千代の湯

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

千代の湯で入浴した(時間湯体験&共同湯)

草津温泉の共同浴場の千代の湯に行って入浴してきた


草津温泉ではたくさんの源泉が湧いてますが、その中でも一番メジャーな湯畑源泉、湯畑の湯に無料で入る事ができる共同浴場が千代の湯になります。また有料ですが時間湯の体験もできるので草津に来た思い出作りもできる共同浴場になってます。

千代の湯の場所、行き方、駐車など

千代の湯周辺マップ

千代の湯の場所は大滝の湯方面に湯畑の下のほうから歩いていって30歩くらい?すぐそこって感じの場所にあります。

千代の湯の外観

千代の湯の前の道路は一歩通行で車幅もやっと1台が通れる位の道幅で車を停めるスペースも専用の駐車場もありません。

湯畑観光駐車場

車で来た人は湯畑観光駐車場に停めて歩いて行くしかないようです。

千代の湯の様子、脱衣所や湯船など

千代の湯入口

千代の湯の入口から奧に入ります。

千代の湯男女別入口と時間湯受付場所

右側が男湯、左側が女湯、正面は時間湯体験の受付場所です。

千代の湯の男湯の脱衣所の様子

靴を脱いで上がると脱衣所です。ここは男湯です。棚式の脱衣所でコインロッカーや貴重品ロッカーはありませんでした。浴場と脱衣所はドアで仕切られる為に浴場から脱衣所の様子は伺えません。

よって千代の湯の脱衣所に財布などの貴重品を置いて入浴するのはかなり心配になるかと思いますのでこの千代の湯に貴重品などを持って来ないほうがいいでしょうね。

千代の湯にあった掲示物

千代の湯は町民も観光客も無料で入浴できる共同浴場です。だから番台や受付がありません。よってレンタルタオルとかありませんのでタオルは持参しましょう。

タオルがない場合はすぐ近くにある湯畑のセブンイレブンで買ってくるといいでしょう。

千代の湯の男湯の湯船

男湯の浴場です。広さは6畳くらいかな?湯船は大人が3人並んで足を伸ばして入れるくらいの大きさなので大きくはありません。

蛇口から凄い勢いで源泉が注がれてます。源泉かけ流しだから湯船からこぼれたお湯は排水に向かって流れます。

写真の床部分を見てもらうとお湯が流れて光ってるのがわかると思います。物凄い大量の湯が注がれてるんです。

洗い場やシャワーや石鹸などもありません。湯船とかけ湯する風呂桶ぐらいです。今は私が独占して入浴できます。ラッキー。

千代の湯の女湯の脱衣所

連れが入った女湯も独占だったそうです。この写真が女湯の脱衣所です。

男湯と同じようにコインロッカーや貴重品ロッカーはなかったそうです。

千代の湯の女湯の湯船

女湯の湯船です。男湯同様3人が並んで足を伸ばして入れるくらいの大きさだったそうです。

千代の湯の女湯の様子

女湯も男湯同様に洗い場やシャワー、石鹸などがなく備品は写真に写ってるイスと風呂桶だそうです。

千代の湯の女湯の様子

天井は高くて開放感あって気持ちよく入浴できたと言ってました。

千代の湯の女湯の様子

脱衣所と浴場にはこのように扉で仕切られているので湯船に浸かると脱衣所が見えなくなるので脱衣所に置いてあった貴重品が心配だったそうです。

でも一人しかいなかったからいいけど、何人もいたら貴重品脱衣所に置いて入浴できないね~と言ってました。

千代の湯の女湯

男湯は入れない事はないですが熱かったのですが、女湯は調度いい湯加減で気持ちよかったと言ってました。

不思議な事に男湯は熱いのに女湯はちょうどいい湯加減という共同浴場があるんですよね????たまたまかな?

千代の湯の温泉分析表

千代の湯にあった温泉分析表です。源泉名は湯畑源泉です。

千代の湯の温泉分析表

泉質は含硫黄ーアルミニウムー硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)(低張性酸性高温泉)のかけ流しです。

千代の湯の温泉分析表

効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、冷え性などなど

千代の湯の時間湯体験

千代の湯男女別入口と時間湯受付場所

千代の湯は左右の男女別共同浴場の他に真ん中の扉で時間湯体験を受け付けてます。

時間湯の案内

時間湯とは江戸時代から約130年続く、う~ん簡単に言うと温泉療法も一種でしょうかね

湯長の指示も元、お祈り後、熱の湯の湯もみショーで有名な湯もみをしてお湯を冷ましながら準備体操にように体を動かし、湯長も掛け声も元その湯に声を出しながら(台詞は決まってる)3分間入浴し、その後蒸しタオルの行をするという流れです。

