cafe千両茶屋

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

cafe千両茶屋で天然氷のカキ氷を食べた

味の隠れ家cafe千両茶屋で天然氷のカキ氷を食べてきた

日光の夏のスィーツと言えば天然氷のカキ氷が有名ですよね。そして今は日光市以外のカキ氷店でも日光の天然氷が使われてるお店が多くなってきました。なぜに?日光の天然氷が有名なのか?それは大正時代に600軒以上あった天然氷を作ってる業者さんが今はたったの7軒しかなく、そのうちの3軒が日光市にあるというから驚きです。その中の一つである「松月氷室」の四代目である吉新さんがTV番組の中でオススメしてた「美味すぎるカキ氷BEST3」のお店に「cafe千両茶屋」が入ってたんです。天然氷を作ってる業者さんがテレビ番組で発表したから、そりゃ~もう行くっきゃないという事で家族揃ってそれ目当てで行ってきました。






目次

お店の様子とメニュー

天然カキ氷を食べた感想と口コミ

アクセス、駐車場、住所、電話番号、営業時間、定休日




お店の様子とメニュー

店外の行列の様子

8月16日というお盆真っ只中ですから日光街道は渋滞中・・やっと13時30分のお店に到着。数組のお客さんがお店の前に行列を作ってました。

名前を書く紙

名前を書いて待つ事も並んでいた他の人に聞いて書きました。この日はカキ氷の受付は15時30分まで、1組4名までの受付となってました。手書きだったから日によって多少違うかもです。

日光やきいものメニュー

このお店はカキ氷以外にも紅天使という日光焼き芋もあるようです。

テイクアウトできるヨーグルト

焼き芋はテイクアウトできるようになってました。

外にあった黒板メニュー

外にカキ氷メニューもありました。

外から見えた店内の様子

お店の外からガラス越しに店内が見えてて新しく出来た綺麗なお店という感じ。外にイスの用意もなく待ってるのが大変でした~口福のふわトロかき氷が早く食べた~い!

ガラス越しに見える席に予約席の札があるのですが、まったく誰も座らない・・・この席をTV番組でタレントが座って食べてるのは見た事ありまいたが・・・夏だから外は暑く待ってる人は皆疲れてる表情を・・・嫁も娘も立ったままギブアップ寸前でした(笑)私の前に5組いただけなんですが・・・・結局入店できたのが14時30分だったので、約1時間待ちました~。


天然カキ氷を食べた感想と口コミ

店内の様子

最初5組だったからまさか1時間待つとは思わなかった・・・店内はテーブル席で5卓だったかな?少な目でした。このお店は呉服屋を営んでる店主が開いたカフェなんだそうで和服で訪れても似合いそうな感じのお店でした。

天然カキ氷メニュー

外の黒板にもカキ氷メニューありましたが、店内は写真入りメニューでした。このメニューには「当店は削り方にこだわっておりますので、カキ氷のご注文の際にはお時間がかかりますのでご了承ください。また3人で一つのご注文、5人で2つのご注文はお断りする場合もございますのでご了承ください」と書かれてました。カキ氷屋さんて回転があまりよくない商売というのが今回並んで分かったので、確かに1人1注文じゃないと営業大変な気もします。

やき芋のついた和風黒蜜きなこ

私と嫁は松月氷室の四代目がお勧めしててTVに出た「やき芋のついた和風黒蜜きなこ」800円。

嫁はこだわりのマンゴーシロップと酸味と甘みがサイコー!!それに濃厚でクリーミーなスィーツの様なヨーグルトが付いてくればもう無敵!!という「濃厚スィーツヨーグルトの付いたマンゴーカキ氷」800円。

厳選されたとちおとめを使い、心地良い酸味とオリジナルの練乳とのコラボをお楽しみ頂けます。甘すぎない大人のイチゴソースをご賞味ください。という「濃厚スィーツヨーグルトの付いたイチゴミルク」800円。

と外で1時間も待ってたのに店内でも悩んでいた・・・・・・

やきいもの付いた和風抹茶ミルク

娘は「やきいもの付いた和風抹茶ミルク」800円。

黒蜜ときな粉がたっぷりかかってたカキ氷

カキ氷の表面にたっぷりと黒蜜ときな粉がたっぷりかかってました。

粉雪のようなカキ氷

かつお節を薄く削ったようなカキ氷はよく食べますが、千両茶屋の氷は粉雪をさらに細かくしたような感じで、これも口の中に入れるとフワっと溶けて軟らかい完食で美味しい。黒蜜は濃厚でチョコレートソースのようにた~っぷりかかってたから、私にとってはかなりの激甘。甘いのが大好きな人には最高じゃないでしょうか。この黒蜜は自家製なんだそうです。

氷の中に白玉

氷と違う完食がスプーンに当たる。

大き目な白玉

中には白玉が何個か入ってました。

抹茶カキ氷

結構量があって、嫁も娘も途中でパパあと食べて~という事で・・・・宇治抹茶と自家製ミルクがかかってるそうで、黒蜜きな粉味のより甘さ控えめでサッパリしてました。個人的にはこっちの方が口に合ってたかな?いずれにせよ、氷はまろやかで軟らかく暑い日には最高の味で美味しかったです。

冷やされた焼き芋

初めて食べたヒンヤリ冷たい焼き芋、温かい焼き芋のホクホクとまったく口当たりが違いました。ゼリーとは違いますが・・・何というか固いゼリーのようななめらかな食感でで全く想像してなかった舌触り。温かい焼き芋より甘さが凝縮されてるのか、黒蜜きな粉並の激甘でした。これはこれでとても美味しかったんし、カキ氷も旨かったです。

私にとっては激甘+激甘の組み合わせだったから、しゃっぱいものを欲したくなるほど口の中に甘さが詰め込まれたって感じにもなりました。甘いの大好きな人には、この組み合わせが最高なのかもですがね。

外から見えた店内の様子

食べ終ったのは15時15分くらい。で予約席とあったテーブルは結局誰も座らず・・・お客を座らせない意味があったのかも知れないけど、外で立ったまま長時間待ってる人たちが多数店内からも見えてたんだから臨機応変に対応して欲しかったなぁ~。


アクセス、駐車場、住所、電話番号、営業時間、定休日



cafe千両茶屋:栃木県日光市御幸町601-3 電話番号:0288-53-2208

営業時間:10時~17時まで、定休日:不定休

アクセスは、日光宇都宮道路日光インターから約1.6キロ車で渋滞なければ約4分。清滝インターから約5キロ、車で渋滞なければ約8分。

東武日光駅から日光東照宮方面に歩いて約800m、時間で約12分。日光東照宮から約1.6キロ、歩いて約23分、どちらかというと駅寄りの場所にお店がありました。

cafe千両茶屋の無料駐車場の様子

駐車場は店横にありましたが、写真の通り駐車台数はわずか・・・・空いてたらラッキーって感じです。

市営日光御幸町駐車場の様子

私は少し食べ歩きもしたかったので近くの市営日光御幸町駐車場に停めました。普通車1日510円でした。

千両茶屋周辺の駐車場マップ

カフェ千両茶屋のお店の近くには有料ですが駐車場はいくつかありました。

 

タグ :

栃木県 日光・鬼怒川温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

CAPTCHA


TOPへ戻る
アクセスランキング