佐渡汽船フェリー

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

佐渡汽船フェリーおけさ丸に乗って佐渡島へ行ったよ

佐渡汽船フェリーおけさ丸に乗って佐渡島へ行ったよ

 

佐渡汽船に乗るには事前予約が必要です。空いてれば突然でも乗せてくれるかもですが、佐渡島に宿をとってあるので乗れなかったら大変なので予約~

今回は、行きは直江津港から小木港へ、帰りは新潟港に寄るフェリーを予約しました。佐渡島へ行くのは2回目、約20年ぶりです。1回目はキャンプしに行きました。

JR桐生駅から高速使って約200キロ、約3時間半の道のりです

直江津港のフェリー埠頭に到着。

ここでチケットを買います。夏休みシーズンだから家族連れがいっぱいでした

順番を待って、車検証や免許証等を提示してチケットをもらいます。

チケットをもらい奥を見るとすでにフェリーが停泊していました。これから乗るのでワクワクです。

車をカーフェリー乗り場に移動して停めます。発船時刻までまだまだ時間ありました。

車から降りて外を散策しますが・・夏だから暑い~

発船時刻までまだまだなので、フェリーターミナル駅の中をぶらぶら散策して暇つぶしします。冷房効いてて過ごしやすいです。

車とか乗せない人だけが乗る場合のチケット売り場もあって、駅みたいでした。

ここはジェットフォイルもあるようです。フェリーが約2時間40分に対して約40分、早いですね~

ブラブラ~と時間潰し

屋上?外に出たらジェットフォイルが動いてました!マジかで見るの初めてなので感激~。音はうるさいですが、こんな巨体が海の上に浮きながら走るなんて不思議です。そろそろ時間なので車に戻りました。

車の中で待機してしばらくしたら列の前のほうから動き出しました。いよいよ乗船です。

フェリーの中に車を進めます

係員に誘導も元、車を船内に停車させます。車から降りて客室に向かいます。

佐渡汽船フェリー特等客室

前回は2等客室でしたが、今回は特等客室を利用しました。約2時間の船旅はハッキリ言って2等客室利用で十分です。ただ2時間の船旅だからこそ特等料金というのも東京~北海道とかの船旅で利用するよりかなり安くすみます。こういう理由から一度は利用してみようという事で今回は特等客室を利用しました。

2等客室や1等客室は大部屋ですが、特等客室はビジネスホテルのような部屋がありました。

テレビもあります。

お茶やコーヒーもあります。

部屋の前にはバルコニーもありました。

バルコニーから下を覗き込むとかなり高さがあります。特等客室は船の高い階にありました。

発船しました。

久々の船旅気持ちいいです

カモメさんも一緒に船旅です。

カモメさんに餌やりタイムです。船には沢山のカモメさんが一緒に乗船、または一緒に飛んでます。物凄い数です。前回乗船した時に餌をあげましたが、当時はロクな食糧を持参してなくあまりあげられませんでした。

今回はスーパーで前もって大袋のサキイカを買ってきて乗船してます。餌です。カモメさんは指のほうまで近づいて餌をクチバシでとり離れていきます。サキイカだと長いのでカモメさんの警戒心も少し薄れますし、子供の場合もあまり怖くなくすみます。

大人も子供も隣の客室の人も餌あげをしてます。餌あげは船のあらゆるところでできますから特等でなくても大丈夫です。ただ船の売店は大袋のサキイカは置いてないので前もって買ってから乗船したほうがいいです。大人も子供も楽しめる最高の遊びですよ。カモメさんの大好物は生の小魚やオキアキですけどね・・・・持ち込み大変だからサキイカで代用してます。でもサキイカも好きなようで次から次へと飛来して、一緒に飛んでます。

餌まちのカモメさんこんなにいるんです・・

お隣のバルコニーからもキャーキャーはしゃぎながらエサあげを楽しんでます。船の回りはカモメさんだらけです。

ナイスキャッチ!えさあげを満喫した後は船内探索しました。

特等室のある階の風景です。多分一番奥は一番高いスィートルームです。どういう感じなんでしょうね。

特等室へは一般客室と仕切られてます。ちょっとリッチな気分が味わえます。

船の中心?には階段があります。

お腹が減ったので食堂へ

ご飯時ではないのでお客さんも少な目でした

ラーメン

つけ麺

冷やしそば~

軽食メニューが多いです

お水はセルフ、食堂を利用しない人は10円です

食後は散策~まず記念撮影!おけさ丸乗船記念です

船内のアチコチにイスがあります

デッキから海を眺めてる人や、カモメさんに餌をあげてる人などがいました

ジェットフォイルが通過~

インターネットができるとこもありました

喫煙室もあります

自販機も売店もあります

お部屋に戻ってしばし休憩です

約2時間40分ですからあっという間に佐渡島が見えてきました。もう到着するので車に乗ってくださいのアナウンスが流れてきます。

夏はこの中暑いです。エンジンかけちゃダメ~と言うのですが耐えられず・・

佐渡島の小木港に到着しました。約2時間40分の船旅ですが楽しかったです。

佐渡汽船DATA

直江津港の場合

住所:新潟県上越市港町1丁目9番1号

予約や電話番号等は佐渡汽船公式サイトで確認してください


大きな地図で見る

 

タグ : 

新潟県   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

TOPへ戻る
アクセスランキング