明智平ロープウェイ

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

明智平ロープウェイに乗ったよ

明智平ロープウェイに乗ったよ。


いろは坂を上がって奥日光に行くなら、真っ先に立ち寄りたい観光スポットが明智平ロープウェイではないでしょうか?ロープウェイに乗って展望台駅から見える男体山と中禅寺湖から流れ落ちる華厳の滝と白雲の滝が同時に見える絶景が見られるからです。奥日光の観光スポットを一度に全部見られる場所はこのロープウェイに乗って展望台から見るしかないんです。

展望台から見た華厳の滝と白雲の滝と中禅寺湖と紅葉

1年中通して見ごたえある景色ですが、特に紅葉シーズンは中禅寺湖の回りの山々が赤色や黄色に染まりその中に華厳の滝が見えるとあって1年の中でも特に混雑してる季節です。

2018年明智平の紅葉の見頃は例年の通りなら10月中旬から下旬ですが、今年の夏は雨ばかりで涼しく日照時間も激減してたからどうなるのでしょうかね。

多分10月の何日かがいちばん紅葉の見頃になるかと思いますが、ロープウェイに乗って降りた先にある展望台からの景色は誰が見てもその美しさに感動すると思いますよ。

明智平の場所

明智平ロープウェイ乗り場である明智平へのアクセスは日光市街から中禅寺湖方面に向かう国道120号線第二いろは坂の途中にあります。いろは坂途中のトイレ休憩場所としての利用もできるのですが・・・普段はすんなり駐車場に入る事ができますが、10月の紅葉シーズンは激混みで駐車場待ちの大行列ができちゃうんですよね。

明智平駐車場に入る為の渋滞

だから、いろは坂も時間によってこの明智平手前で大渋滞を起こします。何度か11時頃に通った時に渋滞が凄まじく明智平をパスした事があるので、朝8時半ぐらいに明智平に到着した年もありました。しかし平日の朝なのに写真のようにすでに駐車場待ちの渋滞はできてました・・・みんな朝早いっす。

いろは坂と明智平駐車場の様子

これは朝9時頃ロープウェイに乗って撮影した駐車場の様子といろは坂の様子です。明智平は駐車場の空き待ちの渋滞発生中。中禅寺湖を目指す側のいろは坂(バスがいる車線)はスムーズに動いてるのがわかると思います。明智平の駐車場の難点は係員がいないからどこが空いてるか待っててもわからない状態・・先頭車の人が見えない位置が空いてもわからないから動けずさらに渋滞が悪化してるという感じなんです。

明智平ロープウェイのゴンドラとそれに乗りたい人達の行列

空きを見つけてやっと駐車。平日朝8時45分で今度はロープウェイに乗る観光客の大行列ができてました。

春の明智平ロープウェイ

春~初夏に行った時は駐車場もガラガラ、ロープェイ待ちの行列も勿論なかったですが、秋は大行列でした・・・・

霧の中へ進むゴンドラ

また紅葉シーズン真っただ中の日でも、下りのゴンドラは2回とも満員状態に見えたので、急に霧が出たんでしょう。上りのゴンドラは2回とも誰も乗らない空のまま。

霧の中に消えるゴンドラ

霧が濃すぎて・・・さすがに私も断念・・周りにいた沢山の人も乗らなかったから・・山の天気って変わりやすいですね。下りのゴンドラ満員状態わかるわ~。急にこういう視界になったんでしょう。

ロープウェイに乗る人たちの行列

好天に恵まれた年に行った時は行列の最後尾に並びました。明智平ロープウェイは通常朝9時から運行なのですが、紅葉シーズンだけはもっと早くから運行してるようです。公式サイトにも書いてましたが何時からと具体的には書かれてなかったんです・・朝一番に乗った人かな?降りて帰ってきた人の会話で「朝早く来て正解だったね。雲海も見られたし」と言ってました。何と!!もっと早く来てれば絶景+雲海だったのかぁ~とちょっと後悔しました。

紅葉時期の明智平ロープウェイは平日の朝8時45分でもすでにこの大行列という事を覚えておいて、2018年や2019年の紅葉の時は明智平ロープウェイはもっと早く来ようっと。

