ホテルヴィレッジ温泉

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

ホテルヴィレッジ(中沢ヴィレッジ)の温泉大浴場に入ったよ

ホテルヴィレッジ(中沢ヴィレッジ)の温泉大浴場に入ったよ


草津温泉では温水プールのあるテルメテルメやコテージやホテル、パターゴルフやアーチェリー、ボウリングやアスレチックなどを備えてる大型リゾート施設中沢ヴィレッジが有名ですが、その中の宿泊施設であるホテルヴィレッジの温泉大浴場に入ってきました。

この大浴場は24時間利用可能(清掃時間を除く)だから時間を気にせずに入浴する事ができます。

また湯畑から離れてますがこの温泉の源泉は湯畑源泉だから草津温泉の中でもまろやかなお湯に浸かる事ができました。

またホテル宿泊者以外でも例えば綿貫ペンションに宿泊した場合などでも施設利用券があって日帰り入浴として利用した事があります。

中沢ヴィレッジ関係外の宿泊施設の場合はこのお風呂は利用する事はできませんが、併設されてるテルメテルメにて日帰り入浴をする事(万代鉱源泉・わたの湯源泉)ができます。

また宿泊客は大浴場(だんらん乃湯)の他にシャトー館浴場もあります。

だんらん乃湯の大浴場の様子

ホテルヴィレッジ(中沢ヴィレッジ)の大浴場入口

男女別大浴場の入口です。

大浴場入口前の番台

大浴場入口の前にお風呂スタッフが常駐していたのでペンションの時は利用証明券(ホテルヴィレッジ宿泊者はそのまま入場)を見せました。

スリッパの目印

ホテルの人はスリッパだから、自分のスリッパに目印ができるクリップがありました。

こういう目印っを使うホテル最近増えてきましたね。私が外部から来た時は靴でしたが、ホテルに宿泊した時はこのクリップ利用させていただきました。

湯畑源泉だんたん乃湯

ビックリしたのは中沢ヴィレッジ(ホテルヴィレッジ)の大浴場の源泉は湯畑源泉なんですね~。だんらん乃湯という名称でした。

湯畑周辺の宿なら大体湯畑源泉のお風呂ですが、ちょっと離れてる外縁部の宿は大体万代鉱源泉のお風呂殆どなので、まさか湯畑源泉とは思ってもなかったです。

ちなみに同じ敷地にあるテルメテルメに日帰り温泉した時は万代鉱源泉とわたの湯源泉でした。

また、シャトー館浴場は万代鉱源泉のお風呂でした。

温泉利用証

温泉分析表です。湯畑からかなり離れてるのに湯畑源泉とはさすがホテルヴィレッジ。

脱衣所

脱衣所はカゴ式でコインロッカーのように鍵を閉められるタイプのはありませんでした。財布を持ってたのでどうしようと一旦外へ。

鍵つきロッカー

しかし、最近また泊まってお風呂に行った・・真ん中のベンチがなくなり鍵式ロッカーが置かれていました。

広々としていた脱衣所がこのロッカー置いた事で圧迫感ある空間に変わってました・・・しかしあれば便利です。

貴重品ロッカー

大浴場入口のところにコイン不要の暗証番号ロック式の貴重品ロッカーもありました。

お財布が入る位の小さいサイズなのでバック等は入らないです。

洗面台

貴重品もロッカーに入れたので脱衣所に戻りました。ドライヤーも複数あってさすが大ホテルです。

大浴場の様子

お風呂へ突入~~。お~内湯もデカイっす。

洗い場

洗い場も広いですが、全部で15人分でした。

かぶり湯

かぶり湯もありました。30杯以上かぶるそうです。

露天風呂

露天風呂も広々としてました。

夜の紅葉の景色

紅葉時期に言ったらライトアップされててお湯に浸かりながらなかなか良い景色でした。

滝のライトアップ

人工の滝も夜はライトアップされてて幻想的なんです。

露天風呂

ローマ風呂風の露天風呂もありました。湯畑の源泉がジャバジャバと注がれてて気持ちがいい源泉かけ流しのお風呂でした。

夜の露天風呂

昼間の露天風呂もいいですが夜の露天風呂もよかったですよ。

広々としてる内湯

熱めの湯船とぬるめの湯船に分かれていてぬるま湯は約40℃でした。ぬるめのほうが湯船は大きいです。

内湯

