湯畑草菴

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

湯畑草菴に泊まった

湯畑草菴に泊まった


草津温泉には沢山の素泊まりの宿がありますが、多分その中でも人気NO,1で冬以外はなかなか予約がとりにくいTVでもよく紹介される「湯畑草菴」という宿に噴火後の約1か月後に泊まってきました。

突然草津温泉に行きたくなって、どこの宿にしようかな~と探してる時に、お~!何と一部屋空いてる~!当日予約当日泊まりでラッキー!という事で以前から泊まりたくてもなかなか空いてなかった宿に運よく予約する事ができました。

湯畑と草菴の建物

湯畑草菴の立地は草津温泉No,1の観光スポットである湯畑の真ん前。

草菴前の湯畑ライトアップの様子

こんな良い場所だから、夜の湯畑のライトアップもすぐ見に行けます。湯畑の前に宿があると超便利なんですよ~。

素泊まりの宿でも夕食を食べに行く時もすぐ近くに沢山のお店があるから全く困らない。お土産屋さんも連なってる場所だから色々回って物色もできる。コンビニも目の前だから歩いてすぐ。

フロント前のカフェのテーブル席の様子

湯畑草菴のフロント入口は足湯カフェになっていてここで夕飯を食べる事もできるから宿から一歩も出ずに過ごす事だってできます。

草菴の足湯カフェの様子

オシャレな足湯に浸かりながらお茶する事もできちゃいます。

湯畑草菴に泊まって外に出かければ、湯畑が一望できる光泉寺もすぐ。

有名な湯もみショーの熱の湯も目の前。御座の湯白旗の湯は目の前、時間湯体験ができる千代の湯地蔵の湯煮川の湯大滝の湯なども歩いて近いから外湯巡りも楽々。

行列のできる有名蕎麦屋「三圀屋」やこれまた行列のできる焼き鳥屋「静」、有名中華料理店「龍燕」ジェラート食べ放題の「グランデフューメ草津」もすぐだから湯畑食べ歩きも楽々。

射的やスマートボールのお店も近くにあるし、西の河原公園西の河原露天風呂だって歩いて行けるんです。

TVで紹介された草菴

また、テレビ東京アド街ック天国~草津温泉ベスト19温泉宿のカフェの中で草菴と足湯カフェが出てたり~



また二泊三日5万円旅という番組で武井壮さん、花田虎上さん、中村昌也さん、西内ひろさん、遼河はるひさんらが草庵に立ち寄ってテーブル席でビールを注文して乾杯してたりと、ちょくちょくテレビにも出たりするから人気宿で春~秋は結構予約が取りにくいんですよね。かなり早めの予約なら大丈夫ですけどね。、






目次

駐車場、アクセス

チェックインの様子

客室とアメニティと館内の様子

お風呂の様子

朝食サービスのメニューなど

泊まった感想と口コミ

住所、電話番号、パンフレット

足湯カフェに行った(別ページでメニューや雰囲気を詳しく)




湯畑草庵の口コミ⇒楽天トラベルで確認/じゃらんで確認/Yahooトラベルで確認



駐車場、アクセス

草菴周辺マップでの草菴の場所

草菴は湯畑の真ん前なのでバスターミナルから湯畑方面へ10分かからない程度の歩いて行けると思います。

バスターミナルから同じグループ宿の「草津ナウリゾートホテルのシャトルバス」に乗っても行く事ができますが、バスターミナルから湯畑まで下り坂だし、荷物が気にならなければ、道中お店も沢山あるので散策がてら歩いて向かったほうが楽しいかも。草菴からその道を逆に行くとずっと上り坂になってしまうから逆に散策は疲れますが、バスターミナルからは下り坂だから歩いても結構楽なんです。

湯畑観光駐車場

草菴は宿の立地は素晴らしいのですが、駐車場がないのが残念なんですよ~。

草津バスターミナル前にある「湯畑観光駐車場」で15時~翌日10時まで800円。15時前から停めると2時間500円、翌日チェックアウト後も湯畑観光してたら2時間500円の料金が発生するから気をつけないと。

