小平の里キャンプ場

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

バーベキューもできる小平の里キャンプ場に行った

かなり前に日帰りバーベキューを利用した事がある小平の里キャンプ場を夏休み本番前にどんな感じの所か下見に行ってきました。このキャンプ場は民間運営のキャンプ場ではないから、バンガロー一棟借りたとしたもお得に家族や仲間どおしとキャンプができるような料金体制になってるのが大きな特徴で、小平の里の山間部にあります。思いっきり遊んで汗を流しても敷地内に日帰り入浴施設もあるし、冬も寒い日にキャンプしても暖房機の貸し出しやコテージならファンヒーター&コタツと1年中楽しめるようにもなってました。






目次

キャンプ場内マップと利用料金

キャンプ場の様子と口コミ

アクセス、駐車場、住所、電話番号

小平の里マップ




キャンプ場内マップと利用料金

キャンプ場内マップ

パンフレットに掲載されてたキャンプ場内マップです。小平の里キャンプ場は細長でマップ上の方が山上になります。テントサイトは一番山上にあり、駐車場は一番下なので、少し坂道を歩いて行く感じになってました。

キャンプ場利用料金表

レンタル料金は、シュラフ520円、バーベキュー網210円、鉄板210円、鍋類520円、炊飯器520円、飯盒200円、食器類310円、調理道具210円、薪小100円、薪大250円、炭500円、暖房機730円、バーバキューコンロ持込料500円(直火、炊き火台禁止)

オートキャンプはできないですが、みどり市が運営してる公共キャンプ場だからキャンプ場利用料金はかなり安いですね。

道具の揃ってる大人2人、子供2人(小学生)の4人家族でテント持ち込みした場合、駐車場代金無料+入場料900円+テント持ち込みキャンプ料金550円+バーベキューコンロ持ち込み料=2,000円、あとは食材費でキャンプできちゃうんだから安いっすね~。

大バンガローは15人用2室で小バンガローは5人用、コテージは8人用でここにはトイレ・キッチン・TV・冷蔵庫・ファンヒーター・食器類・寝具・テーブル又は電気こたつ(冬期)が揃ってるから8人で泊まれば一人頭超激安で快適ですね。

大人2人、子供2人(小学生)の4人家族で小バンガローを利用した場合、、駐車場代金無料+入場料900円+バンガロー料金3,500円=4,400円、あとは食材と道具がなければ借りればいいし、1万円以内で家族4人楽しめれば安い方ですよね。

ペット持ち込み禁止のお知らせ

残念ながら小平の里キャンプ場は犬などのペット持ち込みはできないようです。

予約、問い合わせ先電話番号:0277-72-2148


キャンプ場内の様子と口コミ

管理棟外観

駐車場からキャンプ場方面に歩いて行くとすぐ右手に利用料金を支払ったり、レンタルしたりする管理棟がありました。ここは無料Wi-Fiが使えるようです。

なお、小平の里近くにコンビニやスーパーがないので、ここまで来る途中で食材類は仕入れた方が良さそうです。

広場とコテージ

管理棟の前は大きな芝生広場があって、子供なら思いっきり駆け回って遊べそうな場所でした。写真で木々の中にちょっと見える建物がコテージでした。

ステージと広場

広場の上の方からの写真ですが、頭上が開けてるので夜は満天の星も見えそうでした。広場には野外ステージもあってコンサートなどの興行で利用する場合は21,000円、個人が利用する場合は1時間520円だそうです。

池の様子

管理棟と広場の間には池があって大きな鯉が泳いでました。水遊びできる感じではなかったですが、歩いて行くには少し気合いが必要ですが、車を走らせたならすぐの所に小平の里親水公園があるからそこで水遊びできます。

大バンガロー中曽根の外観

管理棟前の道路を歩いてすぐの場所に大バンガロー中曽根がありました。外見から見たら別荘って感じの大きさでした。15人用の部屋が2つあるみたいで、半分だけ借りるなら一泊10,000円、一棟借りたなら一泊20,000円、30人で利用したら一人あたま1,000円を切る安さですね。

バンガローの外観

大バンガローから坂道を少し登ると5人用のバンガローが4棟ありました。1泊3,500円だから安いですね~。この木々に囲まれた辺りが小平の里キャンプ場のメインエリアとなってました。

炊事場とレクリエーションハウス

メインエリアには炊事場が合計3ヶ所、トイレが2ヶ所、自販機コーナーが一か所ありました。炊事場の隣にはレクリエーションハウスという大型のあずまやがあって多数のテーブルがあったので雨天時はここで食べられるような感じでしたが、利用は3時間以内、利用料は無料で予約制となってました。トイレは綺麗でしたが和式でした。

バーベキュー場

小バンガローを過ぎると日帰りバーベキューもできる予約制のバーベキュー場がありました。ここに来て!あ、以前バーベキューをしたのはここだ~と思い出しました。BBQハウスはこの辺りに大30人用中15人用小8人用があってそれぞれ2時間まで7,000円、3,500円、2,000円となってました。昔2家族大人4名子供3名で利用したからキャンプ場日帰り入場料金大人150円X4人+70円X3人+BBQ場利用料2,000円=2,810円、私は道具は揃ってるので食材+炭ぐらいでしたが、実は駐車場からここまで200mぐらいの坂道で、皆で手分けしてペットボトルや食材、炭などなど持って登りましたが、暑い夏の日の真昼間だったから結構疲れて汗が大量に噴き出したのも思い出しました。

