長瀞荒川ライン下り

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

【紅葉おすすめ】長瀞荒川ライン下りに乗った

【紅葉おすすめ】長瀞荒川ライン下りに乗った


私の頭の中は長瀞=ライン下り(川下り)だから、大鳥居のある長瀞駅前交差点を曲がってすぐ左手にあった「荒川ライン下り」に立ち寄った。

荒川ライン下り店舗外観

行楽日和の土日などはこの場所へは混雑しててなかなか車は入りにくいですが、平日は楽勝。

長瀞駅前交差点付近から彩甲斐街道はライン下り駐車代金500円の看板や誘導員が多いですが、この場所なら「ライン下りのお客は駐車場代無料」も嬉しいところ。




長瀞紅葉まつり2019は2019年11月1日~30日まで!ライン下りも紅葉の景色が楽しめる






目次

料金と割引

ライン下りの様子と感想や口コミ

紅葉

チラシ

アクセスと駐車場




料金と割引

荒川ライン下りはコースが3通り、乗船時間はその日の水量によって変わる。

1.上流部(ウォーターパーク長瀞)⇒約3キロ(乗船時間20分~30分)⇒岩畳のチャレンジコース

2.岩畳⇒約3キロ(乗船時間20分~30分)⇒下流部(高砂橋)のロマンチックコース



上記3キロのコースは大人1,800円子供900円(団体割引大人1,600円子供850円)

JAF会員証割引は3キロコースのみで大人200円子供50円割引(いつでもどこでもJAF)

3.上記1+2の上流部⇒岩畳⇒下流部の全6キロだが1日の

上記6キロのコースは大人3.300円子供1.600円(団体割引大人3,000円子供1,500円)

荒川ライン下り乗船券表

上流部(ウォーターパーク長瀞)⇒約3キロ(乗船時間20分~30分)⇒岩畳のチャレンジコース

荒川ライン下り乗船券裏

私は平日だから予約なしで行きましたが、土日祝日の行楽日和は長瀞は大変混雑してました。混みそうと思う日は予約した方がいいかも?⇒荒川ライン下り公式サイト



ライン下りの様子と感想や口コミ

荒川ライン下り受付場所の様子

行楽日和の土日祝日はライン下りをする観光客でごった返すから希望時間帯に予約(10時~15時まで1時間おき)しておく方が無難ですが、平日の10時前だったので予約せずに現地へ。

受付のある建物の中に車を進めた時にスタッフがいたので「受け付けてから駐車場ですか?」と尋ねたところ、「すぐ乗れますが乗りますか?」との返答。

大体30分~1時間おきに出船のようだから待ち時間は勿体ないので「はい乗ります」と返事して奥の駐車場に車を停めてから建物の中で料金を支払いました。

出船場所へ向かうワゴン

用意されてたワゴン車に乗り込み出船場所へ無料で移動

出船場所へ移動中

口コミによると長瀞ライン下りの3キロに2通りのコースの違いは大体同じだけど上流部からの方がちょっと迫力があるとの事を知ってから、結局車を停めて待ち時間ゼロで上流部からというラッキーな出船に。

出船前の様子

上流部(ウォーターパーク長瀞)に到着。すでに何名か待ってる状態。

出船直後の様子

船に乗り込み救命道具をつけて出船。

乗船中の様子

9月だけど真夏日、暑い日でしたが船の上はクーラーのような涼しい風が当たって心地よかった。

橋の下を通過する船

船の上では船頭さんが色々と説明。雨が降った翌日で少し水量があるから終点岩畳まで今日は約20分ぐらいで到着。この橋は運が良いとSLが走ってる姿を川から見られるなどなど。

水しぶきをあげてのライン下り

最初のうちはマッタリのんびり。しばらくすると激流に入りますからビニールシート使ってくださいと。

鬼怒川ライン下りは船の両側に備え付けてあるビニールを伸ばすと頭からビニールの中にすっぽり入ったのですが。荒川ライン下りのビニールは肩ぐらいまでと短かった。

この日は写真の通りジャバっと船の先頭部分だけ水しぶきがはねましたが、その日の水量などで跳ねる量は違うとの事。後ろ席の方が跳ねにくいかも?

でも流れの早い所はライン下りの醍醐味で楽しかった。

亀の形をした岩

またマッタリ、亀の形をした岩、亀岩?

岩畳近くの激流部

岩畳が見えてきた時にまた激流部

船の上から岩畳が見られた

岩畳をまったり速度で船の中から鑑賞

船を降りたところ

そして岩畳に到着。3キロあっという間、あっという間だったから楽しかった証。2度ほど流れの早いところがあってそこが一番楽しかった。カメラも自分も全く濡れなかった。

この3キロコース、今回私が乗った上流部⇒岩畳と岩畳⇒下流部がの2コースありますが、結果論で言えば、上流部⇒岩畳で良かった。

何故なら、

上流部⇒岩畳なら岩畳の一枚岩の始まりから終わりまで船の上から眺められる。

岩畳

降り場が岩畳だから、岩畳の上を歩いて観光もできた。

長瀞岩畳近くの商店街の様子

駐車場に戻る時長瀞のお土産屋さんや飲食店を色々見ながら帰れたし、途中八幡屋で天然氷のカキ氷を食べた

カキ氷食べた後は長瀞駅の観光案内所で観光情報仕入れて、駐車場に戻ってから車を走らせ宝登山神社参拝、その後宝登山ロープウェイと効率良く半日で長瀞観光ができました。

乗船中の記念撮影

途中カメラマンがいて乗船中の写真を撮ってました。プリントアウトは有料で1,500円でした。

紅葉の季節のライン下り

船頭さんが言ってましたが、紅葉の中のライン下りも景色が素晴らしいとの事です。



紅葉

紅葉の荒川

紅葉の荒川

紅葉の中をライン下り

紅葉の中をライン下り

荒川の紅葉3


チラシ

荒川ライン下りチラシ1

荒川ライン下りチラシ

荒川ライン下りチラシ2


アクセスと駐車場



荒川ライン下り: 埼玉県秩父郡長瀞町大字長瀞531-1 電話:0494-66-0890

荒川ライン下りへのアクセスは関越自動車道花園インターから約18キロ車で約25分

長瀞駅から約100m歩いて約1分

荒川ライン下り駐車場

受付所の奥が駐車場でそこにトイレもありました。

 

タグ :

埼玉県 秩父/長瀞   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ投稿覧

TOPへ戻る
 プライバシーポリシー お問い合わせ