鬼怒川ロープウェイ

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

鬼怒川ロープウェイに乗ったよ

鬼怒川ロープェイに乗って猿にエサやりは楽しかった


丸山山頂展望台や温泉神社、お猿さんにエサやりができるおさるの山へは鬼怒川ロープウェイに乗ればあっという間に着いてしまうよ~特にお猿さんへのエサやりは面白いから行ってみたら~という友達の口コミを元に車でロープウェイの発着駅である「おんせんさんろく駅」に行ってきました。

鬼怒川ロープウェイのゴンドラ

久しぶりのロープウェイにワクワクでした。






目次

アクセス、駐車場、バス

乗車料金、割引

犬などのペット乗車

ゴンドラ乗車

丸山山頂展望台、景色

おさるのやまでエサやり

温泉神社

ランチ、グルメ

鬼怒川ロープウェイに乗った感想と口コミ、所要時間

パンフレット、住所・電話番号

鬼怒川ライン下り周辺(私が書いた別ページが開きます)

鬼怒川ライン下り

東武ワールドスクエア

日光江戸村

とりっくあーとぴあ日光

鬼怒川温泉食べ歩き




アクセス、駐車場、バス


鬼怒川ロープウエイの発着所である「おんせんさんろく駅」までのアクセスは日光宇都宮道路今市インターから約15キロ、車で約25分。

東武ワールドスクエアからなら約4キロ、車で約6分。

日光江戸村とりっくあーとぴあ日光からなら約6キロ、車で約10分。

日光東照宮からなら約22キロ、渋滞なければ車で約40分。

華厳の滝からなら約38キロ、渋滞なければ車で約50分。

私の地元桐生市街地からは約85キロ、車で直行した場合約110分でした。

さて

鬼怒川温泉駅からロープウェイの「おんせんさんろく駅」までは約2,5キロ、歩いて行くにはちょっと遠い距離ですね。

鬼怒川温泉駅から仲町(経由)鬼怒川公園行きの路線バスが出ててロープウェイ前で下車すれば行けますが・・・本数が少ない・・・(東武バス時刻表)

また、鬼怒川温泉駅から川治温泉・湯西川温泉ゆきの路線バスで鬼怒川公園で下車すればそこから歩いて1キロくらい(東武バス時刻表)

最寄り駅は鬼怒川公園駅でそこから1キロくらい歩けばロープウェイの「おんせんさんろく駅」です。

あと、ロープウェイ間と鬼怒川ライン下り間は無料シャトルバスも運行してました。

あさやホテル前の分岐道路の様子

国道121号線を川治温泉・湯西川温泉方面に向かう途中鬼怒川あさやホテル横に鬼怒川ロープウェイ入口へ向かう分岐道路がありましたが、超幅が狭くてビックリしました。

ロープウェイに向かう幅の狭い道路の様子

車が1台しか通れない道路幅しかありませんでしたが、向こうからは車が来ないようになってました。

鬼怒川ロープウェイの「おんせんさんろく駅」前駐車場の様子

道なりに進むとすぐ鬼怒川ロープウェイの「おんせんさんろく駅」があり、その前が無料駐車場になってました。



乗車料金、割引

鬼怒川ロープウェイ料金表

往復乗車料は中学生以上大人1,100円、70歳以上950円、小人(4歳~小学生)550円、障害者割引850円

片道乗車料もありました。通常は朝9時から16時までなのですが、この日は何故か?下り最終16時24分がありました。

鬼怒川ロープウェイ割引券

大人50円割引券ホテル鬼怒川御苑の入口にあったのをもらってきましたが、バラマキ型割引券だったから他のホテルや旅館や観光案内所にも置いてあると思われます。

また鬼怒川ロープウェイ公式サイト50円割引券ページもありました。

鬼怒川ロープウェイと鬼怒川ライン下り両方行く場合は、セット割引がありました。

通常大人鬼怒川ロープウェイ(1,100円)+鬼怒川ライン下り(2,700円)で3,800円ですが、両方のパック券だったら3,150円、子供は1,750円が1,450円になってました。

私はロープウェイを単独券で購入し乗った後時間が余って、結局ライン下りも行ったので、鬼怒川ロープウェイ単独割引券、鬼怒川ライン下り単独割引券を使って別々でチケット買うより最初から両方楽しめるパック券を買っておいたほうが断然安かったです・・・・・パック券はチケット売り場でも購入できました・・・・・・後悔。

鬼怒川温泉ロープウェイ乗車券

チケット買った時はここだけの予定でしたが・・・


犬などのペット乗車

ワンちゃんもゲージやバッグなどに入れてくれるなら犬一匹乗車料金300円でロープウェイに乗る事ができるそうです。

猿山では、犬も猿も驚いて騒ぐ可能性があるので、そこの中には入れないで連れがいた場合外でわんちゃんを見つつ、変わりばんこで猿山に行ったほうがいいです。と言ってました

