奥四万湖(四万川ダム)

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

奥四万湖(四万川ダム)に行った

四万ブルーという青々とした水の色が見られる奥四万湖に行ってきました。

四万川ダム

奥四万湖は四万川ダムで堰き止められた人造湖です。

ダムのコンクリート壁の上の道路

ダムのコンクリート壁の部分は一方通行だったので近くの駐車場に車を停めて歩いて行きました。

奥四万湖の景色

ダムのコンクリート壁から見た四万湖の様子。

四万川ダムから見た日向見公園

反対側を見ると真下に日向見公園が見えてめっちゃ高い所にいるのがわかりました。この重力式コンクリートダムの構造をもつ四万川ダムの堤高は89.5m。群馬県が運営するダムとしては1番高いそうです。






四万せせらぎ資料館

すぐ近くに以前「四万こしきの湯」という日帰り温泉施設がありましたが、現在は閉鎖となり今は「四万せせらぎ資料館」としてダムの資料や勉強ができる施設になってました。ここにも無料駐車場があります。

休館だった四万せせらぎ資料館

平日に不定休と営業日がハッキリしてなかったので、平日に行ったら「本日休館」となってました。四万川ダムのダムカードは以前「こしきの湯」という日帰り温泉施設の時もここで配布してたようなので資料館になってももしかしたら配布してる可能性もありそうです。

四万川ダム壁内側

また反対側にはダム管理事務所があるので、そこはダムカードを配布してるそうです。

甑の広場展望台への階段

さて、四万せせらぎ資料館の前には甑の広場という展望台への階段もありました。

甑の広場展望台の様子

展望台まで上って行くとベンチやテーブルなどもあり奥四万湖とその周りの山々がよく見渡せるようになってました。行楽日和ならお弁当やおにぎりを持参して行きたい所でしたね。

奥四万湖紅葉

また紅葉の秋の奥四万湖は1年を通して1番人気の季節なんだそうです。奥四万湖の標高は約730m奥四万湖紅葉の見頃は大体10月中旬から11月上旬なんだそうです。

四万ブルーの奥四万湖

奥四万湖は四万ブルー云われる光線の差し方などでコバルトンブルーに見える湖。これは水に含まれる鉱物でそういう色に見えるそうです。

カヌーが浮いてるように見える湖面の様子

奥四万湖の奥の方でカヌーに乗ると、水の透明さもわかるそうで、まるでカヌーが浮いてるような感じで見えるそうです。水の透明度が高いのは酸性成分の水だから。酸性の水は殆どの生物が生きられる環境でなく、魚も、エサとなる水中の虫、微生物なども殆どいない。だから不純物が少なく透明度が高いそうです。

奥四万湖では釣りもしたくなるような自然環境ですが、酸性の水という事で、湖で釣りをしても成果は望めず、四万川ダムからの放流で四万川へと水が流れていきますが、積善館四万たむら共同浴場河原の湯辺りで支流の新湯川と合流するので、そこから下流が釣りスポットなんだそうです。

透き通って底が見える奥四万湖の様子

奥四万湖の奥の奥のほうまで行くと四万ブルーの色でなくなり、底が見えるほど透き通った水の湖だそうです。

奥四万湖、四万川ダム観光マップ

ダム壁近くの駐車場には奥四万湖湖面周遊道路マップマップもあるから、どの辺りまで車やバイクで行けそうか?わかります。またここに書いてありましたが、奥四万湖及び周辺はキャンプ禁止、花火禁止になってました。

奥四万湖湖面周遊道路マップ


アクセス、駐車場



奥四万湖(四万川ダム):群馬県吾妻郡中之条町四万4400-28
奥四万湖(四万川ダム)へのアセスは関越自動車道渋川伊香保インターから約41.8キロ車で約59分、沼田インターから約44.2キロ車で約65分、月夜野インターからなら約40.5キロ、車で約56分

チャツボミゴケ公園からなら約54.5キロ車で約84分、ロックハート城からなら約33.6キロ車で約42分、岩櫃城跡からなら約22.5キロ車で約38分。

中之条駅からなら約19キロタクシーで約23分、タクシー料金はおおよそ6,000円。

奥四万湖へバスで行く場合は終点「四万温泉」で下車、バスの乗車時間は約40分、運賃は930円→改変の場合もあるから→関越交通バスで時刻表など確認。

奥四万湖への道路マップ

この終点のバス停やその近くの積善館四万たむらから奥四万湖までへは約2.9キロ、車で行くなら5分前後ですが、歩いて行くとなるとずっと上り坂で所々勾配もあるので50分~60分前後はかかるかも知れません。

ちなみに四万やまぐち館から約4.5キロ車で約6分、湯元四萬館から約4.3キロ車で約5分、とここから歩いてもずっと上り坂・・・です。

下から見た四万川ダム壁

四万温泉街から行くと途中日向見薬師堂へ行く道と奥四万湖に行く道に分かれてました。その分かれ道を少し奥四万湖の方へ向かうと四万川ダムのダム壁が見えてその下に日向見公園がありました。四万ブルーを見るには公園脇の上り坂を進みます。

奥四万湖駐車場

ダム壁から撮影した写真ですが、上まで行くとほぼ行き止まりとなり、無料駐車場がありました。

 

タグ :  

群馬県 四万温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ投稿覧

TOPへ戻る
アクセスランキング  プライバシーポリシー お問い合わせ