滝の湯

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

野沢温泉滝の湯に入った

野沢温泉滝の湯に入った

滝の湯は野沢温泉にある13の共同浴場の一つで温泉街の一番端っこのような静かな住宅街にありました。、そぞろ歩きしながら行きましたが、夜だったから街灯だけが頼りで少し道を間違ったりとやっと見つけた~という感じで嬉しかったです。

滝の湯の湯屋の様子

夜だったから滝の湯は歴史がありそうな重厚感たっぷりの湯屋に見えました。

滝の湯の看板と入口

男女別浴場前には瀧の湯と看板が掲げられてて、男湯入口側に十二神将の「毘羯羅大将」が祭られていて、他の共同浴場同様におそらく「薬師如来は様々な病苦を救い、来世までの~」と色々書かれてると思うのですが、夜だった事と書かれてた木板が歴史を感じるほどだったので正直読み取れませんでした。多分、毘羯羅大将(びからたいしょう)は釈迦如来を本地仏として亥(い)の歳と方位をお守りしております。と書かれてるのではないかと推測できました。

集印帳に押した滝の湯のスタンプ

集印帳にスリスリしてできた滝の湯のスタンプです。滝の湯とは「麻釜源泉の少し上、山ぎわの静かな所にある。共同浴場の中で一番探すのがむずかしい所にあり見つけると感激。木造のこじんまりとした建物。湯は透明感ある緑色。タイル張りでレトロな雰囲気がいい」






目次

利用時間、泉質、効能

浴場の様子、感想、口コミ

アクセス、駐車場、住所




利用時間、泉質、効能

野沢温泉全共同浴場の入浴時間は4月から11月は5時~23時まで、12月から3月は6時から23時までで滝の湯は源泉かけ流しです。

地元の人たちが管理清掃してるから私のような観光者は入浴料金として気持ちを十二神将の「毘羯羅大将」の賽銭箱へ入れましょうね。

滝の湯の温泉成分分析書

滝の湯の温泉成分分析書(平成9年12月12日作成)を見ると

源泉名は滝の湯で泉温は73℃、無色澄明、弱硫化水素臭を有する、PH7.7

泉質は単純硫黄泉(緊張低張性高温泉)

効能である浴用の適応症はリュウマチ性疾患、慢性中毒症(水銀、鉛、ヒ素など)、皮膚掻痒症、角化症、慢性湿疹および苔癖、脂漏性疾患(にきび等)、凍瘡(しもやけ)、慢性膿皮症、運動障害(特に神経麻痺)、創傷、女性慢性炎症、月経異常(特に無月経、過少月経)、ある種の不妊症(卵管通過障害のないものなど)

温泉分析書のお知らせ

*掲示されてた温泉分析書は古かったので今後変わる可能性があります。


浴場の様子、感想、口コミ

滝の湯の浴場の様子

男湯は地元の人?が入ってたので、写真を撮らずにゆっくりと入浴を楽しみましたが、女湯は誰もいなかったので一緒に行った女友達が写真を撮ってくれました。男湯も同じような感じで外観も歴史ある感じだったから中もそんな感じでした。タイル張りで大正ロマンや昭和ノスタルジーを感じた浴場と湯舟でした。

滝の湯の脱衣所の様子

野沢温泉の共同浴場はどこ入っても感動するのですが、脱衣所と浴場の仕切りがないから自分の目で防犯できる素晴らしい構造。この滝の湯もそうでした。

貴重品入れのロッカー

脱衣棚だけではなく、心配な人用にちゃんと貴重品入れのロッカーもあるし。素晴らしい。

滝の湯の浴場の様子

スタンプには緑がかった透明と書いてありましたが、この日は透明でした。ただ温泉成分に硫黄が入ってるので、古代のお湯からある緑色硫黄〇〇がいて緑色になってもおかしくないですよね。

滝の湯源泉の湯口の様子

湯口から滝のように源泉が注がれてるから滝の湯というのかな?私にはちょっぴり熱めでしたが、とても良いお湯で気持ちよかったです。


アクセス、駐車場、住所



滝の湯:長野県下高井郡 野沢温泉村豊郷8217

滝の湯近くの駐車場マップ

滝の湯すぐ近くには駐車場はありませんでした。私は大湯近くの旅館さかやから歩いて行きましたが、行きは登坂でした。車の場合近そうなのは無料開放中だった横落駐車場か中央ターミナルの所に有料駐車場のような気がします。


 

タグ :  

長野県 野沢温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

CAPTCHA


TOPへ戻る
アクセスランキング