竜頭の滝

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

【紅葉おすすめ】竜頭の滝に行ってきた

【紅葉おすすめ】竜頭の滝に行ってきた


紅葉シーズンになると毎年大渋滞となる人気の滝です。

華厳滝、湯滝と共に奥日光三名瀑のひとつで、ベストな駐車場は観瀑台の目の前にあるので、車を降りてすぐ滝が見られるというアクセスも抜群の滝となってます。

たが・・・・毎年紅葉時期は一番混んでるんじゃない?と思わざるをえないほど駐車場待ちの渋滞に嵌る滝でもあるんです。

紅葉の竜頭の滝

標高1350mにある竜頭の滝は奥日光の人気の紅葉スポット!水流が二手に分かれて岩を挟んで龍の頭に見える、水流が龍の髭に見えるなどから「竜頭ノ滝」「龍頭之瀧」などという名前になったそうです。

上の写真の滝を正面から見る事ができる滝下の観瀑台(龍頭之茶屋)から見るのが一般的ですが全長は約210mと実は長い滝で滝下からの眺めは竜頭滝のほんの一部にしかすぎません。

紅葉の竜頭の滝上からの景色

竜頭の滝を滝上からも眺めると奥に中禅寺湖も見る事もできます。このように滝上から幅約10mの溶岩の岩場を約210m流れ落ちて滝壺は滝下の観瀑台(龍頭之瀧茶屋)となるわけです。

竜頭の滝の滝上と滝下のアクセス

竜頭の滝は滝下、滝上とも無料駐車場があって車で移動する事もできますが、滝に沿って竜頭ノ滝園地遊歩道があるのでそこを歩いて滝を横から眺める事も可能です。

滝下(龍頭之茶屋)からも滝上(竜頭の橋)からも拝観料無料、どちら側の竜頭の滝駐車場も無料です。

滝下の観瀑台は龍頭之茶屋で営業時間は8時~17時まで(12~3月は9時~16時まで)、不定休という事もあり冬など閑散期は閉まってる日があるかも?竜頭の滝というのは龍頭之茶屋の中から見るという珍しい滝でもあるんです。なお、お茶など注文しなくても竜頭の滝は無料で見られるようになってて、ランチなどの食事処やカフェ、お土産などもあります。



目次

アクセス/駐車場/渋滞の様子

【2019年】竜頭の滝紅葉の見ごろはいつ?

滝下の様子と感想や口コミと食事やグルメ

滝上の様子と感想や口コミ

竜頭の滝の四季(冬/春/夏/秋)

住所、電話番号、営業時間




アクセス/駐車場/渋滞の様子

竜頭の滝を見る前に知っておきたいのは行楽日和の土日祝日は奥日光の渋滞スポットの一つでもあります。

特に竜頭の滝の渋滞は秋の紅葉シーズンは中禅寺湖方面から向かう場合、平日でも駐車場への空き待ちの車が国道120号線にズラリと並び、竜頭の滝より向こう側の戦場ヶ原奥日光湯元温泉に行くにも大変

竜頭の滝約2キロ手前の国道120号線の渋滞

朝早くならそんなに混雑してませんが、行楽日和のお昼前後に中禅寺湖方向から竜頭の滝へ行こうとすると大体、中禅寺金谷ホテル辺りからノロノロと・・・そして渋滞発生・・

写真は竜頭の滝約2キロ手前・・・すっげ~混んでるなぁ~と毎年思う。

竜頭の滝観光へは紅葉時期が一番混雑しますが、春や夏でも混雑してたり渋滞する日もあったりします。

華厳の滝から竜頭の滝までのアクセス

竜頭の滝へのアクセスは華厳の滝から約7キロ。普通なら7分くらいの道のりなんですが・・・・・紅葉シーズンなら、もしかしたら自転車でサイクリングしたほうが早く着くのではないかと思う時もある。

竜頭の滝交差点

信号機のある交差点に竜頭の滝という案内があるから迷う事はないと思います。ここが竜頭の滝の滝下になります。この交差点が渋滞の先頭。

この交差点手前にも駐車場がありますが、そこに停めると滝まで少し歩く事に。

竜頭の滝駐車場待ちの渋滞

交差点を右に曲がっても混んでる時はここでも駐車場の空き待ち。ちなみに誘導するスタッフとかはいなく、真っすぐ進むと奥が竜頭の滝無料駐車場、左側は龍頭之瀧茶屋駐車場。

