ほのかな宿樹林日帰り

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

日光グランドホテルほのかな宿樹林の温泉に入った(日帰り入浴不可)

奥日光湯元温泉にある日光グランドホテルほのかな宿樹林の温泉大浴場に入ってきました。

このホテルは楽天トラベルで露天風呂グランプリにも輝いた事がある目隠しの為の塀もなく屋根もないまさに野天風呂に近い自然を満喫できる環境の中にあるという森の中の露天風呂が有名だから入りたかったお風呂の一つでした。

日帰り入浴についてのお知らせ

その人気の温泉には残念ながら日帰り入浴で楽しむ事はできず宿泊者だけが楽しめる温泉となってました。

日光湯元温泉湯めぐり手形

しかし、とちぎにごり湯の会、奥日光湯元温泉湯めぐり手形を持ってるなら参加施設覧に「ほのかな宿樹林」の名前が記載されてるから日帰り入浴可能らしいです。

販売期間が限られてて購入日から半年間有効でたったの1000円→奥日光湯元温泉日帰り入浴のページで詳しく。






目次

泉質、効能、入浴時間

大浴場の様子、温泉に入った感想、口コミ

アクセス、駐車場、住所、電話番号




日光グランドホテルほのかな宿樹林の口コミを確認確認確認




食事や部屋の様子など→日光グランドホテルほのかな宿樹林に泊まった




奥日光湯元温泉宿一覧泊まるなら~どこがいいか調べてみた

奥日光湯元温泉日帰り入浴~どこがいいか調べてみた



泉質、効能、入浴時間

温泉成分分析書

日光グランドホテルほのかな宿樹林の大浴場に掲示されてた温泉成分分析書(平成16年3月22日試験日)

源泉名は奥日光開発(株)1,2,3,4,5,7号森林管理署混合栓だから湯元源泉地から湧いてるお湯ですね。

泉質は含硫黄・カルシウム・ナトリウムー硫酸塩・炭酸水素塩温泉(硫化水素型)(中性低張性高温泉)

温泉成分分析書効能

泉質別適応症(効能)は、きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、慢性湿疹、表皮化膿症、他に一般的適応症があります。

一般的適応症

泉質別禁忌症は、皮膚又は粘膜の過敏な人、高齢者の皮膚乾燥症

温泉利用表

温泉利用表には加温なし、循環なしでしたが加水ありとなってました。

鉱泉分析法指針

温泉成分分析書が古かったので泉質や適応症表記など今後変わる可能性もあります。

ほのかな宿樹林は通常の日帰り入浴はできない(温泉手形所有者除く)宿になっていて、宿泊者のみがチェックインの15時からチェックアウトの翌日10時まで俗に云う24時間風呂となってました。


大浴場の様子、温泉に入った感想、口コミ

男女別大浴場入口

男女別大浴場入口前には待ち合わせの為のベンチや貴重品入れロッカーのようなものがありました。

延年の湯、湯殿鳳凰看板

ほのかな宿樹林の大浴場の名前は延年の湯、湯殿鳳凰(おいどり)となってました。
【男湯】

脱衣所の様子

カゴ棚式の脱衣所でコインロッカーはありませんでした。

洗面台の様子

洗面台はドライヤー

ヘアトニック、アフターシェイブローションと使い捨てのクシなどのアメニティ

ヘアトニック、アフターシェイブローションと使い捨てのクシなどのアメニティがありました。

大きい内湯の湯舟の様子

このホテルの湯屋はかなり大きいんでしょうね。今まで色々な日光湯元温泉のお風呂に入ったりしましたが内湯の浴槽はココが一番大きかったです。長方形に長く大人20人ぐらいが横並びに一列入れそうなほど。