草菴と草津ナウリゾートホテルの場所

草菴宿泊の為に無料駐車場はある事はあります。同じ姉妹グループ宿の「草津ナウリゾートホテル」が草津国際スキー場の近くにあります。

草津ナウリゾート駐車場の様子

草菴のスタッフに聞いたら「ホテルの駐車場空いてる場所どこでも停めてOK!停めた事をホテルの人に告げなくてもOK」との事だったのでエントランスの近くの駐車場に停めました。

草菴姉妹宿草津ナウリゾート前のシャトルバス

このホテルの正面玄関にバス停があるので「湯畑、バスターミナル行き」のシャトルバスに乗ればいいんです。草菴のスタッフに聞いたら「バスの乗る事をホテルの人にも運転手さんにも告げなくてOK!来たバスに乗り込めばOK」との事だったので乗り込みました。

真冬の寒い日でバスが来るまで30分ほど待ちましたが、バス停の後ろのホテルの中はお土産屋さんがあるので見つつホテル内のベンチでバスを待ってました。

草菴前に停車する無料シャトルバス

そして湯畑の停留所は草菴の真ん前だから楽チンでした。大体シャトルバスは朝8時~18時までは1時間に一本でした。

チェックアウト後もこのシャトルバスに乗れば駐車場に行けます。チェックアウトしたらフロント横のコインロッカーに荷物を入れて観光をした後でバスに乗って駐車場に行く事も可能になってました。

無料シャトルバス時刻表






チェックインの様子

草菴エントランス

以前足湯カフェを利用した以来、久しぶりの草菴でした。

フロントでチェックインの様子

カフェのレジ兼フロントでチェックイン手続きをしました。

利用案内

フロントではご利用案内を見ながら館内の説明をしてくれました。チェックアウトは10時、延長の場合は1時間1,080円

館内は客室も含めどこも禁煙。お風呂はほぼ24時間風呂。男女別浴場が深夜1時から5時までは無料貸し切り風呂として利用可能

二階通路に無料ドリンクコーナー、朝食は朝8時から9時半まで足湯カフェにて。と。

私は喫煙者なので、タバコはどこで?湯畑前の喫煙スペースでお願いしますとの事でした。宿の目の前に喫煙スペースがありましたが真冬だったので寒かった~。

女性用アメニティn巾着袋

部屋のキーと女性用アメニティですと連れに巾着袋が手渡されました。






客室とアメニティと館内の様子

私の場合、楽天トラベルで宿泊当日昼に自宅桐生で予約~そこから車を走らせて泊まってきたので予約時はすでに1部屋した空きがない状態でした。

草菴の客室入口の様子

下駄箱のカギとルームキーを渡されていざ部屋へ。ここには草履も置いてあって湯畑など外に行く時は履いて気軽に行けました。写真右手が男女別浴場に繋がってます。下駄箱の裏が階段で2階客室へ。エレベーターはありませんでした。

浴衣の替え置き場

浴場に向かう側には浴衣がサイズ別に置かれていました。部屋にはあらかじめ浴衣は置いてあったのですがサイズが違う人向きのようです。このように浴衣のデザインは男女共共通の一種類でした。

二階通路の様子

2階に上がりました。なかなか良い雰囲気の通路でした。

二階無料ドリンクコーナー

2階の一角に無料ドリンクコーナーがあって紙コップでコーヒーや紅茶、お茶が滞在中いつでも飲み放題でした。紙コップだから持って湯畑見ながら熱いコーヒー飲めたし、足湯カフェでくつろげたり滞在中有難かったです。

