万座ハイウェイ

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

万座ハイウェイを走った(2018年度)

万座ハイウェイを走ってきた



長野街道と言われる国道144号線の万座鹿沢口駅周辺から群馬県道59号線から分岐して万座温泉まで通じてるプリンスホテルが管理運営を行っている浅間ー白根火山ルートとも呼ばれる有料道路の事で、そこを走ってきました。走る前までは万座ハイウエイ、そうハイウェイという名称かと思っていたら、万座ハイウェー、ハイウェーが正式名称なんですね。知らなかった~!!

*春、夏、秋は万座ハイウェーを通らなくても草津白根山経由で万座温泉まで行けましたが・・・草津白根山の噴火警戒レベル次第で志賀草津高原ルートの殺生ヶ原~万座三差路間が通行止めになってしまうから、この道路は嬬恋村、または草津温泉側から万座温泉へいつでも走れる通行料金は高めだけど有難い存在です。

冬季は下界から万座温泉までのみ通行可能でそれより上は閉鎖されてますが、春、夏、秋は万座ハイウェーを走って万座温泉まで行って、さらに国道292号線の万座三差路まで通れるようになるから、草津白根山の噴火警戒レベルが高く志賀草津道路が通行止めや閉鎖されてても、下界から万座ハイウェーを走って渋峠や志賀高原まで抜けられる有難い道路でもあります。






目次

通行料金と通行できる車種

トイレの場所

夏の万座ハイウェイの様子

冬の万座ハイウェイの様子

天気予報とライブカメラ

道路の問い合わせ先




他の情報ページ

万座温泉日帰り入浴も宿泊もホテルランキング

万座温泉ランチはどこで食べられるのか調べてみた

歩いて万座温泉観光したよ(温泉街中心)




通行料金と通行できる車種

万座ハイウェイ料金表

万座ハイウェイは三原⇔万座温泉間の片道19.8キロの距離でその片道通行料金は軽自動車や普通車で1,050円。二輪車でさえも740円もします・・・・・

高すぎる・・・ボッタクリという口コミも見受けますが・・冬は除雪などの手間があるから私は納得できますが、春、夏、秋は高すぎる~と感じてしまいます。往復なら車で2,100円、バイクで1,480円って!!

万座ハイウェイの人に今後の為に聞いたら、ちなみに私の愛車スクーター110ccのバイクは通行できないとの事・・・・万座ハイウェイを通らなくても良い抜け道は国道292号線の志賀草津道路なんだが、噴火警戒レベル次第で通行止めか可能かこちらは日々変わります。

ついでにチャリンコは走れるんですか~も聞いたら、自転車は走る事ができないとの事でした。

高速道路と同じで二輪車は125cc以上のバイクのみ走行可能原付バイクは走る事ができないとの事です。だから黄色ナンバーピンクナンバーは51~124ccの原付二種だから通行できないっすね。

車に関してもETCに対応していなく、料金所で手集金でした。また夜間無料というデマ情報も出てますが、基本24時間有料道路でした。

万座ハイウェーという正式名称ですが、走行できる車種はハイウェイそのものでした・・・・・・・

走行禁止の大型車サイズ

また、小型バスは片道2620円、大型バスなどの大型車は片道4200円ですが、幅2.5メートル、高さ3.8メートル、長さ12メートル、総重量20トンを超える車は走行禁止でした。







トイレの場所

下から上の万座温泉に向かう道中で書いてます。

嬬恋プリンスホテル前の道路

料金所手前にある嬬恋プリンスホテル内のトイレ(ホテル自体冬季閉鎖)で春夏秋は営業中ですがトイレだけの利用は勇気いりそう・・・ここから600mぐらい先の料金所超えたらトイレがあります。

料金所とトイレ

料金所過ぎてすぐのトイレは春夏秋冬1年中利用可能でした。

嬬恋牧場愛妻の鐘建物

嬬恋牧場愛妻の鐘は雪に埋もれて冬季閉鎖中だからトイレ利用できず。。。

営業してる左の嬬恋牧場と右の公衆トイレ

でも春夏秋なら営業中で写真右の建て物がトイレで利用可能でした。

万座温泉バスターミナル

万座ハイウェイ終点または起点となる万座しぜん情報館にトイレあります。

右の万座しぜん情報館と左の公衆トイレ

左の建物が公衆トイレになります。








夏の万座ハイウェイの様子

三原交差点手前の温度表示

夏は毎年草津温泉から志賀草津高原ルートを走り上から万座温泉に入る無料ルートを利用しますが、この時は噴火規制レベルが高い為に殺生ヶ原~万座三差路間が通行止めになってたので群馬県側から万座温泉に向かうには万座ハイウェーを走っていくしかない状態でした。本当は夏だから車でなく、バイクツーリングをしたいのですが、私のピンクナンバーのスクーターでは通行できず(自転車、125cc以下の二輪車通行不能)・・・・・だから久しぶりに愛車でドライブをしました。

