横手山頂ヒュッテ

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

横手山頂ヒュッテでランチを食べたよ

横手山頂ヒュッテでランチを食べたよ

志賀高原から渋峠の国道292号線沿いでも標高が高いのに、そこよりも高い2,307mの横手山の山頂に「雲上の宿
横手山頂ヒュッテ」という宿があったという存在自体に驚きましたが、そこでは雲の上のパン屋さんという手作りパンも売ってるというからさらに驚き!そしてそのパンと熱々のスープや温かいうどんやカレーライスなどもありランチが食べられるレストランもあったから三度驚きました。

横手山頂ヒュッテの外観

さて「雲上の宿 横手山頂ヒュッテ」という宿を知ったのは、横手山の山頂に行った時に見つけたんです。丁度お昼時だったし、ランチを食べてきました。

横手山山頂ヒュッテへの行き方は宿泊者なら専用駐車場があるから車で行けますが、食事やパンを買いに行く場合などは横手山スカイレーターと横手山ペアリフト(往復乗車賃大人1,000円)を乗り継いで行くか、渋峠ロマンリフト(往復乗車賃大人900円)に乗って行くか、渋峠側から山に登って行くかになります。冬の横手山頂ヒュッテ宿泊での行き方は冬の宿泊時の送迎の話の項目で書いてます。

横手山頂ヒュッテ入口に飾ってあったパン

入口は気軽に入れるようになってました。バイクが飾ってあったのでご主人がライダー?




目次

レストランの様子、メニュー

ランチを食べた感想と口コミ

冬の宿泊時の送迎の話

天気予報とライブカメラ

アクセス、駐車場など




レストランの様子、メニュー

レストランの様子

入ってすぐ広々としたレストランがありました。

景色が見えるカウンター席

窓際には景色を見ながら食べられるカウンター席、窓の向こうにはテラス席もありました。運が良いと横手山頂ヒュッテで雲海を見ながら食事できるかもしれませんね。

宿泊者専用サンセットルームの様子

一番奥は宿泊者専用のサンセットルームとなってました。きっと山頂から見事な夕焼けが見られるんでしょうね。

パン売り場

調理場のカウンターの方は手作りのパンが売ってました。

チョコパンやカレーパンなど

チョコパン、カスタードパン、カレーパン、野沢菜パン

くるみパンやぶどうパンなど

アップルチーズ、クリームリーズ、あんフランス、アップルパン、ハイジのパン、ぶどうパン、くるみパン、ソフトフランスなど品ぞろえも豊富でした。天気が良かったらパン買って眺めの良い場所で食べてもいいですね。

食事メニュー

食事メニューは朝食セット、かけうどん、肉うどん、カレーうどん、カレーライスなどもありました。

ドリンクメニュー

ドリンクメニューも種類豊富でした。

食券機

食券機で買うと自動的に調理場に注文が飛ぶシステムでした。

ポルシチスープとパン1,300円

写真入りのメニューもあっておそらくこれらが横手山頂ヒュッテの一押しメニューでないかと思いました。ポルシチスープとパン1,300円。

きのこスープとパン

きのこスープとパン1,300円

きのこセット

きのこセット2,000円

薪ストーブと有名人の写真とサイン色紙

注文した後はレストラン内をぶらり。芸能人や有名人の写真やサインがありました。ロンブーの亮さんや杉浦太郎さん、小錦夫婦など、黄金伝説の番組にも出たのかも?

おもちゃ類が飾ってあったショーケース

レストラン入口のショーケースには沢山のおもちゃが飾ってあって、その中にハスキー犬のぬいぐるみが多かったのでもしかして?シベリアンハスキーの犬がいそうな予感!