龍頭之茶屋前の無料駐車場

おそらく心理的な感じだと思うけど、龍頭之瀧茶屋駐車場に停めないで竜頭の滝無料駐車場が空くのを待ってる車を見かけるが、龍頭之瀧茶屋駐車場は竜頭の滝観瀑台の目の前だから車降りればすぐ。

竜頭の滝の観瀑台は龍頭之瀧茶屋。茶屋から竜頭の滝を見るから龍頭之瀧茶屋駐車場に停めてもOKなんです。ただ長時間停めないでね~的な告知はされてます。

龍頭之茶屋

龍頭之茶屋駐車場なら車降りて観瀑台まで歩いても約30mほどだから一番見に行くのは楽。



竜頭の滝上の橋

滝上へ向かうには滝下から戦場ヶ原方向に走って途中に「竜頭の橋」を過ぎたすぐ左側に無料駐車場があります。

龍頭の滝遊歩道

竜頭の滝周辺は龍頭之滝園地となっていて龍頭之茶屋から竜頭の滝の流れに沿って約210mの遊歩道があるので滝上までは歩いて行く事もできます。滝下から滝上まではずっと上りで体力必要ですが、滝を横から見られる滝横観瀑台が2ヶ所あります。



【2019年】竜頭の滝紅葉の見ごろはいつ?

10月26日の竜頭の滝

猛暑の年の10月26日に行った時はすでに紅葉が終わり葉っぱが散ってました・・・

その時龍頭之茶屋のおばちゃんに、

「紅葉はもう終わっちゃてったね」

「だってもう11月になるからね」*10月26日

「ここって紅葉いつぐらいなんですか?」

「そうね~例年なら10月4日ぐらいかな?」

「え?そんなに早いの?」

「そうよ。でも今年は暑かったから10月20日がピークだったかな。竜頭の滝の紅葉は終わったけど今中禅寺湖の紅葉はいいでしょう」と。

この時学習しました~竜頭の滝の標高は約1350メートルで大体毎年9月下旬から10月上旬が竜頭の滝紅葉の見頃。

10月3日竜頭の滝の滝下紅葉の様子

おばちゃんに聞いて10月上旬に行ったけどガ~ン!!この年も猛暑だからもっと先みたいでした。

10月3日竜頭の滝の滝上紅葉の様子

同じ年の10月3日竜頭の滝下は紅葉のピークまでまだまだって感じでしたが、滝上はあともう少しで紅葉の見頃を迎えるような感じでした。

2017年竜頭の滝の紅葉

この年は竜頭の滝紅葉の見頃ドキドキで行ったらビンゴ!丁度見頃で混雑してました。

竜頭の滝上の紅葉

竜頭の滝下は大当たりの日でしたが、竜頭滝上は標高が高いからピークは少し過ぎた感じでしたが、それでも紅葉綺麗でした。わずかな高低差ですが奥日光は違うんですね。



滝下の様子と感想や口コミと食事やグルメ

虎と龍の像

車から降りると竜頭の滝見たさに龍頭之茶屋へ向かってしまいますが、実は駐車場脇の建物には龍虎堂というのがあって立派な虎と龍の彫刻木像を見る事ができるんです。

龍頭之茶屋

竜頭の滝(滝下)を見るには龍頭之茶屋の中へ移動

龍頭之茶屋から滝を見る観光客たち

茶屋の建物の一番奥に展望テラスの観瀑台があります。

紅葉の竜頭の滝

竜頭の滝をほぼ毎年見てるけど・・・竜の頭に見える?友達は見えるというのですが・・・う~ん。見える人がいるからこの滝の名前がついたんでしょうね。

2本に滝が分かれて滝つぼに落ちる水の音と迫力は見応えがあります。

龍頭之茶屋お土産コーナー

龍頭之茶屋は竜頭の滝を見る人で大混雑してましたが、お土産を買ったり見たりしてる人でも大混雑してました。

龍頭之茶屋の滝見のカウンター席

滝が見えるカウンター席もあってこの席でお茶しながら見たり、うどんなどの食事をしながらでも見られます。

龍頭之茶屋メニュー

龍頭之茶屋メニュー



うどん、そばなどのランチやお雑煮やおしるこ食べながらゆっくり滝鑑賞もできちゃいます。

甘味メニュー


白玉しるこやみたらしだんごなどの甘味ものもありました。

カウンター席から見える竜頭の滝

竜頭の滝つぼはカウンター席から目の前。この景色を見ながらの食事やお茶は美味しいかも。

甘酒

私は茶屋の前にあるお店で甘酒を一杯飲みながらお店のおばちゃんに毎年の大体の紅葉の見頃に質問した事もあります。

ゆばキャン


ゆばキャンというのが竜頭の滝グルメみたい。何人かが食べていました。どうやら湯葉をカリっ揚がってる中にフランクフルトが入ってる感じでした。このゆばキャンは多分寒い時期のメニューみたいで夏の暑い時に行った時は見かけなかったです。

