ホテル鬼怒川御苑

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

ホテル鬼怒川御苑に泊まったよ

ホテル鬼怒川御苑に泊まったよ。


大人になってからの初めての鬼怒川温泉宿泊で選んだ宿はホテル鬼怒川御苑でした。選んだ理由はズバリ!安かったから!です。

大江戸温泉物語が経営してるホテルは今回で3回目ですが、過去2回とも値段が安い割には、食事も良いし、客室も清潔感はあり、また接客態度も良かったから満足度は高かったです。だからホテル鬼怒川御苑を予約しても全く心配なしでした。

しいて悩むとすれば、ホテル鬼怒川御苑と鬼怒川を挟んで対岸にある同じく大江戸温泉物語の鬼怒川観光ホテルどちらがいいか?でしょうね。私の場合は、泊まりたい日に予約が取れたのがホテル鬼怒川御苑しかなかったから悩みようがなかったですけど・・・・

ホテル鬼怒川御苑

ホテル鬼怒川御苑の外観です。すぐ近くに散歩できる橋がかかってるので外から見る事ができます。一番左の建物が淡雪の館で旧館です。真ん中の建物が月光の館という本館でフロントがあります。一番右が百花の館という新館になります。外観写真ではわかりにくいのですが、それぞれの館の外装の壁の色を見るとどれが新館でどこが旧館か外から見てもわかりました。

ホテル鬼怒川御苑は昭和47年営業を開始し、平成7年に百花の館を新築しましたが営業不振や銀行破綻などから平成18年に民事再生法となり、そしてその後、大江戸温泉物語が経営するヒテルチェーンの一つとなったホテルだそうです。前経営者が規模を拡大した事で客室225室、収用人員約1300名の鬼怒川温泉地区上位ホテルになったホテルなんだそうです。ホテルの中だと大きいのはわかりますが、外から見ると3つの宿泊棟がある巨大なホテルというのが実感できました。




2018年8月31日までの期間限定でスペアリブ&ステーキやチーズフォンデュをはじめとした夏だけの特選メニューだそうです。






目次

チェックイン、フロント、ロビーの様子

浴衣

滞在中損をしない為に

Wifi

部屋、アメニティ

館内の施設、設備

食事

お風呂

お土産・売店・自販機

鬼怒川御苑に泊まった感想、口コミ

近くにコンビニは?

ホテル周辺

アクセス、駐車場

パンフレット、住所、電話番号




チェックイン、フロント、ロビーの様子

ロビーラウンジの大きな窓

ホテル内に入ってロビーが広く大きな窓からの景色に圧倒されました。

ロビーラウンジの様子

ロビーラウンジを見ただけでもとにかくデカイしゴージャス!とても安価なホテルとは思えなかったです。

フロント

まずはチェックインをしにフロントへ。

チェックインの様子

チェックインの時はフロントマンが館内案内図を広げて、客室までの行き方、お風呂の場所、入浴時間、食事の場所、食事時間などを丁寧に説明してくれました。

私は17時過ぎのチェックインと遅めだったので夕食の時間は19時~20時30分とラスト組しか空いてなかったです。おそらく15時近くのチェックインだったら17時30分の早い食事時間か遅い時間か2部制だから選択できたと思います。

館内案内図

館内案内図はA3サイズで字もハッキリ!老眼の私でも難なく読めました。まず、フロント、ロビー階は3階という事がこの案内マップを見てわかりました。

説明を聞いてると過去泊まった事がある大江戸温泉物語伊勢志摩では客室に行くとすでに布団が敷かれてる状態でしたが、鬼怒川御苑では後から敷きに来るのもビックリ!それとも大江戸温泉物語自体が変わったのかな?

ルームキーは1つ。あと夕食と朝食の食券をもらいました。

部屋へ行く時の荷物運びはセルフで客室まで一緒に案内をしてくれる人もいませんが、安価なホテルだからそこは仕方ないですよね。

車イスやカート

沢山荷物があった場合運ぶカートや車イスは玄関に用意されてました。

広いラウンジの様子

さてこの広いロビーラウンジ周辺には何があったかというと、インターネットコーナーとその隣にアンケートコーナー。

ラウンジにあった白いグランドピアノ

白いグランドピアノ、演奏会をしてもおかしくない広さだったから。

無料で持っていけた新聞

客室に持っていける新聞も置いてありました。

周辺観光地の割引券

鬼怒川ロープウェイとりっくあーとぴあ日光など鬼怒川御苑周辺周辺観光地などの割引券やパンフレットなど。

周辺観光地の前売り券

鬼怒川御苑周辺日光江戸村東武ワールドスクエアや日光さる軍団、3D宇宙・恐竜館、鬼怒川ロープウェイ鬼怒川ライン下りのセットなどの割引された前売り券も販売してました。

