食べログ,旅ログ

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

温泉ソムリエ認定セミナーを受けてきた

温泉ソムリエ認定セミナーを受けてきた。

色々な温泉に入るのが好きな自分ですが、温泉そのものの知識をもっと高めてみたいけど、毎週開催してる東京のセミナーに行くのが面倒だなぁ~と二の足を踏んでいた所伊香保温泉にてセミナーが開催されると知って即申し込みをして、当日行ってきました。

温泉ソムリエ認定セミナー伊香保会場の千明仁泉亭入口

温泉ソムリエ認定セミナー会場は以前宿泊した事がある千明仁泉亭。黄金の湯小間口権利者で伊香保温泉で二番目に湯量が多い老舗宿です。近場の伊香保+以前宿泊という事で行くというのが凄く気が楽でした。

セミナー会場の様子

受付は12時15分からセミナー開始は13時からでした。受付後会場に行き席に座りました。今日の受講生は34名ぐらいで、半数ぐらいが群馬県人で他は他県から来てる人たちのようでした。

セミナー会場に用意されてたもの

机の上にはテキストと資料、温泉ソムリエタオルと群馬県の観光パンフレットがありました。

分厚いテキストの様子

テキストが厚~~い。A4サイズで262ページもありましたよ~。正直「温泉」というワードだけだからテキストここまで厚くないと思ってました。「温泉」だけで262ページも語れるほど奥が深ったんですね。

千明仁泉亭若女将

いよいよセミナー開始、温泉コム社長の挨拶に続き千明仁泉亭若女将の千明恭子さんのご挨拶。彼女は生まれた時から温泉で小学生の頃は友達の家のお風呂が緑とかでいい匂いのバスクリンのお風呂が羨ましく憧れていて、どうしてウチのお風呂は茶色なんだ~という今思うと贅沢な悩みをかかえていたそうです。温泉ってやっぱり大人になってから興味を持つものですね~。私も大学生までは温泉は嫌いじゃなかったですが、今みたいにワザワザ入りに行かなかったですからね~。

温泉ソムリエ家元遠間和弘さんの講義の様子

そして温泉ソムリエ家元遠間和弘さんの講義が始まりました。私もおじさんですがオシャレなおじさんって感じで素敵な紳士で後ろの席に座ってましたが、マイクを使わずとも声がとおってました。若女将のように温泉町で毎日温泉で育ったそうです。

講義中の様子

講義は13時から50分、そして10分休憩、14時から、15時から、16時からと温泉ソムリエ認定証贈呈式を含めて16時50分まででした。この時間で分厚いテキストを全て解説できないし、私たちもすべて目を通す事はできないから、「温泉とは」「温泉成分分析書」「正しい入浴方法」にスポットが当てられました。正直高校生時代の授業時間50分は死ぬほど長く感じたものですが、家元の講義は為になったし、自分も知りたい知識だったから50分なんてあっという間でした。

今までこのブログで温泉に入った時の泉質や効能などを書いてて間違った事は書いてませんが、群馬県はどの温泉地に行っても温泉成分分析書を見ると殆ど効能が一般適応症ばかりだなぁ~。どこ行っても泉質変わっても同じじゃんと思ってましたが、講義では家元先生が、群馬県は泉質別適応症が省略されてる所が多いという話で今までの悩みが解決できました。一般家庭の入浴剤の成分量や湯あたりしそうな成分量など知らなかった事も沢山あってホント為になるお話を聞く事ができました。

この家元先生の講義は上手、伊香保温泉を度々絡ませながら話をしてたから、受ける地区で若干話が変わるんだと思いました。また若女将も最後まで一緒に講義を聞いてましたよ。

温泉ソムリエ認定証贈呈式

あっという間に講義が終わって温泉ソムリエ認定証頂きました。私と同じような年代だと思いますが、同じおじさんでもスタイルとオシャレ感が全く違う・・・・・

温泉ソムリエ認定証

頂きました~温泉ソムリエ認定証。

温泉ソムリエ認定セミナーリーフ1

セミナー費用は23,760円、高いと感じるか安いと感じるかは個人によって違うと思いますが、私はぶ厚いテキストと聞きやすい内容としゃべり方だったから満足でした。

温泉ソムリエ認定セミナーリーフ2

私はセミナーのみ出席、終わった後は宿で日帰り入浴して帰りましたが、泊まり組の人も多く見受けられましたよ。

これから先のスケジュールなどは→温泉ソムリエ協会公式サイト確認するとわかります。

 

群馬県 伊香保温泉/榛名山   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

CAPTCHA


TOPへ戻る
アクセスランキング