展望台にトイレがないとのお知らせ看板

しまった~。先にトイレに寄ってから並ぶんだった・・・そうなんです。ロープウェイ展望台にはトイレがないんです。ここまで列が動いたから我慢我慢・・・

運転見合わせ中のお知らせ

ある時行った時は「強風のため運転見合わせ中です」という看板もあったので、やっぱりロープウェイだから天候に左右されやすいようです。

明智平ロープウェイ

並んでる間暇だから沢山写真撮れました。

華厳の滝展望台ロープウェイのりばとその行列

しかし朝からこんなに並ぶとは・・恐るべし日光の紅葉シーズン。

明智平ロープウェイ発着所

ここは海抜1174M、明智平駅から展望台駅までロープウェイの乗車時間は3分だそうです。たった3分の為に何十分並ぶんだろう・・・

ロープウェイのりば

もうちょっとでロープウェイ乗り場に入れる・・おや?ロープウェイは随時運転しています。展望台には約2分で到着します。華厳の滝、中禅寺湖、男体山、筑波山が一望できる日本一の景勝地です。と書かれてますがさっき3分って書いてあったのに・・

明智平の湧き水

駅舎の前には「明智平の湧き水」が。この水は飲めませんって書いてある・・・並んでる最中暇だからアチコチ見てしまいました。

展望台ゆきロープウェイ乗り場入口

明智平駅の中にも行列が・・・・

明智平駅売店で売ってた揚げ餅とから揚げ棒とゆば豚まん

駅の売店が明智平パノラマレストハウスで揚げ餅やからあげ棒、ゆば豚まんも売ってる・・美味しそう。

明智平駅の改札とチケット売り場

あともう少しでチケット売り場です。頭上のモニターは展望台からの風景がライブで映し出されていました。

明智平ロープウェイ運賃表

明智平ロープウェイは乗る直前に運賃を払うようです。大人は往復730円、子供(6歳~12歳)370円、1歳~6歳未満は340円。明智平ロープウェイ割引はJAFの会員、日光定期観光バス、まるごと日光・鬼怒川東武フリーパス、JR・東武・日光・鬼怒川フリーパス、全労災SF会員、JTBベネフィット会員、東武カード会員、日光鬼怒川ウキウキパスポート、ALL
NIKKO PASSの人は会員証やチケット提示で運賃10%割引になります。プレミアム日光・鬼怒川東武フリーパスは明智平ロープウェイの運賃が含まれてるそうです。

明智平の名前の由来の掲示物

外で並んでいた時は日が当たっていたので暖かったですが、駅内は日が差し込まないのでチト寒かったですが、掲示物や写真が沢山並べられていて暇つぶしはできました。明智平の名前の由来「第二いろは坂をほぼ上りきった標高1274Mの眺望に優れたポイントが明智平です。明智平ロープウェイ展望台からは華厳の滝、中禅寺湖、男体山の絶景が一望できます。この日光随一と謳われる場所を明智平と名付けたたのは天海大僧正と言われています。」初めてこれを読んだのですが、やっぱり明智光秀の名から来てたのか~と歴史好きの私は納得しました。そうなんです。天海=明智光秀だったんじゃない?という説もあるんです。私は疑ってますけど・・・ここには「明智光秀は山崎の戦い(対秀吉)のあとに比叡山に逃れ名を天海と変え、徳川家康と会いました。家康は天海に深く惹かれ精神的、政治的な相談役として重用しました。その後日光山貫主として日光に赴いた天海は自分の本当の名を永遠に残したいと考え、日光で一番眺めの良いこの地を明智平と命名したと伝われてます。」と。確かに奥日光には戦場でなかったのに戦場ヶ原という場所もあるし・・ネーミングがおかしな所があるのは・・・明智光秀なの?