さて写真のガラスの奥に見える窓が客室の窓です。

草菴の建物

草菴の宿を正面から見ると判るのですが、湯畑が見える客室は二部屋のみ、あとの客室は隣の家の壁など眺望は期待できないんです。

また黒枠から透けて見えるように元々は小さな宿なので、娯楽室やお土産売り場などはなく、館内は無料ドリンクコーナーとカフェとお風呂だけでした。

客室の様子

部屋は和モダンでシックな色合いで落ち着いた感じでなかなかよかったです。窓の先は別の客室の窓なので開ける事はできないから外光はあまり入らない感じ。

この写真だけで左から、姿見の鏡、冷蔵庫、壁掛けテレビ、窓用エアコン、冬だったので加湿器がありました。暖房はソファの横にガスヒーターがあったので室内は冬でもポカポカでした。

ソファはソファベッドになっていてこの客室3人まで泊まる事が可能になってました。

客室の天窓

この部屋は二階の屋根の三角部分だったからでしょうが、窓からの光は期待できませんでしたが、天窓があってここから光が差してました。

客室の様子

ベッドはセミダブルサイズだったかな?お隣の部屋の声やTVの音などは聞こえなく寝心地よかったです。ただ通路を歩いてる音だけはいくらか聞こえてた感じ。

またベッドとベッドの隙間テーブルにはコンセントが4つもあってスマホの充電もできて便利でした。

客室の様子

部屋のドア開けるとすぐ洗面台があって奥にベッドルームやソファがある感じでした。

シャワートイレ

洗面台の反対側にシャワートイレがあって掃除も行き届いていて綺麗でした。客室にお風呂やシャワーはありませんでした。

ルームキー

ルームキーと下駄箱のカギがセットになっていて二つ渡されたので、これは便利でした。一人が湯畑行って、一人はお風呂に行くというような個人行動ができますからね。

女性専用アメニティの中身

フロントで渡されたアメニティは、泡ふる洗顔石鹸、コットン、髪どめ、くし、メーク落とし、化粧水、乳液でした。

タオルやドライヤーなど

部屋にあったアメニティはフェイスタオル、バスタオル、浴場にタオルなどを入れて持っていくビニール袋とドライヤー

部屋にあったアメニティ

多分冬だったから貼るカイロ(夜の湯畑散策に重宝)、ブラシ、歯ブラシ、カミソリ、ヘアバンド、ヘアキャップ、綿棒など。

浴衣と茶羽織

浴衣や茶羽織のデザインは男女共この一種類でこれが置かれてました。

足湯カフェメニュー

客室には小冊子が置かれていて足湯カフェのメニュー>足湯カフェに行ったのページでメニューや様子などを詳しく。

食事処、飲み屋一覧

周辺の共同浴場や食事処や飲み屋の一覧>草津温泉湯畑周辺で食べ歩き草津温泉外湯めぐり

レンタル品リスト

レンタル品一覧も。携帯充電器やお皿、スプーン、フォークなどは無料。将棋やオセロやトtランプは有料で借りる事ができるようです。

無料Wifi

また館内は無料Wifiになってました。




私が泊まった部屋は以上のような感じでしたが、湯畑草菴の客室は色々なタイプがあるんですよ~。

湯畑が見える客室

例えば湯畑の眺望が楽しめる客室

源泉かけ流し風呂付き客室

また、源泉かけ流しのお風呂がある客室など湯畑草菴の他の客室写真ギャラリー






お風呂の様子

男女別浴場入口と冷水器

お風呂は1階カフェの背面にあって男女別で冷水も用意されてました。

入浴時間は男女別で利用15時~深夜0時、深夜1時~5時までは空いてら鍵締めて入る無料貸し切り風呂、朝5時30分~10時までまた男女別になってました。

男湯脱衣所の脱衣カゴ

男湯の脱衣所は広さ4畳半あったかな?脱衣かごは4人分、カゴの下には鍵がかけられる貴重品入れありました。

男湯脱衣所の洗面台の様子

洗面台は二つ、ドライヤーもありました。

温泉成分分析書

温泉成分分析表があったので目を通しました。湯畑源泉のお湯で泉質は酸性・含硫黄ーアルミニウムー硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)低調性酸性高温泉

