万座ホテル聚楽日帰り温泉

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

万座ホテル聚楽の温泉に入ったよ(日帰り入浴可)

万座ホテル聚楽の温泉に入ったよ(日帰り入浴可)


万座温泉の観光スポットである空吹が目の前で見られる絶景露天風呂が人気でその景色を見たくて私の場合宿泊して夕方と夜、朝の景色をゆったり浸かりながら堪能してきました。

この絶景風呂が楽しめる露天風呂へは日帰り入浴としても利用できるので天気の良い日は素晴らしい景色が楽しめますよ。

ホテル聚楽外観

日帰り入浴の場合、エントランス周辺または前に駐車場があります。

万座温泉マップ

万座ホテル聚楽の場所はここです。



万座ホテル聚楽は噴火の影響はどうなの?




万座ホテル聚楽のある万座温泉は約3.2キロと規制区域外になってます。



万座温泉観光協会2018年1月29日発表でも「噴火から現在に至るまで、万座温泉での被害はありません。 万座地区は規制区域外になっております。 ホテル・旅館・スキー場は通常営業をしております。」との事だから万座ホテル聚楽の白濁湯で日帰り温泉を楽しむ事もできるんです。



日帰り入浴料金、営業時間、割引など

フロントの様子

入口の自動ドアが開けば目の前がフロントです。

日帰り入浴の場合はここで受付します。

日帰り入浴の案内

日帰り入浴可能時間は12時30分から16時まで、日祝だけ11時30分から入れます。

日帰り温泉代金は大人1,000円、子供500円です。

万座温泉湯めぐり手形

万座温泉湯めぐり手形(年度内いつでも有効)を持ってれば割引されて大人は500円で入浴できます。

ただ最初手形購入代金700円+1回につき温泉宿どこでも500円という事で万座温泉に来て万座ホテル聚楽だけの日帰り入浴の場合だと逆に割高になってしまいます。2ヵ所以上は入るなら安くなります。

万座温泉のどこかの宿に宿泊してたなら、その宿で3つの他宿入浴代金込み1,200円で手形も売ってます。

この写真の手形は万座ホテル聚楽で購入したんです。ココに来る前に日進舘日帰り入浴で正規の代金を払ってしまい・・・この情報を前もって知ってたなら・・と。

万座ホテル聚楽館内マップ

万座ホテル聚楽の館内マップです。

フロント階は4階でお風呂は2つ先の別棟の3階になります。フロント横の階段を下りて連絡通路など少しだけ歩きます。

大浴場雲海の湯の入口

ホテル聚楽大浴場のネーミングは雲海の湯です。

男女別大浴場入口

のれんをくぐると男女別大浴場入口があります。

冷水機

入口の前には無料で飲める冷水がありました。風呂上りに飲んだらウマかったです。

白根山麓の天然水の掲示

この水は白根山麓の天然水でした。

そして横に無料で利用できる貴重品ロッカーがありました。

自家源泉の掲示

万座ホテル聚楽の源泉は自家源泉で源泉名は法性の湯です。

泉質は単純硫黄泉(硫化水素型)低張性弱酸性高温泉です。

万座温泉宿ランキング日帰り入浴ランキングのページでも書いてますが、万座温泉宿の中でも聚楽の泉質だけ最も違います。

聚楽以外は、大体酸性―含硫黄―マグネシウム・ナトリウム―硫酸塩温泉(硫化水素型)かこれに近い泉質で低張性酸性高温泉なんです。

聚楽もそれ以外も白濁の湯で変わらないように見えますが泉質が大きく違うんです。ただ湯めぐりしないとわからないかも~お湯も匂いも同じような感じだし。

もう一つ聚楽の源泉温度は43,2℃で他の温泉宿の源泉は70~80℃あり加水して温度を下げてる=水で薄めてるのに対し、聚楽は源泉温度が低いから加水せず逆に加温をして湯船に注いでます。

だから、源泉からお湯が薄まってないというのが聚楽の特徴です。しかも法性の湯源泉は万座温泉源泉の中でも硫黄成分が一番濃いそうです。

ただ他宿も加水してても薄めても濃厚だなぁ~体感してるので、硫黄の濃さ自体は湯めぐりしてもどこが一番って体感ではわからないかも?