内湯も露天風呂も湯畑源泉のかけ流しです。湯船にはかなりの量の温泉が注がれているし湯畑源泉なので贅沢でゴージャスな気分でゆったりと浸かれました。

実は1時間前に綿貫ペンションの万代鉱源泉の湯に浸かってきたのですが、比べると湯畑源泉のほうがお湯が柔らかくマイルドな感じで気持ちいいですね~。

万代鉱源泉は元々熱いし酸性度のPHも湯畑源泉より若干高いですからね。

草津温泉の湯は源泉がどこでも目にお湯が入ると酸性度が高いからヒリヒリします~。

ホテルヴィレッジに泊まったなら、シャトー館浴場が万代鉱源泉なのでそっちも入ると違い分かりますよ。

冷水機

お風呂を満喫した後は冷水器でお水を頂きました。

洗面台

櫛も使用済みと使用後にちゃんと分かれていて清潔感あります。

温泉分析表

湯畑源泉の泉質は酸性・含硫黄ーアルムニウム硫酸塩・塩化物温泉です。効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、うちみ、冷え性など。

効能表

他にも体質改善や神経系疾患や運動疾患などに効くようです。

休憩するベンチ

大浴場の前はベンチがあり連れがいる場合の待ち合わせなどに利用できるし、またセルフの水コーナーもありました。

シャトー館浴場の様子

シャトー館大浴場の入口

シャトー館浴場の入口です、左は女湯、右は男湯でした。

シャトー館大浴場の脱衣所の様子

だんらん乃湯の大浴場より脱衣所はこじんまりとしてて、籠と鍵つきロッカーがありました。

シャトー館大浴場脱衣所洗面台の様子

洗面台は3人分でした。

シャトー館大浴場の湯船の様子

湯船は内湯が一つ。大きさはだんらん乃湯にあった大きい湯船の半分くらいでしょうか?

シャトー館大浴場の洗い場の様子

洗い場の数も少なく、浴場自体はこじんまりと小さかったです。

シャトー館大浴場の温泉分析表

シャトー館浴場の温泉分析表です。だんらん乃湯と源泉が変わり万代鉱源泉です。

泉質は酸性-ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉です。

湯畑源泉と大きな違いは万代鉱源泉のほうがPH度が低い=酸性度が高く、お湯が硬く感じる、ピリっとする表現でしょうか。そんな感じがする温泉です。

ホテルヴィレッジのお風呂の感想と私の口コミ

大浴場は内湯も露天風呂も広々していてとても気持ち良かったです。特に湯畑源泉がたっぷりを注がれてる湯船に浸かって贅沢な気分にもなれたし最高のお風呂でした。

夜は夜で昼間の雰囲気と違って幻想的な滝の水や紅葉してる木を見ながらのんびり浸かれたのも最高でした。

内湯も大きく露天風呂も二つあってそこそこ大きいのに湯畑源泉のお湯もじゃばじゃばとかけ流されてて贅沢で居心地よいお風呂でテルメテルメのお風呂よりこっちのほうが落ち着きました。

ただ・・中沢ヴィレッジは敷地が広すぎ・・綿貫ペンション宿泊時もこの大浴場までかなり距離があったし、ホテルヴィレッジのタワー館に宿泊した時も距離が結構ありました・・ウイング館に泊まるとこの大浴場へは近いようです。

洗い場は15人分しかなく、ホテル満室だったら足りないかと思ってましたが、3日に渡り計6回(満室の時も)入浴した事がありますが、混みすぎてる時はなく、毎回ゆったり入浴できましたよ。

シャトー館大浴場は内湯しかないし、広くもないですが、ホテルヴィレッジに泊まれば二つの違う源泉のお湯に浸かれるのもいいですね。

草津温泉 ホテルヴィレッジのタワー館、ウイング館、シャトー館、ログハウスの違いなど





ホテルヴィレッジについては「泊まった~客室など」「バイキング」「大浴場」のページで書いてます。

ホテルヴィレッジ DATA

住所:群馬県吾妻郡草津町草津618

電話番号: 0279-88-3232

草津温泉 ホテルヴィレッジ(中沢ヴィレッジ)宿泊料金など


ホテルヴィレッジ(中沢ヴィレッジ)の近隣スポットにも行ったよ

 

タグ :  

群馬県 草津温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

TOPへ戻る
アクセスランキング