洗い場の様子

浴槽は若干深いタイプかな。壁面には10人分くらいの洗い場もありました。

内湯に浸かりながら見えた景色

お風呂に入りながら大型のガラス窓を通して森の中の様子が見えました。

夜の内湯の様子

夜は照明で湯屋の壁の板の色がいかにも温泉風呂という感じになって落ち着く空間となってました。ガラス扉の先が露天風呂になってました。

露天風呂の湯舟の様子

写真上大きそうに見えますが、露天風呂の浴槽は小さく、6人は入れると思いますが、4人以上入ると窮屈感を感じるサイズでした。

露天風呂から見えた森の景色

しかし湯舟の大きさは小さくても開放感は抜群。目隠しがない。屋根もないから気分爽快でした。

薄緑色のお湯

緑がかったお湯と硫黄臭(硫化水素臭)で温泉気分も最高でした。濁りが薄かったから常に新鮮な源泉が入ってて酸化される前にお湯が入れ替わっちゃうのかな。温泉な色を見て湧き立て新鮮なのがわかりました。

源泉が流れてる所

小さな湯舟に源泉かけ流し、お湯がじゃんじゃん注がれてました。何度かこの露天風呂に入りましたが、湯温度が丁度よい時と熱めな時もありました。

露天風呂の頭上の空の景色

上を見上げれば空が。もしかしたら夜は満天の星が見えるのかな?

露天風呂から見えた景色と照明設備

森の中をよ~く見るとライトアップする照明がありました。夜は森をライトアップ?

夜の露天風呂の様子

夜来たらビックリ!外に照明がなかった・・・内湯の湯屋のガラス窓から漏れてくる灯のみでした。

露天風呂から見た夜の空

雲ってて星は見えませんでしたが、ここまで暗い露天風呂なら晴れてる夜は星が綺麗に見えるんじゃないかと。森のライトアップ用の照明設備は時期で照らすのかな?




【女湯】

洗面台の様子

連れが誰もいない時に撮った写真をくれました。脱衣所はカゴ棚式でコインロッカーはなく、ベビーベッドはあったそうです。

乳液や化粧水

化粧水や乳液、使い捨てシャワーキャップと使い捨てのブラシがあったそうです。アレ男湯はクシだったけど・・・

女湯の様子

内湯は男湯の長方形とは違ってジグザグしてたけど大きかったそうです。

洗い場にあったアメニティ

馬湯とこのメーカーのセットが二種類洗い場にあったそうです。

女湯内風呂の様子

広くて貸し切りだったから」気持ちよかった~とも言ってました。

女湯露天風呂の様子

連れがお風呂から出てきて部屋に来た時に露天風呂暗かっただろ~と言ったら、明るかったよ~と見せてくれました。女湯は照明がついてる・・・

女湯の目隠し

男湯と違って目隠しもあったみたい

夜の露天風呂の様子

露天風呂も貸し切り状態でリラックスできて気持ちよかったそうです。

露天風呂に現れたタヌキ

でもなんかゴソゴソする~と見たら野生動物がいたそうです。タヌキ?ですかね。この話を聞いて私は再度男湯の露天風呂で目を皿のようにして森の中を見渡しましたが・・男湯はまっ暗すぎてわからなかった・・・露天風呂に入っていて野生動物が来るなんて初めてで彼女は感動してました。私も初めて知った・・・見たかった・・・

昼間の露天風呂の様子

昼間はこんな感じだったそうです。


アクセス、駐車場、住所、電話番号



日光グランドホテルほのかな宿樹林(http://www.nikkograndhotel.co.jp):栃木県日光市湯元2549-7 電話番号:0288-62-2411

日光グランドホテルほのかな宿樹林駐車場

駐車場はホテル前敷地内にありました。

アクセスは日光宇都宮道路清滝インターからいろは坂、中禅寺湖、群馬県方面に走り続けて約27キロ、車で約40分。

関越自動車道沼田インターから国道120号線で金精峠を走る抜けて約57キロ、車で約70分。

私の地元桐生市街地からは下道走って約82キロ、車で約100分でした。

湯元温泉バスターミナル

電車やバスで行く場合はJR日光駅や東武日光駅からバスに乗って湯元温泉下車、バス運賃1,700円、乗車時間80分、湯元温泉バスターミナルから徒歩5分かからないぐらいです。

 

タグ :

栃木県 奥日光   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

CAPTCHA


TOPへ戻る
アクセスランキング