太子駅

おでかけポコ

各地の温泉(ホテル/旅館/日帰り温泉)・観光地・寺社仏閣・グルメなど【旅とお出かけスポット情報】旧桐生人ポコ

旧太子駅(太子駅跡)に行った


旧太子駅(太子駅跡)に行ったよ。

ここは戦時中に群馬鉄山で採掘された鉄鉱石を運搬する為に作られた貨物専門太子線が後に国鉄吾妻線となったが廃線となり、その当時利用されてた太子駅の復元されたホームやレール、駅舎が見られる公園でした。群馬鉄山の一部は現在チャツボミゴケ公園にある遊歩道から渇鉄鉱などを見る事ができ、そこから索道で太子駅に送られたそうです。


旧太子駅(太子駅跡)


住所:群馬県吾妻郡中之条町大字太子254 電話番号:0279-95-3111(中之条町六合支所)

拝観料:大人200円(中学生以下無料)
拝観時間:10時~16時
定休日:火曜日と水曜日(12月31日と1月1日)
駐車場:無料
旧太子駅の定休日




目次

駅の様子と口コミ

パンフレット

アクセスと駐車場


尻焼温泉/花敷温泉宿一覧

六合の里温泉郷(尻焼温泉/応徳温泉など)日帰り温泉一覧




駅の様子と口コミ

復元された太子駅の駅舎

復元された駅舎はピカピカで古さはまったく感じななかった

当時使われていた品々

館内は当時使われてと思う貴重品が並んでました

復元された太子駅の内部の様子

また現役だった頃の写真パネルや駅長さんの帽子など生活用品などが展示されてましたが、見る量的には少なかった

ポストカードなどのお土産

またポストカードなどのお土産もあった

運賃表

当時の運賃表も掲示されてましたが、昔は太子駅から横浜まで890円、長野原までは40円だったんですね~。

鉄鉱石搬出用のバケツ

鉄鉱石搬出用のバケツ

ホーム

ホーム

ホッパ棟

ホッパ棟の中は立ち入り禁止、いつ崩れてもおかしくないぐらいの風化を感じたコンクリート建造物の基礎は70年以上前のものなんだそうです

定休日でも見られる貨車があったホームの様子

実は旧太子駅(太子駅跡)は2回目、1度目は定休日で中に入れなかったので柵外から見た。

金網越しのホッパ棟と太子駅舎

定休日だと旧太子駅で使われていた備品などは見る事ができないが、柵越しでもホームやホッパー棟は見る事ができる

横から見たホッパ棟

このホッパ棟も定休日だったとしても、このように柵越しに見る事はできる

駐車場から見たホッパ棟

ホッパ棟は駐車場側から見ると結構長く、ホームから見たら迫力がありそうな建造物でした。私自身鉄道マニアではなく古い建造物を見るのが好きなので、ホッパ棟の基礎部分が見られたのでこれで満足でした。所要時間は15分程度でしたが、定休日でもそうでおそらく見学の所要時間は15分ぐらい前後の場所ではないかと思われます。またこの施設内には飲食店などはありませんでした。



パンフレット

旧太子駅パンフレット

旧太子駅パンフレット

中之条町六合地区産業遺産群

中之条町六合地区産業遺産群

中之条町六合地区産業遺産群マップ

中之条町六合地区産業遺産群マップ

旧太子駅パンフレット裏面


アクセスと駐車場



旧太子駅へのアクセスは関越自動車道渋川伊香保インターから国道145号線、国道292号線(草津温泉口の方ではない道、道の駅六合を目指す道)を走って約50キロ、車で約70分、沼田インターから55.8キロ、車で約80分。

四万温泉から約33キロ、車で約50分、道の駅八ッ場ふるさと館から約11キロ、車で約15分、草津温泉から約12キロ、車で約20分。

私の地元桐生市街地からは下道を走って約90キロ、ノンストップなら車で約130分でした。

旧太子駅入り口

走ってると突然、旧太子駅入口の看板がありました。

太子駅の駐車場の様子

駐車場はめちゃくちゃ広くヘリポートまでありました。旧太子駅は一段低い場所にあるから道路上からは見えず、入り口の看板を見落とすと通り過ぎちゃうかも~!実は私もあやうく・・・

太子駅に向かう階段

駐車場の一番奥に車を停めた方が太子駅に行く階段まで近かったです。

 

タグ : 

群馬県 中之条町 六合の里温泉郷   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ投稿覧

TOPへ戻る
 プライバシーポリシー お問い合わせ