硫黄自体は匂いがなく、一般に硫黄臭と私も言ってますが正確には硫化水素臭なので、匂いでは濃いか薄いか判断できないんです。

でも、なんだかんだ言っても聚楽の湯は最高でしたよ。

私は泊まった時は夕方1夜2朝1と4回入りました。アレ夜3回計5回だったかも。

硫黄成分は血流をよくするので、肌の白い人がいたら湯に浸かってた部分は真っ赤、首下から上は白いままという姿を目にできるかと。

地元の日帰り温泉施設ではまず見た事がない、体の赤と首上から白のハッキリしたラインの入浴客を万座ホテル聚楽の大浴場で何人も見かけたので、硫黄凄そうだなと目で見てわかりました。

あ、鏡で見たら自分もくっきりラインできてました(笑)

効能は慢性消化器病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、関節のこわばり、きりきず、うちみ、冷え性、痔疾、慢性皮膚炎、慢性婦人病、高血圧症、動脈硬化、糖尿病などと他の温泉宿と泉質は違ってても効能は変わりはありませんでした。




万座ホテル聚楽のページはこの温泉のページ以外にも私が泊まった時の客室の様子やバイキング料理や館内の様子などを書いてるページもあります。

万座ホテル聚楽に泊まったよ万座ホテル聚楽でバイキング料理を食べたよ



大浴場雲海の湯の様子

雲海の湯は20時30分に男女の浴場が逆に入れ替わりました。

宿泊の場合もチェックイン~20時まで露天風呂2つ湯船の大浴場が男湯、20時30分から翌朝9時30分(殆どチェックアウトまで)まで露天風呂1つ湯船の大浴場が男湯へ変わりました。

女湯は時刻的に男湯の逆になります。

日帰り入浴の場合は、露天風呂2つ湯船の大浴場が男湯、露天風呂1つ湯船の大浴場が女湯の時間になってるかと。

ここでは露天風呂浴槽2つがA湯、1つのほうをB湯としてその様子を書いてます。




A湯の様子




脱衣所の様子

脱衣所に上がる時宿泊者はスリッパに番号札をつけて自分のスリッパとわかるようにできるようになってました。

スリッパの目印

日帰り入浴の場合は、コレ必要ないですけど。

脱衣所はロッカのないカゴ式です、貴重品入れロッカーは大浴場入口前にあったと思うのでそちらに。

洗面台にはカミソリたドライヤーなども置いてありました。

シャンプーバイキング

洗い場には普通のボディーソープやシャンプーも置いてありますが、シャンプーバイキングという形で自分好みのシャンプーも使えるようになってました。

大型換気扇

脱衣所の天井付近には大型の換気扇がついていて、浴場内の硫化水素ガスを逃がしてました・・逃がすのは大事なのですが逃がしてる先が脱衣所・・・・・謎。

内湯と洗い場の様子

内湯の壁面は洗い場にはシャワーもあり、10人分くらいはあったような???

浴場内は硫黄の匂いというか硫化水素臭もいい感じにしてるし、お湯も白濁してていい感じでした。

内湯の源泉注ぎ口

お湯もじゃばじゃばと注がれてる源泉かけ流しで気持ちよかったです。

万座温泉のお湯って注ぐ前というか新鮮な内は無色透明なんです。空気に触れる事で段々と白濁してくるだそうです。

写真のように注ぎ口の湯はほぼ透明でした。

湯船の淵についてる湯の花の様子

他の万座温泉より白濁は薄いようにも感じましたが、白濁が濃い=空気に触れて酸化してるという事なので薄い方が新鮮であるという見方もできます。湯の花が湯船のへりについて白くなってるのがわかると思います。