もうすぐ三原の交差点に差し掛かる時、道路上に温度表示がありましたが30℃、夏ですね~。この日は私の地元桐生市は全国3位の猛暑日35.4℃を記録してましたが、標高ある嬬恋村も30℃とは暑かったです。

万座ハイウェイの起点終点の三原交差点

左に曲がれば万座ハイウェイ、まっすぐ走れば草津温泉口へ向かう三原の交差点の様子。

三原交差点近くの夏の万座ハイウェイのドライブの様子

万座ハイウェイは名前から想像すると景色が良さそうな道路を連想させますが、夏は木々に囲まれていて殆ど景色は見えない状態の道路でした。冬も夏同様に木々に囲まれてる林間ドライブとなりますが、葉っぱがない分、木々の間から景色は楽しめましたが、夏は葉っぱが生い茂っていて殆どずっと林間ドライブとなってました。

嬬恋プリンスホテル手前の夏の万座ハイウェイの様子

万座プリンスホテル近くになるとやっと視界が開けてきます。この辺りは奥行きのある景色を多少見る事ができますね。特に上りでなく下って行く場合。

夏の万座ハイウェイをドライブしてる様子

暑かったけど天気が良かったから、なかなか気持ち良いドライブでした。

左嬬恋プリンスホテル右嬬恋高原ゴルフ場直進万座ハイウェイの分かれ道

道路脇に日帰り入浴の幟が出てる所は左に曲がると嬬恋プリンスホテル、右に曲がると嬬恋高原ゴルフ場、まっすぐ走るとあと500~600m先に料金所があります。

嬬恋プリンスホテル露天風呂からの嬬恋高原の絶景

1人ドライブだったし、ホテル側に曲がって有名な絶景露天風呂に入ってきました。ここまで万座ハイウェイを走って三原から約5キロ地点でした→嬬恋プリンスホテルの温泉に入った(日帰り入浴可)、このホテルは冬季は閉鎖されてるから春、夏、秋しか絶景露天風呂に入れるチャンスがないですからね~。

なお嬬恋プリンスホテルまでは料金所手前だからお風呂だけ入って三原交差点へ戻って帰る場合は料金所を通らない為に無料でなんですよね。

夏の万座ハイウェイの料金所の様子

私は再び万座温泉方面に向かいました。嬬恋プリンスホテルを過ぎてすぐ料金所がありました。料金所まで三原から約5.8キロでした。万座ハイウェーの料金所はここ一か所だけになってます。

普通車の通行料金1,050円を支払う時に「志賀草津道路で草津方面には行けませんからね」と確認されました。私が走ったこの時は噴火規制で国道292号線は万座三差路~殺生ヶ原間は24時間通行止めでしたからね。

さて、料金所を過ぎたすぐ左手に公衆トイレとジュースの自販機がありましたが、先ほど嬬恋プリンスホテルで用を済ませたのでそのまま通過。

緑の木々に囲まれた夏の万座ハイウェイの様子

木々に囲まれた万座ハイウェーは道は走りやすいですが景色が見えないから、志賀草津高原ルートとは違いますね~。

左側に嬬恋牧場が見えてきた様子

料金所から約5,9キロ、三原交差点から約11.7キロ走って行くと視界が開けてきて嬬恋牧場が見えてきました。

冬は雪に埋もれてましたが、公衆トイレもあるし、また愛妻の鐘やトイレ、コーヒーなどのドリンクやランチなどの食事もできる万座ハイウェイの唯一の休憩所みたいな所です。

嬬恋牧場テラス席からの絶景

ここは雄大な絶景も見られるから万座ハイウェイを走った時は立ち寄りたいスポットです→嬬恋牧場愛妻の鐘に行った

林間を走る夏の万座ハイウェイの様子

嬬恋牧場で休憩した後は万座温泉を目指して再度万座ハイウェイをドライブです。

万座ハイウェイ脇にあった弦ヶ池の様子

嬬恋牧場から約7キロ弱走ると右手に自然の景色を楽しむ弦ヶ池がありました。三原交差点から弦ヶ池までは約18.3キロでした。道路脇に駐車スペースもありましたが、人工的な遊歩道はなさそうで、この位置から池を眺めるだけの場所なのかも。自然だけで綺麗な場所ですけどね。

先に建物が見えてきた夏の万座ハイウェイの様子

嬬恋牧場からは視界が開ける事はなく林間のドライブでしたが、木々がない山肌や建物が少し見えてきたら万座ハイウェイの終点である万座温泉がもうすぐという合図です。

万座ハイウェイの起点終点となる万座温泉口

万座温泉到着しました。三原から約20キロ万座ハイウェイをドライブしてきました。万座温泉に入って大きなカーブの右手にある建物は最近できた万座自然情報館と公衆トイレ(写真左)になります→歩いて万座温泉観光したよ(温泉街中心)

通行止めになってた万座三差路

ちなみに万座ハイウェイを走り抜けて、万座温泉街も走り抜けて、万座道路(県道466号線)を走り、国道292号線である志賀草津高原ルートの万座三差路に出ても、この時は噴火規制レベルで写真のように殺生ヶ原までは通行止めになってました。反対側の志賀高原や長野県側へは行く事ができました。








