煮川の湯

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

煮川の湯に行って入浴した

草津温泉煮川の湯に行って入浴した


湯畑から割りと近い場所に煮川の湯という立ち寄り湯、共同浴場があります。煮川源泉のお湯は白い湯の華が少し多い感じがするし匂いもこれぞ温泉という匂いも他源泉よりして草津温泉の源泉の中では個人的に好きなお湯なんです。

煮川の湯の外観

道路の分岐路の所角に煮川の湯の建物が建ってます。草津の共同浴場である例えば白旗の湯地蔵の湯などは隣に源泉の場所があって見られるのですが、煮川の湯の近くに源泉の場所が見当たらないのが毎回不思議だったのですが、調べてみたら地下から湧いたお湯がそのままタンクに入る構造で空気に触れていない草津温泉でも珍らしい新鮮なお湯なんだそうです。

煮川の湯源泉?

でもこの前、煮川の湯から大滝の湯げ向かう最中に、ジャバジャバ大きな音を立ててるタンクらしきものを発見!中はお湯が吹き出してるのでもしかしてこれが源泉?小さなな窓のようなところがあって空気に触れてるんだけど・・・近いからこれっぽいんだけど・・

煮川の湯の場所、行き方、駐車場など

煮川の湯周辺マップ

煮川の湯は湯畑から大滝の湯方面に歩いて行っても5分くらいの所にあります。車でも前まで行けますが駐車場がありません。

煮川の湯外観

煮川の湯はホテル高松のまん前なのでホテル高松を目指して歩いていってもたどり着けます。

湯畑観光駐車場

専用駐車場はないので、有料の湯畑観光駐車場に停めて歩いて行くか、それとも~

大滝の湯駐車場

大滝の湯に行ったついでに煮川の湯に行ってみるかでしょう。大滝の湯から50Mくらいの場所に煮川の湯がありますが、大滝の湯の大浴場は煮川の湯源泉のかけ流しなのでわざわざ共同浴場の煮川の湯に入りに行く必要はないかも知れません。

煮川の湯の中の様子、脱衣所や湯船など

煮川の湯外観

煮川の湯は男女別に入口が分かれています。写真を見てわかるように喫煙できる灰皿だけで外にベンチやイスもないので湯上り休憩は外で立ってるしかないです・・

煮川の湯の入口をくぐって

男湯の扉を開けると下に降りる階段がありました。

煮川の湯の靴箱

棚に靴をしまいます。やった~私一人の独占湯のようです。靴をしまってもう一つの扉を開けると脱衣所です。この煮川の湯は無料の共同浴場だから番台や受付はありません。だからレンタルタオルなどもないからタオル持参で入浴に行きます。

煮川の湯の脱衣所を見る

この写真は浴場側から脱衣所を見た様子です。脱衣は棚式でカゴも置いてあるのがわかると思いますが、コイン式のロッカーや貴重品ロッカー等はありません。同じ共同浴場の白旗の湯地蔵の湯もロッカーもないのですが、浴場と脱衣所に扉や壁、仕切りがないので湯船に浸かりながらでも自分の脱衣した棚を監視して防犯できます。しかし煮川の湯はガラス窓があって脱衣所側が浴場から見えるようになってますが、ガラスが湿気で曇った場合は目視して防犯できないので、貴重品は持っていかないで入浴したほうが無難かと思います。

煮川の湯の掲示

脱衣所と浴場のガラス扉に「必ずタオルを持って入浴する事」と書かれてました。逆側は「体を拭いてから」とあるのでマナーの悪い客が湯船から濡れたまま脱衣所に行って床を水浸しにしたんでしょうね。

煮川の湯の湯船

煮川の湯の湯船は新しい感じがする綺麗でした。あれ?久々に行ったけど昔もこれだったかな?煮川の源泉がもの凄い水量で湯船に注がれてます。湯船の大きさは大人3人が横に並んで足を伸ばせて入れる感じの大きさだから大きくはないです。洗い場やシャワーや石鹸などもありません。

煮川の湯の天井

天井はこんな感じで情緒あるんです。

煮川の湯の湯船

煮川の湯は凄い量のお湯が入ってるから、かけ流され湯船から落ちる湯量も半端ないんです。このお湯が手前側の排水溝付近に溜まって・・・湯船に入る前にそこに立って足の裏がお湯に浸かってるだけで熱い。もの凄く熱いです。

煮川の湯の天井

広々としてる天井見ながら湯に浸かると気持ちいいですよ~。今回は私一人で独占貸し切りだからなおさら気持ちよかったです。

煮川の湯温泉分析表

煮川の湯の脱衣所にあった温泉分析表です。源泉名は煮川源泉で共同浴場でこの煮川源泉に浸かれるのはこの煮川の湯だけです。

煮川の湯温泉分析表

泉質は酸性・含硫黄ーアルミニウムー硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)(低張性酸性高温泉)です。

煮川の湯温泉分析表

効能は神経痛、筋肉痛、関節通、五十肩、冷え性などなど。

*脱衣所や建物に入浴時間の掲示がなかったのでもしかしたら24時間可能かも?

煮川の湯に入った感想や私の口コミ

煮川の湯は数ある草津温泉の源泉の中で好きな湯なのですが、煮川の湯の共同浴場に注がれてる湯の温度はたぶん44度いや45度以上はあるんじゃないかな?ここ以外も熱いですがそれでも我慢すれば入れますが、ここだけは・・・・他より熱く感じました。野沢温泉の共同浴場とかも45度ぐらいあるのですが、酸性のお湯の方が同じ温度でも体感上熱く感じるのかもですね。熱いのまったく平気な人以外はこの煮川の湯のお風呂に浸かる事は困難でしょう。お隣にある有料になりますが大滝の湯はこの煮川源泉のお湯がもっともっと大きな湯船でしかも38度くらいのヌル湯の湯船から40度前後の湯船などの合わせ湯、露天風呂として楽しめるので高温度の湯が駄目な人は煮川の湯のお風呂より大滝の湯のお風呂に行ったほうがいいですよ。結局煮川の湯は早々と切り上げて大滝の湯に行って煮川源泉のお湯をゆったりと浸かる事にしました。久しぶりに入ったけど共同浴場の中で熱さはこの煮川の湯は半端ないですね。めちゃくちゃ熱い。

とあるお風呂の休憩スペースで生まれた時から草津温泉に住んでて今は煮川の湯の近くに住んでる〇屋さんの方と色々お話しました。その時ひいき目でなく草津温泉の共同浴場の中で一番良いお湯はどこですか?という問いかけに「他とお湯の出し方が違うからやっぱり煮川の湯だね」と答えてくれました。

ただ最近は入りもしないのにドアを開けるだけの人、それよりタオルを持たずに入って脱衣所の床をビショビショにする観光客が嫌~と言ってました。町長に鍵をつけて~と言ってるんだけどね~とまで。という事でもらい湯の方はタオルを持って浴場に行き、体を拭いて水気を落としてから脱衣所に行きましょうね。

草津温泉外湯を湯めぐりした

初めての草津温泉で知って置きたい事

煮川の湯 DATA

住所:群馬県吾妻郡草津町草津583ー1

入浴料:無料

駐車場なし

入浴時間:多分24時間可能


煮川乃湯の近隣スポットにも行ったよ

 

タグ :  

群馬県 草津温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

CAPTCHA


TOPへ戻る
アクセスランキング