白濁は薄いけど湯の花がへばりついてるから硫黄成分は濃そうというのが目でわかりました。

お湯の入れ替えの掲示

あ、入れ替えたと掲示もありました~。

じゅらく法性の湯 効果的な入浴方法

内湯の壁面には「じゅらく法性の湯 効果的な入浴方法」が掲示されてました

美肌の湯の案内

またご案内として「温泉効果で血管拡張作用が強く湯上り後はいつでも身体がポカポカに温まってます。また女性には嬉しい美肌効果があります」とも掲示されてました。

豆乳シャンプー、豆乳リンス、豆乳ボディソープ

洗い場に置いてあった豆乳シャンプー、豆乳リンス、豆乳ボディソープです。これが気に入らない場合はシャンプーバイキングもありますから~いいですね。

露天風呂の様子

内湯を堪能した後は露天風呂へ。2つの浴槽が横並びになってました。

露天風呂の様子

片方が石風呂、片方が木造りの浴槽でした。

温泉の温度管理

お湯の温度は毎日湯守さんが管理しているようでちゃんと掲示されてました。

露天風呂は熱い湯とヌルイ湯と分かれてました。

内湯側のガラス窓

内湯はこのガラス窓の先です。要するに内湯からガラス窓の先の露天風呂が見えてその先の空吹と山々の景色も見られるようになってます。

露天風呂の注ぎ口

こちらもお湯がジャバジャバと注がれてて気持ちよいお風呂です。

露天風呂の様子

夜は満天の星空を見ながらの入浴を期待したのですが、このように灯りが結構明るいし、内湯側の光もガラス窓越しに届くので、どんなに晴れてても満天の星空がめちゃくちゃ見えるという感じは難しい感じでしたが、口コミを見ると「夜空の星も見えてラッキー」「お風呂は露天風呂の景色も良く、家族は夜の星空に喜んでいました」という口コミも楽天トラベルにあったので、私が行った日は薄い雲があっただけで雲ひとつない夜空なら満天の星が見られるのかもしれませんね。

食事時の夜の19時半頃入浴したので、内湯も露天も貸し切り状態でのんびりできました~。

露天風呂からの景色

夕方4時半ぐらい、さすがに宿泊客と日帰り入浴客がそこそこいたので全景写真は撮れず湯船に浸かって空吹方向の写真です。

写真だとわかりにくいですが、この露天風呂はほぼ空吹の真ん前で湯気が山肌から上がってるのがわかります。

斜めで寝そべる感じで入浴できる浅さではなく湯船が座ってて丁度よい深さでした。

露天風呂の湯船の大きさが大きいほうで10人12人は座って入れるぐらいのサイズですが、窮屈さ、圧迫感を感じないのなら2つの湯船に4人、4人ぐらいかな。

露天風呂から見える空吹

上の写真を拡大するとこんな感じ、曇ってる日なので写真ではわかりにくいですが、生でも見てると湯気が出てるのがわかります。

露天風呂からの景色

雄大な景色のパノラマが見られる絶景風呂なんです。

空吹の景色

この写真は客室から撮影したものですが、晴れてれば露天風呂からの景色もほぼこんな感じです。

笠

男湯、女湯ともに露天風呂は屋根がないので内湯を出て露天風呂に向かう時に雨、雪用に笠が置かれていました。

以上A湯の大浴場は日帰り入浴が始まるお昼から20時までは男湯なので、宿泊者も夕方チェックインしたらこのお風呂になります。20時半~翌朝までずっと女湯になります。




B湯(脱衣所や内湯、アメニティはA湯とほぼ同じでした)