冬の万座ハイウェイの様子

冬以外だったら、万座温泉まで何度か走りに行ってますが、草津温泉まで行ってそこから志賀草津道路を走り途中万座温泉に下る無料のルートを使ってたのですが、冬季はこの無料で走れるルートが閉鎖されてる為に群馬県側から万座温泉に行くにはこのどうしても有料道路を利用するしか手はなくなってしまうんですよね~。

県道59号線の分岐

群馬県道59号線の写真、左に曲がると万座ハイウエイ、まっすぐ行くと草津温泉に向かいます。

この日は二月下旬でこの辺りはまったく雪がない道の状態でした。この辺りは標高もまだ低いですからね。

万座温泉から先通行できない表示

冬季は志賀草津高原ルートが閉鎖されてる為に万座ハイウェイを走っていっても万座温泉より先は通り抜けできないっす。春夏秋に志賀草津道路が開通してる場合は上まで通り抜けできます。

また春夏秋でも草津白根山の噴火警戒レベルが高い場合は草津温泉側の殺生ヶ原から万座三差路は通行止めになりますが、万座温泉から先の渋峠や志賀高原へは通り抜けできます。*草津温泉側への道が閉鎖されてるだけです。

万座温泉18キロの看板

万座温泉まであと18キロの看板、分岐から5分位走って路肩に雪が見えてきました。

嬬恋プリンスホテル前の道路の様子

嬬恋プリンスホテル前の道路、各地の大雪のニュースよく見かけましたが、去年より雪が少ないと思う感想でした。

雪が多いか少ないかは天候次第ですからね。

ちなみに、嬬恋プリンスホテルは冬季閉鎖するホテルで開業は毎年4月中旬か下旬のようです。

料金所の様子

下の分岐から10分程度走って嬬恋プリンスホテルを過ぎてすぐ料金所がありました。

路肩に雪がある状態

料金所を過ぎて2~3分走ると路肩の雪の高さも増してきました。

雪に埋もれた嬬恋牧場の建物

料金所を過ぎて10分ぐらい走ると嬬恋牧場がありましたが、駐車場も建物も雪に埋もれてる感じで冬季閉鎖中でした。

万座ハイウェイから見えた浅間山の景色

道路脇の至る所にチェーンの脱着所がありましたが、そこに車を停めて浅間山の雄大な景色を楽しむ事もできました。

万山望からの景色

途中万山望という所も雄大な景色を見る事ができました。

冬は木々の葉っぱがないから遠くまで景色が見渡せて綺麗ですわ。

白樺の林の中を走る道路

道路脇に白樺の木々もあって、白樺ロード?ドライブしてて最高に気分良しでした。

道路に雪が残ってる様子

万座温泉まであと3キロぐらいの看板が見えてきた時ぐらいから道路にも雪が残ってて雪道という感じがしてきました。

カラ松群生林

カラ松の群生林を通過すると雪が枝から落ちてきたりして、お~雪国風情を感じたり・・・・

万座温泉バスターミナル

かなりの雪道を覚悟して来ましたが、この日は思ってたより積雪がなかった・・・・

快調なドライブで万座温泉に到着しました。

寒波が来てた雪が降り続いてた場合の冬の万座ハイウェイはこんなに簡単に走れるとは思えませんが、私が行った冬の快晴日は楽々でした。

雪かき車

大雪が降り続ければ一旦通行止めも考えられますが、走ってる途中大型の雪かき車が4台近く停まってたし、バスターミナル付近にも4台停まってたし状況に応じて雪かきして通行可能にするんでしょうね。その為の高い有料道路だから?

万座高原ホテル前の道路の様子

私が走った時は万座ハイウェイや万座温泉の豊国館万座高原ホテル万座プリンスホテルへ向かう舗装道路は殆ど道路上に殆ど積雪もなかったですが!!!

万座温泉内の道路の様子

日進舘万座亭へ向かう道はほんの少し道に雪がある状態。

湯の花旅館へ向かう雪道の様子

湯の花旅館に向かう時は写真のように完全なる真っ白な雪道だったから、冬の万座温泉をなめちゃいけませんな~。

宿泊施設道路地図

宿泊施設道路地図を見るとわかるように、冬季は万座温泉から先は冬季通行止めなのがわかりますね。

万座温泉日帰り入浴も宿泊もホテルランキング







天気予報とライブカメラ

得に冬に万座ハイウェイを走る時に気になるのが積雪の状況ですよね。そこで天気予報と参考になる地点のライブカメラ映像をまとめてみました。



万座ハイウェイの道路上にはライブカメラが設置されてないので周辺道路のライブ映像になります。

万座温泉の交差点万座温泉の交差点

国道144号線大前須坂線交差点地図国道144号大前須坂線交差点

国道292号線草津前口地図国道292号線草津前口







道路の問い合わせ先

鬼押・万座ハイウェー 群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原711-1

電話番号:0279-97-3123







 

タグ :  

群馬県 万座温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

CAPTCHA


TOPへ戻る
アクセスランキング