那須とりっくあーとぴあ

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

那須とりっくあーとぴあに行った

那須とりっくあーとぴあ(トリックアート美術館)に行った


各地にトリックアート美術館はありますが、その殆どの作品を制作してる日本で唯一アトリエがあるトリックアート美術館が「那須とりっくあーとぴあ」でそれぞれ趣向が異なる「トリックアート館」と「ミケランジュェロ館」と「トリックアート迷宮?館」と3つのトリックアート美術館があります。

トリックアートの外壁


住所:栃木県那須郡那須町高久甲5760 電話番号:0287-62-8388
営業時間:9時~18時(8月)、9時30分~17時(10月~3月)、9時30分~18時(4月~7月と9月) 休館日:年中無休
入館料:3館とも幼児無料、1館~高校生以上1,300円小中学生800円、2館~高校生以上2,000円小中学生1,300円、3館~高校生以上2,700円小中学生1,800円、駐車場:無料


目次

トリックアートの館とミケランジェロ館とトリックアート迷宮?館の違い

料金と割引

館内の様子と感想や口コミ

パンフレット

アクセスや駐車場




トリックアートの館とミケランジェロ館とトリックアート迷宮?館の違い

初めて行った時はどこのトリックアート館が良いのか迷いました。結局行った時期を変え2度に分けて3館全部見みました。作者には大きな違いを持って制作してるんでしょうが、観光客目線だと、どの館も素晴らしいトリックアートの作品が楽しめて面白く、順番をつけるのは難しい・・・・・

ミケランジェロ館はルネサンス時代の芸術品をモチーフとして制作されてるのが多いので、TVや本やネットで見た事があるのがトリックアートになるとこのように変わるというビファーアフターの感動があったし、スケールの大きい巨大なトリックアートもありました。歴史ある芸術作品をトリックアートだから大人向きという見方もできるけど、子供でも楽しめる。

トリックアート館もトリックアート迷宮?館も作者の発想から出来た面白い作品なかりで、どうしてこーなるんだろう?よく考えて作ってるなぁ~などの感動もあった。トリックアート館はトリック坊やのキャラクターや動物系作品も多くポップで明るい感じのイメージ、トリックアート迷宮?館はアドベンチャーゾーンもあって仕掛けによる冒険的順路もあり恐竜や怪物など怖くはないのですがクリーチャーものの作品があったりしました。

私の場合子供が小学生の時家族で初めて「トリックアート館」だけ家族皆感動!子供は大好きな所となりました。次は大人だけで隣接してたミケランジェロ館とトリックアート迷宮?館と2館巡りましたが、これも楽しかった。

子供目線で無難なのはトリックアート館で次にトリックアート迷宮?館かな。大人目線なら3館どこでも良いという感じ。

写真を撮ったりクイズに答えたり、仕掛けを攻略しながら館内を巡るので所要時間は1館あたり約1時間を見ておいた方がいいと思うから、自分が都合つく時間から何館見て巡るかを決めてもいいかも。



割引と割引

入館料金

入館料は、3館とも幼児は無料で1館見るだけは高校生以上1,300円小中学生800円、2館巡りは高校生以上2,000円小中学生1,300円、3館巡りは高校生以上2,700円小中学生1,800円

那須とりっくあーとぴあ割引券

那須はどこかの観光施設やお店などにバラマキ型の割引券が置いてあるから比較的簡単にこの割引券は手に入ります。この券で100円割引、JAFの会員証提示でも100円割引ですが、那須とりっくあーとぴあ公式割引クーポンをスマホで開いてから画面をチケット売り場で見せれば200円割引。

那須とりっくあーとぴあ前売りチケット料金表など

那須とりっくあーとぴあ行く前に立ち寄り前売チケット購入すると1館200円割引、2館と3館はそれぞれ300円割引→「道の駅那須高原友愛の森(地図)」「那須町観光教会(地図)」、前売りチケットは2館や3館巡りの人はスマホ画面割引よりさらに100円お得。



館内の様子と感想や口コミ

キャラクターがいるトリックアート

トリックアート館は最初から仕掛けが面白い館

ゴリラに食べられるトリックアート

館内は明るめな感じの作品が多い。

ミロのヴィーナスのトリックアート

ミケランジェロ館のミロのヴィーナス、絵には見えない。

礼拝堂のトリックアート

システィーナ礼拝堂の5分の3サイズで再現した空間のトリックアート。真ん中奥にいるのが本物の人サイズだから驚愕のスケール感!声も響くリアル感でした。天井、壁など全部手書きなんだそうです。

礼拝堂の人の絵

この大型礼拝堂の中は全てトリックアート、脇のベンチの人も絵。上の写真は本物人間1名いますが。

アンジャッシュ 児嶋 さんがトリックアートに加わる

王様のブランチ見てたらアンジャッシュ児嶋さんが、この礼拝堂の壁の人に加わってるそうです。

トリックアールnアプリ

アプリを使えば礼拝堂に落ちてくる火の玉などと一緒の動画も撮れる。

壁に描かれたトリックアート

この中に本物人間がいます。仕掛けだらけだから写真撮りっぱなし

真実の口のトリックアート

真実の口もリアル~

岩の怪獣のトリックアート

トリックアート迷宮?館~食べられる~

ドラゴンのトリックアート

ドラゴンゲット!各館の一握りの作品写真ですが、どの館も面白い作品ばかりでした。

私自身1人旅などして色々観光したり、1人博物館などもよく行きますが、トリックアート美術館1人は無理!見る位置で作品が変わるというトリックアートだけは楽しめますが、作品の中に人が入って映えるトリックアートは撮影してくれる相棒がいないと。だから家族連れ、友達、グループ、カップルなど2人以上で行った方がワイワイ楽める所でした。また那須に来て天気が雨だった時には最高の観光スポットにもなるかと。

これから行く人は、段々と動画で撮ると映えるトリックアートも増えてきたから、スマホやカメラの空きも確認しておいた方がいいかも。

アトリエ館入口

3館の他にアトリエ館もありました。

アトリエの看板

見学自由で無料!

トリックアートを描いてる様子

日光とりっくあーとぴあ」も「那須とりっくあーとぴあ」姉妹館だからここで描いてるというのを聞いた事がありましたが、全国のトリックアート美術館へ収める作品の殆どはこのアトリエで制作してるそうです。凄いですね~。



パンフレット

那須とりっくあーとぴあパンフレット1

那須とりっくあーとぴあパンフレット1

那須とりっくあーとぴあパンフレット2

那須とりっくあーとぴあパンフレット2

ミケランジェロ館パンフレット1

ミケランジェロ館パンフレット1

ミケランジェロ館パンフレット2

ミケランジェロ館パンフレット2


アクセスや駐車場



那須とりっくあーとぴあへのアクセスは東北自動車道那須インターチェンジから約4.2キロ車で約6分の道のり。

3館のアクセスマップ

トリックアート迷宮?館とミケランジェロ館は隣どうしで トリックアートの館はそこの館とポツンと約600m離れている場所にある。

トリックアートの館前に無料駐車場

トリックアートの館前に無料駐車場

ミケランジェロ館前に無料駐車場

ミケランジェロ館前に無料駐車場

トリックアート迷宮?館前に無料駐車場

トリックアート迷宮?館前に無料駐車場


 

タグ :

栃木県 那須温泉/那須高原   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ投稿覧

TOPへ戻る
アクセスランキング  プライバシーポリシー お問い合わせ