ゆばソフト

ゆばソフトや生チョコソフトなど暑い日には欠かせないソフトクリームも揃ってましたよ。

ゆばソフトは買って食べてみました~。ゆばの味というか豆乳、豆腐の濃厚な味で、そのものズバリを食べてるようなソフトクリームでビックリしました。

龍頭観音

茶屋の建物のお隣は龍頭観音様が安置されてるお堂

お地蔵さま

何となく可愛いお地蔵様にも手を合わせてと。

龍頭の滝遊歩道入口

龍頭之茶屋と観音堂の間には龍頭の滝遊歩道があります

龍頭の滝遊歩道

龍頭之茶屋から見えた竜頭の滝は滝壺へ落ちる滝の終点を見てるだけ、竜頭の滝は滝幅が10mのまま滝全長が210mもあるんです。この遊歩道を上がり続けると滝上に行けます。

龍頭の滝

夏とかは木が生繁ってしまい見えにくいのですが、紅葉も終わり葉っぱが散ってしまうと歩きながらでも竜頭の滝を見る事がでます。

龍頭の滝遊歩道

滝の長さ約210mずっと上り坂と階段だから・・・体力と根性は必要

龍頭の滝

根性なしの私は途中え引き返しましたが、滝下から滝上へ向かう遊歩道の途中に2ヶ所の観瀑台もあります。

竜頭の滝にいたワンちゃん

竜頭の滝はペットの犬連れの観光客の人も多く可愛いワンちゃんも出会えたりと。

竜頭の滝(滝下)だけを見るなら多分所要時間は10分ぐらい。お茶したりお土産などを見て回っても所要時間30分かからないかな。わずかな時間で私は毎年見に行ってます。渋滞さえなければ、駐車場からそんなに歩かずにすぐ滝が見られる、すぐ滝の写真が撮れる気軽な滝観光ができます。



滝上の様子と感想や口コミ

紅葉の竜頭の滝上からの景色

奧に見えるのが中禅寺湖、竜頭の橋から見る竜頭の滝の上の景色も美しいです。橋の左横は遊歩道になっていて滝の流れと同じように歩いて下っていけば滝下に行く事もできます。ただ行くと帰りは上り坂となるので往復なら体力と根性は必要。

竜頭の滝上の橋の反対側の景色

竜頭の橋の上では殆どの人が竜頭の滝下方向、中禅寺湖方向を見てるのですが、反対側の景色のチェック!

滝の反対側は渓谷になっていてこちらも結構絵になる素晴らしい景色が広がっていてとても美しいんです。

さて駐車場から橋までも歩いてすぐだから滝上の所要時間は約10分と気軽に立ち寄れるかと。


竜頭の滝の四季(冬/春/夏/秋)

冬の竜頭の滝

冬の竜頭の滝は水流が凍ってる景色が楽しめる(雪があるともっと幻想的かも)

冬の竜頭の滝上からの景色

冬の竜頭の滝上からの景色、空気が澄んでるから中禅寺湖はハッキリ見えた

春の竜頭の滝

新緑に包まれた春の竜頭の滝

夏の竜頭の滝

春とあまり変わらない夏の竜頭の滝、↑8月上旬なのに一部紅葉?

秋の竜頭の滝

秋の竜頭の滝!やっぱり四季で一番映えるかも!


住所・電話番号・営業時間



竜頭の滝

住所:栃木県日光市中宮祠2485

電話番号:0288-55-0157(龍頭之茶屋)

営業時間:8時~17時まで(12~3月は9時~16時まで)

定休日:年中無休だけど不定休

駐車場:無料

竜頭の滝拝観料:無料


 

タグ :   

栃木県 奥日光   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ投稿覧

TOPへ戻る
アクセスランキング  プライバシーポリシー お問い合わせ