犬猿の仲ですからね~会わせない方がお互いの為っすね。


ゴンドラ乗車

ゴンドラ乗り場前

チケットを買った後出発まで駅舎内でしばらく待ちました。

鬼怒川ロープウェイは随時運行でもなく、時刻表運行でもなく、アバウトな運行形態でした。係の人に聞いたら遅くても20分感覚で運行時はマイクで呼びかけるとの事。待ってるお客さんの数を見て運行する感じでした。

おんせんさんろく駅の様子

「おんせんさんろく駅」の中は電車の田舎の駅のような感じでベンチがいつくも置かれててました。

駅舎内のお土産コーナーは写真の入り口近くの金属棚の部分だけで猿系の土産が少々ありました。

コインロッカー

コインロッカーもありました。

おんせんさんろく駅内の掲示物

この駅は標高400mだったから鬼怒川温泉って山に囲まれてたから高いイメージがあったけど低いんですね。

有名人のサイン色紙

もしもツアーズ石塚さんのまいう~などなど芸能人のサイン色紙も飾ってありました。

おんせんさんろく駅とゴンドラ

結局15分位待ったかな?アッチをブラブラ、コッチをブラブラしてたらスピーカーからもう少しで発車するとこ事

ゴンドラに乗り込むところ

ゴンドラにのりこみました。この駅から山の頂上あたりに既に駅が見えてました。後でわかりましたが全長621mだそうです。

駅名表示

「おんせんさんろく」から「まるやまさんちょう」に向けて出発!出だしは揺れなくスピードは結構速く感じたロープウェイでした

鬼怒川ロープウェイのゴンドラ

全長621mしかないですが、かなり急な斜面を上ってるのがわかりました。またゴンドラのガラスは濃いスモーク貼ってありました。

ゴンドラから見た景色

ゴンドラ内から見る景色は素晴らしかったのですが、スモークが貼ってあるから色が違く見えました。

ゴンドラ内の定員表示

ゴンドラの定員は30名でした。

ゴンドラから山頂駅付近の景色

景色やゴンドラ内をキョロキョロしてる間の「あ、という間」に「まるやまさんちょう駅」に到着してしまいました。

紅葉シーズンだったらゴンドラからの景色も綺麗かもだけど、この濃いスモークが色を変えて見せちゃうなぁ。

まるやまさんちょう駅に着いたゴンドラ

乗車時間は約3分半ぐらい・・・「まるやまさんちょう駅」は標高約730mだから「おんせんさんろく駅」が400mだったから標高差約300m強、全長621mを約3分半。このゴンドラ他のロープウェイよりスピードが速い感じがしました。鉄塔の周辺はよく揺れるのがロープウェイですが、鬼怒川ロープウェイは殆ど揺れを感じなかったので、立ってても楽でした。

ゴンドラ内にあったウチワ

ただ・・・ゴンドラ内の前後に多少のすき間がありますが、その程度しか開いてないから人間熱で暑い・・秋で曇ってる日だというのに暑かったです。だからゴンドラ内には沢山ウチワが置かれてました。


