日光裏見の滝

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

日光裏見の滝は裏から見られないけど素敵な滝だった

日光裏見の滝は裏から見られないけど素敵な滝だった

世界遺産日光の社寺に割と近い神橋の下を流れてる大谷川の支流の一つ荒沢川の上流部に裏見の滝がある。名前の通り裏から見られる滝でしたが現在は通行不能で表側からしか見る事ができませんが、本流の高さ45mの滝以外にも少量の小さな滝(湧き水が染み出してるかは私はわかりません)がいくつかあって、素敵な滝でした。昔松尾芭蕉も感動したようで「暫時は滝に籠るや夏の初」と句も詠んでるそうです。




目次

遊歩道と滝の感想や口コミ

【2019年】紅葉の見頃は?

アクセス、駐車場




遊歩道や滝の感想や口コミ

紅葉ピークだった裏見の滝駐車場

この日裏見の滝駐車場は紅葉のピークなの?というぐらい鮮やかでした。

ちなみに裏見の滝の観瀑料金は無料、駐車場代金も無料でした。

登りの階段がずっと続いていた遊歩道の様子

駐車場の目の前は急斜面に階段がある裏見の滝へ続く遊歩道となってました。

丹勢山麓散策の遊歩道マップ

この遊歩道は丹勢山麓散策の遊歩道で裏見の滝、さらに歩き続けると初音の滝(はつねのたき)、さらに奥に進むと慈観の滝(じかんのたき)があるようです。

遊歩道の様子

山登り苦手な私は少し上がっただけで疲れが・・・どこまで上り坂が続いてるのか?下ってくる人に尋ねたところ、「あと半分くらい上ったら下ってほぼ平坦な道、全部で15分くらいですよ」との事なので、さらに上を。

高い所まで上ってきた様子

振り返ると結構登ったよね~と実感。

遊歩道の橋

上り終了。

遊歩道から見えた川

歩きながら眼下に川も見えました。駐車場は紅葉真っ盛りでしたが、遊歩道では紅葉終了!

紅葉の裏見の滝を目的に来ましたが、遊歩道側は葉っぱが散ってた事で景色がよく見えて疲れも癒されました。

遊歩道から見えた滝

葉っぱがあったら裏見の滝に行く前に見えたこの滝も見えなかった事でしょう。葉っぱがなくて良かったかも?

清山院地蔵尊

遊歩道脇にお地蔵さん発見!そこの説明板には『清山院地蔵尊由来 寛永元年(一六二四)奥州出羽三山より羽黒山荒澤不動明王が、この地に勧請されました。〇来修行・信仰霊場として栄えたが、明治以降は廃れてしまいました。日光修験行者清山院健康見(故石島康男)師は、昭和四十年代より有志と共に再興を発願、以来五月、十月の二十八日には荒澤不動尊護摩供が修されてきました。ここに師の遺徳をたたえて菩〇を願って地蔵尊を建立する』と書かれていました。*一部読みとれない漢字あり

裏見の滝

駐車場から階段上がって、遊歩道で下ったりして約15分。裏見の滝に到着。一目見て「ワーオ!絶景なり」上の写真は人が映りこんでるので大きさや広さがわかると思います。

観瀑台から見た裏見の滝

大きめな観瀑台もあり、目の前で滝も見られたし、水量の音も大迫力でした。滝の岸壁に斜めの筋が見えましたが、あれがかつて滝の裏側の遊歩道!だから「裏見の滝」、今は裏から見られないけど「裏見の滝」

滝を見る前にあったお地蔵さんの説明に「羽黒山荒澤不動明王が、この地に勧請されました」とあったけど、崖の中の遊歩道に不動明王があると聞いた事があるからそれなのかな?

大迫力だった滝の様子

裏見の滝も迫力あるんだけど、裏見の滝の左側、観瀑台の目の前にも滝があって、大迫力の水音はこっちかも。

 虹が出てた裏見の滝

虹も出てて素晴らしい滝の景色が堪能できました。

昔はこの辺りが霊場で修行の場という感じがするほど、そんな感じのパワースポット感もありました。また松尾芭蕉も1689年頃に日光に来てこの裏見の滝を見て感激したから句を詠んだんでしょうね。ここは華厳の滝、霧降滝とともに日光三名瀑の1つだけあってマジに見応えある景色でした。

紅葉の裏見の滝

私はちょっと遅かったですが、紅葉の裏見の滝も綺麗なんだそうです。また緑やコケが青々と映える初夏の裏見の滝もジブリの世界のようで見応えあるそうです。また来ようっと。



【2019年】紅葉の見頃は?

裏見の滝の紅葉の見頃は例年なら大体10月下旬から11月中旬だそうです。

上の遊歩道の様子でも書いてますが、駐車場と滝とでは標高差があり、駐車場側が見頃の場合は滝周辺や遊歩道はすでに紅葉は終わってました。

残暑ならと冷夏だった時とで、見頃も変わると思いますが、滝周辺なら10月下旬の下旬から11月上旬の上旬の間が良さそうです。


アクセス、駐車場



裏見の滝:住所:栃木県日光市の山奥

裏見の滝駐車場までのアクセスは、日光宇都宮道路日光インターから約7キロ渋滞なければ車で約17分。清滝インターから約3.4キロ、車で渋滞なければ約10分。

JR日光駅または東武日光駅より東武バス湯元温泉行または中禅寺温泉行バス乗車約15分、「裏見の滝」バス停下車。停留所からは、なだらかな上り坂が続き歩いて約45分。

裏見の滝の場所

日光東照宮二荒山神社輪王寺からなら約5キロ渋滞なければ車で約10分、金谷歴史館田母沢御用邸記念公園から約3.6キロ渋滞なければ車で約8分。

華厳の滝中禅寺立木観音からなら約15キロ渋滞なければ車で約30分、日光湯元温泉からなら約28キロ渋滞なければ車で約40分、鬼怒川温泉からなら約26キロ渋滞なければ車で約40分。

裏見の滝駐車場

裏見の滝駐車場から裏見の滝まで遊歩道を歩いて約15分。また、この駐車場には公衆トイレもありました。

 

タグ :

栃木県 日光市   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

CAPTCHA


TOPへ戻る
アクセスランキング