脱衣所の様子

脱衣所の様子です。

ボディーソープなど

これは女性の連れが女湯になってる時に撮影したのですが、女湯の時はシャンプーバイキング以外にもあるみたいでした。

もしかしたら男女入れ替えの時にコレを移動するのかもしれません。

内湯の様子

内湯はひとつ、大きさは横に10人、10人足伸ばして入れるくらいです。

夜は夜で硫黄の香りと雰囲気最高。

内湯の様子

ガラス窓の先が露天風呂でその前が空吹と山々の眺めでした。内湯からも景色が楽しめるようになってるんです。

内湯の様子

露天風呂でなくてもガラス窓の向こう側も見えます。

内湯浴場の様子

内湯全体はこんな感じです。

硫黄の雑学

内湯の壁面には「じゅらく法性の湯 効果的な入浴方法」の他に「硫黄の雑学」が掲示されてました。

内湯からの景色

内湯に浸かりながらでも空吹が見えました。

露天風呂の様子

こちらは露天風呂が1か所でした。

露天風呂からの景色

お湯に浸かりながらの景色です。

露天風呂から見た空吹の景色

晴れてたらもっといい景色なんでしょうね。


お風呂上りの休憩場所

キッズコーナー

フロントから大浴場へ向かう最中にキッズコーナーがあります。

湯上り処の様子

キッズコーナーの反対側にはマッサージチェアやイスなどが置かれた湯上り処がありました。


万座ホテル聚楽の温泉に入った感想と口コミ

「とにかく温泉質が最高です。 高濃度なんで、軽くシャワーを浴びた方がいいくらい!」「相変わらず硫黄のいいお風呂。何時入っても飽きない上に満足度が高い。」「温泉の匂いが帰宅してから3日位は抜けなくて、硫黄が濃いと実感しました。また、露天風呂から見る雪山と満天の星空は、最高でした。」などと楽天トラベルで温泉だけの口コミを拾うと殆ど高評価でした。

私の感想、口コミとしては混んでないからゆったりできて良かったです。実は聚楽の温泉にが入る前に日進舘日帰り入浴をしたんです。アッチは内湯も露天風呂も人だらけ~聚楽とほぼ同じ大きさの湯船に大勢が入るもんだから圧迫感と窮屈感もありゆったりという気分ではありませんでした。

しかし、すぐに聚楽に来て入ったら、宿泊客と日帰り入浴客がいたと思いますが洗い場を含め内湯に6、7人、露天はMAX4人くらいで2人の時もあるので2つの浴槽に1人ずつとゆったり景色を見ながら入浴する事もできました。

景色的には空吹の蒸気に出も弱いし、遠くの山々まで見渡せる日進舘や万座プリンスホテルより絶景度は低くなりますが、それでも自然の景色と、浴場がこの2つと比べて人は多くなかったのでゆったりとのんびりくつろげたのは私にとって最高でしたよ。脱衣所も綺麗で清潔感があり、素晴らしい大浴場でした。

万座温泉の中で一番硫黄成分が濃い温泉は万座ホテル聚楽だから、他の宿とは匂いや色はほぼ同じですが、成分量が違いますよね。

万座ホテル聚楽の世間の口コミをじゃらんで確認楽天トラベルで確認YAHOOトラベルで確認



万座ホテル聚楽のページはこの温泉のページ以外にも私が泊まった時の客室の様子やバイキング料理や館内の様子などを書いてるページもあります。

万座ホテル聚楽に泊まったよ万座ホテル聚楽でバイキング料理を食べたよ


パンフレット

万座ホテル聚楽パンフレット

万座ホテル聚楽のパンフレット

万座ホテル聚楽パンフレット

拡大


全ての客室写真、お風呂、料理の写真ギャラリー

万座ホテル聚楽の宿泊料金や口コミをじゃらんで確認楽天トラベルで確認YAHOOトラベルで確認

万座ホテル聚楽 DATA

住所:群馬県吾妻郡嬬恋村干俣2401

電話番号:0279-97-3535


万座ホテル聚楽公式サイト

 

タグ : 

群馬県 万座温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

TOPへ戻る
アクセスランキング