小平の里キャンプ場は山間部ですが、涼しい高地とは言えない標高だから真夏日、夏日はそれなりに猛暑かと。その日はバーベキューが終わってから子供たちは広場ではしゃぎ回り、帰りに全員敷地内にある遊湯館のお風呂に入ってから帰りました。お風呂は夏なら夜8時までだから泊まりの場合は夜7時までに食べ終って片付けが終わるように早めの夕食が必要かと。

持ち込みテントサイト

BBQ場をすぎたキャンプ場の一番奥がテントサイトです。奥に見えるのが常設テントで一泊2,000円、手前の平地がテント持ち込みスペースで一張り550円。見た目手前の平地でテント張って、ペグ打って、隣にタープ張ったらこのスペースで1家族独占のような・・・テントとタープでギリギリ足りるのかな?という感じの広さでした。

テントサイト周辺の地図

キャンプ場マップを見ると持ち込みテント16張りぐらいできるようになってたから、常設テントの上の方にもテントスペースがあるんですね。

テントサイトへ行く登山道っぽい道

テントサイトは写真のような林間部にあったから常設テント上のサイトだったらトイレ、炊事場までは少し距離があって登り降り少しだけ体力使いそうでした。また林間は照明がなさそうだから夜間の登り降りにヘッドライトも必要な場所でした。また台車とか使えなく駐車場からここまでキャンプ用品を全て持って登るのは若干しんどそうで苦労する感じもしました。ちょっと不便そうなテントサイトでしたが、個人的にはロケーション的には自然だらけで逆に不便さを満喫したくなるような雰囲気のyテントサイトで気に入りました。

キャンプファイヤー場

小バンガロー前辺りまで戻りますが、そこにはキャンプファイヤー場があって予約制だそうです。この日はキャンプファイヤーするみたいで、薪を運んで並べてました。写真奥に見えるフトンを干してた建物が一番上のコテージでした。

コテージの外観

キャンプファイヤー場横のコテージは自販機近い立地で、広場横の2棟は木の間から広場や景色が良さそうな感じでした。コテージは8人用で晩秋から春先まで一棟15,000円、春から夏、」秋まで一泊19,800円しますが、コテージは8人用でトイレ・キッチン・TV・冷蔵庫・ファンヒーター・食器類・寝具・テーブル又は電気こたつ(冬期)が揃ってるから至れり尽くせりとはこの事。かなり快適にキャンプ生活できそうでいいですね。ここなら虫嫌いの嫁も文句言わなそうな感じでした。

さて、この下見をした日は7月11日の猛暑日の真昼間、場内一周しただけで汗が噴き出す暑さでした。夜はわかりませんが、昼間は羽アリ系の虫やアブ、蜂とかキャンプ場につきもののやっかいな虫は昼間私の体につかなかったです。キャンプ場利用料金も安いし、下見もしたからキャンプ嫌いの嫁が説得できて都合の良い日に空いてそうなら予約しようと思います。まずは嫁のOKがないと・・・紅葉の秋も良さそうな感じの場所、この季節なら虫も少なそうだし・・・・


アクセス、駐車場、住所、電話



小平の里キャンプ場:群馬県みどり市大間々町小平784 電話番号:0277-72-2148

小平の里キャンプ場へのアクセスは、北関東自動車道太田薮塚インターから国道122号線
県道334号線を走って約17キロ、車で約35分ぐらい。

JR桐生駅から国道122号線 県道334号線を走って約13キロ、車で約26分。

渡良瀬渓谷鉄道大間々駅から約6.2キロ、タクシー利用で約12分くらい。

「電話でバス」という路線バスの変わりがあって、事前に電話予約すると、乗りたいバス停から降りたいバス停まで移動できる、便利な乗合バスで
【予約センター】 TEL (0277)72-0011 ※当日予約のみです。 (予約受付時間/午前8時~午後5時30分)

小平の里キャンプ場へは道路標識がある

小平の里鍾乳洞公園の狸穴亭やふれあい館の建物を回り込むような形で山側に標識通りに進ます。

小平の里キャンプ場第3駐車場の様子

キャンプ場近くになるとまず左手に小平の里第3駐車場がありました。ここは広かったです。

キャンプ場手前で車両侵入禁止

第3駐車場からちょっと先に進むと侵入禁止の標識が出てきました。

小平の里キャンプ駐車場の様子

侵入禁止の標識の右側に薪小屋があってそこに小平の里キャンプ駐車場がありました。


小平の里マップ

小平の里マップ

小平の里の色々な所に行ってきました。

小平の里遊湯館のお風呂で日帰り入浴した狸穴亭でランチしたよ水遊びできる小平の里親水公園に行った小平の里鍾乳洞に行った


 

タグ : 

群馬県 みどり市   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

TOPへ戻る
アクセスランキング