奥日光森のホテル

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

奥日光森のホテルの温泉に入った(日帰り入浴可)


日帰り入浴もできる奥日光森のホテルの温泉に入ってきました。

奥日光森のホテル外観

奥日光森のホテルは湯ノ湖の反対側の静かな山側にありました。

過去何度かホテル前までは行った事があったのですが、日帰り入浴がお休みばかりでやっと今回は営業してて嬉しかったです。




目次

日帰り入浴料金、営業時間

泉質と効能

大浴場の様子と温泉に入った感想と口コミ

館内の様子とパンフレット

アクセス、駐車場




奥日光森のホテルの口コミを確認確認確認




奥日光湯元温泉宿一覧泊まるなら~どこがいいか調べてみた

奥日光湯元温泉日帰り入浴~どこがいいか調べてみた



日帰り入浴料金、営業時間



エントランスに入ると、綺麗で清潔感もあり、またシンプルで落ち着いた感じで、良さそうなホテルじゃん。が第一印象。入ってすぐ左側にフロントがあり日帰り入浴代金を支払いました。

日帰り入浴のお知らせ

日帰り入浴営業時間は15時~20時⇒17時~22時



日帰り入浴料金はフェイスタオルとバスタオルレンタル付きで大人1100円小人600円でした。

また脱衣所には貴重品入れロッカーや鍵付きロッカーはないのでフロントで貴重品を預かってくれました。

家族風呂

大浴場へ向かう途中、奥日光湯元温泉宿では珍しい家族風呂もあった。

貸切風呂入口

貸切風呂は予約制で45分間2,000円(税別)→貸切風呂写真ギャラリー


泉質と効能

温泉成分分析書

奥日光森のホテルの脱衣所に掲示されてた温泉成分分析書(平成27年9月24付け)。

源泉名:奥日光開発(株)7号源泉(湯ノ平湿原地源泉)

泉温:70.6℃、pH値6.5、溶存物質計1.085g/kg(参考~家庭用入浴剤の成分は0.25g/kgぐらいと云われている)

泉質:含硫黄-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩温泉(硫化水素型低張性高温泉)

泉質別適応症(効能該当部分):きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、慢性湿疹、皮膚化膿症、他に一般的適応症あり

一般的適応症

温泉利用:加水あり(源泉温度が高い為)、加温なし、循環なし、塩素剤なしの源泉かけ流し



大浴場の様子と温泉に入った感想と口コミ

大浴場までの通路の様子

フロントから大浴場へ向かう導線のロビー、ラウンジ、通路はどこも清潔感溢れてた綺麗な館内でした。突き当りが女湯、途中左手に男湯がありました。

休憩所の様子

男湯と女湯に挟まれた空間には休憩所がありました。

休憩所にあった冷水機と漬物

このホテルは冷水の他に朝食バイキングでも出してる漬物の試食もできるようになっていました。

男湯入口

男湯入口

脱衣所の様子

脱衣所内は綺麗で清潔感バリバリ。

男湯の脱衣所の様子

洗面台が真ん中に背を向いてあり、両脇の壁側にカゴ棚がある空間でした。

洗面台のアメニティ

洗面台にはドライヤーやヘアブラシ、整髪剤などのアメニティがありました。

男湯の様子

浴場内は広い~というより、中サイズでしたが、奥日光湯元温泉宿の中では平均的な広さだと思います。浴場内は硫化水素臭(硫黄の匂い)に包まれててこれぞ温泉という感じ。

男湯の内風呂の様子

内風呂は5人が脚を伸ばして横並びになてって入ってもリラックスできるぐらいの大きさかな。

洗い場の様子

10人分ぐらいの洗い場には2種類のボディソープ、シャンプ、リンスのセットが置かれてました。

男湯の洗い場とサウナ入口

湯もみ板もあったりして、温泉情緒もバッチリ、奥にはサウナ。

男湯のサウナ

サウナのある宿って奥日光湯元温泉宿の中では珍しいので貴重な存在。

薄緑の白濁した温泉

少し緑色をした白濁湯にて温泉気分を味わいました。

男湯の露天風呂

露天風呂もなかなか良いロケーション。

温泉ソムリエ豆知識

ただお湯が内風呂と違って透明。帰り際にフロントで聞いたらお湯を入れ替えたばかりとの返答でした。

男湯の雪見風呂

お湯はともかく、雪見風呂で最高!

男湯の露天風呂から空を見た景色

しかも、この露天風呂には屋根もなく開放感も抜群!夜だったらおそらく満天の星も眺められると思う。

最初は人がいたのですが、後はずっと1人で貸し切り状態。露天風呂も内風呂ともにリラックスできてとてもよかったです。

女湯入口

女湯

女湯の脱衣所

一緒にいった女友達も貸し切りだったそうです。脱衣所。

女湯の洗面台

女湯の脱衣所もビックリするぐらい綺麗で清潔だったと言ってました。

女湯の内風呂

男湯も女湯も造りは同じようですね。サウナもあったと言ってました。

女湯の露天風呂

女湯も内風呂は濁ってたけど露天風呂は透明だったそうです。

女湯の雪見風呂

雪見風呂も満喫できてとてもリラックスして入浴できたと言ってました。確かにこのホテルの温泉が気に入ったようでかなり私は待合所で待ってたから。



館内の様子とパンフレット

館内の様子

奥日光森のホテルは清潔感あったし、綺麗で美しい館内でした。客室は見てませんが、1階がここまで綺麗にされてたら見なくても綺麗で整っているのではないかと連想できました。

ラウンジとレストラン入口

左レストラン、右奥ラウンジ。

大型窓で景色が見られるレストラン

ラウンジやレストランは大きなガラスがあり外の景色も楽しめる。

館内の様子

西洋人の宿泊客が寛いでましたが、外人さんでもリラックスできる洋風スタイル。

レストランの様子

テーブルとテーブルの間隔も広めにとっていてここで食事したいと思うほど。

奥日光森のホテルパンフレット1

奥日光森のホテルパンフレットより

ラウンジの様子

カジュアルスタイルで素晴らしいラウンジでした。

売店の様子

フロント横の売店

奥日光森のホテルのお土産

お風呂の休憩所で食べた漬物が美味しかったので帰る時に買いました。

奥日光森のホテルパンフレット2

奥日光森のホテルの日帰り温泉も良かったけど、次回は宿泊したいと思った宿でもありましたよ。

奥日光森のホテルの口コミを確認確認確認


アクセス、駐車場



奥日光森のホテル:栃木県日光市湯元温泉2551 電話番号:0288-62-2338

奥日光森のホテルへのアクセスは日光宇都宮道路清滝インターからいろは坂、中禅寺湖、群馬県方面に走り続けて約27キロ、車で約40分。

関越自動車道沼田インターから国道120号線で金精峠を走る抜けて約57キロ、車で約70分。華厳の滝から約13.5キロ、車で約17分。日光東照宮から約31キロ、車で約45分。

奥日光森のホテル駐車場の様子

駐車場はエントランスを過ぎて奥にありました。

 

タグ : 

栃木県 奥日光湯元温泉   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ投稿覧

TOPへ戻る
 プライバシーポリシー お問い合わせ