温泉成分分析書ー効能

効能は神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化症、糖尿病、高血圧症

温泉利用状況表

加水なし、加温なし、循環なし、塩素剤混入なしの源泉かけ流し~まぁ草津温泉はどこのお風呂もかけ流しですけどね。

男湯の浴場の様子

男湯の浴場に足を踏み入れて心の中の第一声「せまっ!!」洗い場も背を向ける感じで4人分。入った時はこの中に私を含め4人いたのですがかなりの圧迫感のある浴場自体の広さでした。

男湯の洗い場の様子

勿論シャンプーやリンス、ボディソープなどのアメニティもありましたが、鏡が小さく。。。髭剃るのが大変だった~。

男湯の浴槽の広さ

奥に浴槽ありましたが、手前の風呂桶とサイズを比較してもらうとわかりますが小さい・・・淵はイスのように腰掛ける部分となっていてここに腰掛けるとお湯がお腹の上あたりに。

真ん中に行って沈もうと思うと深くて座ると鼻より上にお湯が来てしまい・・・足を伸ばして肩までゆったり浸かるという事ができなかったっす。

最初はこの湯舟に3人いたから・・・圧迫感もあって気分もゆったりとは。。。

湯畑のお湯は基本無色透明、月に1度源泉のパイプなどの湯花を取ったそのは白い濁り湯になるかと。

深湯の掲示

二人出た後に私一人になったので気分的にもゆったり入浴できましたが・・・足が伸ばせない・・・

湯舟の淵に明治33年来の深湯、二尺六寸と書いてありますし・・・深いんです。

湯畑草菴のお風呂の秘密

浴場の前に掲示されてましたが、この草菴の深湯の湯舟は250年前からほぼ変わらぬ形状でこの深さが足先への水圧を高め、血流や代謝を高める仕組みとなってるそうです。

湯舟は小さかったけど、天井を高かったので天井見ながら入浴すると開放感があったかな。

このように草庵のお風呂は露天風呂はなく内風呂だけになってました。




女友達が女湯の写真撮ってくれました。

女湯の脱衣所

男湯の脱衣所はカゴの反対側に洗面所でしたが女湯は横一列なんですね。

女湯洗い場のアメニティ

あれ?女湯のほうがアメニティ多いような?

女湯の浴場の様子

浴場自体は狭く一人だったからゆったりくつろげて入浴できたそうです。湯舟は深かったそうです。






朝食サービスのメニューなど

草菴の朝食サービス会場

草菴は素泊まりの宿ですが朝食サービスがあるのは嬉しいですね。朝食が頂けるのは朝8時から9時30分まで。場所は1階の足湯カフェ。

パンなど

パンが二種類。色々な味のジャムやバターもありました。パンの奥に温泉卵。

ウインナーとポテトサラダ、シリアルに牛乳とオレンジジュース

ウインナーとポテトサラダ、シリアルに牛乳とオレンジジュース

スープ

スープとコーヒーや紅茶などの飲み物。

朝食のパンとウインナーなど

いただきま~す。

朝食のパンとスープ

連れもいただきま~す。

カフェのカウンター席

ブッフェスタイルで食べたいものを取ってきて、カウンター席やテーブル席で腰掛けて食べる事ができました。






泊まった感想や口コミ

カフェなどでくつろいでると他の宿泊客の姿も見ることができましたが、殆どが手をつないでる若い恋人どおしなどのカップルか若夫婦。次に女性どおしと多分一人旅の女性。という事でオジサンの私が多分最年長!滞在中年配と思う人はまったく見なかったし・・・・・外観もオシャレだし、客室もシックな雰囲気で落ちつく事ができるから女性はくすぐられる宿なんではないかと。



フロント前にある足湯カフェは夜は浴槽がライトアップされて綺麗で素晴らしい雰囲気。オジサンの私が美しいと思うんだからデザインと色合いはセンスよく女性ならもっと気に入りそう?