この時間湯の体験が千代の湯で560円で体験できます。

千代の湯の時間湯じゃ年間3,000人以上が体験してるんだそうです。

時間湯は時間が決まっていて9時と11時と14時と17時の1日4回開催。所要時間は40分~60分でお1人様からでも体験できます。

この時間湯は共同浴場の千代の湯と違い毎週月曜日と第2・第4火曜日が定休日です。バスタオル2枚、フェイスタオル1枚と水かお茶を持って体験可能です。

ここで体験して気に入った人は近くの地蔵の湯にて今度は体験ではない本格的に時間湯というものをする形になります。

時間湯の扉

時間湯を体験したい場合は男女別浴場の奥に入口があります。扉の横にブザーがあるので呼び出しましょう。

そして時間湯を体験したい事を告げます。

ここから先は中にいる指導員である湯長の説明や指示に従う流れとなります。

時間湯パンフレット

千代の湯の時間湯体験について細かく書かれてるパンフレットがありました。

時間湯について

効能や効果、作法など細かく書かれてました。

神棚

脱衣所後に浴場に入った後は、湯長とともに、蝋燭の灯ってる神棚があるのでお参りします。

お参りから時間湯の始まりです。

湯もみしてるところ

参加者全員で草津節に合わせて約30分間湯もみを。この湯もみが準備体操です。

湯もみする板は大きく重いし、お湯の抵抗もあるので結構疲れるんです。

板は10キロほどあるそうです。

1つの湯船にいる参加者全員が気合いを入れて思いっきりかき混ぜるように湯もみすればするほど湯温は下がっていくので後から入るからいいかも。

頭に湯をかぶるところ

湯長の指示の元、まずは足元にお湯をかけます。

次は頭にタオルをかけて30杯頭に湯をかけます。

その次は下半身にお湯をかけます。

上半身にお湯はかけないです。

元々熱い草津温泉の湯。50度以上あった温泉を湯もみをしてお湯を空気にさらし少し温度が下がったとはいえ、45度前後はあるのではないか。もっとあるかも~。

湯に浸かるところ

湯長の指示の元、気合いを入れて3分間入浴します。動くとさらに熱く感じるのでそっと入り静かに砂時計が3分間経つのをじっと待つのみ。

湯長が何か言った時の返事は元気よく「おう~」です。

ここで45度前後のお風呂にすんなり入れる人と、無理~という人に別れるぅ(笑)

変な話、自分がこの温度に入れるかどうか?例えば時間湯でない千代の湯自体の共同浴場でも43度くらいあるし、そっちでいけるか確認してからでも遅くないかも。

体験はいい思い出に「なりますが、45度前後は・・・人それぞれ。

時間湯体験の受付にはオリジナルお土産である「ミニ湯もみ板」が1,000円であります。

本物の湯もみ板をミニサイズにしたもので思い出になるお土産かもっす。

千代の湯の時間湯体験はやっぱり草津温泉の名物なんでしょうね。しょっちゅう色々なTVに出ますよね。「出川哲郎の充電させてくれませんか」という番組でも何故か?服を着たまま湯もみだけしたようです。

千代の湯に入浴した感想や私の口コミ

湯畑周辺のホテルや旅館に注がれてる湯は殆ど湯畑の湯なので共同浴場の風情を楽しみたい場合を除いてわざわざ千代の湯で湯畑の湯に浸かる事もないかと思うのですが、

湯畑の外縁部にあるホテルや旅館の大半は万代鉱源泉のお湯を使ってます。

例えば私の泊まった記事に書いてる伊東園ホテル草津綿貫ペンションなどに宿泊した場合は万代鉱という源泉のお風呂になるのでこの千代の湯の湯畑の湯に浸かる価値はあるかと思います。

万代鉱源泉の湯はピリっと固い湯で湯畑源泉の湯はヌルっと肌触りも柔らかいんです。だから長湯しやすいんです。

誰でも比べて入浴するとわかると思います。そんな感じで湯畑に来て湯畑の湯に浸かった事がない人はタオルを持って千代の湯で浸かってみるといいと思います。

なお今回はたまたま私一人で独占貸し切り状態でお風呂に入れましたが、湯畑近くの共同浴場なので入浴しに来る人が沢山います。

混んでる場合は近くに同じ湯畑源泉の関の湯があるのでそちらに行ってみるのも手です。

千代の湯の共同浴場部分は朝5時から23時までが入浴可能時間で24時間営業してません。

時間湯に関しては上の通りです。熱い・・・・。時間湯に関しては体験時間が決まってて共同浴場と始まりも終わりの時間も異なります。

草津温泉外湯を湯めぐりした

初めての草津温泉で知って置きたい事

千代の湯 DATA

住所:群馬県吾妻郡 草津町草津367-4

入浴時間:5時~23時まで

入浴料金;無料

駐車場なし

時間湯は共同浴場と管理が違うそうで入浴時間や定休日があります。

千代の湯時間湯公式サイト


千代乃湯の近隣スポットにも行ったよ

 

タグ :  

群馬県 草津温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

CAPTCHA


TOPへ戻る
アクセスランキング