チロリン村

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

チロリン村で日光天然氷のカキ氷を食べた

日光霧降高原チロリン村で日光天然氷のカキ氷を食べた


早春時期にチロリン村の前を走った時は閉まってて、ここは一体何だろう?と思った場所。さて夏になると日光天然氷のカキ氷の番組も増えてきてそこでここは四代目徳次郎という天然氷を作る蔵元直営店であるカフェ・アウルというお店があるのを知りました。日光には三棟の蔵元がありますが、今まで食べてたは松月氷室の氷を使ったカキ氷ばかり、初めて別の蔵元のカキ氷を食べられるとワクワクして桐生からその為だけに行ってきました。

カキ氷と嵐

このカキ氷、以前人気グループ嵐のメンバーは全種類食べた嵐の聖地の一つなんだそうです。

営業期間は4月下旬~11月上旬で冬季は休業、営業期間中の定休日は火曜日、営業時間は10時~17時

チロリン村の園内マップ

チロリン村はカキ氷が食べられる「カフェ・アウル」の他にエアーライフルやパターゴルフ、アーチェリーで遊べたり、村内に毎年6月中旬から7月上旬に花が咲くニッコキスゲ群生地もあり自然散策コースもある。入場料は無料、駐車場も無料だから気軽に立ち寄れるかと。




目次

お店の感想や口コミ、メニューなど

アクセス、駐車場、住所、電話番号




お店の感想や口コミ、メニューなど

チロリン村のカフェアイル正面

駐車場を降りたら目の前はチロリン村のカフェアウル。今日は8月最後の土曜日、来る時日光東照宮駐車場空き待ちの渋滞など世界遺産地区は混雑してましたが、霧降高原へ向かう道は空いてて快適ドライブ。おそらく真夏の世界遺産地区の松月氷室千両茶屋などは行列ができてる予想をたてて、あえて霧降高原にあるチロリン村まで来ました。行列はできてなくてホッ!

注文の順路

でもたまたまこの日は行列がなかったのかも?カフェをぐるっと回るように列ができてもいいように注文する為の順路がありました。チロリン村も日光天然氷を作ってる蔵元の直営店だから混む日はかなり混むんだと思います。

四代目徳次郎日光天然のかき氷

カキ氷のメニュー

ブルーベリーカキ氷

ブルーベリーは日光産

カキ氷の看板メニュー

とちおとめ使用のイチゴ味のカキ氷もありましたが、看板メニューは戦場ヶ原で育てた夏イチゴを使ったカキ氷なんだそうです。

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー、他にもNYスタイルチーズケーキやクリームチーズケーキ、チョコレートシフォンや紅茶とスパイスのシフォンケーキなどもあるそうです。

注文口

悩みまくって注文。番号札を渡されたら呼び出しされて取りにいくセルフ方式。

「プレミアム生イチゴミルク」と「はちみつレモンミルク」

看板メニューの「プレミアム生イチゴミルク」と「はちみつレモンミルク」ができました。

カフェ店内の様子

食べ始める時は席がいくつか空いてましたが、食べてる最中は満席に。注文にプチ行列もできてました。

ペットOKの席の様子

カフェアウルは人間だけの席と、ちょっと離れた所に犬などのペットと一緒に食べられるワンチャンOK席もありました。

プレミアム生イチゴミルク

プレミアム生イチゴミルクは生の苺10個も使ったシロップがかかってるので、ミルクの味より苺の味が濃厚。酸味も効いててサッパリした味、ミルクは栃木県産牛乳から作った自家製練乳なんだそうです。フワフワのカキ氷だから口に入れればサっと溶けて旨い!

はちみつレモンミルク

はちみつレモンミルクは、はちみつ味が強く、酸味は感じず甘く旨い!私個人的には苺は美味しいけど酸味に弱いから途中で連れとチェンジ!連れは酸味好きだからお互いニコニコ。つつじが岡公園で秩父の天然カキ氷を食べた時は、氷そのものに雑味を感じましたが、やっぱり日光の天然氷は旨い。氷自体に雑味を感じず、口当たりもよく美味しかった~

器自体は小さいというか普通サイズというか、固めて器にのせてないから、あっという間に完食。御馳走様~。

チロリン村のお土産

食べ終わった後はチロリン村散策。カフェアウルの隣はお土産屋さんで王様のブランチでも紹介されたアップルジュースや手作りジャムや雑貨が置いてました。

路面電車日光軌道の車両

自然散策コースの方には路面電車日光軌道の車両があったり。

パターゴルフ場

少し歩くとパターゴルフ場などの遊戯施設がありました。

遊戯料金表

遊戯料金も良心的なお値段。

霧降隠れ三滝の案内

またチロリン村から霧降隠れ三滝まで行きやすいそうです。丁字ヶ滝へ徒歩で約15分、玉簾の滝へ徒歩で約30分、マックラ滝へは徒歩で約45分ですが、チロリン村からマックラ滝へ1名1,000円の乗車賃でシャトルカートがあるから楽々行けるんだそうです。次はカキ氷と滝のセットで行ってみようっと。



アクセス、駐車場、住所、電話番号



日光霧降高原チロリン村:住所: 栃木県日光市所野1545-3 電話番号:0288-54-3355

日光霧降高原チロリン村へのアクセスは日光宇都宮道路日光インター約5.8キロ車で約9分、日光東照宮から約5.4キロ車で約10分、江戸ワンダーランド日光江戸村から約19.3キロ車で約30分、霧降の滝から約2.1キロ車で約3分、大江戸温泉物語日光霧降やVIVAハワイアンズから約1.4キロ車で約2分。

私の場合カキ氷を食べる目的だけで桐生市街地から約68.1キロ車で約90分走って着きました。

道路沿いにあったチロリン村

霧振高原のメイン道路沿いなのでわかりやすいです。

チロリン村の駐車場

カキ氷を食べるカフェ・アウルの前に無料駐車場がありました。

 

タグ : 

栃木県 霧降高原   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ投稿覧

TOPへ戻る
アクセスランキング  プライバシーポリシー お問い合わせ