大笹牧場

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

大笹牧場に行った

日光霧降高原大笹牧場に行った


霧降高原の夏なら涼しい標高1030m~1320mにある牧場で、362haもある敷地の中にはブラウンスイス牛をはじめとした牛、馬、羊などが放牧されていて、本来の牧場として営業とフィールドアスレッチックや乗馬体験、オートキャンプ場、レストランやお土産売店など観光といても楽しめる牧場となってました。

まず、入園料は無料駐車場も無料!子供の遊具無料!ドッグランもあって犬ワンチャンOK(ダメな場所もある)とお財布にも優しい。

1~2月以外は無休、営業時間は4月~11月が8時45分~16時45分(レストラン9時~16時)、12月が9時~16時30分(レストラン9時30分~15時45分)、1~2月が9時30分~16時(レストラン9時30分~15時30分)、3月が9時~16時30分(レストラン9時30分~15時45分)

大笹牧場内で記念撮影

ここに車で大笹牧場は「おおささぼくじょう」と読んでたけど「おざさぼくじょう」って読むみたい。




目次

牧場内の様子と感想や口コミ

グルメ/食事

オートキャンプ場の様子

アクセス、駐車場、住所、電話番号




牧場内の様子と感想や口コミ

フィールドアスレチック

日光霧降高原大笹牧場は初めてきたけど、こんなに広々と感じるロケーションの観光牧場は初めてかも~という感動!子供の遊び場もアチコチあってフィールドアスレチックや滑り台やジップラインもあったり、家族連れには最高の場所じゃないかな。

放牧場の様子1

曇ってても絵になるような景色のすばらしさ。

放牧場の様子2

牧場らしさ満載で広さとアチコチで放牧されて北海道の牧場?というほどスケールの大きさにビックリしました。

こやぎの丘

放牧場の中は人が入れませんが、こやぎの丘は寝転んだり、ヤギさんと触れあったりと自由。

エサの自販機

エサの自販機もあったし。

馬との触れ合い

ミニチュアホースやヤギを触れ合えて入場料無料というの嬉しい!乗馬体験とかそういうのは有料だけど、これは他の牧場でも同じ。

ブラウンスイス牛

とにかく広大で風景の素晴らしい牧場。

牧場内マップ

よくある観光牧場のようにお金を払って遊ぶアトラクションは少な目だけど、無料で遊べる子供の遊具は多いからお金をかけずに家族連れは楽しめるかと。ただ広いから目的地に行くには第一駐車場、第二駐車場、第三駐車場と車を使って牧場内は移動した方が良さそうです。

体験工房スケジュール

上は2019年度のスケジュールですが、アイスクリーム作りやバター作りの体験が夏休みは毎日、冬季は休業、それ以外は土日祝日営業してるそうです。また冬季(12月下旬~3月中旬)はスノーモービル体験もできるそうです。ここ広いからスノーモービル楽しそう。



グルメ/食事

レストハウス外観

初めて大笹牧場に来ましたが、ここは食事やグルメが選べるほど種類あってビックリ!

レストハウスのレストラン入口

レストウス内にはレストラン

ジンギスカンハウスのメニュー

ジンギスカンは1,500円とリーズンブル、うどんや蕎麦やカレーなどもありました。

焼肉ハウス

2階は食べ放題の焼肉ハウス

グルメ店とテーブル席

レストハウス前のテーブル席の横には山カフェなどのグルメ店が。ペットの犬、ワンチャンと一緒にご飯食べてる方も多かったです。

焼きおにぎり店のメニュー

4店舗繋がってて、日光天然氷のカキ氷や焼きそばや豚汁、焼きおにぎり、大笹だんご、岩魚や山女魚などの塩焼きのお店など。

牛串などを売ってたレストハウスの売店

レストハウスの右前には牛串やラム串、牛タンシチューやコロッケなどなどもあったし、どこで食べようか?迷ってしまうほど。

牛串とコロッケ

牛タン串と牛串2本とコロッケを注文、肉も美味しかったけどコロッケは注文してから揚げてたのでサクサクの熱々で超旨かった。

焼おにぎりセット

他にも焼きおにぎりの味噌汁セット、鳥の唐揚げも2個ついてた。このように大笹牧場でのランチは食べたいものが揃ってて選べて便利。

ブラウンスイス牛のソフトクリーム

牧場に行ったら、ソフトクリームが名物でしょう!牧場にいるブラウンスイス牛の牛乳を使ってるから美味しかったけど・・・牛乳の味は那須高原南ヶ丘牧場のソフトと比べると薄く、バニラ味の方が濃かった・・・牛乳味濃厚を予想をしてたからアレ?っと。それでも牧場のは旨い。

