やんばダックツアー

おでかけポコ

各地の温泉(ホテル/旅館/日帰り温泉)・観光地・寺社仏閣・グルメなど【旅とお出かけスポット情報】旧桐生人ポコ

やんばダックツアー(水陸両用バス)


やんばダックツアー(水陸両用バス)


八ッ場あがつま湖を水陸両用バスに乗って遊覧できる「YAMBAダックツアー」が始まりました。乗車券購入場所と乗降場は「道の駅やんばふるさと館」、1日5便あり所要時間は約100分、見せ場は湖に入水する時の大しぶき、スプラッシュインだからその時は前席のほうが迫力は感じます
水陸両用バスが入水する場面
■やんばダックツアー(道の駅やんばふるさと館)■
住所:群馬県吾妻郡長野原町大字林1567-4、ダックツアー問い合わせ電話番号080-2489-6600
乗車賃:大人3500円、12才以下小人2000円、2才以下幼児500円
定員:40名
駐車場:無料
運行時間:第1便(9時~10時20分)第2便(10時40分~12時)第3便(13時~14時20分)第4便(14時40分~16時)第5便(16時20分~17時40分)
定休日:水曜日
公式サイトを見てもこれを書いた時点でネット予約がなかったので今のところ先着順の当日券のみみたい、また天候、水位、運営会社が定める運行基準、交通事情、車両整備、工事、イベント等により、予告なしに運休やコース、時間の変更があります、との事




目次

ギャラリー

チラシ

アクセスや駐車場




■宿泊~川原湯温泉宿一覧

■温泉~八ッ場ダム周辺日帰り温泉一覧


ギャラリー

道の駅やんばふるさと館

乗車チケット購入場所は「道の駅やんばふるさと館」、建物の真ん中辺りに受付カウンターがあります

道の駅に停車する水陸両用バス

道の駅の駐車場に川原湯温泉湯かけ祭りの様子が描かれたデザインの「やんばダックツアー水陸両用バス」が停車してるのでスタッフにチケットを見せて乗車、バスには

やんば大橋を渡る水陸両用バス

定刻になると道の駅を出発して八ッ場ダム側にある八ッ場大橋を渡っての地上走行

やんばダックツアーのルート

ルートはグルっと八ッ場あがつま湖をグルっと一周するような感じで水陸両用バスの「陸」ドライブを楽しみ、川原湯温泉駅キャンプ場近くの道路から湖に入ります

水陸両用バスが湖に

入水

水陸両用バスが入水する場面

ドバっと水しぶき、全席の方が迫力あります、ちなみに窓はないのですがビニールシートで簡易的に作られてるの車内にで殆ど水は入らないが、風に乗って多少はしぶきを感じるかも

湖に浮かぶ水陸両用バス

湖に入り水陸両用バスの「水」遊覧船の始まり~

やんばあがつま湖を遊覧する水陸両用バス

のんびりプカプカと遊覧船のお楽しみ、この光景は全て道の駅近くにある不動大橋から見る事ができます。

私自身は湯西川ダックツアーで水陸両用バスは乗車経験済、これに乗りたい為に栃木県まで行きましたがこれからは群馬県八ッ場あがつま湖でも乗れるのはよい事です。ちなみに迫力ある部分は「入水時」のみ、あとはノンビリと湖の中を遊覧しました、湖上は風を遮るものがないから夏はその風が心地よく、寒いとすっげ~寒いのが乗った感想、夏もいいけど、湖の周りが色づく紅葉シーズンは景色が最高になると思われます。

ルートは今湖を一周して湖に入水して遊覧ですが、湯西川ダックツアーは湯西川ダム見学のセットルートだったから、新型コロナ禍が終われば、もしかしたら?八ッ場ダム見学もついてるルートに変わるかもしれません?どうだろう?


チラシ

やんばダックツアーチラシ


アクセスや駐車場



八ッ場ふるさと館:住所:群馬県吾妻郡長野原町大字林1567-4

アクセスはは関越自動車道渋川伊香保インターから万座温泉草津温泉方面に国道145号線を走って約38キロ、車で約60分。

八ッ場ふるさと館の駐車場の様子

道の駅八ッ場ふるさと館の駐車場は建物前の第一駐車場の他に第二駐車場、第三駐車場もありました

道の駅八ッ場ふるさと館バイク駐輪場

バイクの駐輪場は建物の周りにあります

 

タグ : 

群馬県 長野原町 川原湯温泉/八ッ場   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ投稿覧

TOPへ戻る
 プライバシーポリシー お問い合わせ