足湯カフェに行ったのページでメニューや様子などを詳しく。こカフェは宿泊者以外の一般客も利用できますが一般客はドリンクやフードを注文しないとダメですが、宿泊者も注文以外、無料ドリンクコーナーの飲み物もってきて足湯に浸かりながら友達どおし、恋人どおし語れるかと?

この無料ドリンクを持って一歩外に出れば目の前は湯畑。コーヒー飲みながら夜のライトアップされた湯畑見られるし~便利でオシャレで草津温泉を楽しむにはもってこいの宿ではないでしょうか。

ただ、無料ドリンクコーナーでコーヒー入れてる間、客室からの声が聞こえるというより会話が聞き取れる感じだから防音は今イチかも?部屋にいる時は隣の部屋の話声やTVの音などは全く聞こえず、通路を歩いてる音は響いてたぐらいだから、多分通路と部屋部分のドアの隙間から音が漏れてきてる感じでした。

また、これは私だけの感想や口コミになるかも知れませんが、私自身草津温泉が好きで1年に何度も行ってどこかに泊まるワケですが、お風呂だけは想像してた以上に草菴は狭く浴場自体の空間に小さすぎて圧迫感があったのでお風呂好きなら満足度は低いかも?ただ草菴は風呂付客室もあるのでそこの部屋に泊まった場合は男女別浴場の広さはまったく気にならないし、お風呂は1回入れば十分という方も広さは関係ないかも。

何と言っても湯畑真ん前立地というのがやっぱり一番良いですよね。

御座の湯もすぐだし、無料の共同浴場の白旗の湯千代の湯地蔵の湯もすぐだから外湯巡りもできるし。(無料の共同浴場も湯舟は小さいけど浴場自体が広いから圧迫感は少ない)

同じ湯畑前のホテル一井に泊まった事もありましたが、エレベーター使う大型ホテルと違って、小さい宿の草菴は部屋からすぐに外に出られるし戻れるし楽ちんでした。またこの草庵と同じ感じの素泊まりの人気宿佳乃やよりも湯畑に近いっす。

この立地は食事に行くのも、飲みに行くのも、観光するにも、お土産買いに行くにも、コンビニ行くにも、便利すぎてお風呂が小さいなんて大した問題じゃないかも~。

初めての草津温泉で滞在中に色々な草津温泉観光湯畑食べ歩き外湯めぐりなどした人にはピッタリな宿じゃないでしょうかね。

奈良屋入浴割引券草津ナウリゾートホテル(通称ビッグバス)の入浴割引券

フロントには姉妹館の奈良屋と草津ナウリゾートホテル(通称ビッグバス)の入浴割引券もありました。



私は楽天トラベルのバラマキ2000円割引クーポンを使って二人で税込み15,713円、一人あたま約7,857円の朝食付きでコスパも良く十分満足な宿でした。

余談ですが今のいままで「草庵」と思ってたら「草菴」でした・・・・漢字って難しいな~ホワイ?ジャパニーズと言うのがわかる。

口コミを⇒楽天トラベルで確認/じゃらんで確認/Yahooトラベルで確認






住所、電話番号、パンフレット

湯宿草菴のパンフレット1

草庵のパンフレットです。

湯宿草菴のパンフレット2

足湯カフェの紹介ページです。

湯宿草菴のパンフレット3

客室はモダンでしょう。最上級グレードの部屋は右覧の源泉かけ流し風呂付客室のようです。湯畑草菴の他の客室写真ギャラリー

湯宿草菴のパンフレット4

湯畑草庵:群馬県吾妻郡草津町118-1電話:0279-89-101

湯畑草庵の宿泊プラン⇒楽天トラベルで確認/じゃらんで確認/Yahooトラベルで確認






 

タグ : 

群馬県 草津温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

TOPへ戻る
アクセスランキング