西来院

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

築山殿(瀬名)のお墓がある西来院に行ったよ

築山殿(瀬名姫)のお墓がある西来院に行った


徳川家康の正室であり織田信長に武田方と内通してるという嫌疑をかけられ殺されてしまった築山殿のお墓が西来院にあるというので行ってきました。

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」では菜々緒さんが瀬名/築山殿を演じるワケですがどういう物語になるのか?楽しみです。

以前同じく大河ドラマ「徳川家康」では池上季実子さんが築山殿を演じてました。

嫌疑をかけられたのはその息子である徳川信康(岡崎三郎信康)も同じで二俣城にて自害と、親子共々最後は悲しい姿になってしまったんですよね。

西来院本堂外観

この西来院というお寺に駐車場はあるのか?色々調べたのですがわからず、前日に宿泊したホテルのスタッフに聞いてもわからず・・・と、瀬名/築山殿はあまり戦国ドラマ等や歴史の表舞台に登場しないのでマイナー的なスポットとなってるからでしょうね。駐車場がなかったら浜松城の駐車場から歩いて行こうか思いとりあえず西来院まで車で行ってみました。

西来院近くの通り道

西来院へは閑静な渋滞街の中の道を通って行きました。

西来院入口

そして住宅街の中に西来院の入口がありました。

西来院駐車場

恐る恐る入口から車で入ると、ありました~~!!参拝専用の駐車場。

浜松駅から西来院までのアクセス

浜松駅から西来院へのアクセスは約3キロ車で約11分の道のりです。浜松城からは約2キロです。

西来院境内の様子

車を降りて境内を歩きました。

西来院についての説明パネル

西来院について書かれていた説明パネルもありました

西来院本堂の外観

西来院の本堂はお寺~という感じのしないモダンな建物でした。

西来院本堂扉にある葵の御紋

本堂の扉には葵の御紋が。高松山西来院は徳川家のお寺というのがわかりました。

西来院本堂内部の様子

境内図がなかったので築山殿のお墓はどこにあるのかキョロキョロ・・・本堂に入れば誰かいるかな?と思い中に入りました。

このお寺近代的で教会のようにベンチが並べられていました。こういう形のお寺は見た事ないです。ちょっと感動。

西来院本堂の中の様子

お寺の本堂にいるのに採光を取り入れた空間といい変わった作りでした。

高松山西来院の掲示板

本堂を出て横にあった掲示物を見る事に。

築山御前月窟廟に関する記述

このお寺のどこにあるのかわかりませんが、築山御前月窟廟というのがあるのは確かです。

松平源三郎康俊に関する記述

また西来院には徳川家康の異父弟で松平源三郎康俊という人物のお墓もあるのがわかりました。

西来院墓地入口

周りを見渡しても境内図がないので、あとは木々が生い茂る墓地の中に入る事にしました。

墓地の奧にあった築山御前月窟廟

先ほど掲示物で見た築山御前月窟廟を見つけました。

築山御前月窟廟の門

近づくと昔からずっと大事にされてたのがわかりました。

築山御前に関する説明パネル

築山御前に関する説明パネルがありました。これを読むと「力において優れていた信長の命令とはいえ三河の為、徳川家安泰のために屈服せざるを得なかった家康の苦悩もさることながら、あまつさえ身に覚えなき「謀反人」の汚名を着せられて、一人淋しく浜松の野に散華した御前の姿を想うとき、いかに戦国乱世とはいえ余りに痛ましき、果かなきに涙を禁じ得ないものがある。中略、御前38歳、家康これを哀れみいおう禅師に命じて懇ろにこの地に葬らしめた」と・・・

築山御前月窟廟入口

築山御前月窟廟の中に入りました。

築山御前月窟廟正面

これが築山殿のお墓です。

築山殿の墓石

墓前に手を合わせました。先ほどの説明パネルを読んだせいもあってちょっと悲しい気分に。38歳の若さで。しかも夫である家康(家臣)に殺されてしまうんですからね。

家康にしても信長の命令で大事な妻と大事な息子を同時に失うんですから、くやしかったでしょうね~。

私にも妻と子はいますから、本来守るべき大切な人を・・そうしないと生き残れない戦国時代の惨さが・・・築山殿にすればまさか夫に・・でしょうね。

築山殿の墓石が悲しんでる姿に見えて・・心の中でうううっと。

築山殿の霊屋と松平源三郎康俊の墓

気を取り直して霊屋のお隣にあった松平源三郎康俊の墓に。

松平源三郎康俊の墓

まったく今まで聞いた事もない人物でしたが、ここに来る前に本堂横にあった掲示板でその人物の生涯が書かれていたので読んだのですが、この方もかなり戦国時代を苦労したんですね~。

西来院に行ってきた感想など

西来院は歴史上表舞台には出てこない築山殿と松平源三郎康俊のお墓があったワケですが、2人とも共通するのが戦国時代という時代に翻弄されて亡くなったというか、なんか悲しい気持ちになる場所でした。説明パネルの文章を読まなかったらここまで悲しむ事もなく、普通にお参りして帰ったと思いますが・・読んでしまったので・・ちょっと悲しい思いをしながらお墓を見て手を合わせたという事になりました。戦国で活躍した武将もいれば、戦国時代にこんな形で生きてた人もいたという事もわかるので築山殿が好きな人は行ってみる価値はあります。戦国ロマンではなく戦国の惨さがわかるかと。ちなみにこの後は築山殿を切った太刀を洗ったとされる池も近くにあるので行ってきました。

築山殿を切った太刀洗の池に行ったよ。で詳しく。

築山殿とほぼ時を同じくして、その息子である徳川信康(岡崎三郎信康)が自害した二俣城やその墓がある清龍寺も同じ浜松市内なので行ってきましたよ。

西来院 DATA

住所:静岡県浜松市中区広沢2丁目10ー1

電話番号:053-452-7584

拝観時間:お寺だから昼間だけでしょう

拝観料金:無料

休み:不明

無料駐車場あり


 

タグ :

静岡県   コメント:1

コメント1件

  1. 戦国未来 より:

    >28歳の若さで。
    案内板にあるように38歳といわれています。

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

CAPTCHA


TOPへ戻る
アクセスランキング