有料シャトルバスの案内

鬼怒川温泉駅や東武ワールドスクエア日光江戸村に向かう有料シャトルバスの予約もフロントで可能でした。

無料で飲めるお茶

ラウンジでソファに腰掛ながらゆっったり飲める無料のHOTお茶と冷たいお茶など。

ラウンジ前のコーヒー自販機

同じくラウンジで飲めるコーヒーの自販機。

記念撮影用の顔出しパネル

大江戸温泉物語のホテルなら必ず目にする記念撮影用の顔出しパネル。

売店に山積みされたお土産

フロントの反対側にはとても広い売店がありお土産が物凄い種類がありました。

広すぎたから他にも見落としたのがあったかも?



浴衣

浴衣バー

チェックイン後にフロントの後ろ側にある浴衣バーにて自分に合ったサイズの浴衣を選んで部屋に持っていきます。

子供の浴衣

子供用の浴衣もあり、サイズがわかりやすいように背丈を測れる場所もありました。

実際に着た浴衣

他にも薄緑だったかな、明るい色合いの浴衣で暗い色の浴衣はなかったです。

ちなみに帯は客室に用意されてましたしたので、ここでは浴衣だけを選ぶ所でした。



滞在中損をしない為に

いいふろ会員の端末

フロントの横並びにあるいいふろ会員の端末。

いいふろ会員の割引メニュー

いいふろ会員は即時発行で例えば鬼怒川御苑の貸し切り風呂5,000円が会員は2,500円になります。また他にも生ビールの割引券やカラオケの時のおつまみサービスなど。宿泊時に何かお金を使う事をしようとするなら先にこの端末を覗いたほうが割引になるのがあるかも~。またチェックアウト後も端末に寄ると平日次回宿泊代500円割引券なども発行されるかと。

大江戸温泉物語のホテルに泊まったなら、チェックイン後にメニューを見ておいたほうが、後で割引できたんだ~損しちゃった~と後悔しないかも。

またお土産はチェックアウトした後に買うと10%割引になるので早めに買うと損しちゃうかも~お土産・売店・自販機の覧で詳しく。


Wifi

客室では無料wifiはなく、フロント、ロビー周辺で無料Wifiがありました。

インターネットコーナー

またロビーにはパソコンも用意されていてインターネットも可能でした。


部屋、アメニティ

館内にあった案内

鬼怒川御苑は外観上宿泊棟が3棟もある巨大ホテルですが、館内の案内は要所要所に必ずと言ってもいいほどあり、しかも3棟が色分けされてるのでまず迷う事がないようになってました。

客室へ向かう通路

荷物を運ぶサービスや客室まで案内するサービスもないホテルだから自分で運び自分で客室まで向かいました。

この通路は旧館の淡雪の館ですが、改築されてたようで、白壁も綺麗だし、カーペットも綺麗になってました。

おもてなしも飾り

客室ドアを開けるとすぐ飾りがおもてなししてくれました。安価な宿では珍しい~。

綺麗だった部屋の様子

安価な宿でしかも旧館だったからある程度覚悟はしてましたが、清潔感溢れてて部屋に入ってビックリ!綺麗でした。

客室トイレの様子

トイレはユニットでなく独立した小部屋でシャワートイレでした。ここも掃除完璧で綺麗でした。

洗面台とアメニティ

洗面台もこの通りピカピカでドライヤー、付き捨てカミソリやブラシ、ハミガキセットとPOLA製の洗顔&ハンドソープ&シェービングがアメニティとして用意されてました。

バスルームの様子

お風呂も独立して客室にありました。ここも綺麗でした。

客室の様子

カーテンを開けて写真撮るとこの通り、川側に面した部屋だったから眺めもよかったです。

空気清浄機とTVも小さくはなかったです。

客室の様子

クローゼットの下にセイフティボックスがありました。

バスタオルやタオルなど

クローゼット中にはチェックイン時に浴衣バーから持ってきた浴衣に使う帯と浴衣の上に羽織る茶羽織、バスタオル、フェイスタオルと浴場にタオルなどを入れて持って行くためのビニール袋が用意sれてました。

