5月15日付温泉成分分析書

鉱泉分析法指針

源泉:万代鉱源泉、湧出温度:96.5℃、pH値:1.6

泉質:酸性ー塩化物・硫酸塩温泉(低張性酸性高温泉)

ガス性を除く溶存物質計(温泉成分量):3.30g/kg(参考~家庭用入浴剤は大体0.25g/kgぐらいと云われる)

温泉利用表

加水有、加温有(露天風呂)、循環無し、塩素剤混入なしの源泉かけ流し。

温泉成分分析書適応症覧

鉱泉分析法指針改訂前の温泉分析書だったので適応症は一般的適応症が記載されてました。

改訂後のものになれば、書き方が変わるから、おそらく泉質別適応症は「きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症」になると思われる。他に一般的適応症もあり。

一般的適応症


大浴場の様子

大浴場までの行き方

草津ナウリゾートホテルエントランスやフロントは2階。草津ビッグバスは別館にあって、エレベーターで1階に降ります。降りてから長い通路と階段を1階分ぐらい上がります。

大浴場前のロビーの様子

男女別大浴場入口前は靴やスリッパを下駄箱ロッカーに入れてさらに奥へ行くとラウンジがあります。

大浴場前にあるカウンター

カウンターもありアイスクリームなどの販売などもありました。

洗面台の様子

温泉派もプール派も共通の脱衣所は広々としてて綺麗で清潔感溢れてました。洗面台のアメニティはクシや整髪剤やドライヤーなどはありましたが、使い捨てカミソリはなかった。

ロッカーの様子

100円玉を必要としない鍵付きのロッカーも沢山ありました。

プール入口

脱衣所からは階段を使って半階分降りると室内プール入口。この前を通り過ぎて半階分降りると大浴場がありました。

洗い場の様子

草津ビックバスというネーミングの通り洗い場も湯舟も広く複数あって洗い場の数も多かった。11時~14時までの掃除の時間を除いての21時間営業。宿泊者も日帰り入浴客も朝でも昼過ぎでも、夜でも入れるのは有難い。

サウナ

サウナもありました。

大浴場の様子

水風呂(写真右手前)、温泉でない真湯のジャグジー(写真左手前で21時30分でブクブクは営業終了)、奥に2つの温泉の岩風呂。ガラス窓の向こう側に露天風呂。

2つの内風呂の様子

温泉の内風呂は岩風呂風となっていて温泉情緒もたっぷり。それぞれ10人入っても余裕って感じの広さ。

二つの浴槽の露天風呂

露天風呂も浴槽は二つ。左側は熱め、右滝側はヌルメになってた。

熱湯の露天風呂の様子

熱めの方の湯舟は底が座って丁度よい普通の深さ。

ヌル湯の露天風呂の様子

滝側の方は底が浅めでした。

滝が流れる露天風呂

熱めの方の露天風呂は屋根がありましたが、ヌルメの方は屋根もなく開放的。

月見風呂

空を見上げれば昼間は青空、夜は風呂照明があるから満天の星とは行きませんでしたが、月見風呂はバッチリ。真冬なら雪見風呂、秋なら紅葉風呂という景観になる事でしょう。岩の間から滝も流れてい昼間も夜も温泉情緒あって気持ちよかった。


プールの様子

プールの様子

プールは1年のうちで休み、GW、夏休み、年末年始のみと期間を限定して営業。また脱衣所は温泉と共有ですが、プールを利用する場合は大人2,000円 子供1,000円(宿泊者は半額)が別途必要。

水温は26℃の室内プールで、8m×20m深さ(最大)120cmの普通のプールの他に水深30cmの子供用プールと水深3mで飛び込みもできるプールもある。


温泉に入った感想と口コミ

草津ビッグバスの温泉は日帰り入浴や宿泊で何度か利用してますが、久しぶりに行ったら綺麗になっていってビックリ!大浴場前ラウンジも脱衣所もリニューアルしたばかりだからとにかく綺麗、清潔感もあってよかった。またお風呂場は広々としてて開放感あってゆったりできるから個人的にはお気に入りです。草津温泉では珍しいサウナも完備されてるし、ジャグジーもあるから大型の日帰り入浴施設って感じでもあります。ジャグジーは普通のお湯で温泉ではありませんが、草津温泉初心者で肌に刺激が強い温泉だから体に合わなかった人には普通のお湯のお風呂というのも有難い存在かと。また、草津ビッグバスのあるホテル内には和食、中華、フレンチなどのレストランもあるから日帰り温泉やプールのついでにランチやディナーも食べられて便利。

ただ・・・・日帰り入浴でも宿泊者でもエレベーターから大浴場まで距離があったり階段があったりするのはいつ行っても面倒。まぁ歩いて苦労した分疲れは草津ビッグバスの温泉で癒されますけどね。

草津ビッグバス(草津ナウリゾートホテル)の口コミを確認確認確認


アクセスと駐車場



草津ビッグバス(草津ナウリゾートホテル)へのアクセスは関越自動車道渋川伊香保インターから約58.5キロ車で約80分、沼田インターから約63.4キロ車で約90分、上信越道碓氷軽井沢インターから約55.7キロ車で約80分

草津温泉地図

上の地図で真ん中の赤が湯畑、上の赤線が草津ナウリゾートホテルだから草津温泉の外周に位置する立地。草津温泉スキー場や西の河原駐車場に近い場所にある。

駐車場の様子

ホテルの目の前に広大な無料駐車場があります。

 

タグ : 

群馬県 草津温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ投稿覧

TOPへ戻る
アクセスランキング  プライバシーポリシー お問い合わせ