丸山山頂展望台、景色

丸山山頂展望台からの眺め

山頂にある「まるやまさんちょう駅」の目の前に総ヒノキ造りで二階建ての丸山山頂展望台がありました。

展望台の二階部分の様子

二階は開放感抜群の展望台でベンチもありました。ここはよくある恋人の聖地か?と思いきや珍しい~そうじゃなかった。

展望台からの景色

あいにく天気が悪くガスで視界は今イチでしたが、鬼怒川温泉街はなんとか見えてる状態でした。ガスもなく視界が良い状態なら東京スカイツリーまで見えるそうです。

スッキリした秋なら手前の山と奥の山の紅葉も良さそうですね。

望遠鏡と景色

後で若干晴れ間が出たので1階側から見てみましたが、遠目は残念ながらガスでかすんでた・・・スッキリしてれば望遠鏡もあるからかなり景色は楽しめるのではないかと。

展望台内のベンチで景色を楽しむ様子

一階二階ともベンチがあるから、ロープウェイが動く時は山頂もマイクスピーカーで呼び出しがかかるので、待ってる間も座ってくつろげます。


おさるの山でエサやり

おさるの山の建物

展望台横には「おさるの山」がありました。

おさるの山の入口

入場無料でご自由にお入りくださいと書かれてました。

おさるの山の注意書き

おさるの山入場の際の注意書きもありました。

おさるの山の中の様子

おさるの山は猿山があってその周りを見るよくある動物園の感じをイメージしてましたが、猿山の中に金網で仕切られた通路がある所でした。

金網越しに見える猿

だからお猿さんとは至近距離。

エサを売ってる所

早速100円でエサを購入、エサの他に先にスプーンがついてる棒をくれました。

猿にエサをあげるところ

スプーンの上にエサをのせて差し出すとお猿さんの腕が伸びてきました。

金網に手を出してエサ頂戴アピール

色々な猿がいて誰も来ないと腕を柵の中に入れてひたすら手を振りエサ頂戴アピールする猿。

エサを欲しそうな顔をしてる猿

表情でエサ頂戴アピールする猿。

エサ頂戴アピールをする猿たち

金網を揺らして「お~いこっちだ。こっち側に来てよ~」と遠くの猿は金網を揺らしてアピール。

腕を伸ばしてエサをとるサル

それぞれ沢山の猿が色々アピールしてたり、縄張りアピールで騒いでたり、エサやり楽しい~。

子ザル

子ザルもいるんだけど、エサをあげようとすると大きい猿が必ず突っ込んできて追いやっちゃうんですよね・・・

猿のエサやり

エサやりはほんと楽しくて3袋も買ってあげちゃいました。1袋100円だったからこんなに楽しめて安かったです。

ちいちゃなお子さんのいる家族もキャッキャいいながらエサをあげてました・・手渡しで・・ビックリ!


温泉神社

神社に向かう階段

おさるの山のトイレ横に神社に行ける階段がありました。

ハイキングコース

一本杉850mの案内が建ってたのですが・・・花の山ハイキングコースにもなってました。

熊出没注意の看板

途中の階段横に「熊出没」の注意書きがありました。今記事を書いてて知ったのですが、この先注意じゃなくて、ここでお参りしてね。だったんですね・・・

山蛭注意の看板

山蛭注意の看板の方が気になって・・・・・・・

温泉神社の鳥居

熊看板見たけど読まなかったから神社まで行ってしまいました・・・

温泉神社の社

温泉神社でお参りしました。社の大きさは神社というより祠に近いサイズでかなり小さかったです。もちろん社務所もなかったので御朱印帳や御朱印はなかったです。



しかし、階段途中にある休憩所っぽい所が閉まってたのですが、ここにおみくじや絵馬があるから、もしかしたらここが社務所なのかも?

神社横ハイキングコース通行止め

神社の横からは熊出没通行止めとなってました。

神社の階段の様子

山頂駅、展望台、おさるの山から神社までわずかな距離ですが、完全に山の中。鈴も持たずに階段横の注意書きもまともに読まないで神社まで行ってしまいましたが・・・出会わなくてよかった。


ランチ、グルメ

山頂の休憩所

駅舎の一段上に顔出しパネルと休憩所があったのですが、閉まってたのでここで何か食べられるのかは不明・・・・

駐車場前のお店

下の駐車場脇にお店がありましたが、ランチをやってる雰囲気はありませんでした。

しらかばというお店

駐車場入口に目立たないけどお店がありました。

だんごを焼いてること

店頭で美味しそうなダンゴが売ってたので買ってみました。

ダンゴとソフトクリーム

ダンゴとシフトクリームを買って食べました。ダンゴは群馬でいう焼きまんじゅうのミソ味に似てて美味しかったです。

鬼怒川ロープウェイ周辺ではまともなランチを食べられるお店は見当たらなかったです。


鬼怒川ロープウェイに乗った感想と口コミ、所要時間

最近ロープウェイに乗って景色を楽しむのが好きになったので鬼怒川ロープウェイも楽しみにしてました。伊香保温泉街にある伊香保ロープウェイのように温泉街の中にあるのかとイメージしてたらちょっとハズレたところにありました。しかしながらちょっと離れてる場所だったから曇ってしても鬼怒川温泉の全景は見る事ができました。晴れてたら遠くスカイツリーまで見えるそうですから、スッキリした日にまた行ってみたいです。

あと、おさるの山が以外に楽しかったところ。金網越しでしたが騒がしい猿たちに囲まれて、身近で見られたりエサをあげたりと面白かったです。エサ頂戴アピールが結構可愛くてここは景色を楽しむ以外にも楽しめる場所があり乗る価値ありますよ。

藤原町護国神社

また「おんせんさんろく駅」の駅舎横には立派な藤原町護国神社があり、最後にお参りして帰りました。

ロープウェイの駐車場に車を停めたのが10時40分、乗って展望台見て、お猿さんにエサやりして、温泉神社行って、下ってきて、護国神社お参りとお団子食べて12時10分くらいだったから私の所要時間は90分でした。


パンフレット、住所・電話番号

鬼怒川ロープウェイパンフレット1

パンフレット表

パンフレット裏

鬼怒川ロープウェイ

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝834

電話番号:0288-77-0700

開館時間:9時~16時 ゴールデンウィーク、夏休み、紅葉期間中は、16時30分まで

往復乗車料:中学生以上大人1,100円、70歳以上950円、小人(4歳~小学生)550円、障害者割引850円

定休日:年中無休*点検の為運休する事あり

駐車場:無料

 

タグ : 

栃木県 鬼怒川温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

TOPへ戻る
アクセスランキング