ゴンドラに乗る様子

そして・・・やっと乗る順番がきました。なんたい号です。

明智平ロープウェイのチケット

明智平ロープウェイのチケット

ゴンドラから見た行列と駐車場

ロープウェイが山頂目指して動き出しました。乗る為の行列は続いてました。朝9時過ぎです。

ゴンドラが交差するところ

帰ってくるゴンドラとスレ違います。全長300mだからこの辺りが中間の150mあたりでしょうか。

ゴンドラからの眺め

ゴンドラに乗っていても景色最高!!でも通勤電車みたいに16名の定員いっぱいにギューギュー詰め状態だから反対方向の景色は見る事ができませんでした。

展望台駅

展望台駅にもう少しで到着。2~3分の乗車時間だからギューギュー詰めでもあっという間でした。

展望台への階段

展望台駅(標高1373m)を降りて少し階段を上がりました。

中禅寺湖と華厳の滝

上に上がった途端目の前の景色がコレ。すんげぇ~~。レアな景色としては滝に太陽光が当たり虹ができる事もあるんだそうだ。

男体山

斜め右に視点を変えれば男体山も大迫力。

中禅寺湖と華厳の滝方向の景色を楽しむ観光客

三脚を立てて撮影してる人も多かったです。ほぼ全員写真撮影してました。そりゃ~撮りたくなっちゃう景色ですよね。

展望台で景色を見てる観光客

中禅寺湖の反対側もこの通り観光客がいっぱい。

茨城方向の景色

反対側も素晴らしい景色なんですが、おそらく展望台駅と書かれてるこの看板が邪魔。

景色の矢印案内

矢印看板でどの方向に何が見えるか書いてありました。

雲海と筑波山

もしかしたら朝帰ってきた人が言ってたのは筑波山方向に見えた雲海の事かな?

中禅寺湖と華厳の滝と男体山と白雲の滝の同時ショット

中禅寺湖と華厳の滝と男体山と白雲の滝の同時ショット~明智平ロープウェイ展望台は超絶景でした。明智平は赤や黄色、緑と色々な色彩があってやっぱり紅葉時期が一番綺麗じゃないかと。

華厳の滝の滝つぼ

ズームアップできるカメラなら華厳の滝の滝つぼとその前にある展望台両方撮影できちゃいますよ。秋の華厳の滝の水量も迫力満点ですが、梅雨時期はもっと水量が増えて迫力も増えるそうです。

展望台駅からロープウェイに乗り込む所

所要時間15分ほど景色のパノラマを楽しんで展望台駅から明智平駅に今度は「けごん」で向かいました。

明智平駅に掲示されてた芸能人のサイン色紙

明智平ロープウェイは沢山の芸能人、タレントも来ていてそのサイン色紙も飾られてました。

明智平駅の掲示物

日光自然散歩というDVDが300円で売っていたので明智平駅で購入しました。

明智平駅の売店の様子

明智平パノラマレストハウスは日光のお土産が沢山売ってました。

明智平駅の展望スペース

明智平パノラマレストハウスだから奧に展望スペースがありました。中禅寺湖と逆方向の景色が見られますが、やはり展望台駅の眺望のほうが素晴らしかったです。

明智平ロープウェイに乗る人の行列

帰る時に見た、ロープウェイの行列・・私が乗った時より遙かに長蛇の列となってました(多分9時半ぐらい)。よかった早く来て。

日光自然散歩DVD

300円で買った日光自然散歩という景色が見られるDVDです。

雪化粧した男体山の姿をバックに明智平ロープウェイの姿

その中に雪化粧した男体山の姿をバックに明智平ロープウェイの姿が収められていました。

雪化粧した中禅寺湖と華厳の滝

展望台から雪化粧した中禅寺湖と華厳の滝の絵も収められていました。なお4月中旬までは明智平周辺には雪が降るそうで車で来る時はスノータイヤが必要だそうです。

明智平ロープウェイのパンフレット

明智平ロープウェイのパンフレット表紙

明智平の春夏秋冬の見所

明智平ロープウェイのパンフレットには明智平の春夏秋冬の見所も掲載されてました。

ロープウェイの歴史やレアな景色、明智平の人気のおみやげ

パンフレットの裏側(拡大)
はロープウェイの歴史やレアな景色、明智平の人気のおみやげなどが書かれてました。

中禅寺湖と華厳の滝

明智平から見る華厳の滝と中禅寺湖の紅葉の景色。

2018年の明智平の紅葉は果たして10月後半の何日か?自宅で明智平ライブカメラを見て確認しましょう。

奥日光観光中禅寺湖ランチグルメランキング(アド街ック天国)でさらに詳しく。

明智平ロープウェイ DATA




明智平ロープウェイ住所:栃木県日光市細尾町709ー5、電話番号:0288-55-0331

営業時間:9時~16時(紅葉シーズン等は営業開始時間が早まること、営業時間を延長することがあります。)

期間:毎日運行(3/1~15は整備の為運休)

時刻表:時刻表はありませんでした。随時運行だから上に着いて人が降りてそして乗って動いて~でした。

乗車料金;往復料金で大人730円、子供1歳~6歳未満は340円、(6歳以上~12歳)370円

ペットペット:抱っこできるチワワのような小型犬までのようです。中型犬は抱っこできても駄目みたいです。

一般ロープウェイ運賃表

団体・優待ロープウェイ運賃表

障害者介護者ロープウェイ運賃表

 

タグ : 

栃木県 奥日光   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

CAPTCHA


TOPへ戻る
アクセスランキング