牛乳とカフェオレ

最後に大笹牧場名物ブラウンスイス牛の牛乳とカフェオレ。牛乳は搾りたてと推測されるので冷たいし美味しかった~。



オートキャンプ場の様子

牧場内マップ

2019年から4月末~10月末営業してるオートキャンプ場の場所が変わって大笹牧場の中でも小高い所に移動してました。

オートキャンプ場の場所

レストハウス近くの第一駐車場前から見るとオートキャンプ場はこの位置。

見晴らしの良い場所にあったオートキャンプ場

8月最後の土曜日は一組の方がオートキャンプ(車は今発車)してましたが、奥にレストフスの建物も見えてロケーションは抜群。

開放的な大笹牧場オーロキャンプ場の様子

近くの第三駐車場から撮ってますが、広々、夜は雲がなかったらおそらく満天の星空も見えそう。

テントサイト横のエサの自販機

またキャンプ場の隣がはエサの自販機もある放牧場。

馬との触れ合い

子供のいる家族連れならミニチュアホースやヤギを触れ合えるし。

砂利が敷き詰められたテントサイト

テントサイトはほぼ平に見える。砂利が敷きつめられていて水ハケも良さそう。AC電源もあった。一区画6,000円だそうです。

炊事場

炊事場は1ヶ所?トイレは付近に2ヶ所、手洗い場は2ヶ所あったがカマドは見かけなかった。有料シャワーもあるそうですが、キャンプ用品のレンタルはないそうです。私個人最近はオートキャンプの頻度は少なくなりましたが、キャンプ好き。日光霧降高原大笹牧場オートキャンプ場はレストハウスや売店でグルメも売ってるし、広大なロケーションでいつか泊まってみたいキャンプ場になりました。8月末に行って周りをウロウロしましたが、アブや蜂なども見かけなかったし、木々もないから蚊も少ないだろうし、ここいいかも。



アクセス、駐車場、住所、電話番号



日光霧降高原大笹牧場:住所: 栃木県日光市瀬尾字大笹原3405 電話番号:0288-97-1116

日光霧降高原大笹牧場へのアクセスは日光宇都宮道路日光インター約20.3キロ車で約30分、日光東照宮から約19.8キロ車で約20分、霧降の滝から約16.6キロ車で約20分、大江戸温泉物語日光霧降やVIVAハワイアンズから約13.5キロ車で約17分。

栃木県道169号線栗山日光線

日光の方から栃木県道169号線栗山日光線を走って行くと山路ですが道路は整備されてて運転は楽、近くまで行くと牛の姿などを見ながら快適ドライブ

大笹牧場前の道路の様子

突当りが大笹牧場

大笹牧場第一駐車場の様子

真っすぐ走るとレストハウスに近い無料第一駐車場がありました。

牧場内マップ

レストハウスで用が済んだらミニチュアホースやヤギの触れ合いなどそれぞれの施設に合わせて第二駐車場y第三駐車場へ停めなおした方がいいかと。

栃木県道245号線の栗山今市線の様子

江戸ワンダーランド日光江戸村や今市から行く場合栃木県道245号線の栗山今市線も近く感じたりしますが、道路幅が1車線分しかなくスレ違うのも困難ヶ所があったりカーブも多くお勧めしません。写真は大笹牧場からの帰り道に走ってみよう~と走りましたが、行く時に走った栃木県道169号線栗山日光線の方が遥かに運転楽で所要時間も短い事がわかりました。

 

タグ :  

栃木県 霧降高原   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ投稿覧

TOPへ戻る
アクセスランキング  プライバシーポリシー お問い合わせ