冷蔵庫とポット

空の冷蔵庫とポットはお湯が沸いててチェックインして部屋に来てすぐ使えるようになってました。

お茶菓子とお茶

テーブルの上にはお茶菓子とティーパックのお茶が用意されてました。

空調のボタン

部屋の空調は中央で温度設定されてて吹き出し口の強弱をつけるタイプのものでした。他棟の客室は単独でエアコンが設置されてる客室もあるそうです。

客室からの眺め

部屋の窓からこの眺め。う~ん何度も言いますが安価な宿とは思えない・・

旧館プール

また淡雪の館、旧館プールも窓から見る事ができました。季節外れで水が貯まってませんでしたが大きさは小さめのプールでした。

布団を敷いてとこ

夕飯時には布団を敷いてくれました。部屋自体10畳で2人だったから布団があっても余裕の広さでした。

出前メニュー

夜小腹が空いても安心!2階にある居酒屋さんからの出前のルームサービスでラーメンやおにぎりも部屋で食べられみたいです。

部屋の床の擦れ

綺麗でしたが姑目線で物を言えば淡雪の館が旧館であるとわかる部分もある事はありました。例えば写真のように客室内玄関からの上がり口の床の擦り跡、部屋の壁の擦り跡や、天井のほんの一か所の壁紙が剥げてたなどなど。

総合的には3つある宿泊棟の中で一番古い旧館の客室ではありましたが、古いという事を殆ど感じさせなかったぐらい掃除やリフォームされてて綺麗でした。以前泊まった大江戸系のホテルニュー塩原の旧館はまさに旧館でしたが・・・・

フロント人に聞いたら、一番新しい棟は百花の館でそこが新館だそうです。そして次にフロントやロビーのある本館である月光の館だそうです。ただ百花の館と月光の館は新しさに殆ど差がないとも言ってました。和室の他に洋室や和洋室、特別室もあるみたいですね。

百花の館(新館)・月光の館(本館)のそれぞれの客室写真ギャラリー

今回ホテル鬼怒川御苑に泊まった料金が私は楽天セール+楽天クーポン利用で2人で税込み10,600円、税抜きで1人たったの4,908円で夕、朝食バイキング付きでした。二食ついてこんな安い宿泊料金で旧館といえども綺麗だった客室で、部屋の満足度は十分すぎるほどでしたよ。文句のつけようなかったほど宿泊料金以上の客室でした。

鬼怒川御苑の口コミや特価セールの宿泊料金・クーポンで割引など→楽天トラベルで確認/じゃらんで確認/Yahooトラベルで確認


館内の施設、設備

占いコーナー

月光の館(本館)の1階エレベーター降りてすぐの大浴場入口に「占い」コーナーがありました。

漫画ルーム

占いコーナーから男性用大浴場に向かう途中に漫画コーナーがあり、そこにはオセロゲームも置かれてました。

マッサージ機ルーム

漫画コーナーの隣の部屋はマッサージ機の部屋がありました。

一階のカラオケボックス

漫画コーナーの前はカラオケボックス(カラオケルーム)