宿が飼ってたハスキー犬

食事後宿の外を歩いていたらシベちゃん発見!かわいかったです。


ランチを食べた感想と口コミ

キノコスープセット

窓際のカウンター席に座り景色を楽しみながらランチを食べました。注文したのはきのこスープとパン。注文してから少々時間がかかってたし、熱々だったから焼きたてのパンと作り立てのスープ。

濃厚なキノコスープ

スープカップのパンも外はカリっとしてて生地はフワフワ。この手のスープはたまに食べたりしますが、大体生地が薄くパリパリ作られてるのが多いですが、ここは見事に「ここもパンでした。ホワイトスープに細かいじゃがいもや玉ねぎもあり、キノコの味は濃厚。何のキノコかな?と色々見たのですが、溶けてないみたい・・熱々だったし美味しかったです。

美味しそうなパンの様子

パンもフワフワ。

ソフトでフワフワだったパン

バターを塗って食べましたが、軟らかくて美味しい~。

きのこスープに浸したパン

カップについてたパンも全てスプーンでそぎ取ってスープに浸して食べましたが、このスープキノコの味濃厚だし風味もよく美味しかった~。


冬の宿泊時の送迎の話

ランチを食べた後に外にいたシベちゃんを見てたら大奥様?女将さん?犬の話題から色々な雑談へ。

この横手山頂ヒュッテは結構昔からあって、超昔は米俵などを担いで草津の方から歩いてきて~牛が通れる道ができて、馬になり、車になりと。

「この宿冬は閉めるんですか?」という話となり、「1年中営業してますよ~」という答えだったので?冬季は下の志賀草津ルートも陽坂~殺生ヶ原間は通行止めになるからはどうやってここまで来るのか?不思議に思ったので聞いてみたら!何と!志賀高原陽坂の駐車場まで迎えに来てくれるそうです。複数のお客さんだったら「雪上車」、1人旅の方は「スノーモビル」で送迎してくれるんだそうです。雪上車に乗ったお客さんは「南極に行くみたい」と喜んでくれるそうです。

これを聞いたら、いつか冬に泊まってみたい宿になってしまいました。雪上車ってなかなか乗れないですからね~。

そのいつか?の夢の為宿泊料金はいくらぐらいなのか?とネットで調べてみたら楽天トラベルやじゃらんなどのトラベルサイトには掲載してないみたいだから横手山頂ヒュッテ公式サイトから予約するしかないようです。

まじに冬に泊まってみたなぁ~。空気も澄んでる季節だから天気さえよければ絶景と満天の星空も見そうな宿ですね。


天気予報とライブカメラ



↑は志賀高原全体の山ノ内町の天気予報です。横手山頂ヒュッテはご存知の通り山頂ですから天気は変わりやすいので参考程度に。

横手山頂ヒュッテライブカメラ


アクセス、駐車場など



横手山頂ヒュッテ:長野県下高井郡山ノ内町大字平穏7149-17 電話:0269-34-2430

夏季宿泊者のアクセス: 上信越自動車道須坂長野東インターから国道292号線で草津温泉方面を目指して約52キロ、車で約60分。

上信越自動車道碓井軽井沢インターから鬼石ハイウェー(有料道路)を走り万座ハイウェー(普通車1,050円)を走り志賀草津高原ルート(国道292号線)を志賀高原方面へ約72キロ、車で約90分の道のり。

万座温泉から志賀草津高原ルート(国道292号線)を志賀高原方面へ約10キロ、車で約15分の道のり。

草津温泉からなら万座ハイウェー(普通車1,050円)を走り、約44キロ、車で約60分の道のり。

地獄谷野猿公苑からなら国道292号線で草津温泉方面を目指して約28キロ、車で約35分。

横手山頂ヒュッテ宿泊者専用駐車場

宿泊者のみ「雲上の宿 横手山頂ヒュッテ」前に専用無料駐車場がありました。

夏季日帰り観光客のアクセスは、車で直接行っても山頂には宿泊者専用駐車場スペースしかないので、横手山山頂へは横手山スカイレーターと横手山ペアリフトを乗り継いで行くか、渋峠ホテル前の渋峠ロマンスリフトに乗るか、登山道にて山頂を目指すかになります。各乗り場に無料駐車場があります。


 

タグ :  

長野県 志賀高原   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

TOPへ戻る
アクセスランキング