カラオケルーム料金表

60分大人500円、子供250円で歌える時間は朝7時~26時までと館内に貼ってあったのですが、部屋にあった案内には24時までと書かれてました。

卓球ルーム

占いコーナーから露天風呂に向かう途中に無料で遊べる卓球ルーム(7時~24時)がありました。

以上全て1階にありました。

2階は

ゲームコーナー

15時から24時までと朝は6時から10時mで営業してるゲームコーナーがありました。対戦できるエアホッケーもありました。

2階カラオケルーム

ゲームコーナーの隣にはカラオケルームが2つありました。利用料金は1階と同じでした。

百花の館にあった二軒の飲み屋のネオン看板

ゲームコーナー→カラオケルームと百花の館の一番奥にはメインクラブ花園とパブ夢小町の飲み屋さんがありました。

パブ夢小町入口

私が行った日は閉まってましたが、ここがパブ夢小町の入口

カラオケバー花園入口

パブ夢小町の隣にあったメインクラブ花園は営業してて少しお客さんが気持ちよくなって歌ってると思われる歌声が漏れてました。

カラオケバー花園メニュー

メニュー表にはバー花園となってますね。60分ワンドリンクで1,000円、飲み放題2,000円なら安いですね。営業時間は20時~24時だそうです。

鬼怒川御苑から少し歩けば飲み屋もありましたが、館内にあるというのは飲んだ後にすぐ部屋に戻れて便利ですね。

カップラーメンの自販機

ゲームコーナー近くに大きな自販機コーナーもあって、ビールやお酒の他にもアイスやおつまみ、カップラーメンもありました。

居酒屋手塚

淡雪の館側の2階には居酒屋手塚も営業してました。ここは20時~23時30分がオーダーストップでした。

居酒屋メニュー

この居酒屋さんはお好み焼きやスイーツも食べられるみたいです。

お夜食処の看板

また夜食処としてラーメンなどのメニューもあるそうです。

出前メニュー

このお店は客室まで出前もしてくれます。便利ですね。

リラクゼーションルーム

居酒屋さんの奥川、淡雪の館の一番奥はリラクゼーションルームになってました。

マッサージメニュー

ほぐしやリンパ、オイルマッサージなどもあるようです。

インターネットコーナー

3階フロント近くには24時間可能な無料のインターネットコーナー

売店に山積みされたお土産

3階ロビー奥には売店(15時~21時、7時30分~10時)

これだけ施設があれば、滞在中はホテル内で十分過ごせますね。


食事

レストラン四季入口

食事会場は夕食、朝食ともに新館である百花の館4階のレストラン四季でした。

淡雪の館や月光の館の4階からでも横移動でレストランに行く事が可能になってました。

カニ食べ放題

私が泊まった日の目玉メニューはカニ食べ放題

ステーキ食べ放題

ステーキ食べ放題

ラーメンバイキング

ラーメンバイキングで醤油や味噌、塩、豚骨、坦々スープ、冷やし中華があり、トッピングのメニューから自分の好きなだけ盛り付けてオリジナルラーメンを作る事ができました。

夕食のメニューの一部

他にもお寿司、お刺身、天ぷら、デザートなどなど沢山の種類のバキングメニューがありました。

飲み放題メニュー

60分間飲み放題は1,500円でしたが単品のアルコールメニューもありました。

朝食チケット

夕食、朝食へはチェックイン時にもらったチケットを持っていきレストラン受付で渡して席を案内されるというものでした。

夕食チケット

夕食は2部制で17時30分からと19時からでした。朝食は7時から9時のワンタイムでした。

朝食のメニューの一部

朝もメニュー豊富でどれにしようか?悩むほどでした。

朝食の食事内容

朝は少な目としたのですが、写真は最初に盛ってきたモノでお替わりをしました。

大江戸温泉物語の食事は値段相応に美味しいのは過去系列ホテルに泊まった時からわかってたので、今回も種類や量に対して申し分なかったです。

特に私の場合、今回泊まった料金が楽天セール+楽天クーポン利用で2人で税込み10,600円、税抜きで1人たったの4,908円で夕、朝食バイキング付きでした。この値段でカニもステーキもお寿司も天ぷらもデザートのケーキなども食べ放題だったから、文句のつけようがなかったです。他のホテルで5,000円以下だったら普通素泊まりでしょう~。さすが大江戸温泉物語は太っ腹です。

宿泊料金1万円以内なら十分満足できる食事メニューであったと思いますが、私の場合は宿泊代金以上の食事内容で今回も大満足でした。

鬼怒川御苑の口コミや特価セールの宿泊料金・クーポンで割引など→楽天トラベルで確認/じゃらんで確認/Yahooトラベルで確認


ホテル鬼怒川御苑のバイキング料理を食べたのページでもっと詳しい夕食メニュー、朝食メニューやドリンクメニュー、会場の様子などを書いてます。


お風呂

占いコーナー

お風呂へは淡雪の館、月光の館、百花の館どのエレベーターでも1階に行けばお風呂があります。1階は3館が全部繋がってるので横移動できました。
男性用大浴場だけは百花の館地下1階だから占いコーナーと女性用大浴場前から通路を歩いて階段で下って行きました。

男性用大浴場の様子

洗い場が21人分もあり浴場内がとにかく広く湯船も超デカかったです。

男性用大浴場からの見晴らし

また男性用大浴場は内湯ですが、見晴らし大浴場「清流の湯」という名の通りガラス越しに昼間は眺めが良かったです。

見晴らし大浴場「清流の湯」の様子

女性用大浴場は月光の館のエレベーター横が入口で男性用湯船の4割くらいの広さですが、岩などが浴槽内に置かれていて趣の良いお風呂。

男女とも大浴場またサウナも併設されてましたていてサウナは22時まで翌日6時~10時まで。大浴場の入浴時間は24時までで、朝は5時から10時まででした。

女性専用露天風呂の様子

露天風呂は洗い場がなく、大体大人8人が中心に向かって脚を伸ばして入っても余裕にくつろげるくらいの大きさでした。

柵と目隠しの木々があって、内湯より眺めは良くなかったのですが、気持ちよく入浴できました。露天風呂は23時まで。次の日は朝6時から10時まででした。

貸し切り風呂の様子

貸切風呂は露天風呂の隣にあって50分間5,000円(いいふろ会員2,500円)でした。他の温泉宿でいう貸し切り風呂のサイズでなく、大浴場サイズで泳げる広さでした。内湯ですこの広さを独占できるのはかなり贅沢でした。

ホテル鬼怒川御苑の温泉に入った(日帰り入浴可)のページで泉質や効能、アメニティ、脱衣所や洗い場や浴場内の様子をもっと詳しく書いてます。


お土産・売店・自販機

売店に山積みされたお土産

フロント階にあった売店はおつまみやジュースやお酒もあったのですが、とにかくお土産の種類が多かったです。

婦人服売り場

婦人服も売ってた事から鬼怒川御苑は年配層のお客さんも多い事がわかりました。

売店前にあった営業時間とお土産ベスト5

売店、お土産コーナーの営業時間は15時~21時と7時30分~10時でした。さらにお勧めのお土産ベスト5が書いてありました。

アンケート回答すると10%引きになるお知らせ

おっと!売店でジュースなどを買うならいつでもOKですが、お土産買うならチェックアウト後じゃないと損しますよ

アンケート回答コーナー

チェックアウト後に領収書を持ってロビーラウンジにあるアンケート回答カウンターに行きます。

アンケートを開始する方法

アンケート開始の方法は書いてあるから手順通りパソコンのキーボードやマウスが使える人なら5分もあればできちゃいます。アンケートが終わると番号が出るのでそれを領収書にでもメモってからお土産を買いに。

アンケートを答えた後のその番号で何と!売店で買うものが10%引きになっちゃいます。夕食を食べた後にお土産を正規価格で買うより、次の日の清算アンケート記入後に割引されて買ったほうがお得なんです。

きぬの清流

お土産No,1のきぬの清流は客室に用意されてたお茶菓子ですね。

苺系お菓子のお土産

栃木県の名物である苺系のお菓子やレモン牛乳関連のお土産も沢山ありました。

湯波のお土産

日光だから湯波のお土産も色々ありました。

SL大樹チョコクランチ

鬼怒川温泉駅⇔下今市駅を走るSL大樹の形をした箱に入ってるクランチチョコはベスト5のお土産で値段も手ごろだったので買ってみました。親戚のちいちゃな子供用ですが喜んでくれそうな外装でした。

カップラーメンの自販機

売店は21時で閉まってしまいますが、月光の館(本館)の2階に行けば大きめな自販機コーナーがあり、カップラーメンやおつまみも売ってました。

アイスの自販機

他にもアイスクリームや牛乳などの自販機もありました。

ビールの自販機

ビールや酎ハイなどのお酒の自販機もいくつかありました。

ジュースの自販機

ジュースの自販機も色々なメーカーのものが揃ってましたよ。


鬼怒川御苑に泊まった感想、口コミ

楽天セールで安かったから泊まりに行ってみようか?がきっかけで実際泊まってきましたが、過去2度泊まった大江戸温泉物語のホテル(大江戸温泉物語伊勢志摩ホテルニュー塩原)と比べるとスタッフは元気よく、応対もよく、掃除スタッフ、調理スタッフの人もスレ違えば挨拶してくれるし、お出迎え、お見送りなど接客部分は一番感じがよかったです。

鬼怒川御苑の感想や口コミは宿泊料金で変わると思いますが、私の場合は楽天セール+楽天クーポン利用で2人で税込み10,600円、税抜きで1人たったの4,908円で夕、朝食バイキング付きでしたから、客室は旧館でしたが古さはあまり感じず、掃除を行き届いていたし、眺めも良かったから十分満足でき居心地もよかったです。旧館でも通路を歩く音や、階上の人の足音、隣どおしの客室からも音は聞こえず夜から朝までぐっすり眠る事ができました。

また食事に関しても、本当に宿泊代金約5,000円なのにカニやステーキやお寿司など食べ放題でもいいの~という超お得感で大満足。他宿だったらこの値段素泊まり料金でしょー。ハッキリ言えばOグループやIグループのホテルも鬼怒川温泉にありますが、料理の食材の良さと味は間違いなく鬼怒川御苑に軍配が上がると思います。

お風呂は、貸し切り風呂をいい風呂会員でプラス2,500円で入りましたが、貸し切り風呂料金を足しても2人で税込み13,300円、税抜きで1人あたま6,650円でした。この料金で大浴場、露天風呂、広い貸し切り風呂、バイキングで朝食と夕食の食事もあったんですから大大大満足で最高のコストパフォーマンスのホテルでしたよ。宿泊代8,000円ぐらいまでは旧館でも不満なく泊まれるレベルではないでしょうか?

鬼怒川御苑の口コミ・特価セール割引→楽天トラベルで確認/じゃらんで確認/Yahooトラベルで確認


近くにコンビニは?

鬼怒川温泉自体にコンビニはありましたが、ホテルからは歩いて行くにはちょっと・・・・・という距離でしたから、事前に立ち寄って必要物資を買ってからチェックインしたほうがいいかと。


ホテル周辺

鬼怒川御苑周辺

鬼怒川御苑にチェックインする時にわかったと思いますが、周辺にこれといったお店や観光名所はなかったです。

鬼怒川温泉ふれあい橋へ向かう遊歩道

しかし、百花の館の建物脇には遊歩道があり鬼怒川温泉ふれあい橋が渡れる遊歩道がありました。

鬼怒川温泉ふれあい橋からの眺め

鬼怒川温泉ふれあい橋からは鬼怒川の眺めを見る事ができました。

鬼怒川温泉ふれあい橋からの眺め

ホテルが川を挟んで両側に並んでいていい眺めでした。

鬼の絵

降りてきた遊歩道の階段を振り返ると大きな鬼の絵がありました。

ホテル鬼怒川御苑

そして鬼怒川御苑の建物を見上げると巨大な外観のホテルだという事がわかりました。

周辺観光地の前売り券

歩いては行けない距離ですが、鬼怒川御苑周辺の観光地日光江戸村東武ワールドスクエアや日光さる軍団、3D宇宙・恐竜館、鬼怒川ロープウェイ鬼怒川ライン下りとりっくあーとぴあ日光、龍王峡などがあります。


アクセス、駐車場


ホテル鬼怒川御苑へは日光宇都宮道路今市インターチェンジから約15キロ、車で約20分の道のり。

日光東照宮からのアクセスは約21キロ、渋滞なければ車で約32分。

華厳の滝からのアクセスは約37キロ、渋滞なければ車で約50分。

東武ワールドスクエアからのアクセスは、約3キロ、車で約3分。

日光江戸村やとりっくあーとぴあ日光からは約5キロ、車で約8分。

私の地元桐生市街地からは約85キロ、直行の場合は車で約110分でした。

鬼怒川温泉駅からは約1キロだから徒歩で約10分です。

シルクエクスプレスのチラシ

JR宇都宮駅東口から片道500円で鬼怒川温泉有名ホテルに行くシルクエクスプレスに乗ればホテル鬼怒川御苑まで行く事も、帰りのバスもあるようです。鬼怒川御苑バスシルクエクスプレスチラシ(拡大)

ホテル前の無料駐車場

無料駐車場はホテルエントランスにあるのですが・・数台しか駐車できるスペースはなかったです。

ホテル鬼怒川御苑のエントランス

チェックインは15時から、日帰り入浴は15時となっていて、15時からエントランスに複数のスタッフがいて駐車場を案内してくれると思います。

車をホテル玄関につける。お出迎えの人たちがこんなにいる大江戸温泉物語は初めて見た~と思ったのですが、やはり車から荷物を降ろす、ホテルに運ぶはセルフでした。

運転者はここから離れた駐車場に車を走らせ、一緒にホテルのミニバン(バス)もついていって、指定された駐車場に車を停めたら、そのホテルのミニバン(バス)に乗ってホテルに行くというシステムでした。

ホテル鬼怒川御苑のミニバン

チェックアウト、帰りの時も駐車場まで送って行ってくれました。

私が指定された鬼怒川御苑第3駐車場、第2は隣でホテルから600m前後離れていたので、車の中に忘れモノをしないようにしないと・・・・


パンフレット、住所、電話番号

ホテル鬼怒川御苑パンフレット

ホテル鬼怒川御苑

住所:栃木県日光市藤原1-1

電話番号:0570-061-126

私は楽天クーポン+楽天トラベルセールで大人2名税込み10,600円で泊まる事ができました。

ホテル鬼怒川御苑の口コミや宿泊料金など→楽天トラベルで確認/じゃらんで確認/Yahooトラベルで確認


 

タグ : 

栃木県 日光・鬼怒川温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

CAPTCHA


TOPへ戻る
アクセスランキング